ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索」に関する情報が集まったページです。

攻撃者も人間だもの:
サイバー攻撃者、誤って盗んだ資格情報をGoogle検索可能にして手の内を暴かれる
サイバー攻撃者がせっかく盗んだ情報をググれる場所に放置した。結果として手法や利用したツールがセキュリティベンダーに筒抜けになってしまった。(2021/1/22)

録画やサポート機能を備えた「MY J:COM」アプリが登場
ジュピターテレコムは、1月25日にJ:COM契約者向けアプリ「MY J:COM」をリリースする。番組検索・録画機能やサポート機能を充実させ、契約内容の確認が行えるマイページ機能も利用できる。(2021/1/22)

AIで自治体のDXを支援 デジタル化の事例を自動で紹介 コニカミノルタなど開発
コニカミノルタらが地方自治体のDXを支援するAIの提供を始めた。自治体職員が検索画面で改善したい業務などを入力すると、他の自治体の先行事例などをAIが提示する。将来は全国1000自治体への導入を目指す。(2021/1/19)

株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー:
文書管理の懸念を一掃、電子化/アクセス管理/検索に優れた管理システムとは?
大切な情報資産であるドキュメントを管理する上では、効率性だけでなく高い安全性も求められるが、その管理体制に課題を抱える企業は少なくない。そこで、文書管理にまつわる懸念を一掃する多機能な管理システムへの期待が高まっている。(2021/1/18)

Tech TIPS:
【Excel】キーワード検索で「霞が関」でも「霞ヶ関」でもヒットさせるには
Excelで大量のテキストデータに対し、複数のキーワードのどれかが該当するものを探したい場合はないだろうか。そのような場合、SEARCH関数やFIND関数ではうまく検索できない。そこで、簡単に複数キーワードで検索できる方法を紹介しよう。(2021/1/14)

解決!Python:
[解決!Python]文字列から部分文字列を検索するには(in演算子、find/index/count/startswith/endswithメソッド)
文字列に特定の部分文字列が含まれているか、そのインデックスはどこか、何個含まれているかなどを調べる方法を紹介する。(2021/1/12)

ヤフー、緊急事態宣言の対象エリア・期間を検索結果に表示
ヤフーが「Yahoo!検索」で緊急事態宣言の期間や対象エリアを検索結果のトップに表示する取り組みを始めた。緊急事態宣言に関する検索が急増したことを受けた施策。(2021/1/8)

2020年最後のGoogle Doodleはハト時計でカウントダウン
Googleの検索ページのロゴが12月31日にハト時計(カッコー時計)になった。午前0時にカッコーが飛び出す予定。(2020/12/31)

中村研太のSEOウォッチ(2020年総まとめ):
GoogleにおけるSEO 2020年の5つのトピックスと2021年の展望
Google検索の2020年の動向を振り返ります。(2020/12/25)

解決!Python:
[解決!Python]リスト(配列)の使い方まとめ
Pythonのリスト(配列)の初期化、要素へのアクセス、要素の追加、要素の削除、要素の検索、要素の並べ替えを行う方法を1ページにまとめて紹介する。(2020/12/25)

最も多く検索されたのは「SaaS」:
「DX」と一緒に検索されているキーワードとは ビズリーチが「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表
ビズリーチは「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表した。「SaaS」「クラウド」「DX」などの検索件数が2019年と比べて増加した。新型コロナウイルス感染症対策でDXが急速に進んだことが影響したとみられる。(2020/12/24)

スマホブラウザの「Smooz」がサービス終了 閲覧情報や検索履歴を意図せず送信
アスツールは12月23日、スマートフォン向けブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」のサービス終了を告知した。Smoozでは、閲覧したページや操作などの行動履歴、検索した単語などのデータを収集している。これらのデータ送信が、プライベートモードの利用時や、データの提供をオフにしているときも止まっていなかったことが判明した。(2020/12/23)

「このアニメキャラの声優は?」をAIが解決 音声認識でせりふを分析 21年に新サービス
ディップが、AIによる音声認識を利用してアニメキャラクターのせりふから声優を検索するアプリを発表。利用料は無料で、2021年春に提供を始める。(2020/12/23)

情報を外部に送信している? 疑惑のWebブラウザ「Smooz」が配信停止に
Webブラウザアプリ「Smooz」が検索情報などを外部に送信していると話題になっている。開発したアスツールは20日にプログラムを修正したが、新たな問題が見つかったとして同日に配信を停止した。(2020/12/21)

Googleを米38州が検索サービスでの独禁法違反で提訴 大型訴訟は10月から3件目
超党派の米38州がGoogleを検索サービスでの独禁法違反で提訴した。10月の司法省による提訴、前日の共和党10州による提訴に続く3件目。Googleはこの訴訟は消費者から有益な情報を奪い、企業が顧客と直接つながる手段を損なう方法で検索を再設計しようとしていると主張した。(2020/12/18)

解決!Python:
[解決!Python]リスト(配列)から要素を検索するには(in/not in演算子、count/indexメソッド、min/max関数)
リスト(配列)に特定の値が含まれているか含まれていないか、特定の値が何個含まれているか、特定の値がどこにあるか、最大値と最小値は何かを検索するための方法を紹介する。(2020/12/18)

LINEで完結するオンライン診療、都内でスタート ビデオ通話で診察、LINE Payで決済
LINEヘルスケアが、オンライン診療サービス「LINEドクター」をリリース。医療機関の検索と予約、ビデオ通話による診察、決済がLINE上で完結する。都内の一部医療機関で利用可能。(2020/12/17)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2021年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について筆者なりの考察を加える。(2020/12/16)

「東京メトロmy!」アプリ」がバージョンアップ、「ひと駅歩く検索」や混雑確認などを追加
東京メトロは、12月15日「東京メトロmy!アプリ」をバージョンアップ。経路検索結果からひと駅分歩くルート表示や「dヘルスケア」「あるく保険」などとのアプリ連携、混雑状況の表示を行う。(2020/12/15)

モバイル版Google検索結果のAR表示に柴犬やシャム猫、ハムスターなど50種追加
Googleが昨年6月から提供しているモバイル版Google検索結果のAR表示で、新たに50種類の動物が3D表示できるようになった。コーギーなどの犬種、ペルシャなどの猫種、ブタ、キリンなどだ。特徴的なしぐさや鳴き声も確認できる。(2020/12/14)

2020年のGoogle検索ランキング、「Zoom」「あつ森」「鬼滅」は何位?
Google日本法人が、2020年のGoogle検索ランキングトップ10を発表。IT関連のワードでは「Zoom」が10位にランクインした。ネット上で話題になった「鬼滅の刃」は4位、「あつまれ どうぶつの森」は5位だった。(2020/12/11)

「Google広告設定」でYouTubeとGoogleでの酒とギャンブルの広告表示削減が可能に
YouTubeとGoogle検索で、アルコールとギャンブルの広告表示を減らす設定が来年からできるようになる。「Google広告設定」にカテゴリ別に表示を少なくする設定項目が追加される。(2020/12/11)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
施主の要望管理を支援するクラウドサービスの新機能はキーワード検索
エフ・ディー・シーは、戸建て住宅購入希望者へのDM発送作業や施主の要望管理を支援するクラウドサービス「plantable」を開発した。現在、ビルダーと施主が、plantableのコメント機能で行ったやりとりから指定した内容をキーワードとタグで検索できる機能の開発を進めている。(2020/12/11)

Tech TIPS:
【Chromium版Edge】「新しいタブ」ページのカスタマイズで余計な機能を非表示にして、もっと便利に
新しいChromiumベースのMicrosoft Edgeでは、新しいタブを開くと、検索窓とよく開くWebサイトへのショートカットに加え、ニュースページが表示される。プレゼンテーションなどの際に不都合なこともあるし、モバイル通信(LTEなど)で接続していると余計なデータが転送されて無駄な容量が消費されてしまう。そこで、設定を変更してシンプルな「新しいタブ」にする方法を紹介しよう。(2020/12/10)

メルカリトレンドワード2020、「どうぶつの森」は4位 1位は?
「メルカリ」内で今年検索されたワードのうち、19年の同検索数との差が大きいものを抽出して集計した「メルカリトレンドワード2020」は?(2020/12/9)

「混みそう?」1週間先まで予想 駅や施設の混雑予報、「Yahoo!乗換案内」で確認
乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」に、主要な駅や大型商業施設などの混雑傾向を1週間先まで確認できる「混雑予報」が追加。(2020/12/7)

今年のメルカリ急上昇ワード 1位はあのカード
今年11月までに「メルカリ」での検索が昨年比で急増したワードのトップ10が発表。1位はあのトレカだった。(2020/12/2)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Windowsが遅い! その原因と対策「検索インデックス作成の不具合」編
「Windows 10の反応がにぶい」といった場合、「Windowsの検索」機能によるインデックス作成が繰り返し実行されていることが原因の可能性がある。インデックス作成には、意外とCPUパワーが要求され、ディスクアクセスも多く発生するため、Windowsの反応がにぶくなりがちだ。そこで、インデックス作成に不具合が発生していないかを見つける方法とその解決策を紹介する。(2020/11/30)

恋人の「検索履歴」は開けてはならないパンドラの箱 ヤバい彼女に振り回される漫画「ぼくの彼女、ヤバにゃん」
見られたくなければ、見てはいけない(2020/11/28)

「NAVITIME」で列車遅延を考慮したルート検索が可能に
「NAVITIME」がリアルタイムの列車遅延を考慮したルート検索を始めた。対応路線は東京メトロ、都営地下鉄、JR東日本。(2020/11/27)

流行語部門賞に「Zoom」 コロナ禍で検索数が激増 Yahoo!検索大賞2020
ヤフーが前年と比べ検索数が最も急上昇した人物や作品、製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2020」の「流行語部門賞」にWeb会議ツール「Zoom」を選出したと発表した。(2020/11/25)

NAVITIME、列車のルート検索で「リアルタイム遅延考慮」が可能に
総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」は、11月25日にリアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供開始。対応路線は、東京メトロ、JR東日本、都営地下鉄。(2020/11/25)

山市良のうぃんどうず日記(195):
フルバックアップがあってホントに助かった話〜もし、ユーザープロファイルが壊れたら〜
先日、主にWeb検索とテスト用として少数のHyper-V仮想マシンの実行に使っているノートPCをシャットダウンしようとした際に、タスクバー右端の「アクションセンター」アイコンに1件の通知があることに気が付きました。なぜか気になったのでもう一度起動して確かめようとしたら……。(2020/11/25)

米Yahoo!の元CEO、マリッサ・メイヤー氏、AI搭載連絡先アプリ「Sunshine Contacts」で再始動
Googleの検索幹部、米Yahoo!のCEOを務めたマリッサ・メイヤー氏の新興企業Sunshineが、AI搭載の連絡先アプリを発表した。「現在のテクノロジーは時代遅れ」とメイヤー氏。(2020/11/19)

弁護士検索サイト「ネット中傷解決くん」、一括相談や弁護士個人へのレビュー機能を追加
SNSのモニタリングサービスなどを手掛けるエルテス(東京都千代田区)が弁護士検索サイト「ネット中傷解決くん」に、弁護士個人へのレビュー機能や一括相談の機能を追加した。(2020/11/18)

TikTok、保護者の管理機能を強化 検索やコメント機能の制限など追加
動画共有サービス「TikTok」(iOS/Android)の日本法人が「ペアレンタルコントロール機能」(保護者管理機能)を強化し、コンテンツの検索制限などを追加すると発表した。(2020/11/18)

「Chrome 87」公開 CPU使用率を1/5に削減、タブ検索機能も
米Googleが「Chrome 87」を公開した。起動やページ読み込みの高速化、省電力化、タブ検索機能の追加などを行った。(2020/11/18)

Google、医療関係者向け文書解析サービスをプレビュー公開 機械学習で単語を抽出、文書検索をアシスト
Googleが機械学習を利用して医療機関に貢献しようとしている。(2020/11/17)

Googleさん:
「ふんふふん」で曲名が分かるGoogleの鼻歌検索 驚きの的中度支えるマッチング手法
モバイルのGoogleアプリに「この曲なに?」ときいてふんふふんと鼻歌(歌詞付きも可)を歌うと曲名を表示してくれる「鼻歌検索」。検索が得意なGoogleさんの、さすがの的中度です。従来の類似サービスとの違いを中の人が説明してくれました。(2020/11/15)

【正しく使えてる?】「エゴサ」
単に「検索する」は誤用。(2020/11/13)

Googleの「鼻歌検索」 どうやって実現した?
Googleが10月からAndroidスマホ向けに提供している「鼻歌検索(Hum to Search)」。一体どのようにして実現しているのだろうか。Googleが行った説明会の模様をお伝えする。(2020/11/12)

入手困難:
転売で価格高騰の「PS5」 在庫速報.comが通販サイトの最安値を探す機能を追加
通販サイトの在庫から最安のマスクやゲーム機などを探せる「在庫速報.com」がプレイステーション5の商品検索に対応できるようにした。転売で価格が高騰しているため。(2020/11/12)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:いまさら聞けないCI/CD入門
特集はCI/CDの効果的な導入方法とQLC SSDの基礎解説&最適な用途、業種/用途特化型検索サービスの3本。他にGoogleが放置したAndroidの脆弱性、量子コンピュータ&量子プロセッサ開発動向、Apacheのディープラーニング基盤プロジェクトなどの記事をお届けする。(2020/11/10)

「Loser」(敗者)で検索するとトランプ大統領がトップに Twitterは「アルゴリズムによるもの」と説明
「Loser」のTwitter検索結果トップとしてトランプ大統領の公式アカウントが表示されることが話題となっている。Twitter Japanは「アルゴリズム的に関連付けとして表示される可能性がある」とし、意図的な表示を否定している。(2020/11/10)

Googleさん:
検索とブラウザのシェアが計測できなくなるのはGoogleのせい?
14年にわたってWebブラウザや検索の市場調査を報告してくれていたNetApplications.comが10月でサービスを終了します。ブラウザの変更で同社のデバイス検出技術が使えなくなるので、としています。(2020/11/8)

BIM:
TCGが丸紅アークログと「Arch-LOG」の使用に関する業務提携を締結
高松コンストラクショングループは、丸紅アークログが運営するBIMオブジェクトの総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」の活用などを盛り込んだ業務提携を結んだ。今後、同グループの高松建設と青木あすなろ建設の建築設計部門で、Arch-LOGの利用を促進し、BIMオブジェクトの拡充を図るとともに、BIM活用を進めていく。(2020/11/1)

Google Doodle、今年のハロウィンは黒猫モモの冒険ゲームが復活
Googleの検索ページトップのロゴが黒猫のアニメになっており、これをタップするとおばけ退治ゲームが始まる。ハロウィン仕様のGoogle Doodleだ。ゲームはレベル4まである。(2020/10/30)

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】:
「あの書類、どこやった?」AIが10万の書類から候補を提案 企業向け検索ツールが登場
AIを活用し、膨大な書類から関連性の高い書類を発掘できるサービスが「第1回 AI・人工知能EXPO【秋】」に登場。開発元に仕組みを聞いた。(2020/10/29)

タッチパネルでほしい商品を検索すると……:
“ロボット案内人”登場 目的の売り場まで誘導、カインズの新店舗
ホームセンターのカインズが、買い物客を案内するロボットを試験的に導入する。11月3日にオープンする「カインズ朝霞店」に設置。買い物客がタッチパネルで商品を検索して選ぶと、ロボットがその商品の並ぶ棚や通路の前まで動いて案内する。(2020/10/29)

モバイル版Google検索で猫や犬をAR表示する機能のハロウィーン版(たぶん期間限定)
モバイル版Google検索で動物や恐竜を検索するとAR表示できる機能のハロウィーン版が登場。猫は魔女の帽子をかぶった黒猫として表示される他、踊る骸骨やかぼちゃのランタンなど、6種類を表示できる。(2020/10/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。