Special
» 2018年09月18日 10時00分 公開

出川哲朗さんの「ヤバいよダイヤル」にかけたら出川の皮をかぶったイケメンが出た

まさかのトキメキ体験。

[ちぷたそPR/ねとらぼ]
PR
ヘアケアヤバいよダイヤル

 髪質は人それぞれ。髪の悩みも千差万別なのではないでしょうか。筆者も髪の毛の量がめちゃくちゃ多く、髪の毛が乾きづらいといった悩みがあります。

 そんな時、ヘアケアブランド「エッセンシャル」を展開する花王が出川哲朗さんをヘアケアラクちん化応援団長に起用した「ヘアケア ラクちん化運動」をスタートしたとの情報が。そう、今回の記事、PR案件なんです。でも、エッセンシャルと出川さんってどういう組み合わせ……?

なぜ出川さんが起用されたのか

ヘアケアヤバいよダイヤル ヘアケアラクちん化応援団長・出川哲朗さん

 今回、花王エッセンシャルの1人でも多くのヘアケアの“わずらわしさ”や“不満”の声に向き合いたいという想いから(わかる)、出川哲朗さんによる特設ダイヤル(わからない)「ヘアケア ヤバイよダイヤル」が9月30日までの期間限定で開設されました(わからない)。そもそも、なんでリアクション芸人の出川さんが女性用シャンプーのイメージキャラクターに起用されたんでしょうねぇ……(困惑オブ困惑)。

ヘアケアヤバいよダイヤル 出川さんが自ら配布していた名刺。「ヤバいよダイヤル」の番号が書いてあります

 なんて困惑していたのですが、出川さんは“コミュニケーションに一生懸命” “共感力がある”と好感度急上昇で話題になっているそうなんですね。そんな経緯で起用されており、現在テレビでも出川さんが出演するテレビCMが全国で放映中です。とりあえず「ヘアケア ヤバイよダイヤル」の響きが気になりすぎるのでちょっと電話をかけてみることにしましょうか。

「ヘアケア ヤバイよダイヤル」にかけてみる

ヘアケアヤバいよダイヤル スマホからかけるのがオススメです

 キャンペーンダイヤルは0570-00-8814。0570に下6ケタ「おーヤバイよ(00-8814)」と覚えてください。では発信します。「ヤバイよダイヤル」は再配達の際などでおなじみのナビダイヤルでつながります。

ヘアケアヤバいよダイヤル かけてみた

 まずは女性の声でアナウンスの後、出川哲朗さんが出ました。「ヤバイよヤバイよ。ほんとにかかってきちゃったよ(超ハイテンション)」とか電話の向こうで言っているんだけど……うるさっ!

ヘアケアヤバいよダイヤル 出川さんのハイテンションぶりに思わず音量下げた

 思わず音量を下げました。「ヘアケア ヤバイよダイヤル」は、電話をかけると出川さんがその人の髪質や悩みに合わせてアドバイスしてくれるのです。

 筆者は出川さんに「ドライヤーが面倒な人」向けの相談をしてみました。すると返事が「髪の毛が長いと大変だよねー。ぼくはショートヘアだからすぐ乾いちゃうからさ。わかってあげられなくてほんと申し訳ない」と、 “勢いで勝負なハイテンションリアクション芸人”という普段の印象とはちょっと異なる共感力の高い出川さんが。あれ、これ普通にうれしいぞ……?

ヘアケアヤバいよダイヤル

 その後に「人に幸せを届ける仕事をしている人間として、一言だけ」とさく裂した出川さんのスペシャル語録がまたイケメン対応でした(トゥンク)。あと電話の最後に出川さんの想いをのせたショートメッセージを送っていいか聞かれるんですけど、盛大に噛んでいるのでそこも必聴です。もう、哲朗はそんなところもかわいいねっ(出川の女的な発言)。これ「出川の女」増えちゃうんじゃないかな〜?

ヘアケアヤバいよダイヤル エッセンシャルが髪質に合わせた4つのタイプにリニューアルしたぞー!

 エッセンシャルは8月に“わずらわしい髪のお手入れをラクにする4つのタイプ”に刷新。新しいラインアップは速乾タイプや手ぐしでしっとりまとまる髪にするタイプなど、どれも忙しい翌朝の強い味方になってくれそうな4種類です。

 そう、出川応援団長の「ヘアケア ラクちん化運動」は、忙しくてもキレイでいたい女性の毎日の髪のお手入れに対する「めんどう」や「わずらわしさ」に向き合ってヘアケアを“ラクちん”に変えていくというプロジェクトなんです。

ヘアケアヤバいよダイヤル 助かるよ、出川さん……!

 出川さんにヘアケアの不満を聞いてもらっているような体験ができる「ヘアケア ヤバイよダイヤル」。リアクション芸人として培った(?)共感力の高さという、知らない一面に触れることができました。あなたも髪の毛の不満を出川さんに聞いてもらってはいかがでしょう。

動画が取得できませんでした
共感力の高い出川さん見て

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  2. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  3. /nl/articles/2312/02/news075.jpg 黒木啓司の妻・宮崎麗果、1年空けずにフェラーリを追加購入 愛車は高級外車ぞろい「何台目!?」「カッコいいの一言」
  4. /nl/articles/2312/07/news009.jpg 「入居者が全くいない」ボロボロの築古アパートをリノベしたら……? 驚愕の“激変ぶり”に「すてきです!」
  5. /nl/articles/2312/03/news018.jpg 黒猫に見えるニャンコ、“かわいすぎる秘密”をかくし持っていた……! まさかの事実に「じゃないんだ」「白い……!」
  6. /nl/articles/2312/03/news015.jpg ハムスターが「寒い寒い!」とスライディングお布団→「スヤァ」 人間味あふれる“ぬくぬく姿”が「可愛すぎ注意」と話題
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2312/03/news012.jpg 猫たちがストーブの特等席を陣取るが、大事な事に気付き…… 「おかあさーん!!」とシンクロで訴える姿に冬の訪れを感じる
  9. /nl/articles/2312/02/news003.jpg ちいかわデザインのおくすり手帳を開いたら……? “まさかの中身”に衝撃走る「絶対に笑ってはいけない」
  10. /nl/articles/2311/30/news197.jpg 一世風靡の52歳元アイドル、がん受診の遅れ巡って後悔しきり 同じ病で亡くした母思い「怖さわかってるはずなのに」「自業自得なんです」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」

提供:花王株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2018年9月24日