Special
» 2017年07月14日 10時00分 UPDATE

真夏に女子大生が学ランで訴える「大学eスポーツ」ってなんだ!?

eスポーツと大学スポーツはわかるけど……。

[PR/ねとらぼ]
PR

 全国的に今年一番の暑さに見舞われた7月10日。クーラーの効いた室内から出たくないこんな日に限って、編集部から「早稲田駅前で何かやってるらしいから取材してこい」との連絡が……。仕方なく早稲田駅に向かうと、暑いのに学ランなんか着てる応援団らしき人影を発見しました。

大学eスポーツLoL ん?

大学eスポーツLoL よく見たら女の子だ!

大学eスポーツLoL 少し離れた場所にも学ランの女の子が

大学eスポーツLoL どうやら「大学eスポーツ」なるもののチラシを配っているようです

新しい大学スポーツの形「大学eスポーツ」


大学eスポーツLoL


すみません。このチラシに書いてある、大学eスポーツってなんですか?



大学eスポーツLoL


eスポーツはわかりますか?



大学eスポーツLoL


それはわかります。コンピュータゲームをスポーツ競技として競ったり楽しんだりすることですよね。



大学eスポーツLoL


はい。世界中で盛り上がりを見せているeスポーツを、東京六大学野球や関東大学サッカーリーグなどの人気大学スポーツに並ぶものにしようと「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」が掲げる新しい大学スポーツの形が大学eスポーツです。



大学eスポーツLoL


おお、「LoL」はプレイしたことがあります! その大学eスポーツを盛り上げるために、どんなことをやるんですか?



大学eスポーツLoL

全国の学生LoLプレイヤーたちが集い、日本一を決める大会「All Campus Series」を行います! LoL内でも学生限定でゲーム内アイテムが漏れなくもらえて、さらに抽選でゲーミングPCやゲーミングマウスが当たる「次世代フェスタ」キャンペーンを行っています。詳しくはチラシに書いてある特設サイトをチェックしてください。


大学eスポーツLoL レベル30まで成長した新規プレイヤーの中から、抽選で150人がもらえるAlienwareの最新ゲ―ミングマウス

大学eスポーツLoL レベル30まで成長した新規プレイヤーを誘った先輩プレイヤーの中から、抽選で50人がもらえるAlienwareの最新ゲーミングノートPC


大学eスポーツLoL


ところで、暑くないですか?



大学eスポーツLoL


すごく……暑いです。


大学eスポーツLoL 元気にチラシを配っていた学ラン女子大生たち。暑い中で頑張っている彼女たちを見ていたら、嫌々取材に出た自分が恥ずかしくなりました……

大学eスポーツLoL 帰宅時に駅構内でも大学eスポーツのポスターを発見。かなり力を入れているキャンペーンのようですね

オンラインゲーム「LoL」とは?

 「LoL」は全世界で毎月1億人以上がプレイしている、世界的な人気を誇るオンラインゲーム。eスポーツとしても注目を集めているタイトルで、昨年開催された「2016 World Championship」の賞金総額はなんと約7億4000万円でした! それだけ世界中の人が熱狂しているということですね。

大学eスポーツLoL 試合観戦のために会場を埋め尽くす人々

 どんなゲームか簡単に説明しますと、プレイヤーは「チャンピオン」と呼ばれる個性豊かなキャラクターを1人操作します。自分も含めて敵味方5人ずつがチームを組み、先に相手チームのネクサス(本拠地の心臓部)を破壊したチームが勝利となります。

大学eスポーツLoL チャンピオンは130体以上存在し、それらの組み合わせによって無数の戦略が生まれます。チャンピオンは今後も続々と追加されていくようです

大学eスポーツLoL 多数の防衛施設を破壊し、最奥にあるネクサスを破壊するのが最終目的

 面白いのはチャンピオンが最初はとても弱いこと。初期状態では道中にある砲台の「タワー」にすらあっさり倒されてしまうので、敵の本拠地にたどり着くことすらできません。

大学eスポーツLoL 無計画で無謀な突撃は死あるのみです

 そのため最初にすべきことは、相手のネクサスから出現するミニオン(自動で敵陣へ攻め込む兵隊)を倒して経験値とゴールドを稼ぐこと。レベルアップすればステータスが向上して新たなスキルを獲得できますし、稼いだゴールドで自身のパワーアップに必要なアイテムを買うこともできます。

大学eスポーツLoL レベル6になると強力なアルティメットスキルが習得可能に。相手より効率的にレベルアップすることで勝負を有利に進められます

大学eスポーツLoL アイテムの種類も豊富。チャンピオンの特徴や自分のプレイスタイルに合わせて、好みの組み合わせを探すのも楽しさの1つ

 もちろん自分のチャンピオンを育てている間に、相手のチャンピオンも同じように成長していきます。そのため相手の経験値稼ぎを妨害したり、相手チャンピオン自身を倒すことでレベルアップを遅らせれば戦いを有利に進められます。

大学eスポーツLoL 相手チャンピオンを倒せれば、多くの経験値とゴールドが獲得できます。さらに倒されたチャンピオンは、一定時間が経過するまで行動できなくなるため、倒した側はかなり有利に

 これらを自チームの5人で連携して行い、勝利を目指します。試合時間約30分の中に、RPGのような育成の楽しさとRTSのようなテンポと遊びやすさ、そして味方同士で連携する戦略性などさまざまな面白さがギュギュッと詰まった唯一無二のゲームです。基本プレイ無料で遊べて、課金が強さにむすびつかない部分も評価されています。

大学eスポーツLoL 戦場は広大なため、誰がどこに向かうかといった、5人での連携が非常に大切です


学生LoLプレイヤーさんに今回のキャンペーンをどう思うか聞いてみました

大学eスポーツLoL

 大学eスポーツはその名の通り学生がターゲットのキャンペーンなので、現役の学生LoLプレイヤーさんに率直な感想を聞いてみました。答えていただいたのは、早稲田大学LoLサークル「わせろる」で幹事長をされているnkureha(くれは)さんです。

―― 「次世代フェスタ」についてどう思いますか?

 「LoL」ってレベル30からが本番なんですが、そこまで上げる前にくじけちゃう人がいるんです。でも「次世代フェスタ」では報酬がもらえるので、特典欲しさにレベル30まで頑張る人が多そうです。めんどくさがり屋の私でも、PC欲しさに何人か誘ってますから(笑)。これを機に、新規・既存ユーザーが共に増えて大学シーンが盛り上がればいいなと思っています。

―― 大学eスポーツサークル対抗戦「All Campus Series」については?

 1年のサークル活動の集大成が試される、甲子園的なものになればいいと思っています。「LoL」ってプレイしてる人口の多くが大学生くらいの年齢層で、プロの選手にも私より若い子がいるんですよ。だからプロ級に上手い大学生も意外といるんですけど、「LoL」はPCさえあれば遊べるので、サークルに参加していない人も結構いたりします。そういう、上手いけど表に出ていない大学生プレイヤーが「All Campus Seriesがあるならサークルに参加して本気でやってみるか」という気持ちになったらいいですね。

 さらにこの大会を通じて「ゲームにも、真剣に競い合うスポーツみたいなところがあるんだぞ!」と世間一般に知ってもらいたいです。ウチのサークルは新入生が多いのですが、参加したいって要望が強ければ出場してみようと思ってます。

―― 「LoL」を制作しているライアットゲームズが、日本における「大学eスポーツ」文化の定着に本格的に取り組んでいこうとしていることについて、率直な感想を聞かせて下さい。

 「LoL」は元々口コミから広がっていったゲームと認識していて、私自身も友達に誘われたから始めたんです。周りのプレイヤーもほとんどそうだと思います。今回の「次世代フェスタ」なんてアプローチもまさに口コミでの広がりを狙っていますからライアットゲームズらしいなと。熱心な新規プレイヤーが増えそうなので、プレイヤー数が増えてコミュニティがさらに盛り上がることを楽しみにしています。

―― ご自身が感じている、「LoL」のおもしろさや魅力を教えて下さい。

 「LoL」はチャンピオンのレベルや装備が蓄積されず、試合毎に全プレイヤーが最初からプレイします。だからとてもフェアに戦えるんですよ。お金や時間をかけた人ではなく、純粋に上手い人が勝つという競技性が面白いと思っています。

 さらに定期的なバージョンアップや仕様変更によって新たな戦略がどんどん生まれていくので、それらを発見したり、教えてもらったりするのも楽しいです。一般的なスポーツで、これほど頻繁にルールが変更されることはありませんから。自分で遊ぶだけではなく、プロの国家別大会や国際大会を観戦するのも楽しいですよ。

―― 「LoLをまだ遊んだことがないけど、興味はある」という学生にメッセージをお願いします。

 スマホゲームと比べてしまうとハードルは高いです。家庭用ゲームをプレイした事がある方でもだいぶ四苦八苦すると思いますけど、1度やれば生涯遊べるゲームになると思うのでぜひ1度試してみてください!


 現役の「LoL」プレイヤーさんにも期待されている「大学eスポーツ」という取り組み。涼しい室内でもほかのスポーツと同じように熱く盛り上がれる大学eスポーツは、暑過ぎる夏にピッタリですから、今後大きなムーブメントになるかもしれませんね。

(c) 2017 Riot Games, Inc. All rights reserved. Riot Games, League of Legends and PvP.net are trademarks, services marks, or registered trademarks of Riot Games, Inc.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:合同会社ライアットゲームズ
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2017年7月27日