ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイデア(発想)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイデア(発想)」に関する情報が集まったページです。

単なるバズワードではない
「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力
「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。(2019/3/24)

変形性腰椎症の赤西仁、新曲ジャケ写に患部のMRI画像 才気あふれるチョイスに「センスの塊」「ウイットに富みすぎ」の声
逆転の発想。(2019/3/14)

イノベーター列伝:
町工場を救え! 遊休設備のシェアリングという新発想――シェアリングファクトリー長谷川 祐貴氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/3/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
10nmで苦戦するIntel、問題はCo配線とRuバリアメタルか ―― 電子版2019年3月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2019年3月号を発行致しました。今回のCover Storyでは、立ち上げが遅れているIntelの10nmプロセスの原因を探る「10nmで苦戦するIntel、問題はCo配線とRuバリアメタルか」です。その他、注目を集める「RISC-V」に関する記事やハンダを抜くためのアイデア工具を紹介する記事などを掲載しています。電子版は【無料】でダウンロードできますので、ぜひご覧ください。(2019/3/14)

実現が本格化:
EV用ワイヤレス給電、なぜ10年にわたり“標準化争い”が続いたのか?
電気自動車(EV)用のワイヤレス給電は、長年2社間で、国際規格標準化をめぐり激しい争いを続けてきた。しかし、この2月、米ベンチャー企業、ワイトリシティが、米半導体大手クアルコムのEV向けワイヤレス給電事業「クアルコム・ハロ」を買収することで決着した。これによって、EV向けワイヤレス給電の実現が本格化すると思われる。ワイヤレス給電は約10年前から提案されてきたアイデアであるが、なぜ10年もの長きにわたり標準化争いが続いてきたのであろうか。筆者も過去にワイヤレス給電に携わった経験があり、考えを述べてみたい。(日本電動化研究所 代表取締役・和田憲一郎)(2019/3/12)

夢のようなパントマイムショー! ポケモンのバリヤードと一緒に壁をつくる発想に「最高」「素晴らしい」の声
面白さと感動のつまった共演パフォーマンスです。(2019/3/11)

その発想はなかった カズレーザー、10年ぶりに書き初めした結果“文字化け”してしまう
天才のそれ。(2019/3/10)

Gartner Insights Pickup(99):
デジタルトランスフォーメーションのための「カルチャーハック」、10のアイデア
デジタルトランスフォーメーションは、語るのは簡単だが、実践するのは難しい。具体的ですぐに効果が表れる(可能性の高い)10の取り組みを紹介する。(2019/3/8)

天才的発想……! 寝転がっていると子供が勝手にマッサージしてくれるTシャツに「人類の進歩」と称賛の声
「かたみぎ」駅に急行電車が参ります。(2019/3/5)

IoTのイノベーションは問題解決から(8):
「応用型演繹法」で広がるアイデア、見つかる最適な解決策
今回は分類されたグループごとに「そうならないようにするには、どうすればよいか?」を見つける手法をご紹介します。(2019/3/4)

「渋いチョイス」「愛情が半端ない」 益若つばさ、絶妙な「ドラゴンボール」キャラ弁に息子から意外なツッコミ
ノリでポポを再現するアイデアがすごい。(2019/3/4)

廃タイヤがネコやワンコのかわいいベッドに大変身! 環境にも優しいアイデアが世界で話題
世界に1つだけのマイベッド。(2019/3/4)

アスラテック/浜野製作所:
“トングの延長”という発想から生まれた遠隔作業装置「三軸トング」
アスラテックと浜野製作所は、遠隔作業装置「三軸トング」を共同開発した。力覚をフィードバックするマスタースレーブシステムにより、手の届かない場所での多彩な作業を実現するという。(2019/3/1)

製造マネジメントニュース:
経産省、技術力や事業構想に優れる中小企業を海外派遣
経済産業省は、高い技術力や優れた事業アイデアを持つ日本の有望な中堅、中小、ベンチャー企業を選出し、海外へ派遣する「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム」の参加企業29社を決定した。(2019/2/21)

ディルバート(593):
“スマホ断ち”の副作用
集中したいときや、アイデアを練りたいときは、スマホやPCなどを断つ“デジタルデトックス”が良いとされていますが、“効き目”はあくまで人それぞれのようで……。(2019/2/21)

SOLIDWORKS World 2019:
EV普及の起爆剤となるか!? SparkChargeのポータブル高速充電ユニット
EV(電気自動車)の普及を妨げる走行距離や充電インフラ整備、充電スピードといった問題を、ユニークなプロダクトとアイデアで解決しようと立ち上がったのが、米国のスタートアップ企業SparkCharge(スパークチャージ)だ。SparkChargeが開発するポータブル高速充電ユニットの魅力、その可能性について紹介する。(2019/2/19)

バンナム、アソビのアイデアを募集するプラットフォーム「ASOBIZA」をリリース 採用企画をクラウドファンディングなどで実現
企画を投稿できるプラットフォーム。(2019/2/16)

レシートには「シュツドヒン」 一目ぼれして買った「古墳のふせん」の明細が注目集める
店員さんのナイスアイデアが7万“いいね”を集めました。(2019/2/16)

平成最後の“カオスMV”爆誕 アパ社長、青山テルマ、アントニオ猪木らのダンスユニットという悪魔的発想
大変なことになっています。(2019/2/15)

とんでもねぇもん見ちまったぜ トヨタ「MR2」をキムワイプ風にカスタムした痛車が発見される
その発想と行動に敬意を表したい。(2019/2/14)

100均アイテムで思い出が残せる! 着られなくなった子ども服を“くるみボタン”にするアイデアがお見事
すぐ100均行こう。(2019/2/10)

IoTのイノベーションは問題解決から(7):
IoT活用のための「帰納法」実践はアイデア探しの第一歩
今回は、「深堀り」によって出てきた原因をグループに分け、IoTを含むソリューションを生み出しやすくするための方法についてお話したいと思います。(2019/2/5)

その手があったか…… 紙パックジュースを使った“禁断の小顔見せテクニック”に「この発想はなかった」の声
ネタがわかると自然な自撮りにじわじわくる。(2019/2/4)

三日坊主の克服法は「三日坊主を何回もやる」 イラストレーターの発想に「ステキ」「励みになる」と関心集まる
物事が続かない人を、「もの凄い情熱を瞬発的に使い果たせるパワーを持った人」と捉える。(2019/2/4)

コストと品質どちらも働き方改革にメリット
低コストでVDIを実現する新発想とは?
働き方改革の切り札として企業が注目するVDIだが、導入に当たってのハードルは決して低くない。同じメリットを、新たに登場した別の方法で実現できるとすれば、どうだろうか。(2019/2/8)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
テレワーク導入が進まない国内企業、その解決策はユーザー視点のネットワーク
日本企業にとって重要課題である働き方改革だが、その実践を支えるインフラ整備は思うように進んでいない。その原因は、セキュリティを重視し過ぎている点にあるようだ。発想を転換し、ユーザー視点でネットワーク環境を考えてみたい。(2019/1/30)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(12):
価値創造時代のプロジェクトマネジメントは「自在な発想」で楽しもう
今、ICTにはこれまでにないサービスを創出したり、ビジネスプロセスを革新的に変えたりする価値創造が求められている。価値創造を目的としたプロジェクトでは旧来のプロジェクトマネジメントにはない「自在な発想」が必要だ。今回は新しいプロジェクトマネジメントの在り方について述べたい。(2019/1/28)

ケチャップのハインツが「キャビア風ケチャップ」発表 見た目がめっちゃイクラ
その発想はなかった。(2019/1/25)

インバウンドリクルーティング入門 第1回:
なぜ人材採用にマーケティング発想が必要なのか
デジタル時代の人材採用。海外では既に実践されている「インバウンドリクルーティング」とは何か。(2019/1/23)

爪楊枝1万本で作った「蝶」にビックリ 見る角度で羽の色が変わる発想に「変態だ……」と驚く声
ゾクゾクする羽の変化に注目……!(※集合体恐怖症の方は閲覧注意)(2019/1/19)

「すごすぎる」「発想の勝利」 カエルの合唱の“法則性”、通信の効率化に応用 研究者に聞く
カエルの合唱とIoT機器のネットワークという、一見すると関係がないように思える事柄を結び付けた研究結果が話題に。研究の経緯を聞いた。(2019/1/15)

あったかいニャ 手作りコタツを堪能する猫ちゃんが幸せそうで癒される
すぐにマネ出来そうなアイデアです。(2019/1/9)

定義されていない:
戦略がなかなか決まらないのは、なぜか
案やアイデアはいくらでも出るのに、最終的に決まらない。優秀なメンバーが集まる部門やチームでよく起こることだが、何が問題なのだろう。(2019/1/3)

人生の最期をテクノロジーで体験 終末感あふれる「走馬灯VR」登場
思い出の映像にFacebookを使う発想よ。(2018/12/31)

小魚の脳を記憶媒体に レジンで作った「小魚USBメモリ」とロマンあるSF設定が天才の発想
煮干しを使ったレジンのネタプロダクトです。(2019/1/6)

【マンガ】その発想はなかったわ 旧日本軍が開発した“こんにゃく兵器”とは
「珍兵器」として有名。(2018/12/30)

パナと三井化学、ベンチャー主導で新事業に挑戦
デジタル化の急速な波が押し寄せる中、大企業の経営資源とベンチャーのアイデアを組み合わせて事業を生み出す「オープンイノベーション」が加速している。(2018/12/25)

「主人公レンズ」がヴィレッジヴァンガードで販売開始 コミティアで完売した天才的な発想のキーホルダー
「おかえり。ずっとずっと、待ってたよ」。(2018/12/22)

Vtuber30人以上が登場するアニメ「バーチャルさんはみている」 2019年1月開始
「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督がアイデア協力。(2018/12/18)

「インパクトありすぎ」「センスの塊」 福山雅治、シュールすぎる “コラージュ写真”連投でファンを困惑させる
どういう発想?(2018/12/11)

猫ちゃんの「くやしいニャ」顔がかわいい PC作業を邪魔してくる猫ちゃんからバリアするアイデアに目からウロコ
なるほど!(2018/12/7)

ちゅ〜るがあれば運転するニャ! ダンボール箱に入った猫ちゃんを免許証にするアイデアに「かわいすぎる」の声
証明写真的な猫ちゃんの表情がかわいすぎた……。(2018/12/5)

ATMを銀行業界で共同管理? 脱自前主義加速も、足並み乱れ
維持費がかさむATMを全国の銀行で共同管理するアイデアが浮上している。既に業界トップの三菱UFJ銀行と2位の三井住友銀行がATMを共通化する方針を固めた。ただ、各行がすんなり賛同するかというと一筋縄ではいかないようで−。(2018/12/5)

一筋縄ではいかない:
ATMを銀行業界で共同管理? 脱自前主義加速も、足並み乱れ
維持費がかさむATM(現金自動預払機)を全国の銀行で共同管理するアイデアが浮上している。既に業界トップの三菱UFJ銀行と2位の三井住友銀行がATMを共通化する方針を固めた。超低金利や人口減少で銀行の経営が厳しくなる中、生き残りを賭けライバル同士が手を結ぶ時代を迎えたとも言えるが、各行がすんなり賛同するかというと一筋縄ではいかないようで。(2018/12/4)

過信の結果は失敗
ブロックチェーンはセキュリティの「魔法のつえ」ではない
セキュリティ対策にブロックチェーンを応用するというアイデアは有益だ。だがブロックチェーンを過信してはならない。ブロックチェーンを安全に運用するためのベストプラクティスが必要だ。(2018/12/3)

「もうホラーの域」「怖いよ……」 横澤夏子、“顔面大増殖”ショットでファンを恐怖に誘う
どういう発想?(2018/11/30)

「これさえやればOK」のルール作りが大事:
社員に伝えるセキュリティポリシー、理想は居酒屋で語れるレベル――MS澤氏からのメッセージ
「会社のセキュリティポリシーを守っていたら、仕事にならない」「使用禁止のツールをどうしても使う社員がいる」――こうした現場とIT部門のせめぎ合いに悩む企業が多い中、日本マイクロソフトの澤円さんが語る、発想の転換とは?(2018/11/30)

頭脳放談:
第222回 初期費用ゼロ円はArmにとっても良いアイデア?
Armの「DesignStartプログラム」は、初期費用ゼロ円で特定のArmコアが利用できるというもの。これからIoT分野に打って出ようという小さなベンチャーなどに最適なプログラムだ。これによりArmも市場を広げられる可能性が。(2018/11/29)

空き容器が巨大施設に ロマンと発想と技術力によって「雪見だいふく」がかっこいい地下基地に
謎のかっこよさ。(2018/11/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが手がける新プロジェクトと古くて新しいプロジェクト
米Microsoftの従業員が新しいアイデアを検討できるよう、2009年に誕生したプロジェクト「Microsoft Garage」。2014年の一般公開以降、同社が開発中のテストアプリを試せるようになったが、その最新情報などを見ていこう。(2018/11/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。