Special
» 2018年06月01日 15時00分 公開

アース製薬さん本気出しすぎ! 蚊から篠崎愛を守る「SAVE SHINOZAKI PROJECT」が虫ケアに全力すぎる件

篠崎さん本人が毎週“蚊”曜日にTwitterで経過報告するぞ!

[PR/ねとらぼ]
PR

 これから暑くなるにつれて気になってくる「蚊」の問題。実はアイドルの篠崎愛さんはただでさえ腕や脚を出す機会が多いにも関わらず、「蚊に刺されやすい」ことが毎年の悩みになっているそうです。そんな篠崎さんをアース製薬が全力で蚊から守る「SAVE SHINOZAKI PROJECT」が始動しました。

篠崎愛アース製薬 SAVE SHINOZAKI PROJECT

 日本の蚊研究の第一人者である医学博士の白井良和氏によると、篠崎さんはとても代謝のよい体質のため蚊に狙われやすいとのこと。また、活発な性格から歌を歌ったり食事に出かけたりとアクティブに行動することが多く、汗や二酸化炭素が多く出ることも蚊をおびきよせることにつながるそうです。汗をかいた篠崎さん……そんなの蚊じゃなくても魅力的だから奴らがホイホイ寄ってきちゃうのはしょうがないな!

篠崎愛アース製薬 仕事でもプライベートでも腕や脚を出す洋服を着ることが多いという篠崎さん

 白井氏の見解では、なんと「篠崎さんはひと夏で50カ所ほど蚊に刺されるリスクがある」んだとか。そんな篠崎さんを6月1日から100日間、アース製薬の技術の粋を結集させた虫ケア用品を駆使して蚊から守り抜くのがこのプロジェクト。100日間で虫さされ10カ所以内にとどめることが目標です。通常の20%におさえるだなんて……これが虫ケアメーカーシェアNo.1*のアース製薬の本気か……!

*インテージSRI 殺虫剤市場 2017年1月〜2017年12月 累計販売金額シェア

 虫ケア用品とはアース製薬が推奨する殺虫剤の新しい呼称です。

篠崎愛アース製薬 篠崎さんを守る3タイプの虫ケア用品

 今回、篠崎さんを蚊から守るのは3タイプの虫ケア用品。スイッチひとつで殺虫効果を発揮する「アースノーマット」、1プッシュで手軽に使える「おすだけノーマット」の蚊とり製品で蚊の駆除、肌にやさしく虫よけ効果がある「サラテクト」で虫よけ対策を行う鉄壁の布陣となっています。まさに篠崎さんに「悪い虫」がつかないようにするアース製薬のお父さん的な思いも垣間見えますね!

 プロジェクトの経過は毎週「“蚊(火)”曜日」に、篠崎さんのTwitterで報告されます。仕事のオフショットやプライベートの写真をまじえつつ、蚊に刺されてしまった場合はその部分の写真も投稿されるもよう。篠崎さんの「あんなところ!?」や、「こんなところ!?」などドキドキする投稿を見るチャンスかも?

篠崎愛アース製薬 結果的に篠崎さんの美しい肌を見る機会が増えるなんて……あざーす!(本音)

篠崎愛アース製薬 特設サイトではパーツごとに蚊に刺されないためのアドバイスを募集中

 特設サイトでは、篠崎さんの「顔」「首〜胸元」「腕」「脚」などパーツごとに、蚊に刺されないようにアドバイスができます。紳士の皆さんは「たくさん蚊に刺されてくれれば篠崎さんの腕や脚が見られるかも〜!」とか思わずにちゃんと応援してあげましょう。

 蚊に刺されると肌が赤く腫れたり見た目が気になるだけではなく感染症といったリスクもあるそうです。「これを機に、しっかり虫ケアすることを学んで、蚊に刺されにくい肌を目指したい」と意気込みを見せる篠崎さんの美肌は、果たしてこの夏守られるのか……? プロジェクトの経過報告は6月5日からスタート。毎週“蚊”曜日は篠崎さんを要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」

提供:アース製薬株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2018年6月7日