ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「個人情報保護」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「個人情報保護」に関する情報が集まったページです。

個人情報保護委、違法な“破産者情報サイト”に停止勧告 「新・破産者マップ」受けての対応か
個人情報保護委員会は破産者などの個人情報を違法に取り扱っているWebサイト運営者に対して、個人データの提供を直ちに停止するよう勧告したと発表した。(2022/7/21)

IPA会員なら無料で閲覧可能:
経営層への説明資料に最適? IPAが『情報セキュリティ白書2022』を発売
IPAは『情報セキュリティ白書2022』を発売した。内部不正防止対策の動向や、個人情報保護法改正、クラウドの情報セキュリティ、中小企業に向けた情報セキュリティ支援策などを取り上げている。(2022/7/20)

個人情報保護委員会、尼崎USBメモリ紛失受け注意喚起 委託、再委託も視野に解説
個人情報保護委員会が、兵庫県尼崎市で発生した個人情報入りUSBメモリの紛失事件を受け、個人情報の適切な取り扱いについて改めて注意喚起した。自ら情報を管理する場合に加え、委託先や再委託先などでの情報の取り扱いについても言及している。(2022/7/14)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「改正個人情報保護法への対応状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/7/14)

個人情報保護委員会、「新・破産者マップ」調査へ 「事実確認の上で適切に対処したい」
自己破産した人の氏名や住所をGoogleマップ上にプロットした「破産者マップ」が公開されている問題に対し、個人情報保護委員会は対応を進めていることを明らかにした。(2022/6/21)

今日のリサーチ:
不適切なパーソナライゼーションは企業への信頼を低下させる――アドビ調査
パンデミックに伴うデジタル化の推進、個人情報保護と脱サードパーティーCookieの潮流など、マーケターを取り巻く環境が大きく変化しています。顧客との関係構築の在り方を見直す上で、鍵となるのが「信頼」です。(2022/6/13)

短期保有データの扱いにも変化:
「保有個人データ」の取り扱いは、個人情報保護法改正でどう変わる?
個人情報保護法の改正で、「保有個人データ」の取り扱いはどう変わるのか? 改正のポイントと、詳しい既定の内容を解説します。(2022/5/25)

“課徴金制度”は?:
個人情報保護違反の「ペナルティー強化」 法改正で“1億円以下の罰金”の制定も
2022年4月から施行された改正個人情報保護法に伴い、違反行為に対するペナルティーはどのように強化されたのでしょうか?(2022/5/23)

ガバナンスの重要性を再認識
改正個人情報保護法で何が変わる? 企業が取るべき対策について有識者が解説
改正個人情報保護法によって何が変わるのか。サイバーセキュリティの最新動向も踏まえ、企業が取るべき対策についてセキュリティ有識者が解説する。(2022/5/19)

Cookieに関する問い合わせが増加:
マーケターの6割超が改正個人情報保護法を懸念する一方、うち対策済みは2割程度
改正個人情報保護法について、62.8%のマーケターが自社のデジタルマーケティング活動への影響を懸念している一方で、何らかの対策を既に実施しているマーケターは22.3%にとどまる──こうした結果が、LiveRamp Japanの調査で判明した。(2022/5/12)

改正個人情報保護法に備え、万全なデータ保護を実現する
機密データを「利活用しつつ守る」をかなえる方法とは
改正個人情報保護法は、事業者の個人情報保護に関する責務を強化する。法改正に備えた情報漏えい対策として有効な手法の一つが、データ暗号化だ。データ利活用とデータ保護を両立させるには、どのように暗号化技術を利用すればよいのか。(2022/5/9)

今日のリサーチ:
改正個人情報保護法がデジタルマーケティングに影響 60%以上のマーケターが懸念――LiveRamp Japan調査
懸念はあれど「対策なし」では、何も変わりません。(2022/4/27)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
個人情報保護法改正で、マーケティングに欠かせない「プロファイリング」はどう変わる?
改正個人情報保護法の施行により、これまで以上に個人データの取扱いには注意が必要となる。マーケティングに欠かせないプロファイリングの手法はどう変わるのか? いま注目のデータクリーンルームの運用は? 田中浩之弁護士×トレジャーデータ山森氏の対談をお届けする。(2022/4/14)

内部不正対策にAIを使う場合の注意点などを追記:
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン」を5年ぶりに改訂
IPAは、「組織における内部不正防止ガイドライン」の第5版を公開した。個人情報保護法や不正競争防止法などの法改正に伴い、事業環境の変化や技術の進歩を踏まえた対策などを追加した。(2022/4/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「損害保険×ソリューション」の提供で、効率的かつ効果的なサイバーリスク対策を実現――東京海上日動火災保険 教学大介氏
サイバー被害対策の1つとして注目される「サイバーリスク保険」。その開発担当者が、企業が直面するリスクや改正個人情報保護法が企業に与える影響、保険会社のソリューションを活用した効果的なサイバーリスク対策を紹介した。(2022/4/11)

IPAの「内部不正防止ガイドライン」、5年振りに更新 テレワーク普及など踏まえ改訂
IPAが、内部不正による情報セキュリティ事故を防ぐためのガイドラインを2017年振りに更新。コロナ禍によるテレワークの普及や個人情報保護法の改正、技術の進展などを踏まえ、新たに必要になった対策を追記した。(2022/4/7)

2022年4月1日施行:
改正個人情報保護法順守を支援、インティメート・マージャーがサービス提供
「IM Privacy Suite」を提供開始。(2022/4/1)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
改正個人情報保護法施行でデジタルマーケターが見直すべき4つのポイント
2022年4月1日、改正個人情報保護法が施行されました。デジタルマーケティングに携わる人はこの機会に一度自社の運用を見直してみてはいかがでしょうか。(2022/4/1)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
新設の「個人関連情報」、規制を受けるケースとは? 第三者提供は何がNG? 弁護士に聞く
2022年4月施行の個人情報保護法改正で新設された「個人関連情報」。どんなケースにおいて規制を受けるのか? 広告やマーケティングなどの実務担当者がひとまず押さえておくべき法令のポイントについて、森・濱田松本法律事務所の田中浩之弁護士にインタビューしました。聞き手はトレジャーデータの山森です。(2022/4/1)

ユーザーのプライバシー保護が前提:
Zホールディングス川辺、出沢CEOに聞くCookie規制への対応
Zホールディングス川辺、出沢CEOにインタビュー。後編では、サードパーティーCookieへの規制や、個人情報保護法の改正などにどう対応しようと考えているのかを聞く。(2022/3/31)

個人情報保護委員会への報告や本人への通知が義務化:
3月時点で改正個人情報保護法に対応できていない企業が約4割 トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、「改正個人情報保護法における法人組織の実態調査」の結果を発表した。改正個人情報保護法の施行1カ月前(2022年3月2〜4日)の時点で、対応が完了していない企業は40.6%だった。(2022/3/31)

破産者情報サイトに停止命令 個人情報保護委
個人情報保護委員会が、破産者情報サイトに停止命令。従わない場合は、刑事告発を検討する。(2022/3/24)

3つの対応:
【直前対策】4月から施行! 改正個人情報保護法 中小企業が「最優先ですべきこと」
4月1日から、改正個人情報保護法が施行されます。改正法の全体像を確認し、取り組むべき直前対策を紹介します。(2022/3/22)

“PPAP”禁止は2割に満たず:
電子契約、電子インボイスなどの対策が進行中 ITRが「企業IT利活用動向調査2022」の結果を発表
JIPDECとITRは「企業IT利活用動向調査2022」の結果を発表した。特に「テレワークの導入状況」「電子契約の利用」「改正個人情報保護法への対応」「電子インボイスの利用」などについて調査した。(2022/3/18)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【後編】
肥満の健康リスクを「ヘルスケアIT」で解消したい英国政府、市民の懸念は
英国政府は、自治体が市民に提供する健康増進アプリケーションの実証実験を支援している。政府がヘルスケアITツールの普及を推進する狙いと、市民が懸念する「個人情報保護」の問題は。(2022/3/8)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
Cookie規制って結局、何が変わるの? 2022年の改正個人情報保護法、注目すべきポイントを解説
Google ChromeなどのCookie廃止、2022年の改正個人情報保護法──Web広告やデジタルマーケティングを巡る状況は大きく変化しています。世界的な潮流から国内の影響までを解説します。(2022/3/3)

トヨタやヤフーの事例を追加:
経済産業省が「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.2」を公開
経済産業省と総務省は、「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.2」を公開した。プライバシーガバナンスの構築に向けて参考となる具体的事例を追加し、個人情報保護法の改正に併せて既存の表現や参考文献などを更新した。(2022/2/22)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「個人情報保護法改正への対応状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/1/28)

個人情報保護委員会が個人情報を漏えい 12人の氏名と一部所属先
誤ったファイルを40分掲載していました。(2022/1/19)

個人情報保護委員会が個人情報を漏えい パブリックコメント参加者の氏名や所属先を誤掲載
個人情報保護委員会から個人情報の漏えいが発生。漏えいしたのは、同事務局が募集したパブリックコメントに意見を提出した12人分の氏名や一部所属先。行政情報の総合窓口サイト「e-Gov」に個人情報入りのPDFファイルを誤掲載していた。(2022/1/18)

サーバ内の機密データを守るには
令和2年改正個人情報保護法の注意点とは? 法令違反を防ぐためにすべきこと
2022年4月1日施行の「令和2年改正個人情報保護法」は、今までの個人情報保護法とは何が変わるのか。個人情報保護法に詳しい弁護士に、法令を順守してビジネスを続けるためのポイントを聞く。(2021/12/21)

サーバ内の機密データを守るには:
PR:個人情報保護法改正対応をきっかけに見直しが必要、あなたの組織が「攻撃されるところ」
2022年4月1日に施行予定の「令和2年改正個人情報保護法」では、最大1億円の罰金に注目が集まるものの、ひかり総合法律事務所 弁護士の板倉陽一郎氏によれば、企業が注目すべき点は罰金の額ではない。現状の把握自体が難しく、対策が不十分だと何が起きるのか企業が理解していない点に、課題があるという。(2021/11/17)

やっと気付いた?
「Cookie同意ポップアップは有害」――英国がG7に見直しを提案
GDPRに基づいて始まった「Cookie同意ポップアップ」。これはユーザビリティーを低下させるだけでなく個人情報保護にとってむしろ逆効果だという。英国の呼び掛けによって改善に向かうのだろうか。(2021/11/5)

必要な対応は:
Cookie利用の行動ターゲティング広告 令和2年個人情報保護法改正でどう変わる?
Q: 令和2年改正個人情報保護法に伴い、自社のWebサイトで行動ターゲティング広告を行う場合、どのような対応をするべきでしょうか。(2021/10/28)

withコロナ:
新型コロナの陰性証明やワクチン接種履歴を“指をかざすだけでヘルス認証”、鹿島らが共同実証
鹿島建設、日立製作所、H.U.グループホールディングス、九州大学、電通は、新型コロナウイルスの陰性証明やワクチン接種履歴を公開型生体認証技術PBIを用いて手ぶらで、オフィスビルや建設現場の入場ゲートで提示できる新たなデジタルヘルス証明の実現に向けた実証を開始した。既に、鹿島建設のオフィスビルで技術実証を行い、個人情報保護に配慮した利便性の高い認証技術として、技術面と運用面での有効性が確認されている。(2021/10/25)

注意すべき点とは:
法改正に伴うCookie対応、BtoB企業はどこまで必要? 英語ページで変えるべき? 専門家に聞くQ&A
2022年4月に迫る個人情報保護法の改正に備え、自社のCookie対応などをどこまでするべきか迷っている担当者は少なくないだろう。「BtoB企業はどこまで対応すべきか?」「英語ページと日本語ページで対応を分けるべきなのか?」などの疑問に、弁護士・ニューヨーク州弁護士の石川智也氏が回答した。(2021/10/21)

22年4月に迫る個人情報保護法改正:
Cookie対応は「ポップアップを導入したから安心」ではない 改正法に備え、企業はどこまで対応すべきか
これまでCookieの扱いについては明確な指針が示されてこなかったが、22年4月より施行される改正個人情報保護法で、国内法としては初めて明確な規制が加わることになる。(2021/10/21)

連載・DX時代のプライバシー:
改正個人情報保護法、業界で分かれる対応 DX企業はどう受け止めているのか
2022年4月に全面施行される改正個人情報保護法。DXを推進している企業、パーソナルデータの利活用を進める企業は、今回の改正をどのように受け止め、対応しているのか。(2021/10/22)

DX時代のプライバシー:
グローバルで進む、個人情報保護法の厳格化 企業が行うべき3つの施策
2018年に施行した欧州一般データ保護規則(GDPR)を機に、各国の個人情報保護法は厳格化の傾向をたどっている。そうした中、企業はどのような施策を講じればよいか。実際にプライバシー保護のグローバリゼーションに取り組んでいる企業の事例をもとに説明する。(2021/9/22)

改正個人情報保護法の施行へ、企業に必要な5つのアクション――ガートナー
ガートナーは、「改正個人情報保護法」施行に向けて企業が取り組むべき5つのアクションを発表した。カギとなるのは“People Centricな取り組み”を強化することだという。(2021/9/16)

顧客が選べるギフトに勝機あり:
PR:激変するマーケティングに「デジタルギフト」という一手 「贈って」顧客接点を作り、育む効果とは?
コロナが生んだ「会わない、触らない」という新常識、そしてサードパーティーCookieの規制による個人情報保護など、マーケティング業界は今、一大転換期を迎えている。今までの常識にとらわれることなく、顧客接点を拡大し、売り上げにつなげるためには何が必要なのか? 「デジタルギフト」という新しい切り口で多くの集客・販促施策を支援するギフティに聞いた。(2021/8/31)

中国企業の従業員4人から32回のアクセス Zホールディングスが「LINEの個人情報保護問題」の第一次報告要旨を発表
Zホールディングスは、メッセージアプリ「LINE」における一部のユーザー情報が、委託先中国企業で閲覧可能だった問題を受けて、「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」の第一次報告要旨を発表した。(2021/6/15)

「LINEの個人情報保護問題」で問われるデータ保管の透明性確保 LINE WORKSは万全か?
LINEのユーザー情報が中国のシステム開発委託企業で閲覧可能だった問題は、ユーザーはもちろん、SaaS提供企業の間で大きな波紋を呼んだ。サービスデータの透明性確保が重要になる中、「エンタープライズ向けLINE」とも呼べるLINE WORKSはどのような取り組みを進めているのか。提供元のワークスモバイルジャパン社長が語った。(2021/5/14)

個人情報保護委員会と総務省がLINEに行政指導 委託企業のデータ取り扱いについて
個人情報保護委員会が4月23日、LINEに対して指導を行った。LINEアプリでユーザーが「公開」設定で投稿したコンテンツと、ユーザーが「通報」したコンテンツが、海外の委託先企業で閲覧可能な状態となっていた件について。今後、LINEは委託先のシステム開発者に個人データへのアクセス権限を付与する際、必要な技術的安全管理措置を講じる。(2021/4/26)

LINEに個人情報保護委員会が行政指導 LINE「適切な改善策を講じる」
LINEの中国の子会社が日本のユーザーの個人情報へアクセスできる状態になっていた問題を受けて。(2021/4/23)

約8割が「改正個人情報保護法でセキュリティ対策強化を考えた」:
すぐに対策をしない理由は「自社がサイバー攻撃による被害に遭う可能性が低いから」 サイバーセキュリティクラウド
サイバーセキュリティクラウドが企業の経営層を対象に実施した「改正個人情報保護法成立後のサイバーセキュリティ対策に関する意識調査」の結果を発表した。それによるとサイバーセキュリティ対策強化の必要性を感じている経営層が多数いることが分かった。(2021/2/18)

2020年改正個人情報保護法の解説 〜EUの一般データ保護規則(GDPR)との比較も含めて
2020年6月に改正案が可決された個人情報保護法。個人データを利用する事業者にはどのような規制が適用されるのか。(2020/12/29)

SUBARUが認証ソリューションAuth0を採用 改正個人情報保護法に対応
SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」に認証ソリューション「Auth0」を導入した。今後、Auth0の認証基盤を利用して改正個人情報保護法に対応した顧客向けのポータルサイトを構築する予定だ。(2020/11/6)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
サードパーティーCookieの利用制限はデジタル広告にとって大きなチャンスでもある
2020年6月に国会で改正個人情報保護法が可決され、消費者のプライバシー保護の問題がますます注目を集めている。今後のデジタル広告はどうなっていくのか。(2020/11/5)

パーソナルデータは「不正引き出し」できるのか:
「もうひとりの私」を預ける 情報銀行が守るパーソナルデータとは
コロナ禍にビジネスのオンライン対応が急務となるなか、企業にとって個人情報の保護と活用はいっそう重要度を増している。その中で2020年8月、ITmediaエンタープライズ主催のWebセミナー「データガバナンスが切り開く企業の未来」が開催された。基調講演では、NTTデータ金融事業推進部デジタル戦略推進部 部長の花谷昌弘氏が「ビジネス資産としてのパーソナルデータ〜個人情報保護法の改正と新型コロナウィルス対応〜」と題して講演した。(2020/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。