ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

重低音を増強するボタン付き ソニーがワイヤレススピーカーとワイヤレスヘッドフォン3機種を発売
ソニーは、4月26日から「ULT POWER SOUND」シリーズのスピーカー&ヘッドフォン3機種を順次発売。重低音を増強するULTボタンを搭載し、より迫力のある重低音を楽しめるという。(2024/4/17)

東海道新幹線に「完全個室タイプ」の座席導入へ 専用Wi-Fi付き 26年度中
JR東海は17日、東海道新幹線の「N700S」車両の一部に、完全個室タイプの座席を2026年度から順次導入すると発表した。(2024/4/17)

UGREENのマグネット式モバイルバッテリー発売 1万mAhで入出力20Wに対応
フォーカルポイントは、入出力最大20Wに対応した「UGREEN 10000mAh マグネット式ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー」を発売。容量は1万mAhで、Qi、PD、QC、AFC、FCPなどさまざまな急速充電プロトコルに対応する。(2024/4/17)

Dynabook、教育機関向けのキーボード着脱式2in1 Chromebookを発表
Dynabookは、教育機関向けとなる2in1 Chromebook「Dynabook Chromebook C70」の発表を行った。(2024/4/17)

ゲーム機のバッテリー「半年に1回は充電してあげて」 任天堂の呼びかけが律儀と話題「ちょうど半年に一度定期投稿」
ゲーム機に限らず、場合によっては充電できなくなることもあるので注意。(2024/4/17)

Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も
スマートフォンを中心としたリファービッシュ製品を取り扱うBack Marketが4月16日、メディア向け説明会を実施。同社が掲げるビジョンや日本における戦略を説明した。日本では成長率が世界で最も高く、一般的な中古市場とは異なる属性のユーザーが利用しているという。(2024/4/17)

HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表
Nokiaブランド端末で知られるHMDが、ビールメーカーのHeinekenと提携し、透明な折りたたみ携帯電話を発表した。「Boring Phone」(退屈な電話)と名付けられた端末でできるのは通話とテキストメッセージくらい。デジタルデトックスが狙いだ。(2024/4/17)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
エンジン発電で“11時間半飛行”するドローン アミューズワンセルフの「はかる」に特化した製品開発
日本の災害では、有人のヘリコプターでは対応できないケースが多いとされている。家のすぐ裏で斜面が崩れる被害が多い日本では、ヘリコプターを飛ばすことでさらなる崩落を誘発する危険性がある。こうした災害現場の現状把握に、ドローンは有効となる。(2024/4/17)

電動化:
ホンダが中国向けに新たなEVのラインアップ、2027年までに6機種
ホンダは中国市場に投入するEVの新シリーズ「Ye」を発表した。(2024/4/17)

embedded world 2024:
onsemiが新開発のAFEチップを公開、高精度の電気化学センシングを超低消費電力で
onsemiが、高精度の電気化学センシングを低消費電力で実現する、小型アナログフロントエンド(AFE)「CEM102」を開発し、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2024」(2024年4月9〜11日)で初公開した。(2024/4/17)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す
数あるJBLのスピーカーの中で、最も出荷台数が多いのがコンパクトな「JBL GO」シリーズだ。その最新モデルとなる「JBL GO 4」を試した。(2024/4/17)

ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した
「Insta360 X4」はついに8K30fps撮影に対応し、Insta360 X3やInsta360 ONE RS 1インチ360度版のユーザーも、積極的に買い替えを検討しても良いモデルに仕上がりです。(2024/4/16)

スマホで加熱→虫刺されのかゆみを抑えるグッズ「heat it」発売 TONICHIより
TONICHIは、スマホで加熱する虫刺されのかゆみ止めグッズ「heat it」を発売。専用アプリをダウンロードしたスマホに取り付け、バッテリーからの給電で適温に温めた後に患部へ4〜10秒ほど押し当てて利用する。(2024/4/16)

AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場
AMDが、最新世代のAMD PRO対応クライアントPC向けAPUを一挙に発表した。一部モデルを除きNPU(AIプロセッサ)を統合することで、競合と比べてオンデバイスAI処理能力の高さをアピールしている。(2024/4/16)

テスラ、全世界で従業員の10%超を削減 販売低迷で 
米電気自動車(EV)大手テスラは全世界の従業員の10%余りを削減する。ロイターが15日、社内メモを入手した。同社は販売低迷とEVの価格競争激化に対応を迫られている。(2024/4/16)

山田邦子、“20年乗った国産愛車”との別れに「マジで大泣き」 走行距離は10万キロ越えし「本当にいい車」「やっぱり好きだぁ」
20年の歴史。(2024/4/16)

材料技術:
日本ガイシのNAS電池をハンガリーのエンジニアリング企業が採用
日本ガイシは、ハンガリーのエンジニアリング企業であるDuna Center Therm Uzemi Szolgaltatoを通じて、同国の変圧器メーカーGanz Transformers and Electric Rotating Machinesから電力貯蔵用NAS電池を受注したと発表した。(2024/4/16)

「ソフトバンクVS.ドコモVS.LUUP」 シェアサイクル「三国志」で後発が取った拡大戦略
シェアサイクル事業は先行事業者であるドコモ・バイクシェアが一強だったところを、ハローサイクリングが切り崩していった。シェアサイクル三国志の実情は? オープンストリートの工藤智彰社長に聞いた。(2024/4/16)

中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
ハプニングにも動じず乗り越えるところがすてき。(2024/4/16)

さらなる小型化に向けGaNデバイス強化中:
PR:電力密度10kW/Lを実現! オンボードチャージャーの次世代ニーズにいち早く応えるインフィニオン
電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)に欠かせないオンボードチャージャー(OBC)。コスト低減や高電圧対応などさまざまな面で進化が必要なOBCだが、特に電力密度の向上、すなわちOBCの小型化が強く求められている。インフィニオン テクノロジーズは2028年ごろに求められるとされる電力密度10kW/Lを実現するOBCリファレンスデザインを開発した。どのような技術で電力密度を向上させたのだろうか。(2024/4/15)

スマートグラス「XREAL」ユーザーが「Rokid」に浮気した理由 実機比較で分かったこと
「メガネのように軽くて、かければ目の前に大画面」──このような製品が増えている。筆者は「XREAL Air 2 Pro」ユーザーだが、Android TV搭載デバイスの「Rokid Station」、スマートグラス「Rokid Max」に浮気しそうだ。なぜそう感じたのか、実機を交えてレビューする。(2024/4/14)

AI搭載Surface PCを発表:
Windows Copilotで「働き方の新時代の推進」、Microsoftが語る3つの戦略
Microsoftは2024年3月に開催されたデジタルイベントで、Copilotや新しいSurface for Business、Windows Cloud PCといったデバイスを通して、顧客のビジネス全体で、AIの安全かつ効率的な活用を推進すると発表した。(2024/4/13)

「Galaxy S24」と「Galaxy S24 Ultra」は何が違う? 実機を試しながら比較した
Galaxy S24とGalaxy S24 Ultraは何が違う? 両機種の違いを確認する。ほとんどの人にはGalaxy S24がおすすめ。カメラかペン機能にこだわるならGalaxy S24 Ultraを選ぶべき。(2024/4/13)

自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと
スマートロックでよく聞くお困りごとは、ちょっとした心掛けで解消できる。そのコツを紹介する。(2024/4/12)

組み込み開発ニュース:
自社開発のRISC-V CPUコアを搭載した32ビット汎用マイコン
ルネサス エレクトロニクスは、自社開発のRISC-V CPUコアを搭載した、32ビット汎用マイクロコントローラー「R9A02G021」を発売、量産を開始した。(2024/4/12)

船も「CASE」:
電子海図や自動操舵、救助用ビーコン……小型船舶の最新事情
「ジャパンインターナショナルボートショー2024」が開催された。この記事では、パシフィコ横浜会場の展示から、電子海図や自動操船関連機器、そして、陸とは異なる海洋での利用を考慮したデバイスを取り上げる。(2024/4/12)

IoMT導入の課題とは
「医療IoTデバイス」導入前に知っておきたい活用例と成否を分ける2大ポイント
医療分野のIoT「IoMT」の導入が広がりつつある。IoMTの導入やシステムの構築を検討する際に理解しておくべき、医療現場特有の用途や課題を紹介する。(2024/4/12)

「モバイルSuica/PASMO」の誤解を解説 バッテリー切れだと使えない? クレカなしだと定期を買えない?
新年度を迎え、鉄道やバスの定期券売り場は大変混雑しています。人によっては「モバイルSuica」や「モバイルPASMO」を使えば並ばずに定期券買えるのに……と思うのですが、いろいろ“怖くて”一歩を踏み出せない人もいるようです。よくありがちな“誤解”について解説します。【訂正】(2024/4/11)

MSI、ペン入力にも対応したCore i7搭載14型2in1ノート「Summit E14 Flip Evo A13M」に店頭販売モデルを追加
エムエスアイコンピュータージャパンは、Core i7を搭載した14型2in1ノートPC「Summit E14 Flip Evo A13M」の販売ラインアップに店頭販売向けバリエーション構成モデルを追加した。(2024/4/11)

ライカスマホに新作「Leitz Phone 3」登場 シャープ製第3弾、ソフトバンク独占販売
ソフトバンクは4月11日、老舗カメラメーカーの独ライカが監修したシャープ製5Gスマートフォン「Leitz Phone 3」を、4月19日から販売すると発表した。初代/2代目モデルに続き、ソフトバンク独占販売となる。(2024/4/11)

MSI、Core i7+RTX A1000を搭載した16型モバイルワークステーション
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i7を採用した16型モバイルワークステーション「CreatorPro-M16-B13VI-1301JP」を発売する。(2024/4/11)

ライカのスマホ「Leitz Phone 3」4月19日発売 可変絞りやゆがみ補正機能に対応、ソフトバンクが独占販売
ソフトバンクが、ライカ監修のスマートフォン「Leitz Phone 3」を4月19日から独占販売する。背面には、ダイヤモンドパターンを施したレザー調のデザインを採用。ライカの味付けを加えた撮影モード「LEITZ LOOKS」が、F1.4からF8まで6段階で背景のボケを調整できる可変絞りに対応した。(2024/4/11)

ロジクール、スリムデザイン筐体を採用したフルサイズワイヤレスキーボード
ロジクールは、スタイリッシュな薄型筐体を採用するワイヤレスキーボード「K950」を発表した。(2024/4/11)

ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す
ロジクールから、パンタグラフ式のスタンダードモデル「Signature Slim ワイヤレス キーボード K950」が発表された。「Logi Bolt」にも対応した、無線タイプのキーボードを試してみた。(2024/4/11)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「アジアでBEV出遅れ」は好機になる? 日本車が再び選ばれるようになる理由
タイの日本車ディーラーが中国や韓国のブランドに乗り換える動きが続出しているようだ。しかし、勢いのあるアジア勢と比べて、慎重なのが日本車メーカーの成功の理由とも言える。性能や使い勝手で再び日本車が選ばれるようになる可能性も大いにあるだろう。(2024/4/11)

Surfaceライクなビジネス向け12.3型2in1タブレット「VersaPro J タイプVS(VS-L)」を試す
今回はCore i5-1335Uを搭載した5Gモデル「PC-VJT46S4GL」の評価機を入手したのでレビューする。(2024/4/10)

Innovative Tech:
尿漏れを管理する“埋め込み型”デバイス 膀胱内の充満度をスマホにリアタイ通知 米研究者らが開発
米ノースウェスタン大学などに所属する研究者らは、膀胱機能を継続的にモニタリングできるワイヤレスな埋め込み型デバイスを提案した研究報告を発表した。(2024/4/10)

カードサイズの1万mAhモバイルバッテリー2種類を発売 エレコムから
エレコムは、2ポート搭載で最大出力20Wのモバイルバッテリー2種類を発売。容量は1万mAhで、本体充電用ケーブルを接続したままスマートフォンとモバイルバッテリーを充電できる。(2024/4/9)

エプソンダイレクト、一部PC/ディスプレイ製品の価格を値下げ 最大約34%引き
エプソンダイレクトは、同社製PCおよび一部ディスプレイ製品の価格改定を実施した。(2024/4/9)

NES風ミニPCにレトロなゲームパッド「8BitDo Controller」をつなげて遊んでみた
米国で人気だった家庭用ゲーム機「Nintendo Entertainment System」をオマージュしたデザインの「AYANEO Retro Mini PC AM02」。今回はセット販売されていた「8BitDo Controller」を接続し、PCゲームを快適にプレイできるかどうかを試した。(2024/4/9)

Google、新「デバイスを探す」を北米で開始 AndroidネットワークやNestを活用
Googleは、紛失したAndroid端末を探せる「デバイスを探す」の新版をまずは北米で公開した。Appleの「探す」同様にクラウドソーシングネットワークを活用する。屋内では、Nest端末(Google Home端末)も利用できる。(2024/4/9)

ドウシシャ、80年代風デザインを採用したBluetooth対応CDステレオラジカセ
ドウシシャは、Bluetooth接続に対応したCDステレオラジおカセット「SCR-B9」を発表した。(2024/4/8)

NEWS Weekly Top10:
「アクセスカウンター」人気 1999年のWebサイトは「5MB使い切るのも難しい」時代 当時の雑誌が面白い
フォームに入力した文字数を瞬時に数えてくれる老舗サービス「【文字数カウント】」が閉鎖されたという記事が注目を集めた。このサービスをホスティングしていたのは「ODNホームページサービス」。Web黎明期に広まったODN関連サービスが続々終了している。(2024/4/8)

大量の空き缶を溶かしてできたのは…… 「ごみを宝に変える」ハイレベルすぎるリサイクルに“2300万再生”の反響
すばらしい。(2024/4/8)

民生機器や産業機器向け:
自己消費電流0.4μA、出力電圧0.4VのLDOボルテージレギュレーター
日清紡マイクロデバイスは、民生機器や産業機器向けのLDOボルテージレギュレーター「NR1620」シリーズを発売した。自己消費電流を0.4μAに、出力電圧を0.4Vに抑えている。(2024/4/8)

リサイクルニュース:
EVの廃バッテリーと太陽光路面発電装置から成る自立給電システムの実証実験開始
MIRAI−LABOは、東海旅客鉄道(JR東海)とともに、JR東海の小牧研究施設で「太陽光路面発電装置と中古電気自動車(EV)の廃バッテリーを組み合わせた自立給電システム」の共同実証試験を開始したと発表した。(2024/4/8)

3泊4日、リュック一つで身軽に旅するパッキング術に反響! “夜逃げかってくらいの量”を脱却する意外なポイントとは
いろいろと発見がありました。(2024/4/8)

「M3 MacBook Air」は衝撃的なファンレスモバイル Windowsの世界よりも2歩先を進んでいる
M3チップを搭載したMacBook Airは、先代機同様にファンレス設計だ。この薄っぺらいボディーにこれだけのリッチなプロセッサを搭載しながらファンレスであるというのは、Windows PCの常識では考えられないことだ。3世代目となるApple Siliconの進化や実力が気になるところだ。早速レビューしよう。(2024/4/5)

スマホなくても子機で通話 ドコモの「ワンナンバーフォン」設定アプリ、提供終了へ 単独利用ができなくなる場合も
NTTドコモは「ワンナンバー設定」アプリの提供終了を告知している。提供終了日は2024年10月1日。終了後はワンナンバー設定アプリで「ワンナンバーフォン(ON 01)」の初期設定ができなくなる。(2024/4/5)

JBL、手のひらサイズの小型デザインを採用したポータブルBluetoothスピーカー
ハーマンインターナショナルは、コンパクト筐体を採用したポータブルBluetoothスピーカー「JBL GO 4」「JBL CLIP 5」を発表した。(2024/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。