ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

大差付けられた:
後発「ジャンプ」大躍進 「マガジン」意地の再逆転
田中万里子(まりこ)(83)は「週刊少年サンデー」創刊(昭和34年)時のメンバー。13人の編集部員中、ただ1人の女性だった。「事務と読者のページ(投稿欄)、科学のコーナーを担当しました。当時、各出版社にあった『少年社員』制度で、仕事をしながら夜間高校・大学を卒業したのです」。田中の小学館入社は26年、そのころ姉妹会社の集英社は同じ社屋にあり、社員採用も労働組合も同じだった。「たまたまですが、サンデー編集部で私の隣席は集英社社長の親類の方でしたよ」(2019/4/19)

下位は……:
都道府県別の平均年収ランキング、トップは?
企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイは、都道府県別の平均年収を発表した。同サイトに寄せられた給与明細投稿をベースにまとめたもので、1位は「東京都」……。(2019/4/18)

フラッシュセールは10秒で完売:
Huaweiの「P30 Pro」を分解、3層PCBを採用
Huaweiは2019年4月12日(中国時間)、中国で最新スマートフォン「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のフラッシュセールを実施したが、開始からわずか10秒で完売したという。Huawei P30/P30 Proの発売に伴って、さまざまな技術チームが分解レポートを最初に投稿しようと、先を争うように同製品の分解に取り掛かった。(2019/4/18)

小説投稿サービス「LINEノベル」がスタート 書籍化する出版社を選べる“スタ誕”的システムを導入
新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」の創刊も。(2019/4/17)

なぜ出版不況の今、LINEが“小説ビジネス”を始めるのか?
LINEがコンテンツ事業「LINEノベル」をスタート。インターネット上で読める小説を配信する取り組みで、LINEオリジナルの作品を制作・提供する。提携する出版社の既存作品のデジタル版も提供する。一般ユーザーが作品を自由に投稿できる仕組みも設け、小説家志望者の創作活動を支援する。この事業を始める理由を取材した。(2019/4/16)

今井美樹、56歳の美ぼうに「本当に美しい」「全く変わらずキレイ」の声 夫・布袋寅泰のバースデー投稿に反響
布袋さん「いつまでも元気で美しく」。(2019/4/16)

仏ノートルダム大聖堂で大規模火災 現地からTwitterに写真や動画が続々投稿される 日本でもトレンド入り
フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生している。ネット上には現地の状況が多く寄せられている。(2019/4/16)

Microsoftのカーネルエンジニアが回答:
Windows 10のソースコードは何で書かれている?
実名制Q&Aサイト「Quora」で、「Windows 10の開発にどのようなプログラミング言語が使われたのか」という質問に対し、Microsoftのカーネルエンジニアが2019年3月、最新の回答を投稿した。(2019/4/16)

NTT東、「社員の個人PCに検閲ソフトを導入」SNS投稿を「事実と異なる」と否定
弁護士の見解も聞きました。(2019/4/15)

不適切動画をAIでフィルタリング、映像・音声の分割で精度向上――Hmcommとイー・ガーディアンが共同開発
投稿監視やソーシャルリスニングなどを手掛けるイー・ガーディアンと、AIによる音声処理技術を用いたサービスを提供するHmcommは、AIによる動画監視フィルタを共同開発する。動画内の映像と音声を別々に切り出して精査し、不適切なコンテンツを高精度に検出する。(2019/4/12)

Twitterでヘイト発言、勤務中にも投稿 元年金事務所所長、停職2カ月の処分
日本年金機構は、Twitterの匿名アカウントで不適切な発言を繰り返していたとして、元世田谷年金事務所所長の男性(50代)を停職2カ月の制裁処分にしたと発表した。(2019/4/12)

日本年金機構、SNSで差別投稿繰り返していた元事務所長を制裁処分に 「停職2カ月」にネットでは「甘すぎる」との声も
男性のアカウントでは以前から、特定の国や国会議員を指した過激なヘイト発言が繰り返されていました。(2019/4/11)

Facebook、「追悼アカウント」機能を改善 AIによる故人の誕生日通知調整も
Facebookの故人のアカウントを家族や友人が管理する「追悼アカウント」に「トリビュート」タブ追加や不適切な投稿を削除する機能などが追加された。追悼アカウントになる前の故人についての通知をAIで調整するようにもなったとしている。(2019/4/10)

好きな「コマ」投稿OK 漫画発見アプリ「アル」に新機能 「進撃の巨人」「きのう何食べた?」など対応、作者許諾済み
漫画の新刊情報の確認などができるiOSアプリ「アル」に4月9日、お気に入りの漫画のコマを投稿・共有する機能が実装された。「進撃の巨人」「きのう何食べた?」など著作権者から許諾が取れた一部の作品で対応する。(2019/4/9)

英政府、ネットの有害投稿規制でプラットフォームに罰金へ
英政府が、インターネット上の有害投稿を規制するための提案「Online Harms White Paper」を公開した。プラットフォーム企業による投稿管理を義務付け、違反した場合は罰金を課す。(2019/4/9)

「ケムリクサ」第12.1話サプライズ公開 たつき監督がTwitterに投稿
ありがとう……ありがとう……。(2019/4/3)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
SNSの投稿を瞬時に解析、“ニュース革新”を支えるディープラーニング運用基盤
SNSに投稿された事件・事故・災害の動画や画像を収集/解析し、ニュース素材として配信するサービスを提供するSpectee。膨大なデータを瞬時に解析し、カテゴライズするその技術を支える、同社のディープラーニング運用基盤とは?(2019/4/2)

「エイプリルフールやりません」日産が異例の表明 その理由は
4月1日、各社が渾身のジョークネタを投稿する中、日産自動車が公式Twitterであえて「エイプリルフールのジョークは投稿しません」と表明したことが注目を集めている。過去のエイプリルフールで日産のなりすましアカウントが出現したほか、今年は新元号発表の日に当たることもあり「混乱を避ける」ためとしている。(2019/4/1)

こんな発表ならワクワクMAX Twitterに投稿された“理想の新元号発表”がスタイリッシュ
黒いタートルネックとジーンズで発表してほしくなる。(2019/3/30)

商品PRイベントで描かれた絵、「他人の作品に酷似」と指摘 大正製薬「真摯に受け止める」
炭酸飲料「RAIZIN」のPRイベントで、モデルで銭湯絵師の勝海麻衣さんがライブペインティングで描いた絵が、他のイラストレーターの作品に酷似しているとネットで炎上。大正製薬はRAIZINの公式Twitterから、作品の写真が含まれる投稿のRTを削除し、勝海さんも謝罪したが、他人の作品を参考にしたかどうかなど、事実関係には言及していない。(2019/3/29)

「ヤフコメ」新ポリシー公開 ヘイトスピーチ禁止、複アカで重複投稿禁止など
ヤフコメ投稿者が守るべきルール「コメントポリシー」公開。個人の特定が可能な情報の投稿や、特定の民族や国に対する差別やヘイトスピーチ、複数のアカウントを取得し、多くの意見として印象を扇動する行為などを禁止。(2019/3/29)

無許可で投稿はダメ! グウィネス・パルトローのSNSに娘アップルが異議、親が子の写真をネットに載せる行為に賛否の声
フォロワー500万以上の拡散力だからなおさら。(2019/3/28)

小説家VTuber「モノカキ・アエル」活動開始
小説家を目指すVTuber「モノカキ・アエル」が活動を開始。ライトノベル出版を目指し、小説投稿サイトへの作品投稿などを行う。(2019/3/28)

「“統計的に有意差なし”もうやめませんか」 Natureに科学者800人超が署名して投稿
調査した科学論文の約半数が、統計的有意性を誤用していたという。(2019/3/26)

差別発言繰り返していた有名“ネトウヨ”アカウント、世田谷年金事務所の所長と判明 日本年金機構は男性を更迭
個人的な投稿を誤ってTwitterに投稿してしまったことが特定の原因とみられています。(2019/3/25)

石野卓球の“電気愛”にファン感動 初タトゥー&ブラックユーモア投稿に注目集まる
卓球さん「電気グルーヴは人生」。(2019/3/24)

セキュリティ勉強会休止、「攻撃コードの研究発表でも逮捕されかねない」と懸念 いたずらURL事件受け
セキュリティ勉強会「すみだセキュリティ勉強会」が休止。いたずらURL投稿者がウイルス供用未遂の疑いで摘発された事件などで警察に不信感を募らせており、「単なるセキュリティ勉強会ですら、脆弱性の解説や攻撃コードの研究発表を理由に、逮捕事案にしかねない」と懸念したためという。(2019/3/20)

Instagram内でショッピングが完結する「Checkout」β開始
Instagramが、ブランドの投稿内の商品をInstaramから離れずに購入できる新機能「Checkout」のクローズドβを米国で開始した。ユニクロ、Adidas、ZARAなどが参加している。(2019/3/20)

「女性を軽視する内容」 湯布院のユースホステルの投稿めぐり日本ユースホステル協会が謝罪
混浴に関するツイートが批判を呼んでいました。(2019/3/18)

もう失敗したくないあなたへ:
PR:仕事で使うソフトウェア・クラウドサービスを利用者視点で丸裸にするレビューサイトが好評なわけ
仕事に便利なソフトウェア・クラウドサービスが急増する中、どれを利用するかで悩むビジネスパーソンは多いはずだ。それもそのはず、ツール選びに役立つ情報は実は極めてまれで、そのことが導入の失敗につながっていた。こうした課題を解消しようと登場したのが、ソフトウェア・クラウドサービスに対する“口コミ投稿”をユーザー側の視点でとりまとめたITレビュー(口コミ・評判)サイト「ITreview」だ。果たしてどのようなものなのか?(2019/3/18)

FacebookとInstagramで障害発生中 「ホワイトデーの投稿ができない」など悲鳴も
3月14日10時時点でまだ復旧はしていないようです。(2019/3/14)

「Twitterカメラ」開始 写真や動画ツイート、より簡単に
Twitterの公式スマートフォンアプリに、新たなカメラ機能「Twitterカメラ」が実装。ホーム画面で左にスワイプすれば即時に起動。撮影した動画や写真は従来の画像投稿より大きく表示され、ツイートテキストは、写真や動画の下にテロップのように表示される。(2019/3/14)

FacebookとInstagramで障害 ログインや投稿など不具合
3月14日未明から、FacebookとInstagramで、投稿やログインができないなどの不具合が出ている。(2019/3/14)

「何してんの!?」「大馬鹿野郎!!」 麻薬取締法違反容疑で逮捕のピエール瀧容疑者、最後のインスタ投稿に失望の声
ツアーで訪れていた岡山県での投稿が最後。(2019/3/13)

炎上させるのは「声だけ大きい少数派」? ネット“不謹慎狩り”の問題
不謹慎狩りとは、SNS(会員制交流サイト)などで楽しそうな投稿をしていると、「被災者がいるのに不謹慎だ」とたたかれる現象である。2011年3月11日の東日本大震災以降、インターネット社会から浮上してきた言葉である。(2019/3/12)

一種のマウンティング行為:
高年収の男性が多い? 炎上活動に積極的な「口うるさい少数派」とは……
不謹慎狩りとは、SNS(会員制交流サイト)などで楽しそうな投稿をしていると、「被災者がいるのに不謹慎だ」とたたかれる現象である。2011年3月11日の東日本大震災以降、インターネット社会から浮上してきた言葉である。(ストーリー戦略コンサルタント・芝蘭友)(2019/3/12)

“インスタ映え”で迷惑 パリの写真映えスポットの住民、市に対処求める
迷惑撮影の様子を投稿するアカウントも。(2019/3/10)

「登録者50万いてもいい」「頭の良さの無駄遣い」 “どうでもいいニュース”の動画が急伸、投稿者に話を聞いてみた
京大生であり、YouTubeの動画投稿者であり、キャップ投げの名手でもある。(2019/3/11)

AKB48劇場支配人・細井氏が退任、前NGT48劇場支配人・今村氏は契約解除 「元関係者のツイッター投稿」受け
AKSがオフィシャルブログを通じて発表しています。(2019/3/7)

「シン・エヴァ劇場版特報」盗撮・ネット投稿した容疑者が書類送検 カラーが発表
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報(予告編)の映像が昨年7月、映画館で盗撮されネット公開された問題。容疑者が、今年2月に著作権法違反の容疑で書類送検されたとカラーが発表した。(2019/3/6)

Twitter“不適切投稿”の岡口判事を聴取 国会訴追委
国会の裁判官訴追委員会は4日、ツイッターの投稿をめぐり最高裁から戒告処分を受けた東京高裁の岡口基一判事(53)を事情聴取した。聴取内容を踏まえ、罷免の是非を判断する国会の裁判官弾劾裁判所に訴追するかを決める。(2019/3/5)

しわくちゃなのにかわいい「しわしわピカチュウ」が絵師の間で流行中 きっかけは「名探偵ピカチュウ」の新PV
愛らしさにやられた人たちによるイラストや手芸が、次々と投稿されています。(2019/3/4)

試着写真のシェアアプリ、ユナイテッドアローズらが開発 画像投稿者にインセンティブを付与
通販サイトを見て気になった服の試着画像をリクエストすると、店舗で試着した人から画像をシェアしてもらえるスマホアプリを、ユナイテッドアローズら3社が立ち上げた新会社・fitomが開発する。(2019/3/1)

「やりすぎでは」「ただの私刑」 “バイトテロ”投稿主の個人情報暴露、法的に責任はないの?
弁護士は「不適切動画問題と、再拡散や特定拡散は別の問題」と語ります。(2019/2/18)

360度カメラ「RICOH THETA」に最上位モデル「Z1」登場 3月下旬発売予定、ストア価格は12万6900円
2300万画素相当の高品質映像が撮影でき、YouTube、Googleマップや、TwitterなどSNSへの投稿も可能。(2019/2/27)

西野七瀬、卒コン後にInstagram開設 初投稿で“アイドル人生”を振り返る「メンバーと出会えてよかった」
開設から1日たたずしてフォロワーは25万人を突破。(2019/2/26)

今日のリサーチ:
スマホ決済に関する不満、1位は「PayPay」――Insight Tech調べ
「不満買取センター」に投稿された「スマホ決済に関する不満」1826件を解析した結果。(2019/2/25)

「Jアラート」試験のエリアメール、江東区が誤配信 「びっくりした」「文面が……」
「Jアラートのテストかな、急に携帯が鳴ってびっくりした」「電車で携帯が一斉に鳴った」――2月20日午前11時過ぎ、こんな投稿がTwitterに相次いだ。一方で「私の携帯は、Jアラートを受信できる設定なのに鳴らなかった」という投稿。何が起きたのか。(2019/2/20)

バンナム、アソビのアイデアを募集するプラットフォーム「ASOBIZA」をリリース 採用企画をクラウドファンディングなどで実現
企画を投稿できるプラットフォーム。(2019/2/16)

「YouTubeに飲酒喫煙シーンを含む動画が投稿できなくなる」 規約を誤解したデマ拡散
規約を誤読したツイートが拡散されています。(2019/2/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。