ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「POKIPOKI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「POKIPOKI」に関する情報が集まったページです。

3Dコミュニティサービス「POKIPOKI」正式サービス終了
(2010/6/29)

オンラインゲーム最新イベント情報:
この春デビューする人へ
デビューに向けた準備は万端ですか?(2009/2/24)

「POKIPOKI」で秘密基地など追加
(2009/1/13)

オンラインゲーム最新イベント情報:
毎年恒例、12月12日を祝う
今年の記念日はメダル集め。何の記念日でしょうか。(2008/12/2)

「POKIPOKI」、ミニルームの改造機能などを追加
(2008/10/21)

ミニゲーム「めくれ!カード探し」実装――POKIPOKI
(2008/9/22)

オンラインゲーム最新イベント情報:
キーワードを探せ
GMがブログ内にキーワードを隠します。(2008/9/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
中秋の名月
お月見のおともといえば……?(2008/9/10)

女子中高生が注目するコミュニケーションサービス「POKIPOKI」開発者インタビュー
ハンビットユビキタスエンターテインメントが運営している3Dコミュニティサービス「POKIPOKI」。本作をはどのようにして生まれたのか、開発会社の方々に聞いてきました。(2008/8/19)

新冒険マップを実装――「POKIPOKI」アップデート
(2008/8/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
オリンピック? いえいえガマリンピックです。
参加資格は“GASH”のゲームをこよなく愛していること。(2008/8/8)

「POKIPOKI」テスト終了。7月24日より「だれでも編」に移行
(2008/7/22)

ログインしてお天気カードをゲット――「POKIPOKI」
(2008/7/14)

ペットシステムやレンディングタウンなどを追加――「POKIPOKI」
(2008/7/8)

アンケートに答えてペットをゲット。イベントも開催――「POKIPOKI β - なかよし編 -」
(2008/7/1)

「POKIPOKI」アップデート――新しい村や料理システムなどを実装
(2008/6/24)

「POKIPOKI」アップデート――NPCとミニゲームを追加
(2008/6/10)

「POKIPOKI」プレイリポート:
新しい友達作りませんか?――新感覚のオンラインコミュニティゲーム誕生
ハンビットユビキタスエンターテインメントが5月20日から開始した3Dコミュニティサービス「POKIPOKI β-なかよし編-」。同社が手がける新たなサービスの中身とは?(2008/5/23)

「POKIPOKI β -なかよし編-」本日スタート。記念キャンペーンも開始
(2008/5/20)

トモダチ作りのヒント教えます――「POKIPOKI」
(2008/5/9)

キャラクターのファッションや部屋を自由にコーディネートしてみる?――「POKIPOKI」
(2008/5/8)

HUE、VAIOやiPod shuffleが当たる「一緒にPOKIPOKI キャンペーン」を実施
(2008/5/2)

「POKIPOKI」ミニゲームの詳細が明らかに
(2008/5/1)

ITmedia +D Games枠で1000名を募集:
「POKIPOKI β -なかよし編-」参加メンバー募集開始
ハンビットユビキタスエンターテインメントが運営する3Dコミュニティサービス「POKIPOKI」のクローズドβテスター募集が開始された。ITmedia +D Games枠でも1000名を募集。(2008/4/25)

コミュニティサービス「POKIPOKI」βテスターの募集を開始
(2008/4/23)

HUE、コミュニティー・オンラインゲーム「POKIPOKI」のライセンスを取得――2008年上半期に提供
(2008/1/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。