ニュース
» 2018年10月14日 15時00分 公開

全員が手の平に乗ってしまうちっちゃさ ミーアキャットの赤ちゃん5匹がかわいすぎる

ちっちゃい……!

[錆,ねとらぼ]

 ミーアキャットの赤ちゃん5匹が、豪ニューサウスウェールズ州のシンビオ・ワイルド・ライフパークで誕生しました。まだ顔も丸くてちっちゃい……!



シンビオ・ワイルド・ライフパーク 5匹のミーアキャットの赤ちゃん

 母親アヤと父親ペンフォルドの間に産まれたミーアキャットの赤ちゃんは、巣穴から出て活動を始めました。5匹全員が両手に乗ってしまう、まさに手の平サイズの赤ちゃんたち。砂の上を探検したり、砂を掘る練習をしたりと大忙しです。お皿から水を飲むしぐさもかわいすぎる!


シンビオ・ワイルド・ライフパーク あんよがかわいすぎる

シンビオ・ワイルド・ライフパーク ミーアキャットならではのポーズ

 アフリカ南部の砂漠地帯に生息しているミーアキャットは、名前にキャットと入っていますが正確にはマングースの仲間。地下に巣穴を作ることで捕食者や砂漠の熱から身を守っています。

 動画でも確認できますが、砂から目を守るために目とまぶたの間にワイパーがわりの膜があるのが特徴。成獣になるとしっぽを含めて体長50センチまで成長し、顔も細くなります。今は手の平サイズの赤ちゃんも、そこまで大きく育つのか……!


シンビオ・ワイルド・ライフパーク 成獣と赤ちゃんの大きさはこのくらい

 シンビオ・ワイルド・ライフパークは1975年に始まった家族経営の動物園で、コアラやカンガルーともふれあえます。現在は赤ちゃん出産のため停止していますが、ミーアキャットの餌やりも今後再開される見込みです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう