ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「任天堂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「任天堂」に関する情報が集まったページです。

任天堂、「幻影異聞録♯FE Encore」めぐり謝罪 事前の告知に不足や誤り
「幻影異聞録♯FE」の欧米版がベースであることが告知されていませんでした。(2019/10/19)

幻の「任天堂プレステ」競売に出品か ゲーム史上最高価格を期待する声も
レアすぎる「プレイステーション」が販売されるかも?(2019/10/13)

Amazon、偽造品撲滅プロジェクトを日本で開始 偽造品の疑いある商品を自動検知
パナソニックや任天堂が試験運用に参加しています。(2019/10/9)

スマホ版「マリオカート」サービス開始 左右スワイプでハンドル操作
任天堂がスマートフォンゲーム「マリオカートツアー」をリリース。「スーパーマリオラン」と同様、スマホの片手操作を意識している点が特徴だ。(2019/9/25)

「ニンテンドースイッチLite」発売3日で17.8万台販売
「Nintendo Switch Lite」の国内推定販売台数が、発売から3日で17万7936台に。今後も人気タイトルの発売が控えており、「さらなる販売台数の伸びが期待される」という。(2019/9/25)

任天堂の携帯機「Switch Lite」、きょう発売 「想像以上に小さい」ネット上で驚きの声
任天堂が、携帯機「Nintendo Switch Lite」を発売。ネット上では「思っていた以上に小さい」などの声が上がっている。(2019/9/20)

任天堂、Switch用フィットネスゲーム「リングフィット アドベンチャー」発表 話題を呼んだ“謎の輪っか”の正体がついに明らかに
正体はSwitch用のフィットネスゲームでした。(2019/9/13)

Switch版「Wii Fit」こと「リングフィットアドベンチャー」発売 ガジェット2種で身体の動きを感知
任天堂が「Nintendo Switch」向けのフィットネスゲーム「リングフィットアドベンチャー」を発売。両手で握る「リングコン」と太ももに装着する「レッグバンド」で、全身の動きを感知する。(2019/9/12)

任天堂、Switch用フィットネスできるっぽいアタッチメントを2019年9月12日に発表へ Wii Fitの精神的後継か
これは……!(2019/9/6)

「Wii Fit」Switch版? 任天堂が新ガジェットの動画公開
任天堂の新製品は「Wii Fit」Switch版? 車のハンドル大の新ガジェットの動画が公開され、動画を見たユーザーからは「Wii Fitみたいだ」という声が出ている。9月12日に詳細が発表されるという。(2019/9/6)

「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」6日配信 「F-ZERO」など20タイトル、専用コントローラーも
任天堂は、「スーパーファミコン」の人気ソフトを、「Nintendo Switch」向けの有料オンラインサービスで楽しめる「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」の配信を6日にスタートする。(2019/9/5)

例の兄弟もいる!? 「ニンテンドースイッチ」を使って列車と駅ホームを表現したミニチュアアートが面白いと話題に
違った視点で観察すると別世界が見えてくる?(2019/9/1)

スマホ版「マリオカート」配信は9月25日 片手操作でプレイ
任天堂のスマートフォンゲーム「マリオカートツアー」の配信日が9月25日に決定した。(2019/8/27)

バッテリー強化の新型「Switch」、30日発売 任天堂
任天堂が「Nintendo Switch」のバッテリー持続時間を強化した新モデルを30日に発売すると発表した。(2019/8/26)

任天堂、「Nintendo Switchを新型に無償交換」のうわさを否定
「7月17日以降に購入したNintendo Switchを新モデルに無料で交換してもらえる」といううわさが拡散していました。(2019/8/20)

任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
「ポケモン」開発元のゲームフリークが連名。「炎」や「水」でも出願していることから、ポケモンに関連する出願と思われます。(2019/8/19)

任天堂、Switch向けに「スーファミ風」コントローラーを準備中?
任天堂がスーパーファミコン風のコントローラーを、Switch向けに開発しているようだ――ネット上で、そんな投稿が話題を呼んでいる。(2019/8/14)

DeNAの1Q、純利益53%減 ゲーム事業が不調 任天堂と組む「マリオカート」で挽回へ
DeNAの2019年4月〜6月期連結業績は、減収減益。前年度に他社に譲渡したペイジェントとDeNAトラベルが連結から外れたことや、屋台骨であるゲーム事業の減収が響いた。(2019/8/8)

任天堂の株価は反落 19年4〜6月期は減益に
一方、エース証券は「強気」を継続。(2019/7/31)

ニンテンドー3DS、「YouTube」ソフト終了へ Wii U版とSwitch版は継続
YouTubeをニンテンドー3DSから見ることができるサービス。(2019/7/30)

Nintendo SwitchのJoy-Con、欠陥疑惑で集団訴訟がアメリカで提起 スティックが勝手に入力される「ドリフト問題」
「米任天堂は問題を認識していながら開示せず、無償修理を拒んでいる」と主張。(2019/7/24)

ネットキャッシュが潤沢な“金持ち企業”、1位は東芝 2位は任天堂 上位のIT企業は……?
現預金と有価証券の合計額から有利子負債を差し引いた「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターの調査によると、1位は東芝の9777億円、2位は任天堂の8445億円だった。上位のIT企業は……?(2019/7/24)

製造業が好調:
金持ち企業ランキング、2位は任天堂 1位は?
与信管理サービスを提供するリスクモンスターが「金持ち企業ランキング」を発表。ネットキャッシュが潤沢な企業はどこか調査した。(2019/7/23)

任天堂、バッテリーを強化した「Switch」8月発売 価格は2万9980円で据え置き
(2019/7/17)

任天堂の株価が上昇、年初来高値 新ゲーム機「Nintendo Switch Lite」に期待
「Switch」3年目の正念場という指摘。(2019/7/11)

小型版「Switch Lite」は「スイッチしない」 Switchとの違いをチェック
任天堂が新型ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を発表。Switchの「携帯モード」に特化した廉価版モデルだ。Switchとの違いを早速チェックしてみよう。(2019/7/10)

任天堂、携帯専用機「Nintendo Switch Lite」を発表 Switchのコントローラーと本体を一体化
Switchが外出先で遊びやすく!(2019/7/10)

任天堂、廉価版「Switch Lite」9月発売 本体とコントローラーを一体化 1万9980円
任天堂が、Nintendo Switchの廉価版「Nintendo Switch Lite」を9月20日に発売する。Switchのコントローラーと本体を一体化させ、持ち運びしやすくした。1万9980円(税別)。(2019/7/10)

「ドクターマリオ」スマホ版、配信開始 ネット上では賛否、「遊びやすい」「別のゲームに感じる」
任天堂がスマホ版「ドクターマリオワールド」を公開した。スマホゲームらしい直感的な操作や、LINEやFacebookとの連携が特徴。ネット上では「遊びやすくて面白い」「過去作とは『別のゲーム』に感じる」など賛否両論だ。(2019/7/10)

スマホゲーム「ドクターマリオワールド」配信開始 任天堂とLINEが開発
1990年発売の「ドクターマリオ」をもとにしたスマホ向けパズルゲーム。(2019/7/10)

新しい「渋谷PARCO」、2019年11月下旬にオープン 約180店が出店
任天堂直営店や美術手帖の初直営店も。(2019/6/19)

スマホゲームアプリ「Dr. Mario World」7月10日に配信 LINE、NHN、任天堂が共同開発
LINE、NHN、任天堂の3社が共同開発し運営するアクションパズルゲーム「Dr. Mario World」が、7月10日から配信される。事前登録はすでに開始しており、日本やアメリカを始めとした59の国・地域で提供を予定する。ダウンロードは無料で、一部アイテムは有料(課金制)となっている。(2019/6/18)

夏の旅行をマリオが彩る! 任天堂「スーパーマリオ トラベルグッズ」12種類の旅行グッズが登場
ワクワクが高まる旅行用品(生活雑貨)です。(2019/6/15)

任天堂の株価、E3発表を受けて下がる
ゲームファンには楽しみなニュースが盛りだくさんでしたが……。(2019/6/12)

任天堂、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編を開発中と発表
詳細は不明。(2019/6/12)

Switch版「スマブラ」がVR対応、好きな角度でプレイ可能に “段ボールゴーグル”装着で
任天堂が「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」に「VRモード」を追加。好きな位置や角度からキャラクターを操作できる他、対戦ステージのこれまで見えなかった部分を確認できるようになる。「Nintendo Switch」に段ボール製キット「VRゴーグルToy-Con」の装着が必要。(2019/5/31)

「マリカー」訴訟、知財高裁も任天堂の訴え認める
任天堂が一審に続き二審も中間判決で勝訴。今後は損害金額の審理が継続される。(2019/5/30)

“マリカー”訴訟、二審でも任天堂が勝訴
マリカー側の不正競争行為を認める中間判決が下されました。(2019/5/30)

Nintendo Switch向けVRゲーム、Unityで開発可能に 「VR Kit」に対応
任天堂のVRキット「Nintendo Labo Toy-Con 04:VR Kit」をUnityがサポート。Nintendo Switch向けVRゲームを、Unityで開発できるようになる。(2019/5/29)

子どもだけずるい! キッザニアに任天堂のパビリオン、新しいコントローラーの開発を体験
Nintendo Laboを活用したお仕事。(2019/5/28)

キッザニア「任天堂パビリオン」の詳細判明 7月開業、“お仕事”はToy-Con制作
任天堂が「キッザニア」にオープン予定のパビリオンの詳細と開業日を発表。参加者に「Nintendo Labo」のコントローラー「Toy-Con」の制作体験などを提供する。オープン日は「キッザニア甲子園」は7月12日、「キッザニア東京」(東京都江東区)は7月16日。(2019/5/27)

ゲーム機で本格プログラミング:
Nintendo Switch用「プチコン4 SmileBASIC」の発売日や価格が決定
スマイルブームは5月17日、Nintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」を5月23日からニンテンドーeショップで発売すると発表した。価格は税込み3000円だ。(2019/5/20)

任天堂ソフトが2本で税込9980円に 「Nintendo Switch Online」加入者限定のお得チケットが登場
今後発売予定の新作ソフトも対象です。(2019/5/16)

シンガポールには「ニンテンドー・ワールド」も……アジアのIR拡大、日本の脅威に
アジア各地でカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の拡張計画が急ピッチで進んでいる。シンガポールでは任天堂のゲームをテーマにした最新アトラクションなどが計画され、マカオでも大規模な国際会議場建設が進む。背景には、各国政府が施設拡張を促しているとの見方がある。将来のIR開設を目指す日本にとって、アジアのライバルの勢力拡大は脅威となりそうだ。(2019/5/14)

任天堂、Switchは「依然として成長フェーズ」 中国市場にも期待
「Nintendo Switchのビジネスは依然として成長フェーズにある」「前期を上回るペースで普及が進むことを期待している」――任天堂の古川社長はそのように説明する。発売から3年目に突入したSwitchの販売戦略は。(2019/4/26)

スマホ版「マリオカート」βテスター参加者募集 Android限定
任天堂が、新作スマホゲーム「マリオカートツアー」のクローズドβテスト参加者の募集を始めた。日本と米国のAndroidユーザーが対象だ。(2019/4/26)

任天堂、中国市場でNintendo Switch発売へ テンセントと共同で
正式発表!(2019/4/26)

任天堂、中国でSwitch発売へ Tencentと共同で
任天堂は、「Nintendo Switch」の中国市場での発売に向け、中国Tencent Holdingsと共同で取り組んでいると発表した。(2019/4/26)

Switch好調の任天堂、純利益40%増 「スマブラ」などヒット
任天堂が発表した2019年3月期連結決算は、売上高が1兆2005億円(前年比13.7%増)、営業利益が2497億円(同40.6%増)と増収増益だった。(2019/4/25)

「ゼルダの伝説」のハイラル城をマイクラで再現 プロの制作集団が任天堂の依頼で作った渾身の作品
内部もしっかり作り込まれていて、観光気分で体験できます。(2019/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。