ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「目標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目標」に関する情報が集まったページです。

ソーラーシェアリング入門(39):
日本政府もついに「温室効果ガスゼロ」を標榜、ソーラーシェアリングにできることは?
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。菅首相が「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」という目標を表明し、日本も本格的に脱炭素化に向けた機運が高まる中、ソーラーシェアリングが脱炭素化にどのように貢献できるのかについて考察します。(2020/11/19)

環境認定「SBT]に企業殺到 今年470社超も参加
温室効果ガス排出削減目標「SBT」の認定取得に取り組む企業が、今年に入り急増している。(2020/11/18)

臨時休園を余儀なくされた:
台風やコロナで収入減のマザー牧場がクラウドファンディングに挑戦中 募集は12月25日まで
2019年の台風15号やコロナ禍で臨時休園を余儀なくされたマザー牧場。10月19日からクラウドファンディングに挑戦している。支援総額が目標の半数を超えた。(2020/11/17)

RE100:
オフィスビル使用電力を“100%自給自足”、清水建設が“RE100”を目指す「森の中のオフィス」
清水建設は、山梨県北杜市のオフィスビル「森の中のオフィス」で、当初はZEB化を目標にしていたが、環境負荷の低減をより求める施主の要望を受け、使用電力を商用電力に頼らず、100%自給自足することを目指している。(2020/11/16)

「ネット視聴料」徴収への布石か NHK、テレビ設置届け出義務化などを急ぐ理由とは
NHKが受信料確保に向け、テレビ設置の有無を届け出るよう義務付け、個人情報を照会できる制度の導入を求めている。将来的にインターネットでの視聴でも受信料を徴収するという大目標へ向けた布石の一つとの見方もある。(2020/11/9)

「空飛ぶクルマ」開発 “移動革命”へベンチャー名乗り相次ぐ
「空飛ぶクルマ」などと称されるeVTOLの開発に、ベンチャー企業が次々と名乗りを上げている。日本では実用化目標を2023年に定め、機体の安全基準や操縦者の技能証明などに関する具体的な検討が進んでいる。(2020/11/5)

エコカー技術:
三菱自は2030年に電動車比率50%を目指す、2019年の6.6%から大幅アップ
三菱自動車は2020年11月2日、2030年までに電動車比率50%を目指すと発表した。また、新車と事業活動によるCO2排出量も40%削減する。これらは、2050年に向けた「環境ビジョン2050」とそれに基づく2030年までの具体的な取り組みをまとめた「環境ターゲット2030」で構成する「新環境計画パッケージ」において取り組む目標だ。(2020/11/4)

FAニュース:
目標位置を自動計算してパレタイジング工数を低減するソフト提供
デンソーウェーブは、パレタイジング・デパレタイジングの目標位置を自動計算できるアプリケーションソフト「WINCAPS Plus-パレタイジングビルダー」の提供を開始した。プログラミング・ティーチングの工数を低減する。(2020/10/30)

ドローンファンドが3号ファンドを立ち上げ、100億円目標に
 小型無人機(ドローン)の開発を手掛けるベンチャー企業を投資対象とするドローンファンド(東京都渋谷区)は、3号ファンドを立ち上げた。2018年8月に立ち上げた2号ファンドの約2倍となる100億円を、来年3月までに企業や個人投資家などから集める。(2020/10/29)

太陽光:
ヒューリックが非FIT型の太陽光発電所、自社保有で「RE100」達成に活用
ヒューリック(東京都中央区)は2020年10月22日、埼玉県加須市で建設を勧めていた太陽光発電所が完成し、運転を開始したと発表した。再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)を利用しない自社保有タイプの太陽光発電所で、「RE100」の目標達成に活用する狙い。(2020/10/28)

自然エネルギー:
菅首相が所信表明、日本の温暖化ガス排出を「2050年に実質ゼロに」
菅義偉首相が所信表明演説を行い、温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする目標を宣言。「エネルギー基本計画」の見直しに大きな影響を与えそうだ。(2020/10/27)

日立がニューノーマルに向けた働き方改革を全社で推進 年間約5億枚の紙削減を目標に
日立は2021年4月から、在宅勤務を標準とする新たな働き方を進める。「ハンコレス」(はんこの不使用)などの業務改革やオフィス改革などを実施して年間約5億枚の紙を削減を目指す。(2020/10/27)

弾む焼豚 いつかの初恋オムライス:
中華料理屋の大阪王将で「オムライス」が売れている 販売目標の150%超
大阪王将で「オムライス」が売れている――。大阪王将が期間限定で発売している「弾む焼豚 いつかの初恋オムライス」が、コロナ禍にもかかわらず目標の150%という人気ぶりだ。(2020/10/23)

ZEB:
『ZEB』認証を取得した4階建て中規模オフィスビルのZEB関連技術実証棟が竣工、三菱電機
三菱電機は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた活動の一環として国内で需要拡大が見込まれるZEBに対応する省エネ技術の研究と実証実験が行える場として、ZEB関連技術実証棟「SUSTIE」を開設した。(2020/10/22)

クラウドサービスを使った災害対策
「DRaaS」「クラウドDR」の基本的な違いとは? 2大DR手段を比較
「DRaaS」と「クラウドDR」はDR(ディザスタリカバリー)を実現するという最終的な目標は同じだが、それぞれ異なる長所と短所がある。両者は何が違うのか。(2020/10/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がトヨタと組む「燃料電池電車」 “水素で動く車両”を目指す歴史と戦略
JR東日本がトヨタ自動車などと燃料電池を活用した試験車両の開発で連携する。業種の垣根を越えた取り組みは各社にメリットがある。JR東にとっては、次世代車両として燃料電池電車を選択肢に加え、最終目標のゼロエミッションを目指す一歩となる。(2020/10/16)

製造マネジメントニュース:
初のオンライン開催となる「CEATEC 2020」、目標来場者は過去最大級の20万人超
CEATEC実施協議会は2020年10月2日、初のオンライン開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」の開催概要を発表した。会期は同年10月20〜23日。例年は幕張メッセで開催していたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けてオンラインで実施する。来場者数目標は過去最大級の20万人以上。(2020/10/6)

自然エネルギー:
アシックスが「RE100」に加盟、2030年までに再エネ比率60%超を目指す
アシックスは、事業で使用する電力の100%再生可能エネルギー化を目指す国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟した。同社は以前より、事業所の再生可能エネルギー比率を2030年までに60%以上に拡大することを目標に掲げている。(2020/10/5)

「CEATEC GO」など新ツール発表:
来場目標「20万人超」、CEATECの来場登録開始
CEATEC実施協議会は2020年10月1日、初のオンライン開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」(会期2020年10月20〜23日)の来場者事前登録を開始した。会期中の来場者数目標として、「20万人超」を掲げている。出展企業/団体数は300以上となる見込みだという。(2020/10/1)

文科省の“子供1人にPC1台”施策、タイムリミットまで半年 現在の納品状況は2%
文部科学省が進めている「GIGAスクール構想」が、整備完了目標まで半年を切った。教育用端末が納品済みの自治体は全体の2%にとどまるが、年度内にほとんどの小中学生にPCを配布できるとしている。(2020/10/1)

マウスが2020年度のSDGsへの取り組みを告知 9つの目標達成を目指す
マウスコンピューターは、2020年度におけるSDGsへの取り組みについての発表を行った。(2020/10/1)

品質改善のデジタル化:
PR:工程内の無調整率99.9%実現へ、不良ゼロを目指した車載部品メーカーの挑戦
製造現場にとって目指すべき目標である「不良ゼロ」だが、実際に実現するには非常に難しい。こうした中でメカニカルリレーを製造するオムロン リレーアンドデバイスでは新たに「不良ゼロ」に向けた品質改善への取り組みを開始した。同社の取り組みを紹介する。(2020/10/1)

「自分の体を鏡で見るのが嫌になる」 麻木玲那、太れない悩みを告白 現在の体重37キロ「目標はプラス5キロ」
痩せたくても太りたくてもコンプレックスはコンプレックス。(2020/9/30)

志村けんさんの銅像を東村山市に 地元の有志がクラウドファンディングで2400万円募集
新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんの銅像設置に向けた費用を、クラウドファンディングで募集するプロジェクトが始まった。目標金額は2400万円で、一度に支援できる金額は1000円〜3万円。資金が集まった場合は、2021年夏に東村山駅前に設置する予定。(2020/9/29)

目標は水戸黄門、勧善懲悪で100冊 池井戸潤さん
高視聴率をたたき出しているテレビドラマ『半沢直樹』の原作最新作が講談社から刊行された。ファン待望のシリーズ5作目『アルルカンと道化師』は、1作目の前日譚という位置づけ。(2020/9/21)

2023年に1000量子ビット超えのIBM製量子コンピュータが登場か 並行して「巨大な冷凍庫」も開発中
米IBMは、量子力学の原理を利用して効率的に計算できる「量子コンピュータ」の開発ロードマップを公開した。2023年末を目標に、1000量子ビットの大型量子コンピュータの開発を目指すとしている。(2020/9/17)

Google、2030年までに100%カーボンフリーになる目標を宣言
Googleが、2030年までに自社のデータセンターやオフィスで使うエネルギーを100%カーボンフリーにすると宣言した。また、過去の排出量をすべて排除し、カーボンフットプリントをゼロにしたとも発表した。(2020/9/15)

3分で書斎が完成 簡単組み立てのソロ作業ブースがクラウドファンディング目標を5分で達成
Makuakeでクラウドファンディング中。折りたたみ式の製品も用意されています。(2020/9/14)

「個人や部署間の壁をできるだけ低く」:
モノづくり企業、デンソーが作ったSRE課の役割、「目標はこの部署が不要になること」
結局、「SRE」とは何を意味するのだろうか。誰が何をどう、どこまでやることなのか。モノづくり企業、デンソーがデジタルトランスフォーメーションの過程で実践を通じてつかんだ意味とは。そしてなぜ、「将来、SREチームは不要になることが望ましい」のか。(2020/9/15)

「装丁の“構想だけ”で約1年」「1冊6000円」 現職デザイナーがコスト度外視で美しさを追求した同人誌『幻想夜行 complete selection』
「内容・組版・装丁が1つの表現目標に向かい相乗効果を生むことで、本という1つの完成された創作物が生まれる」。(2020/9/22)

トヨタ、コンパクトSUVのヤリス クロス発売 約179万円から
トヨタ自動車は8月31日、新型のコンパクトSUV「ヤリス クロス」の発売を開始した。価格はガソリンエンジンが178万9000円(税込)から、ハイブリッドモデルが228万4000円から。月間4100台の販売を目標とする。(2020/8/31)

同人誌即売会「コミティア」がクラウドファンディング 目標3000万円を初日に達成 コロナ禍で資金難
同人誌即売会「コミティア」の運営資金を募るクラウドファンディングがスタート。8月28日正午時点で4400万円以上を集めている。(2020/8/28)

アマゾン、メルカリ、ヤフー、楽天が「オンラインマーケットプレイス協議会」 事業者による消費者保護の促進を目指す
「消費者にとってより安心・安全な取引環境の構築」を目標に掲げています。(2020/8/24)

Innovative Tech:
最適なタイミングでボールを放してくれるデバイス 東大が開発
ボールをどこで放したら目標に当たるのかを判断してくれる。(2020/8/20)

産業用ロボット:
ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術を開発
NECは、ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術「目標指向タスクプランニング」を開発した。現場作業者が作業目標を指示するだけで、最適な達成動作をロボットに自動で実行させることが可能になる。(2020/8/20)

組み込み開発ニュース:
ASICを10倍速で開発し10倍省エネに、東大とパナ、日立など5者が研究組合を設立
東京大学、凸版印刷、パナソニック、日立製作所、デンソーとトヨタが出資するミライズテクノロジーズは「先端システム技術研究組合(RaaS)」を設立した。データ駆動型社会を支えるシステムに必要な専用チップ(ASIC)の開発効率を10倍高めるとともに、エネルギー効率を10倍向上することを研究開発目標としている。(2020/8/18)

前年比0.4ポイント増加も低水準続く:
「女性管理職30%以上」達成企業は7.5% 「テレワークが重要」の認識も高まる
政府目標の「女性管理職30%以上」を達成している企業は7.5%と依然として低水準にとどまっている。また、女性登用を進めている企業は前年比から7.4ポイント減の42.6%となった。一方、3割を超す企業が女性活躍のために「テレワーク」が重要だと考えていることも明らかとなった。(2020/8/17)

2020年晩秋には「5G祭り」:
「スマホ3000万契約」「5G比率6割」――ソフトバンク宮内社長が2023年度までの目標を示す 達成は今後のiPhone次第?
ソフトバンクが2020年度第1四半期決算の発表に合わせて、2023年度に「営業利益1兆円企業」を目指す計画を改めて発表した。この記事では、5Gに関連する取り組みを抜粋してお伝えする。(2020/8/4)

内閣府副大臣が説明:
コロナ接触確認アプリ「6割目標ではない」「義務化ない」
新型コロナウイルス接触確認アプリ(通称:COCOA)について、当初開発を主導した内閣府の「新型コロナウイルス感染症対策テックチーム」事務局長を務める平将明内閣府副大臣が2020年7月31日、報道関係者向け説明会を実施。COCOAの現状や課題の認識、今後の広報施策などについて語った。(2020/8/4)

VRゲーム「アルトデウスBC」がクラウドファンディング開始 → わずか3分50秒で目標達成 大絶賛された「東京クロノス」スタッフによる完全新作
VRのムーブメントを目指し、PR費用を募るクラウドファンディングを開始。(2020/7/29)

「この部品、あそこに並べといて」:
目標を達成するための作業手順をロボットが自動で学習 ティーチング作業の自動化AIをNECが開発
NECは、目標を設定するだけで、ロボットが自動的に作業を完遂するAI技術を開発した。「部品AをトレイBに整列」というように部品と仕分け先の対応関係を指定すると、自動的に部品を仕分けるという。(2020/7/28)

Apple、2030年までに製品・サプライチェーンも100%CO2フリーに
米Appleが事業および製造サプライチェーン、製品ライフサイクルの全てにおいて2030年までに実質的にCO2排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を達成する新目標を発表した。(2020/7/22)

キャリア市場とSIMフリー市場で目標達成のOPPO 今後は“満足度100%”を目指す
オッポジャパンが7月21日に新製品発表会を開催。発表済みのスマートフォンや、新たに投入する周辺機器を紹介した。同社は「キャリアでの5G端末販売開始」と「SIMフリー市場での支持獲得」という2つの目標を達成。今後の戦略について河野謙三取締役が語った。(2020/7/21)

骨太方針、テレワーク目標「ハードル高い」 中小、地方企業が反発も
政府は17日、骨太方針を閣議決定し、テレワークの定着に向けて数値目標を設定する方針を決めた。テレワークの導入には設備投資や人員の問題があり、導入率の低い中小企業にとっては「高いハードル」になりそうだ。(2020/7/21)

ノートPCでもシェアを伸ばす:
快進撃を続けるAMD、「25×20」電力効率目標を達成
AMDは2014年に、エネルギー効率の向上を目指すプログラムを始動させ、「2020年までにノートPC向けプロセッサの電力効率を25倍に高める」という困難な目標を掲げた。AMDはこれを「25×20」目標と呼ぶ。そして2020年現在、同社はこの目標を達成するにとどまらず、それを上回る成果を実現したと発表した。(2020/7/20)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第1回】
「電子カルテ」と「HIS」は違う? 病院とベンダーが混乱する「用語の誤解」
医療機関とITベンダーは「医療現場をITで効率化する」という同じ目標を共有していても、システム導入時の議論がかみ合わないことがあります。用語の使い分けに端を発する「誤解」に注目し、混乱の原因を探ります。(2020/7/16)

ドコモ、5Gで年度内に250万契約達成へ コロナ禍でも計画上回る出足
NTTドコモの吉沢和弘社長は、2020年度中に5G通信プランの契約者数が目標の250万件に達する見込みとの見方を示した。同社は、ソフトバンクと協力しながら5G通信用の基地局を増やすとともに、iPhoneや中価格帯の5G端末を投入して契約獲得を狙う。(2020/7/13)

メリハリのある対策につながる?:
外出自粛要請期間が一応終わった今、人流分析データは用済みなのか
外出自粛要請期間中、携帯関連各社が提供する人流分析データが、接触削減目標の達成における目安として盛んに活用された。では、「ポスト外出自粛要請期間」に、人流データは役に立たないのだろうか。(2020/7/13)

100年前からあるビジネスモデル:
サブスクを成功させるか、失敗させるか、キモは「3+1」
多くの企業がサブスクビジネスを始めている。当初の目標を達成できずに苦しんでいるところも多いようだが、どこに問題があるのか。成功事例をひも解くと、共通点が見えてきて……。(2020/7/14)

DMMのブラウザゲーム「政剣マニフェスティア」終了 → 同日に開始したSteam版のクラウドファンディングが2時間で目標達成する人気に
さすが4年以上続いた人気作。(2020/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。