ニュース

スズキ「スーパーキャリー」にスズキ「バンディット」のエンジンを移植!? スズキ愛の終着点とも言える魔改造マシンが海外で話題に

これがスズキストの境地か。

advertisement

 スズキの四輪自動車「スーパー・キャリー」に、同じくスズキのバイク「バンディット」を融合させるという、悪魔的な改造を施したマシンが海外のオークションサイト「eBay」に出品され、注目を集めていました。


スズキ「バンディット」のエンジンを移植したスズキ「スーパー・キャリー」に、スズキのバイクを搭載しておでかけする写真も。世界よ、これがスズキストである

 この魔改造スーパー・キャリーは、現在は生産されていないワゴンタイプのスーパー・キャリー(1991年製)がベース。搭載されている660cc直列3気筒エンジンは排除され、海外向けに販売されている「バンディット1250(GSX1250F/2010年モデル)」に搭載されている1254cc水冷4気筒エンジンが移植されています。

 エンジンは座席の後ろに取り付けられており、バイク用ガソリンタンクと横並びで配置されています。

advertisement
外観と運転席はこんな感じ。メーターの主張が激しい

エンジンと燃料タンクがシートの後ろに設置されている

 6速トランスミッションやワイヤーハーネス、スピードメーターと燃料計など、いくつかのメカニクスがバイクから移植されており、もはやクルマの形をしたバイクといった状態になっています。

 スズキ愛、ここに極まりといった感じの魔改造スーパー・バンディット・キャリーですが、最終的に4100ポンド(約58万円)まで入札されるものの、残念ながらオーナーが設定した最低価格に届かず、2019年1月17日に締め切られて流札となってしまったようです。

 このあとスーパー・バンディット・キャリーがどうなってしまうのか気がかりですが、良き貰い手が見つかることを祈っています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 加藤貴子、義父母&実母との共同生活をスタート リノベーションに引っ越し、子どもの転園で「この半年間は怒濤」
  2. 広田レオナ、肺がん手術後の激細姿に焦り「痩せないようにもっと努力します」 面やつれには不安「顔も結構ヤバい」
  3. 伊藤かずえ、愛車「初代シーマ」と約1カ月ぶりの再会 バラバラな姿に戸惑いも「こんな形のシーマを見るなんて」
  4. がん闘病の大島康徳、退院を報告 1週間ぶりに会う妻らに感謝「皆、皆 ありがとう」 
  5. 整形男子・アレン、500万円かけた差し歯に深刻なトラブル 「放心状態です」「高額な費用が掛かってくる」
  6. 大きな馬の顔からひょっこりのぞいているのは…… やんちゃな子猫をかばう優しい馬の光景に癒やされる
  7. 【そんなことある?】お腹が出てきたので検査したら「まぁ脂肪ですね」「ただそれとは関係ないけど妊娠してますね」と言われた話
  8. 南明奈と濱口優、約2週間ぶりにインスタ更新 「しっかりご飯食べてしっかり寝て元気です」「夫婦で笑顔で過ごそうと思います」
  9. 数年ぶりに「ポケGO」再開したら神ゲーになってた 復帰組による布教漫画に「やりたくなった」「私も再開した」
  10. 渡辺満里奈、長女の11歳バースデーに“パパそっくり”な赤ちゃん写真公開 「おめめパッチリ!」「そのまんまだ」