ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Google、新型コロナが人の動きに与える影響を視覚化 「ロケーション履歴」データで
Googleが、新型コロナで人の動きがどう変わったかを視覚化する「COVID-19 Community Mobility Reports」を公開した。位置情報機能「ロケーション履歴」を有効にしているユーザーの匿名化したデータを基にしており、日本を含む130の国と地域の状況を見ることができる。(2020/4/4)

「Microsoft Teams」「GitHub」「Google Nest」などの事例を分析:
2020年2月に発生した大手Webサイトの大規模障害について解説、Uptime.com
Uptime.comは、企業Webサイトなどで2020年2月に発生した大規模なサービス停止事例をまとめたレポート「February 2020 Downtime Report」を発表した。「Microsoft Teams」「GitHub」「Google Nest」などの事例を扱っている。(2020/4/2)

今日のリサーチ:
Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「Google トレンド」で振り返ったレポートを紹介します。(2020/4/2)

Google、「Chrome 80」の脆弱性を修正 次期バージョンは4月7日週に公開
新型コロナウイルスの影響で一時的に見合わせていたリリースは再開し、Chrome安定版の次期バージョンとなる「Chrome 81」は4月7日の週に公開する。(2020/4/2)

エイプリルフール、コロナ影響で“自粛”の企業も Google、キングジム、セガなど
状況が状況ですしね……。(2020/4/1)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】拡張機能にキーボードショートカットを割り当てて一発起動
Google Chromeに便利な拡張機能をインストールして繰り返し使っていると、いちいちマウスでアイコンをクリックして呼び出すのが面倒ではないでしょうか? キーボードショートカットで一発起動できるようにしましょう。(2020/4/1)

村田製作所とGoogle:
AIチップ「Edge TPU」搭載のAIモジュールを開発
村田製作所とGoogleは、Googleの組み込みAIチップ「Edge TPU」を実装したエッジデバイス向けAIモジュール「Coral Accelerator Module」を開発した。2020年6月以降に、Google Coralウェブサイトより購入することができる。(2020/3/31)

ソニー、3Dペイントソフト「Tilt Brush」の「PS VR」版を2189円で発売
Googleが開発し、「HTC Vive」や「Oculus」シリーズでは利用できた3Dペイントソフト「Tilt Brush」がソニーの「PlayStation VR」(PS VR)でも利用できるようになった。アプリストアで2189円(税込)で発売された。(2020/3/30)

Googleさん:
新型コロナウイルス Googleの闘い方
新型コロナウイルスのパンデミック宣言から約2週間。Google(とその系列)によるさまざまな取り組みをご紹介。伝統のエイプリルフールは来年にお預けに。(2020/3/29)

「Google Cloud Platform」の障害が解消 原因は調査中
「Google Cloud Platform」の障害が解消。現在は原因を調査中。「分析が完了次第、結果を公表する」としている。(2020/3/28)

「これ、梅田だったの!?」 誰もが見覚えのある“あの画像”の意外な正体 Yahoo!広報も「把握しておりませんでした」
Googleマップで梅田スカイビル近辺から南方を見ると……。(2020/3/28)

Googleのクラウドサービスで障害発生 「G Suite」「GCP」など利用できない状況に
米Googleが提供する複数のクラウドサービスで障害が発生している。3月27日午前0時過ぎに「G Suite」の各機能が利用できない不具合が発生。のちに解消したが、午前8時ごろから「Google Cloud Platform」のサービスが利用できない状態が続いている。午後5時現在、復旧中という。(2020/3/27)

Google、新型コロナで停止したChrome更新を再開 次期安定版は4月7日の週に
Googleが、新型コロナウイルスの影響で更新を停止していたChromeブラウザおよびChrome OSのアップデートを再開したと発表。来週に現行版のセキュリティ更新を配信し、3月17日に予定していた「Chrome 81」は4月7日の週にリリースする計画。バージョン82は欠番になる。(2020/3/27)

Safari、サードパーティーCookieの完全ブロック宣言
Appleが、Webブラウザ「Safari」の最新版で、サードパーティーCookieをデフォルトで完全にブロックしたと発表した。完全ブロックはWebブラウザとして初。Googleは2年以内に完全ブロックを目指すとしている。(2020/3/26)

Google、PodcastアプリのiOS版リリース Android版もデザイン改善
Googleが2018年にAndroid版を公開したAIレコメンド機能がウリの「Googleポッドキャスト」アプリのiOS版を公開した。Webアプリも公開し、プラットフォーム横断で登録済み番組のエピソードを同期できる。Android版もデザインが改善された。(2020/3/26)

Mobile Weekly Top10:
Googleサービスの使えないファーウェイスマホ/商用5Gサービスの一番乗りはドコモ
まもなく、ファーウェイが「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を発売します。米商務省による制裁措置の「後」に開発された機種としては初めて日本に投入されるこの機種には、Googleが提供する「Google Mobile Services(GMS)」が搭載されていません。(2020/3/25)

子供向けアプリなど56本にマルウェア、Google Playストアから削除
マルウェア「Tekya」が仕込まれていたアプリは56本。そのうち24本は子供向けアプリ、残りは電卓や翻訳などの実用アプリだった。(2020/3/25)

ドイツのAI翻訳サービス「DeepL」が日本語と中国語に対応 Google翻訳を超える精度と読みやすさ
翻訳家を対象に行ったブラインドテストでも、Googleやマイクロソフトの翻訳システムを抜いてトップだったそうです。(2020/3/24)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
AmazonのEchoやGoogle Homeにない、Sonosのスマートスピーカー「Move」ならではの特徴とは?
Sonosのバッテリー内蔵型スマートスピーカー「Move」。その特徴やセットアップの手順を見ていく。(2020/3/24)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
機械学習やディープラーニングってどんなもの?
実際にコードを書きながら「人工知能/機械学習/ディープラーニング」を学んでいこう。まずはその概要とそのために便利に使えるGoogle Colabを紹介。(2020/3/24)

Google、新型コロナ関連情報まとめサイトをまずは英語版で公開
Googleが、新型コロナ関連の正確で最新の情報を提供するためのまとめサイト「COVID-19 Information & Resources」を、まずは米国民向けに英語版で公開した。対象言語と国を拡大していく計画。WHOやCDCの関連サイトへのリンク集や世界の感染マップ、役立つYouTube動画集などで構成されている。(2020/3/22)

Google I/Oは完全に中止 オンラインでも予定せず(新型コロナの影響で)
Googleが物理的な開催は中止するが何らかの形で実施するとしていた年次開発者会議「Google I/O」の今年の開催を完全に中止すると発表した。同社が拠点を置くカリフォルニア州は、新型コロナ対策として全州民に自宅待機命令を出した。(2020/3/21)

Google、軽量版カメラアプリ「Camera Go」を28カ国で提供へ
Googleが、ローエンド端末「Android(Goエディション)」向けの軽量版カメラアプリ「Camera Go」を発表した。まずは28カ国で提供する。Androidカメラの簡易版だが、ポートレートモードも使える。(2020/3/20)

Google Doodle、3月20日は正しい手洗い方法紹介のアニメ
Google検索ページトップのロゴが変わる「Google Doodle」の3月20日版は、世界統一で手洗いを推奨したハンガリーのイグナッツ・ゼンメルワイス医師による手洗い方法紹介アニメだ。(2020/3/20)

石川温のスマホ業界新聞:
Google I/Oに続いて、アップルWWDCもオンラインでの開催に――基調講演や記者会見など、動画配信に適したやり方を模索すべき
新型コロナウイルスの流行を受けて、IT企業が記者会見やセミナーを「オンライン化」する動きを進めている。しかし、単にオンライン化するだけではなく、それに合った形での実施も模索するべきだ。(2020/3/20)

「Android 11」の「Developer Preview 2」公開 折りたたみのヒンジ対応APIや可変リフレッシュレートなど
Googleが「Android 11」の開発者向けプレビュー2をリリースした。折りたたみ端末のヒンジ角度を取得するためのAPIなどが追加された。一般ユーザー向けとしては、アップデート後に再起動せずにメッセージを受信する機能が追加された。(2020/3/19)

Google、「Chrome 80」の脆弱性に対処 新型コロナ影響で今後のリリースは見合わせ
デスクトップ向けの更新版では13件の脆弱性が修正された。勤務スケジュールの調整を理由に、ChromeとChrome OSの今後のリリースは見合わせる。(2020/3/19)

Google、Chromeのアップデートをセキュリティ関連以外一時停止 新型コロナの影響で
従業員にテレワークを義務付けているGoogleが、WebブラウザChromeとChrome OSの今後のアップデートを一時的に停止する。セキュリティ関連は優先させるが、今週リリース予定だったバージョン81は予定通りにはリリースしない。(2020/3/19)

Google、ChromebookとG Suite for Educationを中核に据えた「Google GIGA School Package」を発表
Googleは、「GIGAスクール構想」に対応した教育機関向けソリューション「Google GIGA School Package」の発表を行った。(2020/3/18)

Android版「Google翻訳」、音声を翻訳テキストとして表示する機能をまずは8カ国語で
Android版「Google翻訳」アプリに、外国語の音声をテキスト化しながら翻訳する「Transcribe」機能が追加される。まずは8カ国語(日本語はまだ)で利用できる。(2020/3/18)

米連邦政府、新型コロナ対策でIT大手のユーザー位置情報利用を検討中との報道
米連邦政府が新型コロナの拡散状況を把握する目的で、GoogleやFacebookのユーザーの位置情報データを利用することを専門家も参加する会合で検討しているとWashintgon Postが報じた。(2020/3/18)

新型コロナ対策でGoogle、Microsoft、Facebook、Twitter、Redditが共同声明
Facebook、Googleとその傘下のYouTube、Microsoftとその傘下のLinkedIn、Reddit、Twitterが、新型コロナウイルス対策で協力していくという共同声明を発表した。誤情報に共同で対処し、正しい関連情報を迅速に提供するために協力する。(2020/3/18)

LINEが「Google アシスタント」に対応 話しかけるだけでメッセージ送信が可能に
LINEは、3月17日にGoogleが提供する「Google アシスタント」へ対応した。スマホに話しかけてメッセージを送受信できる他、テキストを入力して「LINE」を操作することもできる。対応言語は日本語と英語。(2020/3/17)

LINEがGoogle アシスタントに対応 「OK Google、〇〇にLINE送って」が可能に
メッセージアプリ「LINE」が「Google アシスタント」に対応。Androidのスマートフォンに話しかけると、LINEのメッセージを送ったり、受信したメッセージを確認したりできるようになった。(2020/3/17)

気になるニュース&ネット記事:
Colab Pro登場と、Google ColabユーザーのためのTipsトップ10
Colabは無償で使えるが、実行時間など制限もある。この制限を解除できるColab Proを紹介。さらに、Colabをもっと便利に活用するためのTips(スクラッチパッド、RAM増量ランタイムなど)を紹介する。(2020/3/17)

Googleアプリ非対応の5Gスマホ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」 日本で発売
ファーウェイ・ジャパンは、5G対応Androidスマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を3月28日に発売する。ファーウェイが日本で発売するモデルとしては初めて、米Googleの各種アプリが利用できないスマートフォンとなる。(2020/3/16)

米政府の新型コロナスクリーニングサイト、Google系列のVerilyがまずカリフォルニア州で開設
米Alphabet傘下の医療企業Verilyが、3月16日からカリフォルニア州ベイエリアの住民向けに、新型コロナウイルスの感染検査を受けるためのトリアージ(選別)ツールの提供を開始すると発表した。トランプ米大統領が「Googleが来週全米で提供する」としていたものだ。(2020/3/16)

「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が日本上陸、12万8800円 Googleアプリは使えず
ファーウェイ・ジャパンが、「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を日本で発売する。価格は12万8800円(税別)で、3月16日から先行予約を受け付ける。GoogleのアプリやPlayストアは利用できないが、Huawei独自のアプリマーケット「AppGallery」を利用できる。(2020/3/16)

石野純也のMobile Eye:
Googleのサービスを使えない「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」はどれだけ“使える”のか
ファーウェイ・ジャパンが、5G対応スマートフォンの「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を日本で発売する。スペックは申し分ないが、米国の禁輸措置が解除されていないため、Googleのサービスが利用できない。代わりに「HMS(Huawei Mobile Service)」を搭載しているが、日本でなじみのあるアプリは利用できるのか。(2020/3/16)

Googleさん:
トランプ大統領発表「Googleの新型コロナ感染症判別サイト」、本当はどこまでできるのか?
トランプ米大統領が「Googleが新型コロナのスクリーニングWebサイトを月曜にも公開する」と突然発表してGoogleさんはおおあわて。実は「聞いてない」状態だったようです。(2020/3/15)

トランプ米大統領、「Googleが新型コロナのスクリーニングサイトを作った」(実際にはAlphabetが開発中)
トランプ米大統領が新型コロナウイルス拡大を受け、国家非常事態を宣言した。同氏は「Googleが全米で使えるスクリーニングサイトを作った。感謝する」と語ったが、実際にはAlphabetの医療部門がベイエリアでのテストを準備中だ。(2020/3/14)

管理作業を効率化できる:
Googleが「マシンイメージ」のβ版を発表、「Compute Engine」の新リソース
Googleは、「Google Cloud Platform」で提供するIaaS「Compute Engine」について、新タイプのリソースである「マシンイメージ」(β版)を発表した。管理作業を効率化できる他、複数のディスクを利用していてもクラッシュ整合性を確保しやすい。このような特徴から、従来の「カスタムイメージ」と比較してより包括的なソリューションだと位置付けた。(2020/3/13)

GoogleのATAPとAdidasのコラボAI搭載インソール「GMR PACK」、日本でも5159円で発売
Adidasが、GoogleのATAPチームとのコラボで開発した「Made by Jacquard」センサー搭載のサッカーシューズ向けインソール「adidas GMR」を発売した。プレイデータをBluetoothで転送しEA SPORTS FIFAゲームに反映できる。日本では税込5159円で販売中。(2020/3/12)

キャリアニュース:
2021年卒、新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100
ホワイトアカデミーが、「2021年卒版 新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100」を発表した。1位は「三菱地所」で、2位「グーグル」、3位「三井物産」と続いた。(2020/3/12)

大学3年生に聞く「希望の就職先」、トップは安定の公務員 IT業界ではGoogleやAmazonが人気
大学3年生が、現時点で「働きたい」と考えている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。1位は地方公務員、2位は国家公務員、3位はGoogle日本法人だった。(2020/3/11)

Google、非正規雇用者のための「COVID-19基金」設立
Googleが、新型コロナウイルス感染症拡大防止策の影響を受ける世界中の非正規雇用者が有給休暇を取得できるようにするための「COVID-19基金」を設立する。派遣社員や臨時スタッフにも賃金を支払う。(2020/3/11)

Googleが2代目「Chromecast Ultra」をリモコン付きで発売のうわさ
Googleの4K対応キャスト端末「Chromecast Ultra」の次期モデルを準備中と米9TO5Googleが報じた。「Android TV」ベースでリモコン付きという。「Disney+」や「Stadia」をサポートする見込みだ。(2020/3/11)

自動スケーリングを利用可能:
機械学習ツールキット「Kubeflow 1.0」をGoogleが公開、「Anthos」と組み合わせると何ができるのか
Googleは、オープンソースのKubernetes対応機械学習(ML)ツールキットの正式版「Kubeflow 1.0」を公開し、企業がKubeflowをGoogle Cloudの「Anthos」プラットフォーム上で利用するメリットを紹介した。(2020/3/11)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】拡大(ズームイン)されたWebページを素早く元に戻す
Google Chromeで開いたWebページが妙に大きく(あるいは小さく)表示されたら、それはズームレベル(拡大/縮小率)の設定がおかしいのかも? 状況に応じて修正する複数の方法を紹介します。(2020/3/11)

規制の正当性とは何か
GoogleとFacebookを当局が規制するのは本当に正しいのか?
市場が独占状態にあることは好ましくない。市場を独占する支配的な企業は規制する必要がある。それは誰の利益のためなのだろうか。GoogleやFacebookによって不利益を被っているのは誰なのか。(2020/3/11)

Google、新型コロナウイルスに関する誤情報に対策 便乗広告を過去6週間で数万件ブロック
明らかに間違った情報を24時間体制で注視しています。(2020/3/10)

コロナ対策で政府がオープンデータに本腰 民間の支援情報をGoogleスプレッドシートで公開
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、政府や自治体によるオープンデータの公開や活用がにわかに進んでいる。政府は3月10日、民間が提供している新型コロナ対策支援サービスなどのデータを標準化して公開する「#民間支援情報ナビ」プロジェクトを、エンジニアの民間団体Code for Japanと共同で始めた。(2020/3/10)

Googleさん:
YouTube Music、ようやく音楽アップロードが可能に(もうすぐさよならGoogle Play Music)
Google Play MusicからYouTube Musicへの移行に必要な最後から2番目のステップ、音楽アップロード機能がようやく追加されました。あと一歩です。(2020/3/10)

新型コロナのデマ撲滅へ Googleなどが検索に特別措置
米Google、Twitter、Facebookは、それぞれのプラットフォームの検索結果などにおいて、ユーザーが新型コロナウイルスの正しい情報を得られるように特別な対応を取り始めた。(2020/3/10)

Android版Googleマップ、レストランのメニューで「どんな料理?」が画像で分かる機能
Android版Googleマップで、レストランのメニュー画像で人気メニューやどんな料理なのかを調べられるようになった。メニュー画像を開くと「料理や食材をもっと見る」ボタンが表示され、これをタップすると人気料理がオレンジ色で表示される。「Google Lens」による機能だ。(2020/3/10)

ソフトウェアテスト同士を比較できる:
Google、ファジングツール評価を自動化できる「FuzzBench」をリリース
Googleは、複数のファジングツールの評価を自動化できるオープンソースソフトウェアであり、無料サービスである「FuzzBench」をリリースした。どのソフトウェアテストが優れているのか、判定しやすい。(2020/3/9)

「Surface」ブランドを取るか、アウトカメラを取るか
2画面スマホ「Surface Duo」を買いたくなる人、スルーする人を分ける条件
Microsoftの「Surface Duo」は、折り畳み式のディスプレイと、Googleの「Android」を搭載する「Surface」ブランドのスマートフォンだ。ビジネスユーザーはSurface Duoをどう評価するのだろうか。(2020/3/9)

Microsoft、新型コロナで仕事ができない時給スタッフに給与支払い GoogleやTwitterも追従
Microsoftが、新型コロナ拡大予防のために在宅勤務を推奨しているオフィスの時給スタッフに対し、通常通り賃金を支払うと発表した。「大企業はこうした措置をするべき」と呼び掛け、Google、Twitter、Facebook、Amazonもこれに追従した。(2020/3/7)

Google、9月から全サイトで検索をモバイルファーストに
既に多くのサイトが対応しているとのこと。(2020/3/6)

AT&Tとはソリューションを共同開発:
Google Cloudが5Gに向けた新たな戦略を発表、5Gエッジコンピューティングでは「Anthos for Telecom」を推進
Google Cloudが2020年3月5日、5G/エッジに向けた新たな戦略を発表した。5Gネットワークエッジコンピューティングでは「Anthos for Telecom」を発表、マルチクラウドのコンテナ環境を推進していくという。同社は、既にMicrosoftとの提携を発表しているAT&Tと、エッジソリューションを共同開発していることを明らかにした。(2020/3/6)

「HUAWEI P30」「HUAWEI Mate 20 lite」がAndroid 10に
ファーウェイは、3月5日以降に「HUAWEI P30」「HUAWEI Mate 20 lite」のソフトウェアアップデートを実施。Android 10/EMUI 10へのアップデートと、Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化を行う。(2020/3/5)

Appleの子会社Claris、クラウド型ノーコード開発ツール「Claris Connect」正式リリース サービス連携やワークフロー構築に対応
米Appleの子会社米Clarisが、ノーコード開発ツールの「Claris Connect」を正式サービスとしてリリース。さまざまなクラウドサービスやオンプレミスの業務アプリケーションをプログラミングせずに連携できる。ノーコード開発ツールはMicrosoftやGoogleらも投入している。(2020/3/5)

Google、ゲームストリーミング「Stadia」にソニーのPlayStation幹部を引き抜き
Googleがゲームストリーミングサービス「Stadia」強化を目指し、2つ目のスタジオをカリフォルニア州に開設した。率いるのはソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)で「ゴッド・オブ・ウォー」などを手掛けたシャノン・スタッドスティル氏だ。(2020/3/5)

Android端末の「Googleアシスタント」のWebページ読み上げ機能が利用可能に
Googleが今年のCESで紹介したAndroid端末のGoogleアシスタントでのWebページ読み上げ機能が利用できるようになった。日本でも「Hey Google, Read it」と命じると、開いているWebページを指定した言語で読み上げる。(2020/3/5)

製造マネジメントニュース:
パナソニックのくらしアップデート事業、元グーグルの松岡氏が推進担当に
パナソニックは2020年4月1日付で実施する役員人事と組織変更について発表。イノベーション推進部門は、新規部署として「くらしアップデート事業」を推進する「くらしアップデート推進本部」を新設する。同本部長にはグーグルから移籍したフェローの松岡陽子氏が就任する。(2020/3/5)

Google、LastPass、Travelexの事例を分析:
2020年1月に発生した大手Webサイトの大規模障害について解説、Uptime.com
Uptime.comは、企業Webサイトで発生した大規模なサービス停止事例をまとめたレポート「January 2020 Outage Report」を発表した。2020年1月に発生したGoogleやLastPassなどの事例を扱っている。(2020/3/4)

ISSCC 2020:
IC設計にもAIを、配置配線が機械学習で加速化する
Googleは、米国カリフォルニア州サンフランシスコで2020年2月16〜20日に開催された「ISSCC 2020」において、機械学習(ML)を使用してIC設計で配置配線を行う実験を行ったところ、優れた成果を得られたと発表した。(2020/3/4)

Android月例パッチで修正の脆弱性、1年前から悪用コードが出回っていた
Android開発者向けフォーラムでは2019年4月から悪用コードが共有されていた。MediaTekは直後にパッチを公開していたが、GoogleがAndroidの月例パッチで対処したのは2020年3月だった。(2020/3/4)

Twitter、全従業員に在宅勤務を強く奨励 全社会議は「G Suite」で開催
Twitterが新型コロナ拡散対策として、4800人以上の全従業員に可能な限りの在宅勤務を強く奨励した。3月4日には初の完全バーチャル全社会議をGoogleの「Hangouts Meet」で開催した。(2020/3/4)

Google、新型コロナ対策として全「G Suite」で250人ビデオ会議機能などを無料提供
Googleが新型コロナ対策で在宅化している企業や学校の全「G Suite」ユーザーに向けて、最大250人参加可能なビデオ会議や10万人に配信可能なライブ配信機能などを無償で提供する。7月1日までの限定だ。(2020/3/4)

「Google I/O 2020」も新型コロナで物理的な開催は中止
Googleが5月12日から本社キャンパス近くで開催する予定だった年次開発者会議「Google I/O 2020」をキャンセルすると発表した。チケットは払い戻し、「他の方法を模索する」としている。(2020/3/4)

Computer Weekly日本語版
当局によるGoogleとFacebookの規制に反対する理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/3/4)

4眼カメラや8GBメモリ搭載の「HUAWEI nova 5T」、楽天モバイルで取扱開始
ファーウェイの「HUAWEI nova 5T」が、3月3日から楽天モバイルで取扱開始。Google関連のサービスを利用でき、4眼カメラやKirin 980、8GBメモリなどを搭載している。(2020/3/3)

自動運転企業Waymo、初の外部資金調達で22億5000万ドル増資
Google系列の自動運転企業Waymoが初の外部資金調達ラウンドで22億5000万ドル(約2436億円)増資した。Silver LakeやAndreessen Horowitzなどの大手VCも参加した。(2020/3/3)

Google、3月のAndroid月例セキュリティ情報公開
ディアフレームワークの脆弱性のうち1件は、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2020/3/3)

「Pixel」シリーズのfeature drops第2弾は「Motion Sense」での曲停止など多数
Googleが「Pixel」シリーズの新機能をfeature dropsとして幾つか発表した。Pixel 4の「Motion Sense」で音楽の一時停止と再開が可能になった他、「ダークテーマ」の自動切り替えやセルフィーカメラでのぼかし対応などが追加された。(2020/3/3)

「Xperia」10周年記念キャペーン開催 抽選で5万人にギフトカードやグッズをプレゼント
ソニーモバイルが、スマートフォン「Xperia」の誕生10周年を記念したキャンペーンを実施している。これを記念して、抽選で5万人に賞品をプレゼントする。QUOカード1万円分やGoogle Play ギフトカード1万円分など。(2020/3/2)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Alexa、Siri、Google アシスタント――音声アシスタントが収集したデータを消す方法まとめ
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は各社の音声アシスタントが収集したデータを消す方法をまとめた。(2020/3/2)

「Google Earth」がようやくFirefox、Edge、Operaで利用可能に
これまでChromeでのみ利用可能だったWeb版「Google Earth」がFirefox、Microsoft Edge、Operaもサポートした。昨年12月にWeb標準になったWebAssemplyで可能になった。Safariもサポートするとしている。(2020/2/28)

バッテリー内蔵のスマートスピーカー「Sonos Move」、4万6800円で3月6日発売
Sonos Japanは、バッテリーを内蔵したスマートスピーカー「Sonos Move」の先行販売を3月6日に開始する。IP56規格の防水・防塵(じん)をサポートする。50を超えるストリーミングサービス、Google アシスタント、Amazon Alexa、AirPlay2にも対応する。(2020/2/27)

Wi-Fiチップの脆弱性をセキュリティ企業が発見 AppleやGoogleのデバイスなど10億台超に影響
脆弱性はBroadcomとCypressのWi-Fiチップに存在していた。発見したセキュリティ企業は、影響を受けるデバイスは10億台以上と推計している。(2020/2/27)

「Galaxy S20」には「Titan M」のようなセキュリティチップ「S3K250AF」を搭載
Samsungがセキュリティチップ「S3K250AF」とターンキーソリューション「Secure Elemet(SE)」を発表した。まずは「Galaxy S20」シリーズで採用する。GoogleのPixelシリーズの「Titan M」のように隔離したデータストレージでプライベートなデータを保護する。(2020/2/27)

Google翻訳にウイグル語など5カ国語追加で108言語対応に
Google翻訳に4年ぶりに新言語が5つ追加され、対応言語が108になった。ウイグル語、トルクメン語、ルワンダ語、タタール語、オリヤー語で、一部は仮想キーボードも利用可能だ。(2020/2/27)

AD管理を簡素化できる:
Google、「Managed Service for Microsoft Active Directory(AD)」の一般提供を開始
Googleは、「Active Directory(AD)」そのものを実行できる可用性の高いGoogle Cloudサービス「Managed Service for Microsoft Active Directory(AD)」の一般提供を開始した。オンプレミスとクラウドにまたがったドメインコントローラーの構成とセキュリティ確保が容易になる。(2020/2/26)

GoogleドライブでPDFが作成可能に 「Adobe Acrobat for Google Drive」提供開始
アドビは「Adobe Acrobat for Google Drive」の提供を開始した。Googleドライブに保存しているファイルから、直接PDFファイルを作成できる。G Suite Marketplaceからインストールできる。(2020/2/26)

ディープラーニングで不正メール検出率向上、Googleが成果発表
Googleはディープラーニングを使った新世代のドキュメントスキャナーをGmailに導入した。(2020/2/26)

Google Playに代わる選択肢に Huaweiがアプリストア「AppGallery」や開発基盤「HMS Core」の詳細を発表
Huaweiが独自アプリストア「AppGallery」を発表。AndroidのGoogle Play、iOSのApp Storeに加え、開発者やユーザーの新たな選択肢とする。AppGalleryのラインアップを充実させ、HMSエコシステムを確立するために、アプリ開発者へサポートも充実させる。(2020/2/25)

Googleが「Chrome 80」のアップデート公開 ゼロデイ攻撃発生の脆弱性も
デスクトップ向けの「Chrome 80」で修正された脆弱性3件のうち1件については、既に攻撃の発生が伝えられている。(2020/2/25)

Huawei、独自アプリストア「Huawei AppGallery」を日本でも開店
Huaweiが新製品発表イベントで、独自アプリストア「Huawei AppGallery」を発表した。日本を含む170以上の国と地域で利用できる。米国の禁止令により、Huaweiの新端末ではGoogle Playストアを含むGoogleのアプリを利用できない。(2020/2/25)

Apple、9月1日からサーバ証明書の最大有効期間を13カ月に制限
AppleはGoogle、Microsoftに同調し、サーバ証明書の有効期間制限を実施する。(2020/2/25)

ソフトバンクやGoogle系列のLoonら12社、成層圏基地局網目指し「HAPSアライアンス」立ち上げ
ソフトバンクやGoogle系列のLoon、Airbusなど12社が、HAPS(高高度擬似衛星)による成層圏基地局網構築を目指し、アライアンスを発足させた。China TelecomやAirbus、Nokiaも参加する。(2020/2/24)

Google、アプリストアから約600本のアプリを削除 広告ポリシー違反で
Googleが、悪質な広告を表示するアプリ約600本をGoogle Playストアから削除した。機械学習ベースの悪質広告検出ツールを開発した成果としている。(2020/2/21)

Google、悪質な広告を表示するアプリ600本を削除 不正検出の新技術を開発
ユーザーの意図しないところで電話発信や端末ロックの解除をしたり、地図アプリのナビゲーション機能を使っている最中に全画面広告を表示したりといった手口を「悪質」と判断して削除した。(2020/2/21)

交錯する期待と現実:
ビジネス活用はいつ? 2019年に躍進した量子コンピュータの“現状”を振り返ろう【前編】
2019年に一気に話題になる頻度を増した量子コンピュータ。IBMやGoogleなどの世界的なベンダーの他、日本でも国立や私立の研究機関などの取り組みに注目が集まりだした。しかし“量子コンピュータが本格的に活用される”日はいつ来るのだろうか? その基本的な歩みから現状を振り返る。(2020/2/21)

HTTP Desync攻撃が際立つ:
新たなWebハッキング技術、2019年に登場したトップ10をPortSwiggerが発表
サイバーセキュリティツールベンダーのPortSwiggerは、2019年の新しいWebハッキング技術についてトップ10を発表した。Googleの検索ボックスだけを使うといった全く新しい攻撃手法はもちろん、既存の複数の手法を組み合わせて新たな攻撃を作り上げたものなど、「価値ある」攻撃手法を取り上げた。(2020/2/21)

GoogleがCornerstone Technology買収を発表 メインフレームからGoogle Cloudへのマイグレーションサービス強化へ
米Googleが、マイグレーション支援ベンダーのCornerstone Technologyを買収したことを発表。Cornerstone Technologyは、顧客のレガシーシステムからモダンなシステムへのマイグレーション支援を行うベンダー。同社の買収により、メインフレームからGoogle Cloudへのマイグレーションサービスを強化する。(2020/2/20)

「Android 11」の初Developer Preview公開 5Gや折りたたみ画面をサポート
Googleが例年より数週間早く、次期Androidの開発者プレビューを公開した。名称はアルファベットではなく「Android 11 Developer Preview」。初代以外の既存のPixelシリーズにインストールできる。(2020/2/20)

あのGoogleが「アナログ」に進出? “ボードゲーム”で学ぶネットの安全
ある意味でデジタルの「権化」ともいえるGoogleが、アナログな「ボードゲーム」を作ったという。「ネットリテラシー教育」の一環だそうだが、どのようなボードゲームなのか。ボードゲームデザイナーとしても活動している筆者がチェックする。【訂正】(2020/2/19)

Google Drive、OneDrive、Box、Dropbox――進化を続ける4大クラウドストレージの機能を徹底解説
ポイントはストレージ容量やスピードだけではなくなってきた。代表的な4つのクラウドストレージの機能面の進化を解説。(2020/2/19)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】CookieのSameSite属性などをデベロッパーツールで確認する
Webサイト/アプリでよく使われている「Cookie」。トラブルが生じたらWeb担当者にとっては一大事です。ユーザーとしても不審なCookieがないか気になるところです。そこでGoogle ChromeのデベロッパーツールでCookieの状態を簡単に確認する方法を紹介します。(2020/2/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。