ニュース
» 2016年10月03日 17時44分 公開

"発信機を搭載した首輪で迷子になった猫の位置を特定する技術"が特許出願中 2017年からサービス展開予定

飼い主さんにはありがたや〜!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 オープンストリームが、発信機を搭載した首輪からの情報を手がかりに、迷子になった猫の位置を特定する技術の特許出願を行っていることを発表しました。同技術を活用したサービス「ねこもに」が、2017年春にスタートする予定です。


画像 専用の首輪を付けておけば、いざというときも安心

 オープンストリームの調べによると、日本で飼育されている猫の約30%が迷子になっており、そのうち飼い主の元に戻ってくるのは20%だけ。およそ飼い猫の4匹に1匹が、行方知らずになったまま帰ってこない計算になります。

 同社が特許を取得しようとしているのは、BLEビーコン(低電力で信号を発信する装置)を搭載した首輪を使い、猫の居場所を特定する技術。スマホ端末と飼い猫の距離を電波強度から割り出し、端末の持ち主を中心とする円形で表示します。移動して新たな距離情報を取得することで推定される猫の居場所が狭まり、より正確な位置を把握することが可能。首輪の電池交換は約1年に1回でよく、メンテンナンスに追われる心配はなさそうです。


画像 青い部分が推定される猫の居場所。スマホを持ちながら移動すると次第に狭まります

 この機能は「ねこもに」に「一人で猫をさがす機能」として実装。また、クラウド上で情報を共有することで、より広域にわたって迷い猫の位置を調べる「みんなで猫をさがす機能」なども用意される予定です。

マッハ・キショ松

関連キーワード

| 特許 | 出願 | Beacon | クラウド


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた