Special
» 2017年05月25日 13時00分 UPDATE

アニメを録画して見るのはもう古い? アニメ好きライターがNetflixを推す4つの理由

加入してみたら、とりあえずレコーダーの中身に余裕ができました。

[PR/ねとらぼ]
PR

 アニメファンのみなさま、いかがお過ごしでしょうか。私(筆者)のように、レコーダーに録画した番組の管理に疲れ始めていないでしょうか。HDDの残容量が心もとないから、どれか急いで消化を……そんな義務感で見てもあまり楽しくないものです。そこでオススメしたいのが動画配信サービス「Netflix」です!



 とまあNetflixの提供でお届けしておりますが、生の使用感を伝えるべく今回筆者は身銭を切って加入してみたんです(もっとも、最初の1カ月間はタダなのですが)。「フラーハウス」や「火花」などドラマに強いイメージのあるサービスですが、実はアニメにも力が入っているのをご存じでしょうか? 「涼宮ハルヒの憂鬱 (2009年放送版)」や「笑ゥせぇるすまん NEW」など過去作から最新作まで豊富なラインアップに加えて、Netflixオリジナルの新作アニメ「DEVILMAN crybaby」や7月にテレビ放送が決定している「Fate/Apocrypha」の独占配信が決定しているほか、虚淵玄氏が手がける劇場アニメ「GODZILLA」が11月の劇場公開後にNetflixで全世界へ配信されるなど他サービスにない作品が見られるのも魅力。そして、アニメ好きが抱えるさまざまな悩みを解決できる環境が整っているんですよ奥さん!


デビルマン
デビルマン
デビルマン 初めて原作のラストまで描き切るという「DEVILMAN crybaby」。Netflixオリジナル作品として、2018年初春から独占配信 (C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

アニメ好きの悩みその1:録画ですぐHDDが一杯になってしまう

→劇場作品や最新テレビアニメも豊富で録画件数自体が減らせる!

 やっぱりたくさんの作品を追いかけているアニメファンの一番の悩みどころは、録画の管理だと思うんです。でもNetflixならば録画自体をする必要がなく、ただ収録作品をクリックして見るだけ。「進撃の巨人(2期)」や「リトルウィッチアカデミア」など、テレビ放送とほぼ同期して配信されている最新作もあり、私はこれらの視聴をNetflixに切り替えることにして、未見のまま溜まっていた録画を消去しました。HDDの余裕は心の余裕です!

アニメ好きの悩みその2:外で見るとき通信容量制限が気になる

→あらかじめダウンロードしておけば問題なし!

 いくらラインアップが豊富でも、見るヒマがなければ元も子もないですよね。NetflixはPCのWebブラウザ版以外に、各種スマートテレビやゲーム機、スマートフォン用のアプリを提供。さまざまなロケーションで使えるので、隙間時間にサッと見られます。

 「とはいえ外で動画ばかり見ていたら、マッハで通信制限ゾーンに到達しちゃうから実際にはほとんど使えないんでしょ」、そう思っていた時期が私にもありました。しかしNetflixにはダウンロード機能があるので、あらかじめWi-Fi環境で落としておけば通信量を気にせずどこでも視聴可能。電波が悪い場所でもスムーズに再生できるというのも何気にうれしいメリットです。


ダウンロード ダウンロードボタンがある作品は、落としてからオフラインで再生できる

アニメ好きの悩みその3:いちいちデバイスを変えるのが面倒

→視聴履歴を端末間で共有。外出中スマホで見た続きを自宅のPCですぐ再生できるぞ!

 「いろいろな環境で見られるといっても、そんなにたくさんの端末、使い分けるの大変じゃねーか」と、どこかからツッコミの幻聴が聞こえてきたのですが、むしろ管理は簡単。お気に入りの登録状況や視聴履歴はアカウントにひも付けされるので、意識せずに端末間で共有できます。仕事帰りの電車で見ていた続きを、自宅のPCやテレビですぐ見たりできます。めんどくさがりやに優しい時代になりましたね……!

 在宅仕事であまり外出しない私個人の事情でいうと、寝室と仕事場とで視聴環境を使い分けられるのが便利。寝室のテレビで視聴中、家族が寝る時間になり中断を余儀なくされたら、仕事用のPCなりスマホなりですぐ再生を中継できるわけです。あ、肌色やら血の色やら、若干刺激の強い作品を見ているのがバレそうなとき、家族から逃げやすいのもいいな。


スマホ スマホで見ていた番組を、一時中断

PC その後PCでログインしてみたら、スマホでの再生位置が反映されていてすぐ続きが見られる

アニメ好きの悩みその4:劇場作品も早く家で見たい

→「BLAME!」が劇場と同時公開だよ!

 そんな出不精な筆者ですが、劇場版の話題作は気になるもので、見たさと外出できなさのジレンマにあえぎがちだったりします。ところが「BLAME!」に関しては独占配信で、5月20日に劇場とNetflixで同時公開。一歩も家を出ず最新作を楽しめます。やべえな……!


BLAME! 劇場版「BLAME!」を、公開と同時に家で見られるので出不精が加速 (C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

 劇場版「BLAME!」は「シドニアの騎士」のスタッフが再集結し、原作者・弐瓶勉さんが全面協力・総監修した完全新作ストーリー。重厚な世界観やハードなアクションシーンに加えて、3Dアニメならではの洗練された映像もポイントで、公開と同時に早くも大きな話題になっています。NetflixではHDR画質で配信されているので、自宅にいながらハイクオリティな映像美で視聴が可能です。あと、最新作なのに劇場の上映時間に関係なく自分の好きなタイミングで見られるのってなんかテンション上がりますよね!


BLAME! (C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局


BLAME! (C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局


BLAME! (C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

 インタフェースのレスポンスも軽快で、今さらながらPCやスマホだとシークがしやすく、好きなパートに集中できたりして便利です。和製アニメだろうと日本語字幕がついているので、聞き取り損ねたセリフなどを確認しやすいのもグッド。あと、ごくニッチな需要とは思いますが、番組詳細に画質がSDかHDか明記されている点がツボです。視聴前にSD画質と分かれば、スマホで見るのにちょうどいいと判断できますし、ファーストガンダムなど古い作品がHD対応と気付くと、それだけでうれしかったりします。


HD 個人的には大事な情報。スマホ版では表記がなかったり、PS4版アプリではタイトル脇に表示されていたり、プラットフォームごとに形式は異なりますが



 アニメ視聴にも適した動画配信サービス、Netflixは月額制。SD画質の「ベーシック」(650円)・フルHD対応の「スタンダード」(950円)・4K UHDおよびHDR対応の「プレミアム」(1450円)と、主に画質の異なる3プランが用意されています(すべて税別)。基本的にはスタンダードが無難ですが、スマホだけで見るのであればベーシックでも事足ります。アニメに限っては4K対応作品はわずかなので、高性能なテレビを所有かつ海外ドラマにも興味があるリッチメンならばプレミアムも視野に入るでしょう。


料金体系 画質のほか、1アカウントで同時に視聴できる端末数にも差があります

 私は加入後に録画の管理負担が減って、HDDの残量にも心にも余裕ができました。過去に録画分をブルーレイディスクへダビングしていた作品もけっこう収録されていたのですが、今となってはコレクションからディスクを探すよりもNetflixで見るほうが早くて快適なくらいです。かつて編集などにかけた時間はなんだったのだろうと切ない気持ちにもなりましたが、雑事を減らせる分時間を視聴に割けるので、Netflixおすすめです!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:Netflix株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2017年6月7日

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー