ニュース

同じ自販機を毎日のように観察する謎ブログ、13周年目前で更新終了を発表 自販機が撤去されたため

運営意図がまったく分からないブログとして知られていました。

advertisement

 ひたすら同じ場所の自販機を観察しつづける不思議なブログとして知られる「私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。こめんなさい。」。13周年を目前に、いったん更新終了することが発表されました。理由は自販機の撤去。

まさかこんな展開になるとは……(Webサイトより)

 「私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。こめんなさい。」がスタートしたのは、2005年8月5日。タイトル通り、ある休業中の焼肉屋の前に設置されている自販機を日々観察するだけの内容で、記事タイトルは基本的に「変化なし」。更新しつづける意味がまったく分からないことから「超マニアックな観察ブログ」「謎のサイト」などと評されていました。

 自販機本体の入れ替えに伴い、2台目、3台目と観察対象を変更しながらも記事制作を続けていましたが、2017年8月1日、ついに自販機が撤去。その後も新台が設置される気配がないことから4日、「明日で13周年を迎えるはずでしたが」「とりあえず終了」と更新ストップが発表されました。

advertisement

 これに対し、はてなブックマークには「自販機の人のブログが終わってしまうとは」「お疲れさまでした」といった反応が。2ちゃんねるにもスレッドが現れ、「やめられると寂しくなる」「マジかよ!うわあぁぁぁ!」と悲しみの声が寄せられています。なお、ブログ運営者は、もし同じ場所に自販機が置かれたら更新再開するとしており、終了が確定したわけではないようです。

更新がスタートした2005年8月5日の記事。当初は、自販機の画像だけを掲載
その後、観察内容がより詳細に書かれるように(Webサイトより)
「嫌いな言葉:『継続は力なり』」「自販機自体や缶飲料には興味がありません」というプロフィールが気になって仕方なかった人も多いのでは?(Webサイトより)

 ちなみに、過去の記事によると、同ブログ開設のきっかけは、運営者が妹の一周忌に「彼女が好きだった『馬鹿馬鹿しくて無意味なもの』を何か作ってみようと思ったこと」だそうです。

 5年目に突入した2009年8月5日にはこれまでの更新を振り返り、「妹もあちらで呆れてることでしょう」「このブログは全部その眠りの中で見ている退屈な悪夢なんじゃないか」と投稿。毎日読むようなブログではないとしたうえで、「あなたが、大人になってもう一度この場所にもどったときに、まだたぶん僕は眠りの途中にいるはずです」と、更新宣言と受け取れる一文を掲載していました。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 妻との口ゲンカに負けた夫が“仕返し弁当”を作ったら…… ギョッとする仰天ビジュアルに「量半端ないですってw」「笑いと共に鼻水も出ました」
  2. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  3. 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  4. 「気が付かなかった」 実は“ガンプラじゃない”衝撃のガンダムやサザビーが話題 「これはメカメカしくて良い」
  5. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  6. 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  7. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  8. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  9. 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  10. 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目