ニュース
» 2016年10月05日 23時00分 公開

「どうしても観てほしい映画があります」 立川シネマシティで「この世界の片隅に」極上音響上映決定

決定の裏には抑えきれない熱い想いが……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 11月12日に全国公開される劇場アニメ「この世界の片隅に」。立川シネマシティ(東京都立川市)は、この作品の“極上音響上映”を開催することを発表しました

 極上音響上映は、ベテラン音響家が同作の上映に最適な音へと調整して開催するもの。またその理由として「どうしても、観てほしい映画があります」と、同作に関しての熱い想いを公式サイトでつづっています。


この世界の片隅に 極上音響上映 劇場アニメ 立川シネマシティ 推し文がアツい……!シネマシティ公式サイト

 同館は「すべての作品に平等であることが、映画館として正しいあり方かも知れません」としつつも、「ひとりの映画ファンとして、感情まで抑えつけるのは容易ではありません」と心の内を打ち明け、どうしても観てほしいと同映画を紹介。

 こうの史代さんの漫画を原作とする「この世界の片隅に」は、戦時中の広島が舞台。その中で生きるひとりの若い女性を描いた物語で、「癒やされることよりもむしろ多く、胸をかき乱されることでしょう」と述べ、多くの人は気軽にこの映画を観ようとは思わないかもしれないが「だからこそ、シネマシティが出来ることを、尽くさなくては」と、極上音響上映するに至った気持ちを吐露しています。



 上映はアナログのプロセッサを挟むことで「デジタルの先のアナログ」を目指して作られたという劇場シネマ・ワンのfスタジオで行われ、「水彩絵の具のように澄んだ音を、やさしく、胸の奥にお届けします」としています。

 10月31日には有料シネマシティズン会員限定の試写会も開催し、200人限定で10月20日23時59分まで応募ページから受け付け。これ以降も「まだまだできることがあるはず」と他にも計画があることが述べられています。


『この世界の片隅に』(11/12(土)公開)本予告

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む