ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

PR:とうとう現れたThinkPad史上最軽量フラグシップPC ニューノーマル時代に特化した機能を多数搭載
(2021/6/16)

Linuxベースの独自OSを搭載したタブレットがクラファンで登場 Androidアプリにも対応
中国Jingling Techが、Linuxベースの独自OS「Jing OS」を搭載したタブレット端末「Jing Pad A1」のクラウドファンディングを開始。Linuxアプリの他、Androidアプリも一部動作するという。価格は549ドル。(2021/6/16)

Ankerのプライムデーセール バッテリーからプロジェクターまで170品以上 2割引〜
20、21日の「Amazonプライムデー」で、Ankerが170製品以上をセール。モバイルバッテリーからロボット掃除機、モバイルプロジェクターなどをラインアップしている。(2021/6/16)

アンカー、Amazonプライムデーで170製品以上を最大50%オフ
アンカー・ジャパンは、6月21日〜6月22日の48時間限定「Amazonプライムデー」で170製品以上を最大50%オフで販売。リモートワーク向け製品やチャージング関連製品、オーディオ製品などをそろえている。(2021/6/16)

タッチ操作と144Hz表示対応! プリンストンのモバイルディスプレイ「UP-M156THD」を試す
続々と新モデルが登場するモバイルディスプレイだが、高リフレッシュレートをサポートしたゲーミングモデルは数少ない。プリンストンの144Hz対応モデル「UP-M156THD」を試用した。(2021/6/16)

無人搬送車:
AGVをスマートフォン端末で遠隔操作、パーソルグループが2022年度中に発売
パーソルプロフェッショナルアウトソーシングと同社傘下のパーソルR&Dは2021年6月10日、無人搬送車(AGV)の遠隔操作ソリューションを開発したと発表した。建設業界や物流業界向けに2022年度中の販売を計画する。(2021/6/16)

VRニュース:
触覚、振動フィードバック技術でリアルな感覚を再現するVRグローブ
ゼロシーセブンは、SenseGlove製の触覚、振動フィードバックVRグローブ「SenseGlove Nova」の取り扱いを開始する。高度な触覚、振動技術とスムーズなハンドトラッキング技術の融合により、VRをリアルに体感できる。(2021/6/16)

PR:14型だけど1kg切りで厚さ16.4mmのスリムボディー! 「DAIV 4P」の魅力に迫る
マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」シリーズに、モバイル用途に適した新モデル「DAIV 4P」が登場した。注目モデルの実力を細かくチェックしよう。(2021/6/16)

goo Simsellerが「OPPO A54 5G」を1万1800円の特価で販売 6月25日〜7月9日
NTTレゾナントは、6月25日にスマートフォン「OPPO A54 5G」と「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始。goo Simseller本店では7月9日11時まで1万1800円(税込み)で購入できる。(2021/6/15)

THE WiFi、約12時間の連続通信が可能なルーター「NA01」を発売
スマートモバイルコミュニケーションズは、データ通信サービス「THE WiFi」で新機種「NA01」を提供開始。約12時間の連続通信が可能な容量3500mAhのバッテリーや、2.4型タッチパネル式カラー液晶ディスプレイを搭載する。(2021/6/15)

Beats、Androidとも自動接続可能なアクティブノイキャンイヤフォン「Studio Buds」を今夏1万7800円で発売
Apple傘下のBeatsが、Android端末ともワンタッチ自動接続可能な無線イヤフォン「Studio Buds」を発表した。アクティブノイズキャンセリング機能搭載で、日本では今夏に1万7800円で発売する。(2021/6/15)

伊藤忠のネットワークを活用して日本人好みのスマホを厳選:
美品の“3つ星スマホ”のみを販売 中古スマホサービス「にこスマ」の戦略
伊藤忠商事の100%子会社として2019年2月に設立されたBelongは、独自の厳しい検査基準を設けて国内外から良品・美品の中古スマホを集めて提供している。その検査基準で得られた人気は高く、「2020年の売上は2019年と比べて4倍から5倍」だという。大きな売上を獲得する中古スマホ取扱企業に話を聞いた。(2021/6/16)

NTTドコモが「Xperia 10 III SO-52B」を6月18日に発売 オンライン限定の「イエロー」も
NTTドコモが6月18日に「Xperia 10 III SO-52B」を発売する。ドコモオンラインショップでの予約者を対象とする事前購入受付は、6月15日10時から行う。(2021/6/14)

中国Ninjutso製ゲーミングマウス「Origin One X」の国内取り扱いが開始
フェルマーは、中国Ninjutso製ワイヤレスゲーミングマウス「Origin One X」の取り扱いを発表した。(2021/6/14)

au、ミッドレンジ5Gスマホ「Xperia 10 III」を6月18日に発売 
KDDIは、6月18日に5G対応スマートフォン「Xperia 10 III」を発売。3年使っても劣化しにくい容量4500mAhのバッテリーや、6.0型のHDR対応有機ELディスプレイも搭載する。(2021/6/14)

Dynabookが「オフィス内モバイルノートPC」を発売 自宅への持ち帰りも想定
Dynabookが、14型のビジネス向けノートPCを発表した。テレワークにより自宅にノートPCを持ち帰るシーンが増えたことを受けて企画された新モデルで、14型ながらも従来の13.3型モデルと同等のフットプリント(設置面積)で利用できるという。(2021/6/14)

グローカルネット、クラウドSIM搭載ルーターの新製品「NA01」発売 約2万円
グローカルネットは、クラウドSIMを搭載したWi-Fiルーター「NA01」を発売。SIMの切り替え時に通信が途切れない「デュアルチップセットモデム」を採用し、最大12時間の連続稼働時間を実現している。(2021/6/14)

レクサス、新型「NX」初公開 デザインはどう?【写真120枚】
レクサス初のPHEVを設定、「塊感」がいい感じ!(2021/6/14)

スマートリテール:
素材を鉄からプラへ、UXにこだわった次世代スマートショッピングカート
Retail AIは2021年6月10日、軽量化やタブレットの表示画面を改善して顧客のUX向上を図った、セルフレジ機能を搭載するスマートショッピングカートの次世代モデルを公開した。また、新たに月額制のサブスクリプション方式を導入して小売業界での普及を目指す。(2021/6/14)

デザインの力:
威圧しない、威厳がある――セコムの新型警備ロボット「cocobo」のデザイン思想
セコムは、新開発のセキュリティロボット「cocobo」を発表した。各種センサーやカメラなどを搭載した自律型警備ロボットで、AI、5Gといった先端技術を活用した巡回警備や点検業務が行える。「公共空間との調和」「威厳と親しみやすさ」を開発コンセプトに掲げ、znug designの根津孝太氏、ロフトワークとともにデザインした。(2021/6/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ランクル14年振りの刷新 「ランクルじゃなきゃダメなんだ」世界で評価される理由
ランクルというクルマは、それを使う地域と使わない地域でとんでもなく評価が違うクルマだ。「池田なぁ、村もオアシスもない巨大な沙漠をクルマで命懸けの横断をするとして、レンジローバーとランドクルーザーがあったらどっちを選ぶ?」。そう聞かれてハタと思ったのだ。(2021/6/14)

車両デザイン:
ソニーが本気で取り組む自動車開発、間近に見たケータイの勢力図変化が背景に
さまざまな分野で「モビリティ」への関心が高まる中、自動車技術会では今回初めて自動車業界以外の企業による基調講演を開催。ソニーグループでAIロボティクスビジネスを担当する執行役員の川西泉氏が、VISION-Sの開発秘話やモビリティビジネスへの参入を決めた背景などを語った。(2021/6/14)

Appleの「AirTag」を使うメリット 後発だけど他のスマートタグとはどう違う?
Appleが4月に発売したスマートタグ「AirTag」。スマートタグとしては後発の製品ではあるが、その真価はiPhoneやiPadといったApple製端末と併用したときに現れる。外部アプリではなくOS標準の機能で簡単に設定でき、万一悪意のある人に自分のものではないAirTagを紛れ込まされてしまった際の対策もされている。(2021/6/13)

サードウェーブ、4コアCeleron搭載で3万円台のエントリー14型ノート
サードウェーブは、14型フルHD液晶ディスプレイを搭載したエントリーノートPC「THIRDWAVE VF-AD4S」を発売する。(2021/6/11)

【実物レビュー】「美人百花」7月号のふろくは「JILL by JILLSTUART」のレディなバニティポーチ しっかり自立&収納できる高見えアイテムです
キルティング生地とリボンがかわいい!(2021/6/11)

STマイクロ ESDCAN03-2BM3Y:
車載通信向けのデュアル過渡電圧サプレッサ
STマイクロエレクトロニクスは、車載用の低端子間容量デュアル過渡電圧サプレッサ「ESDCAN03-2BM3Y」を発表した。端子間容量は3.3pFで、CANやCAN-FDインタフェースを静電放電や過電圧過電流ストレスから保護する。(2021/6/11)

ソニー、撮影用ドローン「Airpeak S1」9月に発売 ミラーレス一眼αシリーズを搭載可
ソニーが、フルサイズミラーレス一眼「α」シリーズを搭載できる業務用ドローン「Airpeak S1」を9月に発売すると発表。市場想定価格は100万円(税別)。空撮映像の撮影での利用を見込む。(2021/6/10)

「J:COM MOBILE」で8月から5Gサービス提供 料金据え置き、SIM交換不要
ジュピターテレコムが、2021年8月25日からMVNOサービス「J:COM MOBILE」で5Gサービスを提供する。月額料金は据え置きで、SIMの交換も不要で利用できる。5G対応端末として、シャープ製の「AQUOS sense5G」を投入する。(2021/6/10)

BIGLOBEモバイルが「OPPO Reno5 A」「Jelly 2」「OPPO A54 5G」を順次発売
ビッグローブのMVNOサービス「BIGLOBEモバイル」は、6月17日にOPPO製「OPPO Reno5 A」とUnihertz製「Jelly 2」を、6月25日にOPPO製「OPPO A54 5G」を発売する。音声通話SIMとOPPO Reno5 A/OPPO A54 5Gをセットで申し込むと「Gポイント」を2万円相当還元する。(2021/6/10)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カールツァイスカメラ搭載 Vivo「X60 Pro+」はジンバル内蔵で手ブレ知らず
老舗のレンズメーカー、カールツァイスがVivoとも提携しました。X60シリーズでもジンバルを搭載したモデルが発売されています。今回紹介する「X60 Pro」はX50 Proと同じ5軸ジンバルを搭載しつつ、ジンバルシステムはバージョン2.0と進化しています。(2021/6/10)

家電メーカー進化論:
急成長のサンコーが、「オモシロ家電」を追求する意味とは
「サンコー」といえば、ユニークで一風変わった「おもしろ家電」で知られるメーカーだ。面白さと同時に、コスパの良さと便利さも備え、人気を博している。この「おもしろ家電」を開発できた秘密とは一体何なのか。サンコーの山光博康CEOに話を聞いた。(2021/6/10)

ソニー初、LDAC対応の完全ワイヤレスイヤフォン発売 イヤーチップはフォームタイプに
ソニーは9日、LDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」を発表した。直販価格は3万3000円(税込)。(2021/6/9)

FCNTが法人向けSIMフリースマホ「arrows BZ02」を8月下旬に発売 デュアルSIMにも対応
FCNTが、法人向けのSIMロックフリースマートフォンをモデルチェンジし、8月下旬に発売する。スペックアップを図りつつも、容量3600mAhのバッテリーと85%で充電を止める「電池長持ち充電」機能などを搭載し、ビジネスでの長期利用に最適なモデルとなっている。(2021/6/9)

Nexperia BUK7S0R5-40H、PSMNR55-40SSH:
低オン抵抗、高電力密度の40V MOSFET
Nexperiaは、40VパワーMOSFETの新製品として、車載向けの「BUK7S0R5-40H」と産業機器向けの「PSMNR55-40SSH」を発表した。オン抵抗が0.55mΩと低く、電力密度も向上している。(2021/6/9)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「razr 5G」や「moto g100」を投入 モトローラが高価格帯モデルにも注力する理由
モトローラが日本市場に投入するスマートフォンは、これまでミッドレンジ帯が中心だった。しかし「razr 5G」や「moto g100」など、高価格帯モデルにも力を入れつつある。日本法人の松原丈太社長に、直近の戦略を聞いた。(2021/6/9)

VLSIシンポジウム2021:
「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文
2021年6月13〜19日に開催されるLSI関連の国際学会「VLSIシンポジウム2021」。「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文を紹介する。これらの注目論文は、VLSIシンポジウム委員会が2021年4月に行った記者会見で紹介したものとなっている。(2021/6/8)

小さいボディーに高性能がギュッと! Tiger Lake搭載の10.1型2in1 PC「OneMix4」を試す
One-Netbook Technologyの超小型ノートPC(UMPC)「OneMix」の第4世代製品である「OneMix4」が登場した。小型ながらにパワフルなCPUを搭載していることが特徴だが、その実力はいかほどのものか。Core i7-1160G7を搭載する「プラチナエディション」の実機をチェックしてみよう。(2021/6/8)

逆風受け終焉に向かうPHV 何がどう変わり、そして将来どうなるのか
 プラグインハイブリッド車は、これまで規制面で優遇されてきたが、最近、逆風が吹いている。PHVはガソリン車と電気自動車の欠点を補うクルマとして、市場に受け入れられてきた。しかし、どうも風向きが変わったようにも見える。何がどう変わったのか、そして将来はどうなるのか。(2021/6/8)

iOS 15は「iPhone 6s」と「初代iPhone SE」も対象、最多6回のバージョンアップ
iOS 15はiOS 14と同様、「iPhone 6s」と初代「iPhone SE」以降のモデルが対応している。両モデルとも、2016年秋配信のiOS 10から2021年秋配信のiOS 15まで、計6回ものOSバージョンアップが可能になる。この「6回」という数字は、iPhone史上最多のバージョンアップ回数となる。(2021/6/8)

消火栓の渋すぎるミニチュア 経年劣化のサビまで完全再現したこだわりの作品がすごい
ミニチュア愛を感じるこだわり。(2021/6/8)

UQ mobileが5Gスマホ「OPPO A54 5G」「AQUOS sense5G」を取り扱い 6月10日に発売
5G対応プランの提供に先行して、KDDIと沖縄セルラー電話がUQ mobileブランドで5Gスマートフォンの販売を開始する。取り扱うのは、「OPPO A54 5G」と「AQUOS sense5G」の2機種で、いずれもauブランドでも販売されているものだ。(2021/6/7)

逆風受け終焉に向かうPHV 何がどう変わり、そして将来どうなるのか
 プラグインハイブリッド車(PHV)は、これまで規制面で優遇されてきたが、最近、逆風が吹いている。PHVはガソリン車(ハイブリッド車含む)と電気自動車(EV)の欠点を補うクルマとして、市場に受け入れられてきた。しかし、どうも風向きが変わったようにも見える。何がどう変わったのか、そして将来はどうなるのか。(日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎)(2021/6/7)

電気自動車:
日産の新型EV「アリア」、2021年冬から日本向け限定仕様車で販売スタート
日産自動車は2021年6月4日、SUVタイプの電気自動車(EV)「アリア」の日本専用限定仕様車を発表した。また、アリアの予約サイトを同日に開設し、オンラインでの予約注文の受付も開始した。(2021/6/7)

日産、EV「アリア」限定モデルの試乗体験などをオンライン化 ARモデルやドライブシミュレーションを用意
オンラインでのバーチャル試乗を提供する。(2021/6/4)

eスポーツにも使える5Gゲーミングスマホ「Black Shark 4」が日本上陸 6月4日から予約販売開始
ブラックシャーク科技ジャパンが、5Gゲーミングスマートフォン「Black Shark 4」を日本で販売することになった。6月4日19時から始まるオンライン製品発表イベント終了後、特典付きの事前販売予約を受け付ける。(2021/6/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
チルトローテータのマシンコントロールも可能なICT油圧ショベル、コベルコ建機
コベルコ建機は、チルトローテータのマシンコントロールも可能なICT油圧ショベル「SK135SR-7」を開発し、2021年5月1日に発売した。(2021/6/4)

VoLTE対応のカードサイズケータイ「NichePhone-S+」、6月11日に販売開始
フューチャーモデルは、6月11日にカードサイズのSIMロックフリーケータイ「NichePhone-S+」を家電量販店などで販売開始。価格は1万3800円(税込み)。(2021/6/3)

パナソニック、12.1型/12型モバイルノート「Let's note SV1」「QV1」に2021年夏モデル 11世代Core採用
パナソニックは、同社製12.1型/12型モバイルノート「SV1」「QV1」シリーズの新モデルを発表した。(2021/6/3)

アスペクト比3:2の画面を採用:
スリム! 頑丈! 1kg切り! 新モデル「Let's note FV」を試して分かったこと
パナソニックのモバイルPCに、14型液晶ディスプレイを備えた新モデル「Let's note FV」 シリーズが加わった。アスペクト比3:2の画面を備えた見どころの多い実機をチェックした。(2021/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。