ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft」に関する情報が集まったページです。

F5やExchange Serverの脆弱性を悪用か:
米当局、中国国家安全局が関与するサイバー攻撃に注意喚起
過去1年で頻繁に悪用されていたのは、F5 NetworksやCitrix、Pulse Secure、Microsoftなどの脆弱性だった。(2020/9/15)

アップグレードの検討を Microsoft製品が相次いでサポート終了間近に
JPCERT/CCは、2020年10月13日をもって「Office 2010」と「Exchange 2010」がサポート終了を迎えると注意を促した。Microsoftは、利用ユーザーに「Microsoft 365」や「Exchange 2016」などへの移行を推奨している。(2020/9/15)

米紙が報道:
TikTok米国事業、買収先はオラクルに? マイクロソフトは断念
米マイクロソフトが、中国バイトダンスからTikTok米国事業をマイクロソフトへは売却しないという報告を受けたと発表した。米国では、米オラクルが買収する見通しだとも報じられている。(2020/9/14)

AppleのApp Storeガイドライン改定でiOS端末でのゲームストリーミングが可能に
Appleが、アプリストアへのアプリ登録のガイドラインを改定した。この改定で、「ストリーミングゲームは、すべてのガイドラインに準拠する限り許可される」という条項が追加された。だが、ガイドラインはストリーミングのメリットを損なうとMicrosoftはメディアに語った。(2020/9/14)

分かりやすくサービスを再編:
クラウドホステッド開発環境の「Visual Studio Codespaces」が「GitHub Codespaces」に集約
パブリックプレビュー段階にあるMicrosoftのクラウドホステッド開発環境「Visual Studio Codespaces」が、傘下のGitHubのクラウドホステッド開発環境「GitHub Codespaces」に集約されることになった。(2020/9/14)

Microsoft、TikTok買収を断念
Microsoftが、TikTok買収で交渉中のByteDanceから、同社にはTikTokを売却しないと通告されたと発表した。9月15日までに交渉中のOracleなどの米企業がTikTok事業買収で合意に達せない場合、米国でのTikTokサービスは停止する見込みだ。(2020/9/14)

「PS5」のオンラインイベント、9月17日午前5時(日本時間)スタート
「PS5」のオンラインイベントが、日本時間の9月17日午前5時に開催される。Microsoftは10日に次期Xboxの発売日と価格を発表しているが、PS5の発売日と価格はまだ未発表だ。(2020/9/14)

製造マネジメントニュース:
海外生産立ち上げをHoloLens2で遠隔支援、武蔵精密工業のニューノーマル対応
日本マイクロソフトが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下における中堅中小企業の事業継続に向けた支援について説明。製造業の取り組み事例として、自動車部品メーカーの武蔵精密工業が、「HoloLens2」による海外生産立ち上げの遠隔支援について紹介した。(2020/9/14)

Windows 10搭載PCで誤って削除したファイルを復活
無料のPCデータ復元アプリ「Windows File Recovery」 クラウド時代に登場の謎
Microsoftの「Windows File Recovery」は、PCに保存したファイルを誤って削除した際に効果を発揮する。クラウドストレージ全盛の今、同社がWindows File Recoveryを提供する狙いとは。(2020/9/13)

コンテンツが改変されていないことを保証する技術も登場:
Microsoft、ディープフェイク検出技術「Microsoft Video Authenticator」などを発表
Microsoftは、写真や動画が改変されている可能性をパーセントで表示するディープフェイク検出技術「Microsoft Video Authenticator」を発表した。コンテンツが改変されていないことを保証する技術も併せて公開した。(2020/9/11)

プロゲーマーNinja、Mixer終了でTwitchに出戻り
AmazonのTwitchからMicrosoftのMixerに鞍替えした人気プロゲーマー「Ninja」が、7月のMixer終了後に選んだのは古巣のTwitchだった。(2020/9/11)

Microsoft 米大統領選挙介入を狙うサイバー攻撃を検出 ロシア、中国、イランの組織が関与
同様の攻撃は米国に限らず世界各国で発生していると、Microsoftは警鐘を鳴らしている。(2020/9/11)

米大統領選にロシア、中国、イランから多数の攻撃ありとMicrosoftが警告
米大統領選に関連する組織へのロシア、中国、イランからの攻撃が続いているとMicrosoftが報告した。2016年の選挙結果に影響を与えたとするStrontiumは攻撃力を強化したとしている。(2020/9/11)

Windowsフロントライン:
2020年のSurfaceハードウェア祭りはミドルレンジが狙い目?
例年、秋の10月はMicrosoftがSurfaceに関する発表会を開き、新モデルの投入をお披露目する時期だ。それを前に、飛び交っているさまざまなキーワードを整理した。(2020/9/11)

Innovative Tech:
音楽からダンスを自動生成、J-POPも踊れる「Dance Revolution」 Microsoftなど開発
コナミのダンスゲームとは違います。(2020/9/11)

Microsoft、新型ゲーム機「Xbox Series S」「Xbox Series X」を11月10日に発売 国内税別価格はそれぞれ3万2980円/4万9980円
米Microsoftは、同社製コンソールゲーム機「Xbox Series S」「Xbox Series X」についての告知を行った。(2020/9/10)

「Xbox Series X」も「Series S」と同じ11月10日発売 価格は499ドル
Microsoftが次世代ゲーム機「Xbox Series X」を前日発表の廉価モデル「Xbox Series S」より200ドル高い499ドルで、11月10日に同時発売すると発表した。9月22日に予約受付を開始する。両モデルのスペック比較表も公開した。(2020/9/10)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【後編】
「Microsoft 365」のバックアップにまつわる“誤解”とは?
クラウドサービスにまつわる“誤解”は、「Microsoft 365」のセキュリティ対策にも影響を及ぼす可能性がある。Microsoft 365の適切なセキュリティ対策を検討するためのヒントを示す。(2020/9/10)

次世代機「Xbox Series S」、11月10日に発売 デジタル配信のみのディスクレスモデル
米Microsoftが「Xbox Series S」を11月10日に発売すると発表した。Xbox史上最小モデルで、デジタル配信ゲームのみに対応。価格は299ドル。(2020/9/9)

CVSS危険度「9.9」の極めて危険な脆弱性も:
Microsoft、月例セキュリティ更新プログラム公開 129件の脆弱性に対処
Exchangeのメモリ破損の脆弱性や、SharePointのリモートコード実行の脆弱性などは、特に危険性が大きい。(2020/9/9)

Azure Arcでも連携:
「Nutanix Clusters on Azure」が発表
NutanixがMicrosoft Azure上でNutanixインフラを動かすことのできる「Nutanix Clusters on Azure」を発表した。Microsoftとは支払いをはじめ、踏み込んだ提携を行っている。(2020/9/9)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する
「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。(2020/9/9)

次世代Xboxは299ドルから!? 超コンパクトな「Xbox Series S」、マイクロソフトが突然発表
やっすいな!??(2020/9/8)

次世代機「Xbox Series S」正式発表 シリーズ最小、299ドル
米Microsoftが、次世代ゲーム機「Xbox Series S」を正式発表。本体の外観は白黒のツートンカラーで、サイズはXbox史上最小という。価格は299ドル。(2020/9/8)

「マインクラフト」PSVR対応 9月の無料アップデートで
Microsoftの人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」がソニーのHMD「PlayStation VR」をサポートする。9月中に予定しているマインクラフトの無料アップデートで可能になる。コントローラは「DUALSHOCK 4」を使う。(2020/9/8)

Microsoft、公式WebブラウザでのFlash終了について説明
Adobeが年末に予定している「Adobe Flash」終了に合わせ、Microsoftが自社のWebブラウザ(Internet Explore、Microsoft Edge Legacy、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edge)でのサポート終了について説明した。(2020/9/7)

FAニュース:
IoT化に貢献する新機能追加、機器のデータをクラウドまでシームレスに接続
デンソーウェーブは、データ統合コントローラー、ソフトウェア「IoT DS」の新拡張機能「Cloud Connector for Microsoft Azure」を発表した。デバイスとクラウド間の連携を容易にし、大規模なIoT環境構築に貢献する。(2020/9/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(119):
Azureアーキテクチャアイコンの最新版は「SVG形式のみ」での提供に
Microsoftは2020年7月、Azureサービスのアーキテクチャ図を作成する際に利用できる公式アイコンセットの最新版を公開しました。(2020/9/7)

製造業のデジタル変革:
PR:COVID-19で製造業はどう変わる? 高まる「復元力」「機動力」の優先度
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により製造業は大きな転換を迫られている。“ニューノーマル”の実現に向けてどのような対応を進めていくべきだろうか。製造業向けにさまざまなソリューションを提供しデジタル変革などを共に推進する日本マイクロソフトとPTCジャパンが、これからの製造業のあるべき姿について語り合った。(2020/9/7)

テレワーク時の印刷をより手軽に
ドライバが要らないMicrosoftのクラウド印刷「ユニバーサル印刷」とは?
インターネット経由でプリンタ管理と印刷を可能にする「Universal Print」(ユニバーサル印刷)。Microsoftが「Microsoft 365」ユーザー向けにパブリックプレビュー版の提供を始めた、同サービスの特徴を説明する。(2020/9/5)

Tech TIPS:
勝手にChromium版になったMicrosoft Edgeをアンインストールする
Windows UpdateでMicrosoft Edgeが新しいChromiumベースに更新されて困った、あるいはMicrosoft Edgeは使わないのでアンインストールしたい、という人はいないだろうか。残念ながらMicrosoft Edgeを完全にアンインストールすることはできないが、古いMicrosoft Edgeに戻したり、Microsoft Edgeが起動できないように無効化したりすることは可能だ。その方法を紹介しよう。(2020/9/4)

「ウイルスバスター」最新版が発売 フィッシング・詐欺SMS対策を強化
トレンドマイクロは、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版を発売。正規サイトと比較してフィッシングサイトを検知する機能を新搭載し、SMSで受信したメッセージの特徴を解析して詐欺SMSを検知する仕組みも備える。(2020/9/3)

マイクロソフト監修のアプリも搭載 タカラトミーからキッズパソコン「スピカノート」
松丸亮吾さん監修「ナゾトキ」のアプリや、ECC英語監修の英語学習アプリ、マイクロソフト監修のパソコンスキルアプリなどを搭載。(2020/9/3)

クラウド時代のネットワーク最適化【第2回】
“遅いMicrosoft 365”や“遅いAWS”をネットワークで解消する4つの方法
従来のネットワークのままクラウドサービスの利用が増えると、ボトルネックが生じて快適なクラウドサービスの利用が阻害される場合があります。その問題を解消する4つの方法を紹介します。(2020/9/18)

「MS Pゴシック」のPって何? フォントの名前に付く“謎英字”を解説した画像がためになる
「MS ゴシック」「MS Pゴシック」「MS UI Gothic」…なにが違うんだ。(2020/9/2)

Windowsフロントライン:
Microsoft 365のIE11対応とEdge Legacy サポート終了の意味を改めて考える
Internet Explorer 11と旧Microsoft Edge(Edge Legacy)のサポートに関する話題が注目を集めている。その動向を追った。(2020/9/2)

Tech TIPS:
Chromium版Edge内でIE専用Webページを開く「IEモード」の簡単設定法
社内にInternet Explorer(IE)専用の古いWebアプリが残っているせいで、Microsoft EdgeとIEを使い分けている、ってことはないだろうか。Chromium版Edgeなら「IEモード」を使うことでEdge内でシームレスにIE向けのWebページが閲覧できる。その方法を解説しよう。(2020/9/2)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する
「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。(2020/9/2)

クラウドデータベースの選び方【第1回】
「クラウドデータベース」が売れる理由 DBMS市場の7割超えへ
大手クラウドベンダーはさまざまな「クラウドデータベース」を提供するようになった。Gartnerの調査結果を基に、クラウドデータベース市場が拡大する理由を探る。(2020/9/1)

MS監修、Officeみたいなアプリを搭載したパソコン玩具、タカラトミーが発売 「在宅勤務の親と同じことを」
タカラトミーは、日本マイクロソフト監修のアプリで「Word」や「Excel」「PowerPoint」の特徴的な機能を体験できるパソコン玩具「スピカノート」を発表した。(2020/8/31)

世界IaaS市場、首位AWSのシェアは45% 2位Azureは18% 3位Alibabaは9%
Gartnerが、2019年のIaaS型クラウド市場(グローバル)におけるシェアについての調査結果を発表。シェアトップは米Amazonで45%、2位は米Microsoftで17.9%。3位は中国Alibabaが米Googleを上回って9.1%だった。(2020/8/31)

Weekly Memo:
メガパブリッククラウドとの“仁義なき戦い”に向けたIBM Cloudの勝算とは
日本IBMがクラウドサービス「IBM Cloud」の機能強化を発表した。筆者が注目するのは、AWSやMicrosoftなどのメガパブリッククラウドと、どう違いを出していくのかだ。そこにはIBMなりの勝算もあるようだ。(2020/8/31)

表現性、生産性、スケーラビリティが向上:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 4.0」を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 4.0」を公開した。多数の機能強化が行われ、パフォーマンスも向上している。(2020/8/28)

「Microsoftが保護してくれる」との思い込みは危険
「Microsoft 365」(Office 365)バックアップの要チェックポイント
「Microsoft 365」のユーザー企業が、データの確実なバックアップやリストアを実現するには、何をすればよいのか。確認すべきポイントを紹介する。(2020/8/28)

Azure Quantumの活用事例も公開
Microsoftの量子コンピューティング環境「Azure Quantum」登場
Azure Quantumは、Microsoftが提供する量子コンピューティング環境だ。開発キット(QDK)と開発言語(Q#)も提供されている。(2020/8/28)

新常態へ共創を加速:
「シェアや価格を争っている場合ではない」 MSがパートナー向けフォーラム設立 幹事企業が明かす本音とは
Re:Innovate Japanは、COVID-19以降の新常態を念頭にパートナー企業同士が連携し、顧客に提供するソリューションや技術をブラッシュアップすることを目指す。発表の場に登壇した参加企業は、日本市場の急速な変化や共創の必要性、DXの遅れについての危機感を語った。(2020/8/27)

「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【後編】
「Microsoft 365」と「G Suite」の違いをストレージ容量と月額料金で比較する
サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」は、どう違うのか。利用できるファイル同期サービスのストレージ容量と、利用料金の違いで比較する。(2020/8/27)

Microsoft、「Word for Web」にトランスクリプト(文字起こし)機能を追加
Web版のMicrosoft Wordに、音声をテキストに変換する機能「トランスクリプト」が追加された。まだ対応するのは英語のみだが、対応言語を拡大していく計画。複数の話者を区別してテキスト化し、テキストはそのままWordのドキュメントに挿入できる。(2020/8/26)

Windowsフロントライン:
Microsoft 365周辺を彩る謎のキーワード「MetaOS」と「Taos」
Microsoftに関するキーワードが話題になっている。その最新事情を見ていこう。(2020/8/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(81):
Chromium版「Microsoft Edge」の配布対象が拡大――Windows 7/8.1も自動配布対象に
本連載では2020年1月に安定版(Stable)が完成したChromiumベースの新しい「Microsoft Edge」について、企業向けの機能や企業内クライアントへの展開を解説してきました。これまで自動配布の対象外だったWindows 10 EnterpriseとEducationが今後、自動配布の対象になることをお伝えします。ただし、全てのPCが自動配布の対象になるわけではありません。(2020/8/25)

Microsoft、Epic対Apple訴訟で「Unreal Engine維持を支持」
Epic対Appleの「Fortnite」をめぐる訴訟で、MicrosoftがEpicを支持する文書を地裁に提出した。Xbox責任者は「EpicがAppleの最新技術にアクセスできるようにすることは、ゲーム開発者とゲーマーにとって正しいことだ」とツイートした。(2020/8/24)

AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【後編】
MicrosoftとGoogleのオンプレミスハードウェアを再チェック
大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。今回はAzureとAnthosの製品を紹介する。(2020/8/24)

日本MSから独立した“元女子高生AI”「りんな」、新会社rinnaで事業スタート
日本マイクロソフトのチャットbot事業を分社化した新会社・rinnaが業務をスタート。“元女子高生AI”をうたうチャットbot「りんな」などの事業を引き継ぎ、日本で要望が多かったカスタマイズのサービスなどを提供する。(2020/8/21)

どれだけ安く利用できるのかを解説:
Microsoft、「Azure Cosmos DB」のサーバレス価格モデルのプレビューを開始
Microsoftは、「Azure Cosmos DB」のサーバレス価格モデルのプレビューを開始した。この新しい使用量ベース価格モデルにより、スループットをプロビジョニングすることなく高い費用対効果で利用できるという。(2020/8/21)

Innovative Tech:
布の上で空中ジェスチャー操作 ダートマス大学やMicrosoftなど「Fabriccio」開発
ズボンやソファの上空でジェスチャーすると操作ができる。Pixel 4にあった機能。(2020/8/20)

「大洗上空を飛んでみた」「隅田川に着水できた」 マイクロソフトが2ペタバイトのデータを使って開発した超大作フライトシミュレーターがやばい
ディスク10枚組、容量150GB……すでに国内の遊覧飛行を楽しむ人も。(2020/8/19)

学校はZoom、広告はGoogle Meet、通信業はWebex 業界によって異なるWeb会議ツールシェア
コロナ禍のもとテレワークが普及する中、ビジネスチャットやWeb会議ツールが急速に普及し始めた。オリコンが6月末から7月にかけて行った調査によると、ビジネスチャットの利用率トップは「Microsoft Teams」、またWeb会議ツールのトップは「Zoom Meeting」だった。しかし、従業員規模や業界によって利用されるツールには違いが見られた。(2020/8/19)

「Chrome 84」に脆弱性、Googleがアップデート公開
今回のアップデートでは、Microsoftの研究者が報告した危険度「高」の脆弱性に対処した。(2020/8/19)

モビリティサービス:
トヨタがモビリティサービス強化でAWSと提携、トヨタグループも対象に
トヨタ自動車とAmazon Web Services(AWS)は2020年8月18日、トヨタ自動車の「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」を強化するためグローバルで業務提携すると発表した。(2020/8/19)

「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【中編】
SharePointとDrive Enterpriseの違いは? Microsoft 365とG SuiteのECM比較
社内のデータを共有する手段として「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらが適しているのか。両者のコンプライアンス支援の取り組みと、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツールを比較する。(2020/8/19)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】
AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ
クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。(2020/8/19)

「Internet Explore 11(IE 11)」で「Microsoft 365」を使えるのは2021年8月17日まで
Microsoftが、IE 11およびEdge LegacyのMicrosoft 365でのサポート終了までの日程を発表した。IE 11サポートは来年8月17日に終了する。Edge Legacyのデスクトップアプリのセキュリティ更新は来年3月9日に終了だ。(2020/8/18)

複数あるサービスの役割を整理
AWS、Azure、GCPの「ロードバランサーサービス」の違いを理解する
クラウドベンダー大手3社は「ロードバランサー」サービスを複数提供している。それぞれ何が違うのか。AWS、Google、Microsoftの主要なロードバランサーサービスと、それぞれの役割を見ていこう。(2020/8/18)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第9回 機械学習の評価関数(回帰/時系列予測用)を使いこなそう
回帰問題や時系列予測で使える代表的な評価関数をまとめ、使い分け指針を示す。平均絶対誤差(MAE)、平均二乗誤差(MSE)とその平方根(RMSE)、平均二乗対数誤差(MSLE)とその平方根(RMSLE)、平均絶対パーセント誤差(MAPE)、平均二乗パーセント誤差の平方根(RMSPE)を解説。回帰分析用の決定係数にも触れる。(2020/8/17)

バージョン16.7を正式リリース:
Visual Studio 2019、Git統合やAIによる入力補完、リモート開発などで多数の機能追加
Microsoftは「Visual Studio 2019 バージョン16.7」の一般提供を開始した。Git統合やIntelliSense、IntelliCode、リモート開発などにおいて、多くの機能を追加している。バージョン16.4以来の長期サービスリリースだ。(2020/8/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(116):
「自動的な再起動」を制御するWindows Server 2016/2019向けの自動更新の新しい通知オプション
オンプレミスに限らず、Microsoft AzureなどのIaaSでWindows Serverを運用している企業は多いと思います。その場合、品質更新プログラムはどのように運用しているでしょうか。2020年春、自動更新のオプションにWindows Server 2016/2019向けの新しいオプションが追加されました。(2020/8/14)

GoogleやFacebookなどのIT企業、大統領選を守るため団結して政府とも協力
Facebook、Google、Twitter、Reddit、Microsoft、Verizon Media、Pinterest、LinkedIn、Wikimediaが11月の米大統領選を守るために米政府機関と定期的に会合を持つ。FacebookやGoogleが声明文をツイートした。(2020/8/13)

Windowsフロントライン:
2画面デバイス「Surface Duo」の米国発売は9月10日で予約スタート、価格は1400ドルから
米Microsoftの公式ブログ「Surface IT Pro Blog」でのフライング公開を経て、パノス・パネイ氏が「Windows Blog」にて“正式な発表”がなされた2画面デバイス「Surface Duo」。その経緯をまとめた。(2020/8/13)

Tech TIPS:
更新が降って来るのを待たない! 「Windows Insider Program」のISOイメージを入手する
新機能などをいち早く試すことができる「Windows Insider Program」に興味はあるけれど、頻繁にWindows Updateによる更新を行わなければならないのは面倒だ。実は、MicrosoftのWebサイトからWindows Insider Programで提供されている最新のISOイメージがダウンロード可能だ。これを使えば、Windows Insider Programをたまに試したい場合に便利だ。(2020/8/13)

オンプレミスかクラウドか
「SharePoint Server 2016」サポート終了 移行先は「2019」か「Online」か?
Microsoftの「SharePoint Server 2016」のサポート終了に伴い、ユーザー企業は「SharePoint Server 2019」または「SharePoint Online」への移行を検討する必要がある。どちらに移行すべきか。(2020/8/13)

2画面Androidデバイス「Surface Duo」が米国で9月10日から出荷 価格は1399ドル(約15万円)から
米Microsoftの公式ブログ「Surface IT Pro Blog」に、「Surface Duo」が米国で9月10日から出荷されるという旨のエントリーが掲載された。価格は価格は1399ドル(約15万円)からだ。(2020/8/12)

米Microsoft、2画面Android端末「Surface Duo」9月10日発売 価格は約15万円から
米Microsoftが折りたたみ式の2画面Androidデバイス「Surface Duo」を9月10日に米国で発売すると発表した。(2020/8/12)

Microsoft、8月の月例セキュリティ更新プログラム公開 既に悪用の脆弱性も
今回修正された120件の脆弱性のうち、2件については既に悪用が確認されており、Internet Explorer(IE)を介して悪用される恐れもある。(2020/8/12)

Chromebook版の「Minecraft:Education Edition」を公開
マイクロソフトは、Chromebook版の「Minecraft:Education Edition」を公開した。(2020/8/12)

「Xbox Series X」は11月発売に決定 「Halo Infinite」同時発売は断念
Microsoftが、次期ゲーム端末「Xbox Series X」を11月中に発売すると発表した。当初予定していた人気ゲーム「Halo Infinite」の同時発売は、コロナ禍などの影響により見送る。同ゲームのリリースは2021年に延期された。(2020/8/12)

教育版マインクラフト、Chromebookでも利用可能に
Microsoftが、「Minecraft: Education Edition」(教育版マインクラフト)をChromebookでも利用できるようにした。Windows、Mac、iPadユーザーともクロスプラットフォームでコラボできる。(2020/8/11)

Googleと連携して「ショートカット」を提供:
「PDFにテキストや電子サインを追加」がWebブラウザで可能に アドビが「.new」を提供開始
アドビは「Adobe Acrobat」や「Adobe Spark」用のショートカット「.new」の提供を始めた。WebブラウザでMicrosoft Officeドキュメントや画像ファイルをPDFファイルに変換したり、PDFファイルにテキストや電子サインを追加したりできる。(2020/8/7)

Facebook、「TikTok」競合の「Instagram Reels」を日本を含む世界で公開
Facebookが昨年ブラジルでテスト公開した「TikTok」対抗の15秒動画共有機能「Reels」を、「Instagram」の1機能として日本を含む世界で公開した。TikTokは9月15日までにMicrosoftによる買収が決まらないと米国で使用禁止になる可能性がある。(2020/8/6)

アプリとインフラを分離
MicrosoftとAlibaba Cloudが立ち上げた「Open Application Model」とは
MicrosoftとAlibaba Cloudが提携し、「Open Application Model」(OAM)を立ち上げた。OAMとは何か。OAMによって何が実現するのか。(2020/8/6)

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【後編】
Googleをハイブリッドクラウドの“最重要ベンダー”に変えた「Anthos」とは?
Googleはコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を中核としたハイブリッドクラウド戦略を進めている。MicrosoftやAWSと比較したときの同社の強みとは。(2020/8/6)

Microsoft、「Project xCloud」を9月15日にAndroid端末向けに開始(日本はまだ)
Microsoftのクラウドゲームサービス「Project xCloud」が9月15日から日本を含まない22カ国の「Xbox Game Pass Ultimate」に加入するAndroidユーザー向けにスタートする。100以上のゲームをAndroid端末でプレイできる。(2020/8/5)

「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【前編】
「Microsoft Teams」と「Google Chat」「Google Meet」の違いとは?
サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらを導入すべきか。判断する際の材料はさまざまだ。まずはコミュニケーションツールを比較する。(2020/8/5)

クラウドサービスのトラフィック最適化【第4回】
ローカルブレークアウトより効果的? “遅いMicrosoft 365”を防ぐ手段とは
クラウドサービスの遅延が発生する原因の一つは、物理的に離れたサーバに接続することにあります。この問題を解消し、業務効率を低下させずにクラウドサービスを有効活用するための手段を紹介します。(2020/8/25)

バックアップとアーカイブが個々に重要な訳
1ユーザー約100円/月から実現できる「Microsoft 365」のデータ保護
「Microsoft 365」のデータ保護に関して誤った認識を持っている企業は少なくない。バックアップとアーカイブの役割を正しく認識し、必要な対策を講じるためのポイントは。(2020/8/4)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】:
AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ
クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。(2020/8/5)

Microsoft 365にリモートワーク導入向けの“スタータープラン”が追加
日本マイクロソフトは、同社クラウドサービス「Microsoft 365」に中小企業向けの新プラン「リモートワーク スターター プラン」を追加した。(2020/8/4)

トランプ米大統領、TikTokのMicrosoftによる買収を容認も「9月15日までに決まらなければ国内使用禁止」
MicrosoftがTikTokサービスの買収で中国ByteDanceと交渉中であることについて、トランプ大統領は、9月15日までに話をまとめなければTikTokを米国で使用禁止にすると語った。(2020/8/4)

新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【中編】
新型コロナで脚光の“格安クラウドサービス”は買いなのか?
新型コロナウイルス感染症の拡大は、クラウドサービスの料金競争に影響する可能性がある。コスト効果を武器に、AWS、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社を追うOracleとDigitalOceanの戦略を追う。(2020/8/4)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【中編】
「Microsoft 365」のパスワード同期に潜む“意外な危険”と対策は?
「Microsoft 365」の導入と運用に伴うセキュリティリスクにどう対処すればよいのか。米国のセキュリティ機関による勧告を基にした対策など、6つの対策を紹介する。(2020/8/4)

Microsoftの音声アシスタント「Cortana」、2021年にフェードアウト 縮小のロードマップ公開
Cortanaのビジネス向けに特化した機能だけは残るようだ。(2020/8/3)

マイクロソフト、TikTok米国事業の買収に向けて交渉を継続すると明らかに
「MicrosoftはTikTok買収に向け交渉していたが、大統領の反発を受けて中断した」と報じられていました。(2020/8/3)

Microsoft、TikTok買収を検討中と正式発表 「トランプ大統領とも会談済み」
Microsoftが、米国でのTikTok運営権を中国ByteDanceから買収する計画を正式に発表した。ナデラCEOがトランプ米大統領に相談し、計画を進めている。トランプ氏はTikTokの米国での使用を禁止すると語っていた。(2020/8/3)

マイクロソフトが水素燃料電池のPoCを実施 データセンターのバックアップ電源に向け
マイクロソフトは、データセンターのバックアップ電源に水素燃料電池を利用するため、PoCを実施した。発表によると同燃料電池は、48時間連続でデータセンターサーバの稼働を達成したという。(2020/8/3)

FMVのAIエージェント「ふくまろ」がバージョンアップ ロック画面でも一部の音声操作が可能に
富士通クライアントコンピューティングのAIアシスタント「ふくまろ」がバージョン3.0になった。Microsoft Azureを採用することで音声認識の精度と応答速度を改善した他、画面ロック中に一部の操作を可能とした。(2020/7/31)

「Microsoft Edge」アドレスバーに文字を入力するとクラッシュする不具合 マイクロソフトが回避策を案内
マイクロソフトは一時的な対処方法を案内しています。(2020/7/31)

Tech TIPS:
【Chromium版Edgeトラブル】デフォルト検索エンジンをGoogleに変更できない
Windows 10の新しい標準WebブラウザとなるChromiumベースの「Microsoft Edge」は、Google Chromeと使い勝手が似ており、同じ拡張機能も利用できる。ただ、デフォルトの検索エンジンが「Bing」であることから違和感を持つ人もいるようだ。そこで、アドレスバーなどで利用される検索エンジンを変更する方法を紹介しよう。(2020/7/31)

新しい言語サーバ「Pylance」や「Gather」拡張機能をサポート:
Microsoft、「Visual Studio Code」向けPython拡張機能の「July 2020」リリースを公開
Microsoftは、「Visual Studio Code」向けPython拡張機能の「July 2020」リリースを公開した。15件の機能強化、27件の問題修正などが行われている。(2020/7/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10X」は普通の「Windows」と何が違うのか?
「Windows」の進化版という位置付けの「Windows 10X」は、これまでのWindowsと何が違うのか。MicrosoftはOSにどのような変化をもたらそうとしているのだろうか。(2020/7/30)

リアルタイムOS列伝(4):
マイクロソフトが買収した「ThreadX」あらため「Azure RTOS」はまだ実体がない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、マイクロソフトが2019年4月に買収し、名称を「Azure RTOS」に変更した「ThreadX」を取り上げる。(2020/7/29)

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【中編】
「Azure Stack」だけじゃない、Microsoftのハイブリッドクラウド製品とは?
オンプレミスのインフラ向け製品を長く提供してきたMicrosoftは、クラウドベンダーの中でもいち早くハイブリッドクラウドに目を向けてきた。同社のハイブリッドクラウド向け主要製品・サービスを紹介する。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。