ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バックアップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Office 365を自動的に丸ごと無制限バックアップ、NTT Comがサービス提供開始
NTTコミュニケーションズは、Office 365のデータを自動的にバックアップするサービスの提供を開始した。バックアップデータは、無期限、容量無制限で保管する。ユーザーアカウントを新規追加した場合も、自動的にそのアカウントを検出してバックアップを開始する。(2019/4/19)

NTTコム、Office 365のデータを丸ごとバックアップできる「クラウドバックアップ」サービスを提供開始
NTTコミュニケーションズは、Office 365のデータを自動バックアップできるデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」の提供を開始する。(2019/4/18)

HDDが壊れた……! とんでもない方法で乗り切った体験描いた漫画に驚き
バックアップはちゃんと取ろう。(2019/4/1)

仮想環境に適したバックアップ手法とは
「VMware vSphere」バックアップのための主要テクニックとNGリスト
仮想環境のアーキテクチャと運用は、従来のバックアップ環境とは異なり、特殊なテクニックが必要だ。本稿では、「VMware vSphere」をバックアップする場合の主なテクニックを紹介する。(2019/3/27)

核心的テクノロジーに注目
2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”
ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。(2019/3/20)

「うちのバックアップは完璧です」という企業がはまるワナ【第3回】
戻せないバックアップ 問題ないはずの「リストア」で起きた悲劇
バックアップを取得する目的は「何かあったときに元の状態に戻せる」ことだ。だが実際にリストアを試したことがあるIT担当者はどれくらいいるだろうか?(2019/3/14)

ローカルバックアップとの併用が鍵
クラウドバックアップの長所と短所、知っておくべき主要ベンダー
利用予定であるクラウドバックアップの種類や長所と短所をあらかじめ把握しておこう。場合によっては、テープベースのローカルバックアップも役立つかもしれない。(2019/3/12)

「うちのバックアップは完璧です」という企業がはまるワナ【第2回】
今すぐ始められる? 「取っているだけのバックアップ」からの脱出方法
見落としがちなバックアップの課題。解決には何が必要なのか? ストレージベンダーに解決のヒントを聞いた。(2019/3/12)

天災にも人災にも耐えるバックアップ術:
震災8年目で改めて考える、終活込みのバックアップ
いざ何かが起きたときに困るのが、PCやデータの紛失や喪失、破損です。失ってからことの大きさに気がつくのは、可能な限り避けたいものです。できるだけ手間をかけずにPCだけでなく、デジタルデータをバックアップするすべを考えてみましょう。(2019/3/11)

従来手法の機能を補完する
バックアップとスナップショットは万能薬ではない データ喪失の悪夢を避けるには?
従来のバックアップ手法、あるいはスナップショット単独では、現在の企業が抱えるデータ保護と災害復旧(DR)のニーズは満たせない。両者を組み合わせる必要がある。(2019/3/6)

iCloudはダメ?
モバイル端末のバックアップは悩ましい 管理手法別に紹介
モバイルデバイス管理(MDM)の対象としているモバイル端末のバックアップを許可していいかどうかは、状況ごとに異なる。COBO、COPE、BYODのシナリオ別にIT担当者が検討すべき事項を解説する。(2019/3/3)

DMS2019:
PC-9801で制御する古い生産設備のソフトをバックアップ、経費で落とせる価格帯で
Zion(ザイオン)は、「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS2019)」において、工場などで長年稼働してきた生産設備を制御するNECの「PC/FC-9800シリーズ」のエミュレータとなる「Neo」と「Neo Lite」、フロッピーディスクなどレガシーメディアのデータをバックアップするサービス「Link」などを展示した。(2019/2/19)

数十年使われ続ける理由
「テープ」がデータ爆発時代のバックアップに役立つのはなぜか
自社のデータ保管、保護に四苦八苦していないだろうか。データ量が増え続ける今、磁気テープストレージが賢明かつコスト効率の高い手段になる可能性がある。(2019/2/19)

AI:
応用地質がみずほ情報総研の支援で、AIを活用した「3次元地盤モデル」と「災害危険箇所抽出モデル」の開発に着手
応用地質とみずほ情報総研は、「地質分野におけるAI(人工知能)活用に関する」アドバイザリー契約を締結した。新たなビジネスの創出も視野に、両社は共同でAIを主軸とするテクノロジーで、地盤関連の解析技術などの開発を急ぐ。従前からテクノロジーによる事業戦略を推し進めてきた応用地質は、強力なバックアップを得て、“AI”領域に注力する。(2019/2/14)

企業のストレージ導入に関する調査レポート
企業のストレージ事情 やはり気になるのは「ファイルサーバ」と「バックアップ」
企業は自社のストレージの状態をどう分析しているか。投資や課題認識はどうなのか。TechTargetジャパン会員を対象にした調査の結果から、企業のストレージ環境の実態を探る。(2019/2/6)

IIJのフルMVNOサービス、ドコモ回線とau回線のデータシェアが可能に
IIJが、法人向けフルMVNOサービス「タイプI」のオプションとして、ドコモ回線とau回線のデータ容量をシェアするサービスを提供する。バックアップ回線としての活用を想定している。通信料は1GBあたり500円から。(2019/1/28)

死活管理やリソース使用率など:
AWSの監視運用自動化ツール、クロスパワーがオープンソースで公開
クロスパワーは、Amazon Web Servicesの監視運用自動化ツール「鳴子-NARUKO-」をオープンソースで公開した。システムに障害が発生した際のメール通知や、EC2インスタンスの停止と再起動、AWS環境のバックアップといった機能を備える。(2019/1/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(70):
Azure VM内のSQL Serverのバックアップを管理不要にする「自動保護」機能(プレビュー)
2018年6月からパブリックプレビュー提供が開始されている、Azure仮想マシン(Azure VM)内で実行されるSQL Serverのバックアップ機能に「自動保護」機能が追加されました。(2019/1/18)

バックアップシステムの決定版
次世代バックアップ徹底比較、ガチンコ対決で見えたそれぞれのメリット
従来のような手間の掛かる作業を行わずに、効率的にデータをバックアップできる手法が登場している。単なるバックアップにとどまらず、データを有効的に利活用できる仕組みも魅力だ。ベンダーの最新製品、サービスを紹介する。(2019/1/17)

2019年中にクロスリージョン対応を予定:
AWS、ポリシーに基づきバックアップを統合管理できる「AWS Backup」を発表
Amazon Web Servicesは2019年1月17日(米国時間)、AWS上のストレージやデータベースをポリシーベースでバックアップするためのツール「AWS Backup」を発表した。正式提供を開始したという。(2019/1/17)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(33):
“自分ごと”として「ランサムウェア」についてもう一度考えてみよう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、企業組織や工場などを狙うランサムウェア攻撃の最新動向と、代替機によるバックアップ&リストアを行う際の注意点を紹介する。(2019/1/15)

「RPO6時間前、RTO15分」が両立する理由
いまさら聞けないRPO(目標復旧時点)とRTO(目標復旧時間)の違い
目標復旧時点と目標復旧時間によって、企業は「失っても問題のない」データ量と「ダウンして差し支えない」時間の長さを把握できる。これらはバックアップと災害復旧計画の重要な要素になる。(2019/1/15)

運用管理と障害対応の機能に注目
HCI選びのキモは導入後の運用管理コスト削減がポイント
IT運用管理を楽にするHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)に注目する企業は増えつつある。HCI選びで失敗しないためにも、運用管理やバックアップなど「使いやすさ」の観点で何を重視すべきかについて、最新事情を交えて識者が説明する。(2019/1/10)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(32):
シェルスクリプトに挑戦しよう(12)制御構文[その4]――forによる繰り返し処理(2)
前回に続き「for文」を解説します。今回は、if文と組み合わせてファイルをバックアップするスクリプトを作成します。(2018/12/26)

オンプレミスにあるデータと同じように考える
「Office 365」のバックアップをどうする? 製品選択3つのヒント
Microsoft「Office 365」のバックアップはサービス多くのベンダーが提供している。これらのサービスを選ぶとしたら、どこから手をつければよいだろう。3つのポイントを紹介する。(2018/12/25)

iPad Proへの道:
新型iPad Proに旧式iPadユーザーが乗り換えて気づいたこと(移行編)
ある日、突然新型iPad Proがあなたと手元に来たらどうしますか。期せずしてそんな事態に直面した、旧式iPadユーザーの戸惑いと希望を一部始終お伝えします。2回目はバックアップからの同期とサイズ比較です。(2018/12/22)

どのようなデータに復旧の必要性があるのか
バックアップ用セカンダリーストレージを比較 フラッシュ、HDD、クラウドで最適なのは?
セカンダリーストレージが、データ保護の重要な要素になる可能性がある。本格的に導入する前に、使い勝手、処理速度、スケーラビリティ、コストなどを分析しておきたい。(2018/12/14)

PR:Windows 10のアップデートでデータが消えた? いざというときのためにNASを使ったバックアップ手順を解説
2020年1月のWindows 7サポート終了に向けてWindows 10への移行が進んでいる中、Windows 10の大型アップデートでユーザーのデータファイルが消失するという問題が発生した。いざというときのためにNASを使ったバックアップ方法を確認しておこう。(2018/12/10)

子どもを守るITリテラシー学:
子どもの写真をなくさないために 「クラウドバックアップ」のススメ
子どもの写真など、大事な思い出はクラウドにバックアップするといざというときに泣かずに済みます。難しそうに聞こえますが、スマホなら意外と簡単です。(2018/12/5)

IT運用/管理担当者の数で変わる傾向:
「守りのIT支出」で中小企業を4タイプに分類、そこから見える傾向とは?――ノークリサーチ
ノークリサーチは中小企業について、セキュリティや運用管理、バックアップといった「守りのIT支出」を、統計的な分析手法を用いて分類した。IT管理/運用担当者の人数によって、対策している分野にある程度の傾向が見られた。(2018/12/4)

EMCジャパン株式会社提供eBook
GDPRに即したデータ保護とバックアップの考え方とは 対応ポイントを徹底解説
GDPR(一般データ保護規則)の施行により、該当企業はデータの保存方法と保護、バックアップを見直す必要がある。これが重要なポイントとなるのだ。だが、何をどう対応すればよいのだろうか。そこで確認すべきポイントと注意点をまとめた。(2018/12/28)

ホワイトペーパー:
そこは違うよ、クラウドベースのバックアップ デメリットを解説
クラウドバックアップにはメリットが多いものの、オンプレミスのバックアップが信頼できるケースはまだまだある。本コンテンツでは、クラウドバックアップのメリットとデメリットを解説する。(2018/12/4)

長過ぎるダウンタイム問題
レプリケーションでは不十分? 多くの企業がダウンタイム短縮に課題
調査の結果、ランサムウェアなどに起因するシステムダウンの復旧に多くの企業が課題を抱えていることが分かった。バックアップと復旧の目的を見失っている可能性がある。(2018/12/4)

「うちのバックアップは完璧です」という企業がはまるワナ【第1回】
「取っているだけ」のバックアップに意味はあるか
バックアップを考えない企業はないだろう。だが、いざというときに「バックアップから戻せなかった」という話も聞く。そのバックアップは本当に役に立つのだろうか?(2018/12/5)

確実なバックアップでデータ活用を進める
ビッグデータもクラウドへ向かう中、データ保護は古いままでいいのか?
企業を取り囲む環境は変化しており、データが中心となるこれからのビジネスにおいてバックアップの仕組みは軽視できない。最新のバックアップ事情について紹介する。(2018/11/30)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(66):
Windows Server 2019やVMware仮想マシンにも対応したAzure Backup Server v3が利用可能に
Azure Backupサービスとともに機能し、オンプレミスサーバのベアメタル回復用バックアップやアプリケーションのD2D2C(Disk to Disk to Cloud)のバックアップ保護と復元を可能にするMicrosoft Azure Backup Serverの最新バージョン「v3」が利用可能になりました。(2018/11/29)

FAニュース:
手厚い保守も用意、無瞬断と高力率を両立したFA機器向けUPS
シュナイダーエレクトリックは2018年11月20日、FAやIIoT(産業用モノのインターネット)に向けた無停電電源装置(UPS)の新製品シリーズ「SecureUPS」を同年12月20日より発売すると発表した。工場などの厳しい環境に設置されることを想定した設計で、停電時も無瞬断かつ高効率にバックアップ電力を供給できる。(2018/11/20)

バックアップとDRに対策が必要
OpenStack導入で見えてきた課題、バックアップツールに何を選ぶ?
OpenStackを導入したとしても、DRやバックアップに関しては面倒な作業を要求されることは珍しくない。この煩雑さを回避するため、サードパーティー製ツールに目を向ける企業もある。(2018/11/12)

データ可視化とコンプライアンスを強化
Druva、Commvault、Veritasのバックアップ新機能とは データ管理を統合した3社を紹介
企業にとってデータは極めて重要だ。バックアップベンダーがコンプライアンスやデータ分析など、データのライフサイクル全体に関わる優れた機能を提供しようと模索している。(2018/11/8)

評判と価格だけで選んではいけない
AWS、Google クラウドストレージサービスの特徴は?
ストレージとバックアップのクラウドサービスは評判だけで選んではいけない。本記事では、大手クラウドストレージベンダーが提供する機能のうち比較すべき機能について考察する。(2018/11/7)

「セカンダリーストレージ」の衝撃
バックアップが企業の生産性を上げる? 「目からうろこ」の解決策とは
データバックアップやディザスタリカバリー(DR)は、なぜこんなにも悩ましいのか。この、いまだに解決が困難な課題に対して、新しい解決策が登場した。どこが画期的なのか、じっくりと解説する。(2018/10/31)

EMCジャパン株式会社提供ebook
そこは違うよ、クラウドベースのバックアップ デメリットを解説
クラウドバックアップにはメリットが多いものの、オンプレミスのバックアップが信頼できるケースはまだまだある。本コンテンツでは、クラウドバックアップのメリットとデメリットを解説する。(2018/11/1)

将来の可能性も視野に入れる
マルチクラウド環境のデータバックアップ体制 主要3ベンダーを紹介
複数のクラウドサービスにデータを預ける企業が増えるに連れ、マルチクラウド環境におけるデータのバックアップが重要になってきた。どのように対処すればいいのか紹介しよう。(2018/10/25)

iPhoneを充電しながらバックアップできるmicroSDリーダー
リンクスインターナショナルは、10月27日に充電と同時にバックアップをするiOS専用のmicroSDカードリーダー「PhotoCube」を発売。最大400GBまでのmicroSD/SDHC/SDXCカードに対応し、USB 3.1接続での高速データ通信と急速充電も可能だ。第三者のアクセスを防止する強力なセキュリティ機能も搭載している。(2018/10/19)

ホワイトペーパー:
Windows 10の無料のセキュリティとバックアップは信頼できるか?
Windows 10ではセキュリティとバックアップの仕組みが搭載されている。無料で手に入るこれらの仕組みは、一体どのような機能を持っているのか。そしてどのくらい信頼できるものなのだろうのか?(2018/10/16)

ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12cの攻め方(5):
12c Silver試験の「監査」「バックアップ」「リカバリー」に関するポイント
「ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c」資格を取得するための傾向と対策を紹介する連載。今回のテーマは、「監査」「バックアップ」「リカバリー」です。(2018/10/15)

コストや人材が少なくても大丈夫
テープやHDDもフル活用 小規模企業だからこそ考えたい戦略的バックアップ
小規模企業には余裕がない。だが、堅実なバックアップ戦略は必要だ。幸い、テープ、ディスクからクラウドまで、小規模企業向けのバックアップオプションはたくさんある。(2018/10/15)

Tech TIPS:
Windows 10の「バックアップ」機能(ファイル履歴)でファイルを定期的にバックアップする
Windows 10には、ファイルやフォルダを定期的にバックアップできる「バックアップ」機能が付属している(Windows 8で導入された「ファイル履歴」を拡張したもの)。これを使ってファイルやフォルダをバックアップすることで、ミスでファイルが失われるのを防ぐことができる。(2018/10/12)

大規模採用事例も、注目のベンダーに聞く
クラウド時代のデータマネジメント、データ保護はなぜ「楽」なのか
企業IT基盤の簡素化を阻むのはバックアップ運用に関わる仕組みの複雑さ。共通ITインフラ基盤の構築や運用をより一層「楽」にするために見直すべき点はどこかを取材した。(2018/10/10)

山市良のうぃんどうず日記(137):
チャレンジ、秘密のWinRE!
Windowsには、正常に起動しないシステムのトラブルシューティングやバックアップからのリストアなどに利用できる「Windows回復環境(WinRE)」があります。さまざまなWindows環境でWinREを使用してきて、最近、気が付いた点を幾つか紹介します。(2018/10/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。