ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宮崎駿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宮崎駿」に関する情報が集まったページです。

架空世界で「認証」を知る:
「ルパン三世」はどうやって認証を突破した? 他人をアテにする「人脈認証」を考える
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第21回のテーマは「ルパン三世」。(2019/10/8)

ジブリ美術館新企画展「手描き、ひらめき、おもいつき」展を開催 美術館約20年の歩みを宮崎駿監督の手書き資料で振り返る
チケットの予約は10月10日から。(2019/10/2)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

「天空の城ラピュタ」恒例“バルス祭り” ネット騒然とさせた“粋な計らい”とは?
『天空の城ラピュタ』がまたもやネット上をざわつかせた。テレビ放映のたびに“祭り”が起きるのだが、今年は8月30日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放映された際、祭りどころか、意外なことまで起きた。(2019/9/4)

東京国立近代美術館「高畑勲展」 アニメ史に刻んだ創造の足跡
日本アニメ史に名を刻んだ巨匠がどれだけ苦悩し、新たな表現を切り開いてきたかが伝わる展示だ。東京国立近代美術館(東京・竹橋)で開催中の「高畑勲展−日本のアニメーションに遺(のこ)したもの」は、半世紀以上にわたりアニメ界を牽引(けんいん)した高畑監督の初の回顧展となる。(2019/7/11)

「ワンピース」「NARUTO」「ナウシカ」新作歌舞伎に 漫画やアニメ原作、続々 その背景は?
世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。「ワンピース」「NARUTO−ナルト−」「風の谷のナウシカ」も歌舞伎化。インバウンドや海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。(2019/6/17)

『笑ってコラえて!』『恋のから騒ぎ』も作る:
テレビはなぜ“つまらなくなった”のか 日テレ『世界まる見え!テレビ特捜部』生みの親に直撃
テレビはなぜつまらなくなったと言われるのか。『世界まる見え!』『笑ってコラえて!』などのヒットメーカーに直撃した。実験しなくなったテレビ業界の実情が浮き彫りに。(2019/6/7)

「人類には早すぎた」 人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」が私たちに問いかけるもの
ドワンゴの人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」をプレイして記者が感じたことをまとめてみた。(2019/5/17)

神田明神と“異色”のコラボ:
ジブリ展で鈴木敏夫Pの書画120点公開! 専門家が見るその腕前は?
現在開催中の「鈴木敏夫とジブリ展」では鈴木氏の書画約120点や映画企画書、宣伝用キャッチコピー案、作業予定表など500点以上の資料が展示されている――。(2019/5/2)

『それ町』で注がれていた視線の正体を、大童さんを見てやっと理解できた―― 『天国大魔境』石黒正数×『映像研には手を出すな!』大童澄瞳 特別対談
出自が全く異なりながらも相思相愛ともいえる、二人のマンガトークをお届けします。(2019/3/23)

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎に 宮崎駿監督作品では初 ナウシカ役は尾上菊之助
トルメキア屋っ! 風の谷屋っ!(2018/12/12)

ジブリ美術館1年半ぶりの新企画展示「映画を塗る仕事」展いよいよスタート 貴重なセル画約200点
貴重な資料がどっさり。(2018/11/16)

メルカリの本・CD・ゲーム専用アプリ「メルカリ カウル」、一本化のため終了 取引数は前年比170%と成長
「エンタメ・ホビー」カテゴリに特化したメルカリの姉妹アプリ。(2018/11/2)

サンって“山犬の娘”なのに人っぽい仮面を着けてるのおかしくない? 「もののけ姫」の仮面を全力で分析した
スタジオジブリ「もののけ姫」のサンは山犬の一族の娘なのに、タタラ場に攻めるとき人間に似た仮面を着けるのはなぜだろう――。(2018/10/26)

見事なおっさんホイホイだ! アニメ「侍ジャイアンツ」第1話がジャンプ50周年公式チャンネルで無料配信
ノーコン蛮ちゃんの雄姿がアツい。(2018/10/8)

あの宮崎駿も最初はうまくいかなかった:
“世渡り力”だけでは生き残れない ダメ人間のための「フリーランス入門」 
フリーランスには「40歳の壁」がある――。こんな指摘をしたフリーの編集者である竹熊健太郎氏の書籍が話題を集めている。どうすればフリーランスは40歳以降も生き残っていけるのだろうか。39歳のフリーライターが、竹熊氏に聞いてみた。(2018/7/23)

フジテレビ「Mr.サンデー」“独自入手”の爆発映像が物議 「天津爆発事故では」「誤報?」と指摘相次ぐ
フジテレビを取材しました。(2018/7/10)

スタジオジブリ制作・監修の「となりのトトロ」複製セル画が受注予約を開始 公開30周年を記念して
数量限定で製作・販売されます。(2018/6/3)

岩波書店の「種まく人」マークがトトロに! 理由を聞いてみた
トトロが種をまいています。(2018/6/1)

高畑勲さんお別れの会、ジブリ美術館で15日に開催
4月5日に死去したアニメ監督・高畑勲氏の「お別れの会」が5月15日、「三鷹の森ジブリ美術館」で開催される。一般の人も献花できる。(2018/5/2)

「高畑勲 お別れの会」、5月15日にジブリ美術館で ファンのために献花の時間も
参会の際は平服で。香典や供花の類は固く辞退するとのこと。(2018/5/1)

ニコニコ超会議2018:
ニコニコ動画の歴史を紐解く「超年表」 ビリー兄貴への追悼コメント続々
「宮崎駿に怒られる」「熱盛の放送事故」もあります。(2018/4/28)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

「金曜ロードSHOW!」予定を変更し「火垂るの墓」放送決定 高畑勲監督死去を受けて
4月13日放送予定だった「名探偵コナン から紅の恋歌」は翌週の4月20日放送に。(2018/4/6)

高畑勲監督が死去、「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」など手掛ける 「やりたい事がいっぱいある人だった」と鈴木敏夫氏がコメント
82歳でした。【追記】(2018/4/6)

高畑勲氏死去 82歳 アニメ映画監督
「火垂るの墓」などを手掛けたアニメ監督の高畑勲氏が4月5日、都内の病院で死去した。82歳だった。(2018/4/6)

第21回メディア芸術祭 アニメ部門大賞「この世界の片隅に」「夜明け告げるルーのうた」16年ぶり同時受賞!
おめでとうございます!(2018/3/16)

三鷹の森ジブリ美術館で新作アニメ「毛虫のボロ」上映 宮崎駿の新作
三鷹の森ジブリ美術館で、新作短編アニメーション「毛虫のボロ」が上映される。(2018/1/9)

宮崎駿監督の最新作「毛虫のボロ」が3月公開 14分20秒のオリジナル短編アニメーション映画
三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で3月21日から。(2018/1/9)

「君の名は。」「おそ松さん」「文スト」……アニメの“予告編”ってどうやって作られてるの? ディレクターに聞いてきた
予告編制作の裏側。(2017/11/25)

スター・ウォーズからジブリ、エドガー・ライト作品まで レアなポスターが集結「MONDO映画ポスターアート集」発売
MONDOのポスターを眺めながら、あの映画に想いを馳せる。(2017/11/7)

宮崎駿監督の新作長編アニメのタイトルが「君たちはどう生きるか」になることが判明
2月に引退撤回を表明し、新作長編の準備に入っていることが明かされていた。(2017/10/28)

ねとらぼレビュー:
設定画・断面図フェチに読んでほしい 最強アニメ制作部活マンガ『映像研には手を出すな!』
自由帳にめっちゃ描いてたやつ。(2017/9/29)

あのキャラに花束を:
『とっても優しいあまえちゃん!』巨乳女子小学生あまえちゃんのバブみは、温かい天国か、無限回廊か
妄想が過ぎるぞ(褒め言葉)。(2017/9/27)

「新海誠展」が国立新美術館で11月から 「ほしのこえ」から大ヒット作「君の名は。」まで完全網羅
東京会場では初公開の資料も展示予定。(2017/8/28)

アヌシー国際アニメ映画祭 「夜明け告げるルーのうた」長編グランプリ、「この世界の片隅に」長編審査員賞受賞!
おめでとうございます!!(2017/6/18)

常見陽平のサラリーマン研究所:
BOOWY好きの上司と飲むときに気を付けたいこと
群馬県高崎駅に伝説のロックバンド「BOOWY」と書かれたポスターが現れ、盛り上がっている。サラリーマン的に問題なのは、今月の会社の飲みの席で、男性上司から高い可能性でこの話題が出ること、それにどう対応するかということではないだろうか。(2017/6/9)

フジテレビ、実在しない「ガリガリ君火星ヤシ味」の画像を紹介し謝罪 広報「ネットのを勘違いして使用した」
フジテレビ広報部、画像の製作者、赤城乳業に取材しました。(2017/6/7)

松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪
スタジオからは「ええっ」「そこまで……?」と驚く声も。(2017/6/4)

「100年に1度の引退の決意」――宮崎駿監督風の“創作ツイート”真に受けて紹介 フジ「ワイドナショー」が謝罪
フジテレビ系の「ワイドナショー」が、宮崎駿監督の引退発言について、「真偽を確認しないまま放送した」として謝罪した。(2017/5/29)

フジテレビ、「ワイドナショー」宮崎駿監督の引退宣言について「真偽を確認しないまま放送」と謝罪
ネットでは「ワイドナショー」がネタツイートに釣られたのではないかと指摘が相次いでいました。(2017/5/29)

フジテレビ「ワイドナショー」で宮崎駿監督の“架空”引退宣言報道か ネットで指摘相次ぐ
数年前に話題になったネタツイートに釣られたのでは、とする指摘が相次いでいます。(2017/5/29)

ジブリ美術館の「ジブリ飯」企画展がいよいよ開始 内覧会の様子をお腹いっぱいリポート
行ってきました!(2017/5/26)

宮崎駿“最後の長編アニメ”の制作スタッフ、ジブリが募集 「作るに値する題材を見出した」
「昔からの大切な仲間を何人も亡くし、自分自身の終焉に関してより深く考える日々が続きました」と、長編アニメ制作の理由も。(2017/5/19)

これがスイスの本気! 21世紀版実写「アルプスの少女ハイジ」が8月公開
くしゃっとした髪型とそばかすが印象的な21世紀のハイジ。(2017/5/19)

「今度こそ本当に最後の監督作品」:
スタジオジブリ復活 宮崎駿監督「引退撤回」で新人募集
スタジオジブリが新規スタッフを募集。14年に制作部門は解散していたが、宮崎駿監督の「引退撤回」で復活する。(2017/5/19)

ニコニコ超会議2017:
ジブリの鈴木敏夫Pとドワンゴ川上会長が共同作業 巨大イラストを書き上げる
レアな光景でした。(2017/4/29)

ジブリ人気が根強いフランスで「君の名は。」はどう受け止められたか フランス人編集者・ジャーナリストに聞いてみた
スタジオジブリのムックを出版したフランス人編集者・ジャーナリストに聞いてみました。(2017/4/22)

ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」開催 実物大の「サツキとメイの家の台所」「タイガーモス号のキッチン」も登場
思い出に残るジブリ作品の「食事シーン」に注目した新しい展示です。(2017/4/6)

宮崎駿監督が長編復帰へ 鈴木敏夫プロデューサー「一生懸命、東京で作ってます」(※鈴木Pの発言追記)
おかえりなさい!(2017/2/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。