ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ノイズキャンセリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノイズキャンセリング」に関する情報が集まったページです。

視界を狭めて音も遮断するウェアラブル端末が一般販売 家族がいる自宅でも集中
視界を遮るパーティションと、ノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンを搭載したウェアラブル端末「WEAR SPACE」が一般販売。価格は3万5000円(税別)。(2020/11/20)

ノイズキャンセリング技術を使ったキングジムの「デジタル耳せん」に完全ワイヤレス版が登場
完全ワイヤレスで普通の耳せんのように使えます。(2020/11/20)

ファーウェイ、2台同時接続&ノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤフォンを発売
ファーウェイ・ジャパンは、11月20日に完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro」を発売。最大40dBのノイズを低減するアクティブノイズキャンセリングに加え、2台のデバイスと同時接続も可能としている。(2020/11/17)

Apple、AirPods Proの初期不良を認める 「パチパチ」音やノイズキャンセリングの不調で無償交換対象に
これまでネット上でも報告が上がっていました。(2020/11/1)

−40dBのノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤフォン「PaMu Quiet」を先行販売
ロア・インターナショナルは、−40dBのアクティブノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤフォン「PaMu Quiet」をクラウドファンディングで先行販売。価格は1万1748円(税・送料込み)から。(2020/10/26)

Jabraのワイヤレスイヤフォン「Elite 75t/Active 75t」にノイキャン機能が追加
GNオーディオジャパンは、10月21日にJabraのワイヤレスイヤフォン「Elite 75t/Active 75t」へアクティブノイズキャンセリング機能を追加する無料アップグレードを実施。アプリ「Sound +」のファームウェアアップデートを介して行う。(2020/10/21)

耳で生体認証できるワイヤレスイヤフォン、NECが「Makuake」で販売 ノイキャン発話機能も
耳で生体認証する技術や発話時のノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤフォン型端末の販売を、NECがクラウドファンディングサイトで始めた。支援額は2万9800円(税込)。(2020/10/16)

NVIDIA、AIでWeb会議を快適にするプラットフォーム「Maxine」を開発者向けに提供開始
NVIDIAが、AI採用のWeb会議プラットフォーム「Maxine」を発表した。クラウド側のGPUで動画や音声を処理する。ノイズキャンセルはもちろん、顔の向きや視線を修正したりでき、帯域幅使用をH.264の10分の1に削減できるとしている。(2020/10/6)

ボーズがノイキャン付き完全ワイヤレスイヤフォン「QuietComfort Earbuds」発表、米国で予約開始
米Boseは、ノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤフォン「QuietComfort Earbuds」を発表した。価格は279ドル。(2020/9/11)

ソニー、会話するときだけ外音を自動取り込みできるヘッドフォン ノイキャン性能も進化
ソニーがノイズキャンセリングやユーザーの声を検知して他人と会話したいときだけ外音を取り込む機能を搭載したヘッドフォン「WH-1000XM4」を発売する。店頭予想価格は4万円前後(税別)。(2020/8/7)

OPPO、ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco W51/W11」8月7日から順次発売
オッポジャパンは、8月7日からワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco W51」「OPPO Enco W11」を順次発売。防水・防塵(じん)性能とノイズキャンセリング機能を備え、高品質かつ低遅延で安定した接続が可能だという「左右同時転送」を採用している。(2020/7/31)

KINGMAX、ノイキャン対応のワイヤレスイヤフォン「JoyBuds511」9月中旬発売
台湾のメモリメーカーであるKINGMAXは、9月中旬に完全ワイヤレスイヤフォン「JoyBuds511」を発売。Bluetooth 5.0対応やマルチファンクションタッチキーを搭載し、CVC 8.0ノイズキャンセリングとデュアルマイクでクリアな通話もサポートする。(2020/7/21)

アクティブノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3i」6月12日発売
ファーウェイが、アクティブノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤフォンのエントリーモデルを順次発売する。参考販売価格は1万4800円(税別)だ。(2020/6/2)

Razer、高品位ノイズキャンセリング機能を備えたBluetoothワイヤレスヘッドフォン
米Razerは、アクティブノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドフォン「Razer Opus」を発売する。(2020/5/27)

Web会議サービス「Google Meet」にノイズキャンセルや低光量モード追加
GoogleのWeb会議サービス「Google Meet」に、Zoomのギャラリービューに当たる「タイル表示」(16人まで)やノイズキャンセル機能、低光量モードなどの新機能が追加された。(2020/4/23)

テレワーク急速拡大を受け、ノイズキャンセリングAIアプリを無償提供 ブイキューブ
ディープラーニング技術を活用してWeb会議の品質低下につながる環境雑音を軽減するアプリを、3月2日から4月30日までの60日間無償で提供する。(2020/3/3)

パナソニック、テクニクスブランドからも完全ワイヤレスイヤフォン グラフェンコート振動板の大口径ドライバーで
パナソニックは、テクニクスブランドの完全ワイヤレスイヤフォン「EAH-AZ70W」を発表した。ノイズキャンセリング機能などにパナソニックブランドの「RZ-S50W」と共通の技術を用いながら音響面で差別化した。(2020/2/26)

パナソニック初の完全ワイヤレスイヤフォン ノイズキャンセルはデジタルとアナログのハイブリッド処理
パナソニックが同社初の完全ワイヤレスイヤフォン「RZ-S50W」を4月に発売する。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、飛行機や電車に乗っていても「静寂の中で音楽を聞ける」という。(2020/2/26)

車載情報機器:
自動車にノイズキャンセリングを、ヒュンダイとアナログデバイセズが提携
アナログ・デバイセズは2020年1月23日、Hyundai Motor(現代自動車、ヒュンダイ)と提携し、オールデジタル ロードノイズキャンセレーションシステムを開発すると発表した。ヒュンダイはオーディオシステムやインフォテインメントシステムに、アナログ・デバイセズの高速デジタルインターコネクト技術「A2B(オートモーティブオーディオバス)」を採用する。(2020/1/31)

2020年1月23日(木)〜 2020年3月31日(火):
Appleの「AirPods Pro」/ソニーの「WF-1000XM3」が当たる「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、ノイズキャンセリング対応のイヤホン、Apple「AirPods Pro」もしくは、ソニー「WF-1000XM3」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!(2020/1/22)

AirPods Proも搭載した「外音取り込み」、どんな時に役立つ?
マイクで外の環境音を取り込む「外音取り込み機能」を搭載したイヤフォンやヘッドフォンが増えています。ノイズキャンセリング機能まで使って外部ノイズを排除しているのに、わざわざ外音を取り込むのはなぜでしょう?(2020/1/7)

CES 2020:
“シュア掛け”する完全ワイヤレスイヤフォン、ShureがCESで発表
米Shureが「CES 2020」に先駆け、完全ワイヤレスイヤフォン「AONIC 215」とノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドフォン「AONIC 50」を発表した。(2020/1/6)

AirPod Proでも話題の「アクティブ・ノイズキャンセリング」、効き過ぎるとストレスに その仕組みと製品を選ぶ時の注意点
アップル「AirPods Pro」のヒットで注目された「アクティブ・ノイズキャンセリング」機能。その仕組みと対応するイヤフォンを選ぶ際の注意点をまとめました。(2019/12/22)

ポタフェス 秋/冬 2019 東京:
「アクティブノイキャン」「完全ワイヤレス」だらけ AirPods対抗Qualcomm TWS Plus採用製品、多数展示
今冬のポタフェスでは、アクティブノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤフォン製品が複数展示されていた。(2019/12/17)

アンカー、完全ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty 2」「Soundcore Liberty Air 2」を同時発売
アンカー・ジャパンは、11月27日に完全ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty 2」「Soundcore Liberty Air 2」を同時発売。自身に合ったHearing Profileを自動作成できるイコライザー機能「HearID」やノイズキャンセリング対応マイクを搭載する。(2019/11/20)

Web会議の雑音を消すノイズキャンセリングアプリ「Krisp」、ブイキューブが販売開始
マイクスピーカー等から入力された音を人の声と騒音に分解し、人の声のみを送受信する。「あらゆるWeb会議サービスの快適な利用を実現する」として、600種類を超える映像・音声コミュニケーションアプリに対応する。(2019/11/20)

ファーウェイ、ノイズキャンセリングイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」など3アイテムを発売へ
ファーウェイは11月22日から順次、オープンフィット型ノイズキャンセリングイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」、スマートバンド「HUAWEI Band 4」、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」を発売する。(2019/11/14)

機内でもハッキリ聴ける? ノイキャン対応「AirPods Pro」を数日使って感じたこと
「AirPods Pro」は、待望のアクティブノイズキャンセイリングに対応した。ノイズキャンセリングモードではかなりはっきりと環境音が消されるので、地下鉄で使えば、電車の走行音はほとんど気にならない。OSレベルでの連携によってスムーズに機能することもメリットだ。(2019/11/14)

AirPods Proで「片耳ノイキャン」を使う方法
AirPods Proのノイズキャンセリングは両耳を装着していないと機能しないが、片方だけでも対応するやり方がある。(2019/10/31)

Apple「AirPods Pro」10月30日発売 アクティブノイズキャンセリング搭載
値段は税別2万7800円。(2019/10/29)

「AirPods Pro」が10月末発売? ノイキャンでインイヤー
Apple、ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」を10月末に発売か?(2019/10/19)

ノイキャン付きAirPodsが準備中?
iOS 13.2 beta (17B5059g) から、ノイズキャンセリング機能付きAirPodsとされるアイコンが見つかったようだ。(2019/10/3)

ソニー、ノイズキャンセリング機能に注力したワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM3」発売
ソニーが、完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォン「WF-1000XM3」を7月13日に発売する。同社が「業界最高クラス」をうたうノイズキャンセリング機能を搭載する。ソニーストアでの価格は2万5880円(税別)。(2019/7/5)

メッセージ読み上げに対応したワイヤレスイヤフォン「Zeeny TWS」発売
ネインは、完全ワイヤレスのヒアラブルイヤフォン「Zeeny TWS」を発売。音楽再生やノイズキャンセリング通話をはじめ、スマホに届いた通知を音声で読み上げる機能を搭載する。アプリ毎に読み上げのオン/オフを設定でき、ミュートフレーズや固有名詞などの設定も行える。(2019/6/26)

AppleとQualcomm、オーディオのスマート化を進める2つの“石”
AIアシスタント対応やノイズキャンセリングなど高機能化するワイヤレスイヤフォン。その処理を担うSoC(System on a Chip)の重要度が増している。新「AirPods」にも採用されたApple「H1」の力、そしてライバルとは?(2019/4/2)

ソニー、ノイズキャンセリング搭載のネックバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WI-C600N」
ソニーは、1月26日にネックバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WI-C600N」を発売する。周囲の騒音を抑えるノイズキャンセリング機能や圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」を搭載し、首まわりにフィットする柔らかなシリコン製ネックバンドで快適な装着感を実現している。(2019/1/11)

オンキヨー、LightningとUSB-Cに両対応したノイズキャンセリングイヤフォン
オンキヨー&パイオニアは、付属ケーブルでLightningとUSB Type-C接続に両対応するノイズキャンセリングイヤフォン“RAYZ Pro”を発売する。(2018/11/7)

かぶるとその場がパーソナルスペースに 視界をせばめて集中力を高める「WEAR SPACE」が出資を募集中
ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンを搭載。目の前の作業へ集中できそうです。(2018/10/6)

日本展開未定:
有線・無線両対応の「Surface Headphones」見参 ノイズキャンセリング対応で349ドル
MicrosoftがSurfaceブランドのヘッドフォンを発売する。3.5mmアナログ入力またはUSB Type-C端子による有線接続とBluetoothによる無線接続の両方に対応し、アクティブノイズキャンセリング機能も備える。(2018/10/3)

Apple、防滴でノイズキャンセル搭載のAirPods上位モデル、オーバーヘッド型ヘッドホン、新HomePodを2019年に発売か
Appleが来年、ノイズキャンセル機能搭載のAirPods上位モデル、BeatsではなくAppleブランドのオーバーヘッド型ヘッドホン、次期HomePodを発売すると、Bloombergのマーク・ガーマン記者が予想した。(2018/6/26)

ノイキャンと防滴性能を加えた完全ワイヤレスイヤフォン、ソニーが発売 スポーツにも
ソニーが左右のハウジングが独立した“完全ワイヤレス型”イヤフォンの新製品「WF-SP700N」を4月下旬に発売する。ノイズキャンセリング機能とIPX4相当の防滴性能を合わせ持つ初のモデルだ。(2018/4/10)

ソニー、左右独立型で防滴機能も備えたスポーツ向けワイヤレスイヤフォン
ソニーは、ノイズキャンセリング機能と防滴機能を搭載した左右独立型Bluetoothワイヤレスイヤフォン「WF-SP700N」など3製品を発表した。(2018/4/10)

Apple、オーバーイヤー型ヘッドフォンを年内発売か?──Bloomberg
Appleが、傘下のBeatsと競合するオーバーイヤー型無線ヘッドフォンを開発中であると、Bloombergが報じた。早ければ年内に、ノイズキャンセリング機能付きのハイエンド製品が発売されるかもしれない。(2018/3/6)

LDACとaptX HD、どちらでも パナソニックがノイズキャンセル機能付きワイヤレスヘッドフォンを発売
パナソニックがNC機能搭載のBluetoothヘッドフォン「RP-HD600N」を発表。ソニーのLDACと米QualcommのaptX HDを採用し、音質向上とともに幅広いプレーヤーとの接続を実現した。(2018/1/29)

ボーズ、「Googleアシスタント」にも対応したワイヤレスNCヘッドフォン「QC35 II」
ボーズのNC機能搭載ワイヤレスヘッドフォン「QC35」が進化。新たに「Googleアシスタント」に対応し、NC機能をアップデートした「QC35 II」となった。価格は据え置き。(2017/11/27)

Lightning接続、ハイブリッド型、そしてアクティブNC――盛りだくさんなイヤフォンが1MOREから登場
e☆イヤホンは、“1MORE”ブランドのiOSデバイス向けイヤフォン「E1004」を9月22日に発売する。同ブランド初のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したLightning接続のカナル型イヤフォンだ。(2017/9/19)

日本ではおいくら? ソニー、完全ワイヤレス型などIFAで発表したヘッドフォン11機種を一挙リリース
ソニーは9月5日、「IFA 2017」で披露したイヤフォン/ヘッドフォン11機種を国内で一挙に発表した。これにはデジタルノイズキャンセリング機能付きの「1000X」シリーズ3機種やファッショナブルな「h.ear」シリーズも含まれている。(2017/9/5)

完全ワイヤレスも含む3機種に拡充! ソニーが送り出すデジタルNC搭載ヘッドフォン「1000X」シリーズの詳細を聞く
昨年の「IFA 2016」で話題を呼んだソニーのノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothヘッドフォンが、完全ワイヤレスイヤフォンを含む3機種のシリーズに拡充された。開発者に詳しい話を聞きながら紹介していこう。(2017/9/2)

重低音を増幅する“ブースター”搭載、スマホで操作できるソニーの新「EXTRA BASS」シリーズ
ソニーは、ノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドフォン「MDR-XB950N1」など6機種を発表した。このうち3機種は重低音モデルの「EXTRA BASS」シリーズだ。(2017/2/22)

アクティブNCにタッチインタフェース――B&O Playの多機能ワイヤレスヘッドフォン「Beoplay H9」
B&O PlayのBluetoothヘッドフォン「Beoplay H9」登場。アクティブ型ノイズキャンセリング機能を搭載しながら最大14時間のワイヤレス再生を実現した。(2017/1/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。