ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「たんぱく質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たんぱく質」に関する情報が集まったページです。

医療技術ニュース:
アトピー性皮膚炎の尿中バイオマーカーとなり得る、脂質代謝産物を発見
東京大学は、アトピー性皮膚炎のモデルマウスやアトピー性皮膚炎患者の尿中に、脂質の代謝産物が多く排せつされていることを確認した。採血を必要としないバイオマーカーの開発につながることが期待される。(2021/10/20)

約1万人が回答:
健康のために「摂取を心掛けている成分」調査 上位に並んだのは?
マイボイスコムは、「健康によい成分」に関する調査を行った。健康のために摂取を心掛けている成分で最も多かったのは「乳酸菌」だった。その成分に期待する効果、摂取するきっかけとなったことなどを聞いた。(2021/10/19)

開発体制を見直すべき:
コロナワクチン生産過程で「ヤマサ」が“隠し味” mRNA合成に重要な核酸を製造
新型コロナウイルスの感染抑制に大きく貢献しているのが「メッセンジャーRNA(mRNA)」ワクチンだ。ワクチンは米国など海外メーカー製だが、生産過程で日本の消費者におなじみの企業なども重要な役割を果たしている。(2021/10/18)

ジャンポケおたけ、8カ月で体重14キロ減&体脂肪率15.8%減 「まわりに別人と言われるまでになりました 笑」
フィジークの大会のため肉体改造していたおたけさん。(2021/10/18)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 1位は、3500億円超のPreferred Networks
フォースタートアップスは2021年10月時点での「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。1位は評価額3500億円超のPreferred Networks。1〜4位は9月と変動なかったものの、atama plusが新たにランクインした。(2021/10/14)

医療機器ニュース:
空気中の新型コロナウイルスを高速で検知するセンサーの共同開発が進行中
ボールウェーブ、東北大学、豊田合成は、空気中の新型コロナウイルスを直接検出する高速のウイルスセンサー開発を目的とした「ボールSAWウイルスセンサーの原理検証に関する研究」を共同で進めている。(2021/10/12)

医療技術ニュース:
低分子化合物を収着しづらい肝臓チップで代謝試験、毒性試験が可能に
京都大学 iPS細胞研究所CiRAは、低分子化合物を収着しづらいフッ素系エラストマー製のマイクロ流体デバイスを用いて肝臓チップを作製し、薬物収着の影響を最小限にした薬物代謝、毒性試験が可能であることを示した。(2021/10/6)

岸本忠三氏ら:
コロナ禍のノーベル賞発表 「有力日本人候補」目白押し
来週からノーベル賞ウイークが始まる。自然科学分野で日本人研究者への期待は大きい。コロナ禍で重要な役割を果たした研究もあり、いつ受賞してもおかしくない研究者も多いようだ。(2021/10/4)

食のユニバーサル化:
ANA、特別機内食メニュー4種をリニューアル 機内食で「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す
ANAは国際線の低糖質、低脂肪、低カロリー、低塩の食事4種類についてリニューアルを実施した。全ての乗客に多くの選択肢から食事を選べるように推進している“食のユニバーサル化”を通して、「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す。(2021/10/4)

医療技術ニュース:
高分子を効率良く細胞内へ届ける、細胞治療向けの細胞内物質導入機器を開発
早稲田大学は、導電性高分子で被膜した金属製ナノチューブシートを用いて、安全かつ効率良く細胞内に物質を導入する細胞用電動ナノ注射器「複合ナノチューブ電気浸透流ポンプ」を開発した。(2021/9/30)

あらゆる病気の治療薬をAIで発見? 九大などが査読前論文を発表 「タンパク質の立体構造を使わず高速に探せる」
九州大学などの研究チームは、疾病の原因であるタンパク質のアミノ酸配列から治療薬を見つけ出すAI「LIGHTHOUSE」を開発したと発表。実験では、新たな抗がん剤や抗菌薬を見つけられたという。(2021/9/27)

医療技術ニュース:
1滴の血液から新型コロナウイルス抗体の種類と量を測定できるシステム
理化学研究所は、新型コロナウイルスに対する抗体の種類と量を1滴の血液から30分で測定できる「ウイルス・マイクロアレイ検出システム」を開発した。簡易検査の免疫クロマトグラフィーに比べ、約500倍の感度を持つ。(2021/9/22)

山崎ケイ「プロフィール詐欺じゃなくなった!」 10カ月で4.2キロのダイエット、ウエストは1週間で-4.5センチ
ゆっくりでも着実に痩せていった山崎さん。(2021/9/19)

川崎麻世、“餃子ダイエット”で10キロ減に成功 58歳の目標達成に称賛の声「素晴らしい!」
餃子の素晴らしさを熱弁していた川崎さん。(2021/9/16)

Innovative Tech:
マスクに貼れるシールで、新型コロナを簡易検査 米カリフォルニア大が開発
使い捨てマスクを使ってコロナ感染を簡易検査する手法。(2021/9/13)

ずん飯尾、乙女ゲーで4種類のイケメンに イケボで囁く演出も「俺とTANPACTだけ見てろよ…」
「壁ずん」「頭ずんずん」「肩ずん」「シークレット」の4種類。(2021/9/10)

期間限定で販売:
やよい軒、3種類の「筋肉定食」を発売 健康志向にアプローチ
やよい軒は「筋肉定食」を発売すると発表した。健康志向にアプローチし、ごはんをキャベツに変えることもできる。メニューは3種類。どのような特徴があるのか?(2021/9/9)

やよい軒が「筋肉定食」を9月17日発売 ご飯を“茶碗サラダ”に変更可、メインは鶏もも肉ステーキ
熱量415キロカロリー・タンパク質45.1グラム。(2021/9/9)

藤あや子、猫の腎臓病治療薬のため“222万2222円”を東京大学に寄付 「1日も早く完成することを願います」
チャリティー企画の収益を東大に寄付。(2021/9/8)

さらなる進化:
「世界一おいしい」選手村ギョーザに新商品 羽生結弦の一言が開発のきっかけに
東京五輪に出場していた海外選手から「世界一おいしい」と絶賛された選手村の餃子が、さらなる進化を遂げた。(2021/9/5)

僕たちのKaggle挑戦記:
Kaggle初心者のためのコンペガイド ― Titanicの先へ
Kaggle初心者がKaggleに挑戦した過程や得られた知見などを記事化していく新連載。初回である今回は、準備編として初心者向けにコンペを簡単に紹介します。また、連載目的やKaggleを始めて「これが良かったよ」という筆者の体験を共有します。(2021/8/30)

大阪大学、3Dプリントで和牛肉のサシまで再現する「金太郎飴技術」を発表 
場所を問わずに和牛培養肉の作製ができそうです。(2021/8/27)

医療機器ニュース:
自動測定装置用の新型コロナウイルス中和抗体測定キットを開発
慶應義塾大学と医学生物学研究所は、新型コロナウイルスに対する中和抗体を自動測定装置で測定するキットを開発した。1時間あたり最大で270検体の処理能力があり、血清のサンプリングから19分以内で結果を得られる。(2021/8/27)

3分インタビュー:
うどんに「コシ」があるのはなぜ? 香川県の企業が発売した「うどんのコシ自由研究キット」が人気
うどん県と呼ばれている県があるのをご存じだろうか?香川県のうどん屋が発売した「うどんのコシ自由研究キット」が売れている。商品の特徴とともに、なぜうどんにはコシがあるのか? などの疑問を聞いてみた。(2021/8/26)

パンに塗る「ずんだ」登場 あんこの老舗「遠藤製餡」から「ずんだあんバター」発売
餅やパンケーキ、アイスクリームにもマッチ!(2021/8/26)

コロナ禍で3.7倍に:
完全栄養食「BASE FOOD」、シリーズ累計販売数は1000万食を突破
完全栄養食「BASE FOOD」のシリーズ累計販売数が1000万食を突破した。完全栄養食とは1食分で1日に必要な栄養素の約3分の1が摂れる食品を指す。市場規模など今後の成長性を見てみよう。(2021/8/19)

Innovative Tech:
コオロギ入りクッキーを3Dプリント 山形大学が開発
昆虫食の見た目に対する抵抗感を軽減するための手法。(2021/8/17)

磁石、監視、不妊……SNSで出回る新型コロナワクチンデマ
感染拡大が止まらない新型コロナウイルスに対するワクチンについて、若い世代を中心に接種をためらう動きが続いている。一因は、SNSなどで拡散されているさまざまなデマだ。容易にデマと見破れるものがある一方で、出産や健康にかかわるものは真偽の判断が難しく、不安に陥りやすい。(2021/8/17)

医療技術ニュース:
光照射により、任意の領域で脳内血流を変化させる技術を開発
慶應義塾大学は、光照射によって脳内の任意の領域で血流を自由に増減できる技術を開発した。麻酔なしで自由に動き回るマウスの脳血流を操作し、神経活動と行動にどのような影響を与えるかを確認した。(2021/8/17)

素人には難しい真偽判断:
磁石、監視、不妊 新型コロナワクチンデマの嘘
感染拡大が止まらない新型コロナウイルスに対するワクチンについて、若い世代を中心に接種をためらう動きが続いている。一因は、会員制交流サイト(SNS)などで拡散されているさまざまなデマだ。(2021/8/14)

「日ごろ口うるさい先輩社員が絶句した昼飯」がすごい破壊力 「あまりにもワイルド」「絶対美味いやつ」
贅沢な日の丸弁当。(2021/8/14)

サラリーマン、プリキュアを語る(特別編):
6カ月で18キロ痩せた、実践「プリキュアダイエット」のススメ 決め手は「プリキュアカレー」と「フィットボクシング」
妄想フィットボクシング、本当にオススメですよ。(2021/8/15)

医療技術ニュース:
肝臓チップの創薬応用へ、PDMSデバイスの有用性を検討
京都大学iPS細胞研究所は、PDMS製マイクロ流体デバイスに対する薬物収着が薬物の分配係数と相関すること、同デバイスで培養した肝細胞が従来法で培養したヒト肝細胞と同程度の機能を有することを明らかにした。(2021/8/12)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「睡眠8時間+8時間の断食」で、体重60キロが53キロ、体脂肪率17%が6.6%に
間歇的断食により、集中力の増加や認知機能の改善、肥満者における体重減少などの効果が期待できる。断食と聞くと難しく考えがちだが、大事なのは無理せず長く続けること。(2021/8/4)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルスを不活化する抗ウイルス性ナノ光触媒を開発
日本ペイントホールディングスと東京大学は、新型コロナウイルスをはじめ、さまざまなウイルスを不活化する抗ウイルス性ナノ光触媒を開発し、その不活化メカニズムを明らかにした。(2021/8/2)

「inゼリー 完全栄養」のシンプルすぎるデザインが話題 全部入りだから「あえて何も書かない」潔さ
シンプルイズベストの極み。(2021/7/30)

医療技術ニュース:
糖尿病の影響で、軽度のアルツハイマー病が悪化することが明らかに
九州大学は、糖尿病が脳内のインスリン抵抗性とDNAの酸化損傷を引き起こすことで、軽度のアルツハイマー病の病態が悪化することを明らかにした。糖尿病の予防により、アルツハイマー病の発症や進展を制御できる可能性が示唆される。(2021/7/29)

スピン経済の歩き方:
実施人口は16年で2倍! 「筋トレ」を日本の成長戦略の柱に置くべき理由
コロナ禍でさまざまな業界で消費の低迷が見られたが、外出自粛による運動不足解消のため、「筋トレ」需要が増している。なぜ市場が拡大しているのかというと……。(2021/7/27)

「6年解けなかった構造があっさり」──タンパク質の“形”を予測する「AlphaFold2」の衝撃 GitHubで公開、誰でも利用可能に
米Alphabet傘下の英DeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を解析するAI「AlphaFold2」をGitHub上で無償公開し、ネット上で注目を集めている。(2021/7/20)

栄養、体調管理……JSCが情報システムで選手支援
日本スポーツ振興センター(JSC)は前回リオデジャネイロ五輪以降、強化関連の情報を管理・共有できるシステムを充実させ、東京五輪を目指す選手たちをサポートしてきた。今、トップスポーツの現場では選手の感覚と情報技術、データなどが融合して競技力向上が図られている。(2021/7/20)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスが紫外線により不活化する原因を解明
理化学研究所、日本大学、東京大学は、新型コロナウイルスが紫外線照射により不活化する原因は、ウイルスRNAの損傷にあることを発見した。紫外線照射前後で、ウイルスの形態やタンパク質量に変化はなかった。(2021/7/19)

解決法:
なぜ若者はワクチン接種に消極的なのか 本当の理由と背景
やがて順番が回ってくるワクチン接種に消極的な若者が少なくない。アンケートではその理由はさまざまだが、「絶対接種したくない」という人はむしろ少数で、あいまいなものが少なくない。その本当の理由と背景をみてみると……。(2021/7/11)

研究開発の最前線:
単結晶構造解析「1μm」の壁を打破、リガクと日本電子が新たな分析機器を開発
リガクと日本電子が、両社の共同開発による電子回折統合プラットフォーム「Synergy-ED」について説明。これまで詳細な分析ができなかった1μmよりも小さい極微小結晶の分子構造を解明できる従来にない分析機器であり、創薬や材料開発における新たな発見に役立つとして期待を集めている。(2021/7/1)

7月1日からコラボ機内食を提供:
JAL×タニタが初コラボ 機内食を刷新したワケは?
JALとタニタ食堂を手掛けるタニタが初のコラボ。ヘルシーな機内食の提供を開始する。機内食だけでなく、免疫力アップに関するコラムやストレッチなどの情報が盛り込まれたリーフレットも配布予定という。(2021/6/29)

医療技術ニュース:
次世代へ共生細菌を伝達するために必要な宿主タンパク質を発見
産業技術総合研究所は、マルカメムシの「共生細菌カプセル」の内容物が単一の新規分泌タンパク質であることを発見した。このタンパク質が、宿主体外では脆弱な共生細菌を保護することで、共生細菌を次世代に伝達していることを解明した。(2021/6/29)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスのデルタ株は、日本人の免疫から逃れる変異を持つ
東京大学は、新型コロナウイルスのデルタ株とイプシロン株に共通する変異が、日本人に多く見られる細胞性免疫「HLA-A24」から逃れることを発見した。さらに、ウイルスの膜融合性を高めることで、感染力が増強する。(2021/6/28)

ジャンポケおたけ、4カ月半で約10キロ減 フィジーク大会に向け“バキバキ”ボディー目指す「マジでやるんで」
本気モードになったおたけさん。(2021/6/27)

安定的に供給したい:
塩野義の国産ワクチン 年明け6000万人分供給可能
塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルスワクチンを生産・供給できる人数が、来年1月から年間最大6千万人分へ倍増することが26日、分かった。これまで「3千万人」としていた。手代木功社長が産経新聞のインタビューで明らかにし、「国産ワクチンを安定的に供給したい」と述べた。(2021/6/26)

医療機器ニュース:
可視光応答型光触媒が新型コロナウイルスの感染力を抑えることを確認
東芝マテリアルが開発した可視光応答型光触媒「ルネキャット」が、新型コロナウイルスの感染力に対して、一定の抑制効果を持つことが確認された。ウイルスのスパイクタンパク質が減少しており、その結果、感染力が抑えられるという。(2021/6/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
猫用おやつ「ちゅ〜る」はなぜ売れる? 飼い主も“やみつき”にする戦略に迫る
猫のペットフード「CIAO(チャオ)ちゅ〜る」がロングヒット中。ラインアップも増えており、きめ細かいニーズに対応している。開発の背景は?(2021/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。