ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「ごん、お前だったのか。いつもストロングゼロをくれたのは」 “飲む福祉”ストロングゼロ文学が盛り上がる

赤頭巾も、キリストも、メロスも、ストロングゼロでハッピー(?)エンド。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 ここ数日、サントリーのチューハイ「ストロングゼロ」が注目を集めています。安い価格と高いアルコール度数、そしてアルコール度数以上になぜかやたらと酔いやすい飲み心地から、“飲む福祉”“飲む貧困”“虚無の酒”“麻薬”など、さまざまな二つ名が付けられているもよう。





 そして人々はいつしかストロングゼロの存在に芸術性すら見いだし始め、Twitterではハッシュタグ「#ストロングゼロ文学」なるものが誕生。庶民向けに生み出されたお酒が、いつしか崇高な存在へと昇華されてきているようです。





























 亀に負けてもストロングゼロを飲み全部忘れるうさぎ、ストロングゼロを飲んでメロスがいい気分になっている間に死ぬセリヌンティウス、乙姫に「開けてはいけません」と渡されるストロングゼロ、綾鷹の代わりに選ばれるストロングゼロなどなど、ストロングゼロが出てくるだけで話がそこで終わっていきます。いやー、ハッピーエンド(?)。

 人々に幸福を与え続けるストロングゼロは、今日もまた誰かの悩みを一時的に吹き飛ばし、夢を与え続けていることでしょう。めでたし、めでたし。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る