ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Netflix、ペアレンタル管理機能強化 特定のコンテンツをタイトルでブロックなど
Netflixが、子どものコンテンツ消費を管理するためのペアレンタルコントロールの新機能を追加した。プロフィールごとにPINを設定して子どもが大人のプロフィールにアクセスできなくする機能や、検索結果から不適切なコンテンツをブロックするフィルターなどだ。(2020/4/8)

「Firefox 75」リリース、在宅ワーカーの増加を踏まえてアドレスバーを刷新
新型コロナウイルス対策のため自宅で作業する人が増えていることを踏まえ、検索のしやすさに重点を置いてアドレスバーを刷新した。(2020/4/8)

インターネット接続機器の検索サービス「SHODAN」を使用:
リモートワーク拡大に伴うRDPやVPNの使用状況、産業制御システムのネット接続状況の変化が調査で明らかに
リモートワークが広がる中、インターネットに接続しているさまざまな機器を検索できるWebサービス「SHODAN」を使って、リモートデスクトップコンピュータ、VPN、インターネットに露出した産業制御システムの数の推移を調査した結果が発表された。(2020/4/6)

「Googleマップ」アプリに「テイクアウト」と「デリバリー」ボタン 近所の対応レストランを一覧
新型コロナウイルス対策で家に留まる人が増える中、「Googleマップ」アプリに最寄りのテイクアウトや出前が可能なレストランを検索できる「テイクアウト」と「デリバリー」ボタンが追加された。レストランオーナーが情報を設定していれば、一覧に表示される。(2020/4/6)

検索時間が42秒から0.5秒に
DXを加速する「エンタープライズサーチ」による圧倒的効率化
デジタルトランスフォーメーション(DX)を妨げている一因は、データ資産の分断にある。社内の全システムの情報にアクセスできる「統合検索」システムの構築で、この課題を解決できる可能性がある。それはなぜか。事例を基に説明する。(2020/4/8)

今日のリサーチ:
Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「Google トレンド」で振り返ったレポートを紹介します。(2020/4/2)

マスク在庫の次はアルコール消毒液、通販サイトで値段が安い順に表示
アプリ開発などを行うアスツールは、マスクの在庫や価格を検索できるWebサイト「マスク在庫速報」の検索対応商品に、アルコール消毒液を追加した。それにあわせ、サービス名称を「在庫速報.com」へと変更した。(2020/4/2)

PayPayのミニアプリに「PayPayモール」「PayPayフリマ」が登場
PayPayは、アプリ内で加盟店が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどを行える「ミニアプリ」に「PayPayモール」と「PayPayフリマ」を追加。アプリのトップ画面にあるアイコンから商品検索や決済が行えるようになる。(2020/4/2)

コロナ関連の補助金・助成金を検索できるサイト登場 政府や自治体の支援制度を集約
マネーフォワードが、Webサイト「新型コロナウイルス 支援情報まとめ」を開設。新型コロナの感染拡大に伴う経済対策として、政府や地方自治体などが付与している、補助金や助成金の情報を集約したもの。当初は法人向けの施策を地域とカテゴリーから検索できる。(2020/4/1)

新型コロナウイルスに関する経済支援まとめサイト 政府や自治体の補助金・助成金情報を検索できる
今のところ法人向けのみですが、個人事業主向けの情報提供も順次行うとのことです。(2020/4/1)

「マスク在庫速報」が「在庫速報.com」に アルコール消毒液の検索にも対応
アスツールは、3月23日に提供を開始したWebサイト「マスク在庫速報」の反響を受け、サービス名称を「在庫速報.com」へ変更。検索対応商品へアルコール消毒液を追加した。(2020/3/31)

駅・バス停の入り口にスマホをかざすと、時刻表や行き先など表示 NAVITIMEが新アプリ
ナビタイムジャパンが新アプリ「NAVITIME レンズ for au スマートパス」をリリース。アプリを起動して駅の看板やバス停にスマホをかざすと、電車やバスの時刻表や行き先などを表示する。スマホの扱いに不慣れな高齢者などの経路検索をサポートする狙い。(2020/3/26)

歌詞検索サイト「歌詞タイム」突然の閉鎖 ユーザーからは惜しむ声
サイトには閉鎖を告知するメッセージが掲載されています。(2020/3/24)

「デジタルマーケティング」を一歩進めた作戦に鍵:
“地味にスゴい企業”は世界の競争に勝てない データで知名度向上に挑むダイキン
住宅や商業用の空調機で知られるダイキン工業は、実はフッ素化合物の製造を手掛ける世界的な化学メーカーでもある。しかし、同事業には“その存在を知ってもらえていない”という課題があった。企業が調達先をネット検索で探す時代に「地味だけどすごい」事業のままでは世界の競合に負けてしまう。同社が顧客の認知度を上げるために採っている作戦とは。(2020/3/24)

新型コロナと花粉症で深刻化:
品薄のマスク、ここで買えます 「在庫あり」のお店だけ、1枚の値段が安い順に表示するWebサイトが登場
新型コロナウイルス感染拡大の影響で品薄状態が続くマスク。花粉症のシーズンにもなり、深刻さが深まる。そんな中、在庫と価格、1枚当たりの価格を検索できるサイトが登場した。その名も……(2020/3/23)

Google Doodle、3月20日は正しい手洗い方法紹介のアニメ
Google検索ページトップのロゴが変わる「Google Doodle」の3月20日版は、世界統一で手洗いを推奨したハンガリーのイグナッツ・ゼンメルワイス医師による手洗い方法紹介アニメだ。(2020/3/20)

TypeScriptの呼び出し階層に対応:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「February 2020」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「February 2020」リリース(バージョン1.43)を公開した。ワークベンチで検索エディタ機能を正式に搭載した他、言語対応などに改良を施した。(2020/3/16)

「Indeed求人検索」アプリを大幅刷新 “100を超えるフィルター機能”搭載
Indeedは3月16日、スマートフォンアプリ「Indeed求人検索」を大幅に刷新した。日本の求職者のニーズに合わせて設計した「発見メニュー」や「100を超えるフィルター機能(絞り込み機能)」など、日本向けの機能を多数実装した。アプリの画面下部にど4つのナビゲーションメニューを設け、職種や仕事の特徴など100種類を超えるフィルターを採用した。(2020/3/16)

名刺管理のSansan、Office 365と連携 名刺情報をOutlookに同期、Teamsの検索機能も強化
SansanがOffice 365との連携に対応。名刺情報を「Microsoft Outlook」に同期したり、名刺交換の履歴を「Microsoft Teams」に同期し、検索機能を強化したりできる。連携機能を利用できるのは両サービスを併用するユーザーのみ。(2020/3/12)

ネット広告費、6年連続2桁成長で初のテレビ超え 検索サイトやSNSを中心に堅調な伸び
電通は、日本のインターネット広告費が、1997年の調査開始以来初めてテレビ広告費を追い越し、2兆円規模になったと公表した。検索サイトやSNSでの広告を中心に堅調な伸びを見せた。(2020/3/11)

オンライン学習や在宅ワーク支援サービスなど:
新型コロナウイルス対策向け無償サービスを検索しやすく、標準データ化 経済産業省
政府は、新型コロナウイルス感染症対策の影響による企業のテレワーク化や学校の休校などへの対応に向けて、企業が無償提供するオンライン学習や在宅ワーク支援サービスなどの情報をまとめたWebサイトを公開した。(2020/3/11)

新型コロナのデマ撲滅へ Googleなどが検索に特別措置
米Google、Twitter、Facebookは、それぞれのプラットフォームの検索結果などにおいて、ユーザーが新型コロナウイルスの正しい情報を得られるように特別な対応を取り始めた。(2020/3/10)

スポーツマーケティング最前線:
2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平 「2019年度に注目されたアスリート」ランキング1位は?
世界で活躍するスポーツ選手の知名度を利用して、CMやイメージキャラクターに起用する企業のトレンドが続いている。NTTレゾナントが「gooウェブ検索」において検索ログを用いて調査した「2019年度に注目されたアスリート」ランキングでは、2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平と続いた。1位は?(2020/3/9)

「Yahoo!乗換案内」アプリ、混雑状況をリアルタイムで予測可能に
ヤフーの乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」は、混雑状況の予測を3段階でリアルタイム表示する「駅混雑予測機能」を提供開始。検索数で混雑を検知し、SNS上の投稿と掛け合わせて予測精度を高める。(2020/3/6)

Google、9月から全サイトで検索をモバイルファーストに
既に多くのサイトが対応しているとのこと。(2020/3/6)

DuckDuckGo、トラッキングブロックツール「Tracker Rader」とトラッカーリストを公開
「あなたを追跡しない検索エンジン」を謳うDuckDuckGoが、ユーザー向けのトラッキングブロックツール「Tracker Radar」をモバイルアプリおよびChrome、Firefox、Safari向け拡張機能としてリリースした。また、トラッカーリストをGitHubで公開した。(2020/3/6)

CADニュース:
3D CADデータの類似形状検索システムにグルーピング機能を追加
スマート・スケープは、3D CADデータの類似形状検索システム「SS4M」に、オプションでグルーピング機能を追加した。各モデルの形状を基に自動でグループ分けができ、検索時間と部品作成コストの削減につながる。(2020/3/6)

キッチンの設備内容から検索できる キッチン重視の不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」がオープン
一人暮らし住宅のキッチンを快適に料理できる環境へ。(2020/3/3)

クックパッド、「人気順検索」を無料開放 在宅勤務・休校で自炊増、利用促す
クックパッドが有料会員向けの機能「人気順検索」を無料で開放。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅での食事が増えるとし、同機能の利用を促す。期間は15日まで。(2020/3/2)

今日のリサーチ:
リモートワーク増加による検索動向の変化 ランチ検索が前年比124%で自炊傾向に――クックパッド調査
リモートワーク拡大が食生活にもたらす変化を、クックパッドの検索データから読み解いた調査です。(2020/3/2)

休校で料理の負担が増、クックパッドが「人気順検索」無料開放
クックパッドはプレミアムサービス会員向け機能のひとつである「人気順検索」を無料開放している。期間は3月1日から15日まで。(2020/3/2)

「Facebook Messenger」アプリから「発見」タブ消滅 「チャット」と「友達」のみに
「Facebook Messenger」アプリから「発見」タブが消え、タブは「チャット」と「友達」の2つになった。ゲームは検索で探せる。「友達」タブの下は「ストーリーズ」と「オンライン」のサブタブに分かれた。(2020/3/2)

クックパッド、キッチン重視の住宅情報サイト開設 「3口コンロ以上」「調理スペースの広さ」などで物件検索
クックパッドが不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」を開設。物件ごとのコンロ数や調理スペースの広さなどを詳しく掲載している。(2020/2/27)

製造IT導入事例:
昭和電工、自然言語処理AIを生産設備投資判断の効率化に活用
昭和電工は、FRONTEOの自然言語処理AIエンジン「KIBIT」を採用した。過去の投資審査案件のテキスト記述箇所を分析した結果、類似案件の検索から案件内容の閲覧までの時間が短縮した。(2020/2/21)

HTTP Desync攻撃が際立つ:
新たなWebハッキング技術、2019年に登場したトップ10をPortSwiggerが発表
サイバーセキュリティツールベンダーのPortSwiggerは、2019年の新しいWebハッキング技術についてトップ10を発表した。Googleの検索ボックスだけを使うといった全く新しい攻撃手法はもちろん、既存の複数の手法を組み合わせて新たな攻撃を作り上げたものなど、「価値ある」攻撃手法を取り上げた。(2020/2/21)

東京都水道局、コールセンターに「IBM Watson」導入 問い合わせ内容をテキスト化、回答の候補を提案
東京都水道局が、コールセンターに「IBM Watson」を導入。音声認識機能と情報検索機能により、問い合わせ内容をテキスト化し、回答の候補を自動で提案する仕組みにした。オペレーターの負担軽減とサービス向上が狙い。(2020/2/19)

竹中工務店がロボット運用の「BIMプラットフォーム」構築、2020年度中に本格運用
竹中工務店は、機械学習を活用した分析や検索などのサービスを提供しているブレインズテクノロジーに委託し、BIMモデルを地図データに活用したロボット運用のプラットフォームを構築した。近年、清掃ロボットや建設資材の自動搬送、品質管理の記録など、適用領域が拡大している多様なロボットを同一のプラットフォーム上で管理することで、効率的な運用が可能になり、共通仕様によるソフトウェアなどの開発スピードアップも見込む。(2020/2/18)

スマートオフィス:
人検知センサー×ビーコンで、オフィス内のリアルタイム個人検索
大成建設は、人検知センサーとビーコンを組み合わせ、個人を特定できないデメリットや位置精度の低さといった互いの短所を補い、オフィス内の人の所在位置を高精度に把握する新システムを開発した。(2020/2/18)

最寄りのワークスペースをスマホで探せる 一般参加型の実証実験がスタート
NTT Comは、ワークスペースとして使える最寄りのカフェ、コワーキングスペースなどを検索、予約できる「Dropin」の実証実験を開始する。トライアル利用者とワークスペースの提供を希望する店舗は無料で参加できる。(2020/2/12)

「iモード検索」、3月に終了へ 14年の歴史に幕
NTTドコモが、「iモード検索」を3月24日午前10時に終了すると発表。3G携帯電話向け検索サービスで、2006年から提供していた。「iモード」と「FOMA」は、2026年3月31日に終了する予定。(2020/2/10)

アプリでは分からない「時刻表」の魅力
今も書店に行くと「時刻表」が売られています。スマホで簡単に乗り換え検索できるのに、なぜでしょう。実は、時刻表にはアプリに負けない実用性と魅力があります。(2020/2/9)

全ポケモン対象の投票企画スタート Google検索の投票機能を利用
全890種類のポケモンを対象にした投票企画が始まった。Google検索の投票機能を利用する。(2020/2/6)

Windowsフロントライン:
Chromeのデフォルト検索エンジンがBingになるOffice 365 ProPlusアップデートに集まる批判の声
Microsoftの対応に批判が集まっている。その理由は何だろうか。細かく見ていこう。【タイトル変更】(2020/2/6)

Cover Story:
ストアビジネスの変革期 流通小売業で始まった、生き残りをかけたデジタルトランスフォーメーション
気になる情報はすぐ検索でき、欲しくなったモノは何でもネットで買える。労働人口は減り続け、消費者の期待は常に変化する。そのような時代に、流通小売業は生き残りをかけた変革を始めている。(2020/2/5)

ネットの時代に紙のレシピ本が売れる理由 Webとは違う戦い方
ブログやSNSで人気の著者によるレシピ本が相次ぎ、ベストセラーも登場している。インターネットで検索すれば無数で見られるのにレシピ本がヒットする理由は、Webとは違う情報の見せ方にあった。(2020/2/4)

ひらがなだけの地図「えきのなまえマップ」公開 「幼児が地図を読み解く力を養えるように」
地図検索サービス「マピオン」をベースに開発。(2020/2/4)

Twitter、「#コロナウイルス」検索時に“信頼できる情報”を優先表示
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Twitter Japanが信頼できる情報を優先的に表示する仕組みを導入。ユーザーが「#コロナウイルス」と検索すると、厚生省などのWebサイトへのリンクをトップに表示する。(2020/1/31)

Google、新型コロナウイルス対策でWHOと協力 検索結果に「SOSアラート」
新型コロナウイルスが世界に拡散する中、Googleは世界保健機関(WHO)と協力し、関連するGoogle検索結果に「SOSアラート」を表示し、WHOによる正確な情報を優先的に表示するようにした。(2020/1/31)

Twitter、新型コロナウイルス関連ワードで検索すると保険当局情報が表示される新機能
まずは信頼できる情報を。(2020/1/30)

会話音声から最適なFAQを検索し、応答品質を自動評価――イッツコム、Watson活用の「AIオペレーター支援システム」を導入
イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は、IBM Watsonを活用した「AIオペレーター支援システム」をテクニカルサポートセンターに導入。音声をテキスト化し、会話ログから最適なコンテンツを検索する機能や、応答品質評価レポートの自動生成機能により、応対品質向上や業務効率化を図る。(2020/1/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。