ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スクウェア・エニックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スクウェア・エニックス」に関する情報が集まったページです。

ドラクエIVで泣いた人たちへ 「ドラクエウォーク」でコラボイベントと新システム「絆」
スクウェア・エニックスは「ドラクエウォーク」に3つの新要素を加える。「ドラクエIV」イベントと併せて21日に実装予定。魅惑の踊り子「マーニャ」が助けてくれる。(2019/11/20)

ブラウザ版「ドラゴンクエストX」、20年春までにサービス開始
スクウェア・エニックスが、ブラウザ版の「ドラゴンクエストX」を、2020年春までにリリースすると発表。スマートフォンやタブレット、PCなどでプレイできる。(2019/11/20)

ドラクエウォークが1000万ダウンロードを突破、リリースから約2カ月で
スクウェア・エニックスは、位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が、リリースから約2カ月で1000万ダウンロードを突破したと発表した。最大3000ジェムがもらえるログインボーナス実施中。(2019/11/15)

「お家でもできる!モンスター討伐キャンペーン!」 ドラクエウォーク、台風や首里城火災で迅速対応
 位置情報を使うスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストウォーク」でとられた災害対応が注目されている。大きな被害をもたらした台風19号では、外出を控えてもらうため、室内で遊べるキャンペーンを実施。設定をリアルタイムで変更できるスマホゲームの特長を生かし、利用者の安全などに配慮した対応で、開発元のゲームソフト大手スクウェア・エニックスは、ゲーム利用者の安全性確保を向上させる姿勢だ。(2019/11/5)

「ドラクエウォーク」、イベントスポットが私有地に配置されトラブルに スクエニの対応は
「賃貸物件の通路にまでプレイヤーが入り込んで迷惑をしている」といったツイートが広まり、問題が明らかとなりました。(2019/11/1)

あふれるレトロ感……! スクウェア・エニックス、チップチューンCDの「ダンボールスピーカー」セット発売
オフィシャルショップ「e-STORE」にて限定販売。(2019/10/16)

「ドラクエ11S」のネタバレ配信にスクエニが注意喚起 度を過ぎているものには対処も
エンディングおよびボイスドラマ部分は録画等を禁止と、あらためて明言しました。(2019/10/4)

「ドラクエウォーク」セルラン1位継続でコロプラまたストップ高 5営業日で70%超の値上がり
スクエニも上昇中。(2019/9/24)

「ドラクエウォーク」正式サービス開始
スクウェア・エニックスは9月12日、位置情報を活用したスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」(iOS/Android)のサービスを開始した。(2019/9/12)

スクエニのゲーム「星と翼のパラドクス」のイベント中止 運営チームに殺害予告
来場客の安全を最優先に考えて中止を決定したとしています。(2019/8/15)

スクエニ・コロプラ株価が“かいしんの”伸び 「ドラクエウォーク」共同開発を発表
6月3日の東京株式市場で、スクウェア・エニックス・ホールディングスとコロプラの株価が急騰。両社ともに年初来高値を更新し、コロプラは一時ストップ高まで値を上げた。両社は同日、「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエストウォーク」を共同開発しており、2019年内にリリースすることを発表していた。(2019/6/3)

「ドラクエ」最新作は「歩く」スマホゲーム 「ドラクエウォーク」発表
スクウェア・エニックスがスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」を2019年内にリリースする。(2019/6/3)

「ドラクエ新作発表会」に期待集まる スクエニ株など急伸
投資家は気が早い。(2019/5/28)

「FF XIV」の世界観で結婚式、予約スタート スク・エニ監修、ゲームの武器や衣装身に付け
「ファイナルファンタジーXIV」の世界観を再現した結婚式の予約受け付けがスタート。新郎新婦がゲームに登場する武器や衣装などに身を包み、ゲーム内の場面を背景に式を挙げることができる。(2019/5/22)

累計20万チケットを生んだオンラインゲーム開発プロジェクトの裏側:
青山Pが振り返る「ドラゴンクエストX」3つの失敗――消すつもりのコードが本番環境に
スクウェア・エニックスでドラゴンクエストXのプロデューサーを務める青山公士氏は「ドラゴンクエストX」の3つの不具合を振り返り、サービス開発、運用時の教訓を紹介した。(2019/3/15)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【後編】:
私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由
スクエニ取締役の齊藤陽介さんは「ドラクエX」のプロデューサーを引退し、現在は「Vチューバー」アイドルを手掛けている。なぜ、「ドラクエ」から「Vチューバー」のプロデューサーに転じたのか。(2018/12/25)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

「eスポーツで稼げることが分かれば人がついてくる」 プロゲーマー兼スクエニ社員が語る“兼業プロゲーマー”の実情
ザンギエフが嫌いすぎるゲーマー。(2018/11/4)

「ボスバトル中は大変危険」 FFキャラが“ながらスマホ”防止を呼び掛け
スクウェア・エニックスが、警視庁新宿警察署が実施する「ながらスマホ防止キャンペーン」に協力。ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターが登場するイラストや動画が公開された。(2018/6/1)

スクエニのゲームアプリ「キングスナイト」が6月でサービス終了 配信開始から約9カ月
「『ファイナルファンタジー XV』の世界では流行中」という設定だったのがまたせつない。(2018/3/26)

「大半のプレイヤーが1試合もせずゲームから離れる致命的な状態」改善目指したが……スク・エニ「フィギュアヘッズ」2年で終了
スクウェア・エニックスの対戦型オンラインゲーム「フィギュアヘッズ」が2年で終了。操作が難しく、「大半のお客様が1試合もプレイせずにゲームから離れてしまう致命的な状態」だったところ、改善を続けてきたが根本的な改善には至らなかったという。(2018/3/16)

なぜその組み合わせ スクエニの最新三国志ゲーム「諸葛亮孔明(古田敦也Ver)」を事前登録景品に
三国志の英傑が野球をするゲームではない。(2018/3/15)

スクエニがアイドル育成ゲームを発表 勇者様をアイドルとして育てる「IDOL FANTASY」
マネジャーになって勇者様とトップアイドルを目指そう。(2018/3/9)

スクエニ「星のドラゴンクエスト」ガチャ不当表示で集団訴訟に 1人で90万円以上課金したユーザーも
8人分で合計300万円超の返金を求めています。(2018/1/26)

ファイナルファンタジーXV推奨ゲーミングPCが各社から発売
スクウェア・エニックス製RPG「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨のゲーミングPCが各社から発表されている。(2018/1/16)

東京シティビューに超巨大インベーダーゲームが到来 夜景に浮かび上がる敵を協力プレイで撃退
スクウェア・エニックス開発の「バハムートディスコ」とのコラボも。(2017/12/7)

通期予想は据え置き:
スクエニHD、上半期は営業益2倍に ドラクエ・FF新作好調
スクウェア・エニックスHDが2017年4〜9月期の連結決算を発表。7月に発売した「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」シリーズの新作が好調で、大幅な増収増益となった。(2017/11/8)

「聖剣伝説2」のフルリメイク版「聖剣伝説2 シークレット オブ マナ」2018年2月発売! フルボイス対応など新要素追加
ありがとうスクエニ……!(2017/8/25)

想定以上の反響で増産:
ロート「スライム目薬」 “かいしんの一滴”の舞台裏
想定以上の反響でたちまち品薄状態になり、急きょ増産が決定したロート製薬の「スライム目薬」。スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」とのコラボ商品だ。こだわりぬいた商品はどのように生まれたのか? 舞台裏に迫った。(2017/8/17)

「ドラクエ11」300万本超え 発売から約10日で
ドラクエ最新作「ドラクエ11」の国内出荷・ダウンロード販売本数が300万本を突破したと、スクウェア・エニックスが発表。(2017/8/7)

「ファイナルファンタジー」からキャラ盗用 DMMなど、「カオスサーガ」問題でスク・エニに謝罪
1日で終了したオンラインゲーム「カオスサーガ」について、DMM.comとゲームブライブは8月4日、「ファイナルファンタジー」シリーズからキャラクターを盗用していたと明らかにし、スク・エニに対する謝罪文をWebサイトに掲載した。(2017/8/7)

DMM「カオスサーガ」、スクエニへの著作権侵害を認め謝罪 「FF」シリーズのデータ25点を無断流用
わずか26時間で終了した、ある意味“伝説”のゲームでした。(2017/8/5)

Yahoo!がゲームプラットフォームを開設 ブラウザ上で高品質なゲームがプレイ可、スクエニ等52社が参画
「FF 10」「13」などがスマホやPCから遊べちゃう。(2017/7/18)

「全てのゲームはWebでやれ!」 Webブラウザで遊べる「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」始動 「FFX」など39作
ヤフーが、ブラウザゲームプラットフォーム「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」をオープン。カドカワやスクエニなど52社が参加し、39タイトルが遊べる。(2017/7/18)

「ドラクエ11」のプレイ動画の投稿・生配信・画像投稿について、スクウェア・エニックスがガイドラインを発表
プレイ動画や画像の投稿について利用条件を掲載しています。(2017/7/12)

スクエニのゲームに「ポタフェス」が登場 コラボヘッドフォンのプレゼントも
(2017/7/6)

ポケラボ×スクエニ「シノアリス」課金系不具合を認め謝罪 ユーザーからは運営姿勢などに対し強い不満の声があがる
詫び石は1万円分。(2017/6/16)

スクエニ「シノアリス」 6月6日リリースからメンテと不具合を繰り返しプレイできない状態続く
まともにゲームを進められません。(2017/6/9)

スクエニ新作「シノアリス」明朝までメンテ決定 「想定を遥かに上回る未曾有の同時接続数」「サーバーが臨界点を超え」
すごそう。(2017/6/6)

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーのゲーム開発用PCを支える人々:
PR:スクウェア・エニックスの大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCの構築、管理、メンテナンスの現場とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがデスクトップサポートエンジニアを募集している。その大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCを管理、メンテナンスする現場は、他の企業の情報システム部とはひと味違う。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行えるデスクトップサポートエンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役デスクトップサポートエンジニアに話を伺った。(2017/6/14)

テレビ東京でゲームバラエティ番組「勇者ああああ」 スクエニ提供で4月6日から
MCはアルコ&ピース。ナレーターを相田周二さん(三四郎)が担当します。(2017/4/3)

450度VR空間にバハムート降臨! スクエニ×ハウステンボスのコラボアトラクション登場
メガフレアがばんばん飛んできそう。(2017/2/28)

スクエニが新会社「スタジオイストリア」設立 新規IPのRPG開発へ
スクウェア・エニックスが新会社「スタジオイストリア」を設立。キャラクターなどを他作品から流用しない、完全新規IP(知的財産)のRPGを制作するという。(2017/2/21)

いやその祝い方はおかしい FF15「イグニス」誕生日に公式がリアル“イグニスのお面”配布中
スクエニ「新しい祝い方を思いついたぞ」(2017/2/7)

マーベル&スクエニ、タッグで「アベンジャーズ」をゲーム化 ヒーローの“再構築”を示唆するティーザーも公開
ティーザーには朽ちたアイアンマンのスーツやキャプテン・アメリカの盾など、意味深な描写が。(2017/1/27)

田畑端ディレクターインタビュー:
大ヒット「FF15」を完成させた2つのルール
11月29日に世界同時発売した「FINAL FANTASY XV」。“新しい形のヒット作”は、なぜ生まれたのか。作品を生み出すために、スクウェア・エニックスという組織はどのように変わったのか。田畑端ディレクターに話を聞いた。(2016/12/22)

かわいいジョーカー姿にノックダウン 「チョコボトランプ」がスクウェア・エニックス公式通販で発売
チョコボはやっぱり正義!(2016/12/21)

格ゲー企業対抗戦で優勝したスクウェア・エニックス 強豪を破って優勝をもぎ取った企業戦士に話を聞いた
決勝戦ではトッププレイヤーを擁する強豪社を撃破。(2016/12/17)

スクエニのRPG「サガ」が来春舞台化! 劇団・30-DELUXとのタッグで東京など4都市を巡る
「サガ」の生みの親・河津秋敏さんも「衝撃の情報をお待ちください」とツイート。(2016/11/24)

スクウェア・エニックス公式カフェが秋葉原にオープン! 人気タイトルとコラボして改装、限定メニューを提供
ドラクエカフェ、FFカフェなどいろいろ楽しめそう。(2016/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。