ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メンテナンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メンテナンス」に関する情報が集まったページです。

スマホ版ラブプラス、サーバ保存の写真が見られない不具合 メンテでデータ削除、復旧見込めず
ラブプラス EVERYで、ユーザーがサーバに保存していたゲーム画像などが正常に表示されない不具合が発生した。同日のメンテナンス中、サーバに保存された写真を誤って削除したのが原因。復旧は不可能としている。(2020/5/27)

電子ブックレット(BUILT):
NEXCOのトンネル事故防止策など「本音のインフラメンテ」セミナーまとめ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、インフラメンテナンス国民会議など主催した「社会インフラテック」(2019年12月4〜6日)で開催したトークセッション「本音のインフラメンテナンス〜体制・組織・人のあり方」のまとめです。(2020/5/26)

MacPaw、MacOS用のシステムメンテナンスソフト「CleanMyMac X」の販売をApp Storeで開始
MacPawは、同社製のmacOS用システムメンテナンスソフト「CleanMyMac X」をApp Storeで販売すると発表した。(2020/5/19)

山市良のうぃんどうず日記(178):
全ての仮想マシンが停止したらホストをシャットダウンするスクリプト
本連載第174回では、Windows Server 2016の更新プログラムのインストール時に実行が重なると影響が大きいメンテナンスタスクについて、時短に役立つかもしれないコマンドラインのテクニックを紹介しました。今回はその応用です。(2020/5/13)

業界動向:
ドラレコ映像活用で“高鮮度”な地図情報を提供、ゼンリンとMoT
ゼンリンとMobility Technologiesは、ゼンリンが展開するナビゲーションシステムや自動運転時に使用される地図情報のメンテナンス効率化に向けて、道路情報の自動差分抽出の共同開発を行うことに合意した。(2020/5/13)

IBMがRed Hat OpenShift 4.3 on IBM Cloudを提供開始、セキュリティと生産性を強化
IBMは、Red Hat OpenShift on IBM Cloudを拡張し、Red Hat OpenShift 4.3を提供する。セキュリティ機能や生産性機能を強化し、更新やスケーリング、セキュリティの確保、プロビジョニングといったメンテナンス作業の時間を最小限に抑えられる。(2020/5/8)

IoTセキュリティ:
PR:既存の機器をセキュアにIoT化、約8ドルのチップで10年以上守るサービスとは
ネットワークにつながることでさまざまな可能性を生み出すIoT機器だが、それとともにセキュリティへの対応も求められる。しかし、新規のIoT機器を設計する際にデバイスメーカー自身がセキュリティ機能を組み込み継続的にメンテナンスしていくことは非常にコストがかかる。一方、既に市場で稼働中の既存の機器をIoT化したいが、もともとネットに接続する前提でのセキュリティ機能は実装されておらずセキュリティの確保も難しい。これらの課題に対応するのがマイクロソフトの「Azure Sphere」だ。(2020/4/8)

作業員の不足/未習熟を“リモート”で解決:
PR:スマートグラスが切り拓くDX時代の保守サポートとは?
メンテナンスや点検の現場で深刻化している要員不足やスキルアップへの要請。昨今では加えて新型コロナウイルス対応などの社会要請により、作業に必要な熟練技術者や有資格者を迅速に派遣することがさらに難しくなっている。かたや機器や設備はより複雑になり、技術者への要求は増える一方だ。この状況の打開に大きく寄与するDXツールとして注目を集めているのが、スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム「InfoMesh Visual Navigator」だ。(2020/4/15)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

「魔法のiらんど」、小説投稿に特化したサービスに大幅リニューアル 3月23日〜31日のメンテナンス後に
ホームページ作成やブログ機能が提供終了となります。(2020/3/19)

FAニュース:
装置のIoT化を進めるモーションコントローラー用無線LANアダプターを開発
山洋電気は、モーションコントローラー「SANMOTION C」用「ワイヤレスアダプタ 3A」を開発した。装置の状態をスマホやタブレットなどでモニタリングでき、装置のIoT化とメンテナンスの効率化に貢献する。(2020/3/18)

インフラメンテナンス×AI(1):
インフラ維持管理にAIを活用する方法論と最新動向、立命館大・野村教授の講演から
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、例えば道路橋では建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った。(2020/3/18)

モバイルSuicaが4回(予定)の「臨時メンテナンス」を実施 3月21日/26日は少し長め
JR東日本の「モバイルSuica」が、臨時のシステムメンテナンス断続的に実施する。メンテナンス中は、サービスへのログインが必要なサービスが一切利用できなくなる。特に3月21日と26日は、メンテナンス時間が長いので注意しよう。(2020/3/9)

太陽光パネル上を“踏まずに”歩ける、検査やメンテに便利な作業台
ネグロス電工は「第13回 国際太陽光発電展」で太陽電池モジュール上作業台「パネルウォーク」を披露。太陽電池モジュールを踏ふむことなく、安全に検査やメンテナンスが行えるという。(2020/2/27)

製造ITニュース:
SAP、ERPシステムの旧モデル保守期間を延長
SAPジャパンは、SAP S/4HANAの保守サービスのコミットメント期間と、Business Suite 7ソフトウェアのコアアプリケーションメインストリームのメンテナンス期間延長および延長保守サービスを提供することを発表した。(2020/2/26)

活用分野の拡大を進める:
Flexが描く、製造業におけるAR/VR活用の未来図
AR(拡張現実)/VR(仮想現実)技術が大きく成長を遂げてきたことを受け、製造業者は、製造開発やトレーニング、メンテナンス、修理、作業者の安全性など、さまざまな分野への導入方法を模索している。250億米ドル規模のEMS(電子機器製造受託サービス)プロバイダーであるFlexは、その対象となる分野をさらに拡大していく考えだ。(2020/2/21)

電子ブックレット(BUILT):
「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」セミナーPlayback!
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、メンテナンスと国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)に焦点を絞った総合展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」で、注目度の高かったセミナーを1冊にまとめました。(2020/2/7)

無印のネットストア、18日ぶりに再開 不具合でメンテ長期化
2019年12月末からメンテナンスが続いていた「無印良品ネットストア」が1月18日にサービスを再開。家具などの一部商品の注文などは、引き続き停止している。(2020/1/20)

無印良品のネットストア、メンテ大幅延長 「使用に耐えうる表示速度が満たせなかった」
良品計画のECサイト「無印良品ネットストア」で行っているメンテナンス作業が大幅に遅れている。同社は延期の理由として「使用に耐えうる表示速度が満たせなかった」ことを挙げている。(2020/1/15)

FAニュース:
T型回路構造を採用したMOS FETリレーモジュール、メンテナンス頻度削減を実現
オムロンは、T型回路構造を採用したMOS FETリレーモジュール「G3VM-21MT」を発売した。漏れ電流を1pA以下と極小化し、高精度での測定と試験装置のメンテナンス頻度の低減を両立した。(2020/1/10)

リアル店舗にも影響?:
無印良品ネットストアのメンテナンス、「37時間限定」のはずが復旧めど立たず “計画通り”に行かなかった裏側を聞くも……
年末年始に予定していた無印良品ネットストアのメンテナンス。当初19年12月31日午前0時〜20年1月1日午後1時としていた期間が大幅延長。復旧のめどはまだ立っていない。年末年始の「書き入れ時」になぜメンテナンスをしようとしたのか。担当者に裏側を聞いたが……(2020/1/8)

年末年始はATMネットワークのメンテナンスに注意 取引のない銀行のATMは利用不可
12月31日午後11時52分〜2020年1月4日午前3時50分に、ATMネットワークシステムのメンテナンスが実施される。期間中は基本的に、キャッシュカード発行元と異なる金融機関のATMを利用した、入出金などができない。他行の口座に振り込むことは可能だが、手続きの流れが従来とは異なる。(2019/12/23)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:メーカーとユーザーをつなげるメンテナンス、デジタル化で設備価値を最大化
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のメンテナンスコーナーでは、「メーカーとユーザーをつなげるメンテナンス」をテーマにさまざまな展示を行った。昭和電工やニチレイロジグループ本社との共同実証に関連した顧客事例が来場者の注目を集めた。(2019/12/20)

予知保全に特化したMATLABソリューションが登場:
PR:予知保全システム構築で直面しやすい“3つの課題”とその解決法
機器、システムが故障する時間、場所を“予知”し、適切なタイミングで修理、メンテナンスを行う『予知保全』が大きな注目を集めている。ただ予知保全の導入は、容易だとは言い難く、導入を阻む“3つの課題”が存在する――。本稿では、予知保全システム導入を阻む3つの課題を解決する方法を提案する。(2019/12/17)

VRニュース:
競合製品と同等の機能をより安価に、ノンプログラミングで簡単ARマニュアル作成
スマートスケープは、製造業や建設業におけるメンテナンス業務や教育などを支援するAR(拡張現実)マニュアル作成サービス「REFLEKT ONE」と、AR遠隔作業支援サービス「REFLEKT Remote」に関する体験会を開催した。(2019/12/13)

ジャニーズ事務所の会員制サイト「Johnny's web」で不具合? トップページが「キンプリ」ロゴに 運営元が緊急メンテ
「Johnny's web」で12月12日、不具合が発生しているとの指摘が相次いだ。運営元は「緊急メンテナンスのため、サービスを停止している」という。(2019/12/12)

「Johnny’s web」が緊急メンテナンス状態に Twitterでは「意図しないコンテンツが表示される」との報告多数
(2019/12/12)

「ラブプラス EVERY」11日に再開 「正しく恋人になれない」など不具合に対処
メンテナンスが続いていた「ラブプラス EVERY」が12月11日にサービスを再開する予定。プレイ時はアプリを最新バージョンにアップデートする必要がある。(2019/12/9)

「App Store上の反映遅延」でメンテ延長 スマホゲームでトラブル相次ぐ
「Fate/Grand Order」など複数のスマホゲームが、相次いでメンテナンスを延長。App Store上でのアプリの反映遅延が原因という。(2019/11/27)

ロボット:
斜張橋の長寿命化に役立つ装置を開発、斜材保護管内部の水分を測定可能
国土交通省の資料によれば、橋梁(きょうりょう)は高度成長期に大量に建設されており、2020年代には、その多くが完工後から55年以上を迎える。さまざま要因により、橋の経年劣化が進む中、メンテナンスや状態の可視化は急務だ。こういった状況の中、西松建設は佐賀大学の伊藤幸広教授と共に、自走式調査ロボット「コロコロチェッカー」と併用することで、斜材保護管内部の水分量を測れる「水分測定装置」を開発した。(2019/11/26)

車載ソフトウェア:
PR:要件が厳しく複雑な車載ソフトウェア開発、コストをどう低減するか
車載ソフトウェア開発は、安全性の担保やメンテナンス性確保のためのコーディング規約順守などさまざまな要件が課される。最近は自動運転システムの開発やOSS(オープンソースソフトウェア)の活用増加など、単にソース単体レベルでの対応を超えたところで配慮すべき内容が増えてきた。こうした状況に対応してテクマトリックスが新しく提案しているのが、車載ソフトウェア開発向けのツールチェーンともいえるソリューションである。(2019/11/26)

Huaweiに対する「輸出一時許可」がさらに90日間延長 米商務省発表
米商務省が、Huaweiとその関連企業に対する「輸出一時許可」をさらに90日延長。2020年2月17日までは同社製の既存端末に対するメンテナンスが維持される見通しだ。(2019/11/19)

JAPAN PACK 2019:
知能化、省メンテナンス性が加速する包装機器、“紙化”の流れも加速へ
2019年10月29日〜11月1日に千葉県の幕張メッセで開催された包装プロセスの総合展示会「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」。「きっとみつかる、あなたの包程式」を開催テーマとし、450社以上が包装機器や新たな包装プロセスなどを紹介した。包装機器業界における新たな傾向について、開催期間中に発表された「JAPAN PACK AWARDS 2019」の受賞製品を中心に紹介する。(2019/11/13)

お掃除ブラシも付属したメカニカルキーボード用メンテナンスキット
ドスパラは、メカニカルキースイッチ向けメンテナンスキット「DN-915823」の取り扱いを開始した。(2019/11/11)

リノベ:
2万円で始めるリノベ、壁に特化した「DIY」と「職人施工」の塗装サービス始動
インフラメンテナンスやマンション大修繕を手掛けるカシワバラ・コーポレーションの原点は「塗装」にあるという。不動産デベロッパーや設計事務所が持っていないこの強みを、近年盛り上がりを見せる住宅のリノベーション市場に持ち込んだ新サービスを立ち上げた。新規事業では、住宅の中でも面積を占める“壁”を塗り変えることに着目し、職人技の体感と塗装体験という2つのアプローチからシェア獲得をうかがう。(2019/11/11)

「下半身あらわに……」 スマホ版「ラブプラス」、不具合発生で配信直後に3度の緊急メンテ 約1週間プレイできず
スマートフォンゲーム「ラブプラス EVERY」で、配信直後から正常に遊べない状態が続いている。現在進行中の緊急メンテナンスは3度の延長を重ね、現時点では終了予定時刻を11月7日午後5時としている。不具合の原因はおおむね特定しているという。(2019/11/5)

「ラブプラス EVERY」、緊急メンテナンスをさらに延長 11月7日17時終了予定に
スタッフさんがんばって……!(2019/11/4)

「ラブプラス EVERY」緊急メンテナンスを11月5日14時までに延長 「カノジョがずっとメンテ中で会えない」
当初4時間だったはずが86時間の長時間メンテナンスへ……。(2019/11/2)

デルの「vSAN Ready」でVDIを実現:
PR:24時間365日稼働するコールセンターにHCIを導入――ロココが語る舞台裏
大阪でコールセンター業務を担うロココは事業の成長に伴って不足するシステムリソースの対応に頭を悩ませていた。コールセンターという事業の特性上、メンテナンスのためにサービス停止はできない。同社が新しいシステム基盤にデルのHCIを選んだ理由とは。(2019/10/29)

LINE「OpenChat」のトークルーム検索機能、2カ月ぶり再開 「出会い募集」続出で監視体制を強化
LINEが「OpenChat」のトークルーム検索機能を再開。出会い目的のトークルームが多くヒットして問題となり、8月20日からメンテナンスを行っていた。不適切なトークルームを検知するモニタリング体制を強化した。(2019/10/17)

AI:
ミサワホーム、メンテナンス対応AI型チャットボット開発
ミサワホームは、住宅オーナーの問い合わせに自動でメンテナンス情報を提供するチャットボット「チャチャットサン」を開発した。メンテナンス対応目的のAI型チャットボットは業界初の試みとなる。(2019/10/8)

建設現場の災害防止:
“暴走車両“から高速上の作業員を守る、胴体が伸縮する「防護車両」を開発
中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋は、近年増加している高速道路の路上作業中に、高速で突っ込んで来る車によって引き起こされる事故を防ぐ目的で、作業エリアを車体で覆う特殊な防護車両を開発した。(2019/9/27)

台風15号に伴う通信障害、auが完全復旧
台風15号の影響で発生していた携帯キャリア各社の通信障害。9月17日20時50分時点で、auの通信障害が完全復旧した。停電が継続している地域では、発電機のメンテナンスなどから、作業中に一時的に利用しにくくなる可能性がある。(2019/9/18)

第9回 出展技術発表会:
関東地整管内の橋梁の約32%は高度成長期に竣工、20年後には67%が老朽化に
国土交通省 関東地方整備局は、展開する道路や橋梁といったインフラのメンテナンスサイクルや点検に関する取り組みの認知拡大を推し進めている。(2019/9/6)

AI&無線LANで、社内ネットワークと管理者はどう変わるのか?:
PR:クックパッドやアカツキライブエンターテインメントも議論――組織の変化、ビジネス展開に追従できるネットワーク技術者の要件とは
ネットワークへのアクセスが容易になる無線LANは、社内での業務の進め方や社外での働き方を変える大きな可能性を秘めている。例えば、無線LANをクラウド経由で管理できるようになれば、遠隔地のメンテナンスの負担も下がるなどだ。では、ネットワークに無線LANを適用し、使いやすく障害に強い形に変えていくためには、どのような工夫が必要なのか。また、AIの適用によって設定、運用の自動化が進む中で、エンジニアに求められるものはどう変わっていくのか。メーカーやソリューションプロバイダーの担当者と企業のエンジニアが議論しながら、具体的な姿を探る。(2019/8/27)

スマートファクトリー:
設備停止が命取りになる装置産業、日本製紙が予知保全に取り組むまで
「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」(2019年7月24〜26日、東京ビッグサイト)のモノづくり特別講演会に、日本製紙 北海道工場 白老事業所 工務部長代理兼白老電装課長である藤山道博氏が登壇。「製紙工場における設備保全の取り組みとIoT(モノのインターネット)活用」をテーマに独自の保全ソリューション「e-無線巡回」を導入した効果や、今後の取り組みを紹介した。(2019/8/20)

下水道展’19横浜:
ノウハウや技術不要でメンテできるARサービスを開発、明電舎
明電舎は、人手不足や現場の熟練者の高齢化が進行する現状を踏まえ、ノウハウや技術がなくても、メンテナンス作業を行えるARサービスの開発を進めている。(2019/8/20)

シャープ、電池交換不要の位置情報ビーコン 高効率の太陽電池で実現
 シャープが、太陽電池搭載で電池交換の手間がかからないビーコン「レスビー」を開発したと発表。起電力が高い「色素増感太陽電池」を使い、メンテナンスの手間を減らスト同時に、GPSが使いにくい環境でも位置情報を測定できる。(2019/8/9)

通販サービス「ECオーダー」、システム障害で長期メンテナンス 個人情報流出の可能性も指摘
通販を委託していたゲームメーカーから個人情報流出の疑いがあると告知されています。(2019/7/26)

AR:
BPM、AR技術を活用した建物メンテナンス履歴管理アプリを開発
BPMは、ARを活用した建物メンテナンス履歴管理アプリ「Qosmos AR」を開発した。アプリに記録・保全した三次元(3D)データを閲覧することで、作業現場外から空間情報を把握できるようになる。(2019/7/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。