Special
» 2018年10月19日 12時00分 公開

のんさんが演じた「かわいげのあるクズ」にほっこり 赤いジャージだらけの「ミライさん」イッキ見イベント

のんさんが「今まで演じた役の中で一番クズ」だというLINE NEWS初の連続ドラマ「ミライさん」。イッキ見イベントを体験してきました。

[ふくだりょうこ,PR/ねとらぼ]
PR

 LINE NEWS初のオリジナル連続ドラマ「ミライさん」(全5話)。9月8日よりLINE NEWSにて配信され、10月6日に最終回を迎えました。

LINE NEWS「ミライさん」 LINE初の無料オリジナル連続ドラマ「ミライさん」

 5日には渋谷で「ミライさん」イッキ見イベントが開催。雨模様となりましたが、当選者のみなさんの熱気でなんのその。4話までをイッキ見、さらに最終話を一足先に主演ののんさんと一緒に鑑賞しました。

会場にのんさんが登場!

LINE NEWS「ミライさん」 4話までの鑑賞後に登場したのんさんに会場が湧く

 「ミライさん」は今よりちょっとだけ未来の世界で生きる家族の日常を描くホームドラマ。

 「人間が働かなくてもいい未来」のためにあえて働かないという自称革命家(ニート)のミライさんをのんさん、そんなミライさんを「働かないなら出ていけ」と怒る父親・フルキチをマキタスポーツさん、家族を優しく見守る母親・イマコを堀内敬子さん、未来のツールを開発する研究者でミライの兄・トモロウを本郷奏多さんが演じています。

 トモロウがミライのために開発するさまざまなツール。でも、毎回ミライが悪用するものだから騒動に発展してしまい……。いたって普通な家族だけれど、ちょっと未来というだけで少しだけ違う世界を、ドラマを通して楽しむことができます。

 家族の台風の目のようなミライさんですが、その行動に振り回されつつも、そのたびに家族の絆が強くなっていく様子はグッと来るものがありました。

 入場時には作中でミライさんが来ていた赤のジャージ上下セットが配られ、会場はミライさん色に。否応にも会場のボルテージが上がっていく中、上映が行われました。

のんさん「かわいげのあるクズにしたいな、と思った」

LINE NEWS「ミライさん」 のんさんと、企画・プロデュースの谷口マサトさんによるトーク

 物語作りの話し合いにのんさんが混ざることもあったと言い、最終回鑑賞後のトークコーナーでは熱のこもったお話を聞くことができました。

 ミライさんについて「今まで演じた役の中で一番クズですね」とあるインタビューで答えていたというのんさん。確かにミライさんは働きもせず、家事を手伝うこともなく、時には親のお金を盗んでしまう(!)なんてことも。

 ちなみに、働くことをよしとしないミライさんの「労働してお金をもらわない」というポリシーものんさんのアイデアだったのだそうです。

 具体的にどのあたりにクズを感じるのかという質問には「お兄ちゃんに甘えきっているところ、お兄ちゃんは自分が何をしても許してくれる、っていうのを分かっているところ。その上でいろいろやらかしちゃうので、そこがクズだなあって」。また、そんな部分を演じるにあたって、「かわいげのあるクズにしたいな、と思った」と語りました。

 「実際に自分が演じるときにどういう見え方が一番楽しい見え方になるんだろう、っていうのは考えましたね。そのままクズまっしぐらになっちゃうと、どうしようもないクズになってしまうので」とのんさん。

 また、ハイテンションなミライさんに合わせた役作りも。撮影前にヘアメイクさんと一緒にテンションを上げていたというエピソードを明かしてくれました。

LINE NEWS「ミライさん」 朝、現場にはテンション高くあいさつをしながら入っていく

 「ついてくださっているヘアメイクさんが明るい方なのでその方と一緒におバカな話をして盛り上がっていました」というのんさんでしたが、そこしか見ていなかったという谷口さんは「実際にそういう人なのかと思っていた」。これにはのんさんも「通常からそういう人だと思われていたら恥ずかしいな」と照れた様子を見せていました。

のんさんが欲しい「未来のツール」は?

LINE NEWS「ミライさん」

 ミライさんのキャラクターと同じぐらい、作品の見どころのひとつとなっているのがトモロウの作るデジタルツール。毎回、「あったらいいな」を実現してくれるようなツールが登場しました。

 その中でどれが欲しい? と聞かれたのんさんからは「バーチャルワーカーとニューラルインターフェイス」という回答が。

 「バーチャルワーカーは現場まで行く時間が省けて、これまでよりももっとたくさん仕事ができるので。異国の人と話せるニューラルインターフェィスは交流が広がっていくのでおもしろそうだな、と思います。仕事でも日本語じゃない仕事が来たときに話が通じやすくなるな、って」と仕事熱心な様子が伺える言葉が聞かれました。

LINE NEWS「ミライさん」 ミライさんに合わせて赤のドレス!

 最後にのんさん自身の夢について聞かれると「ミライさんのシーズン2をやりたい。シーズン3、シーズン4と10までいけたらいいなあ、と思っています」。これには会場からもこの日一番の拍手が。

会場に「ミライさん」も登場!

 これにてイベント終了……と思いきや、スペシャルゲストとしてミライさんが登場!

LINE NEWS「ミライさん」 トレードマーク? のキャンディと赤ジャージのミライさん!

 最後には来場者との記念撮影をし、大盛り上がりのままイベントは幕を閉じたのでした。

LINE NEWS「ミライさん」 ミライさんらしい表情でパシャリ!

 「ミライさん」はスマートフォンで見ることを前提に制作されたLINE NEWS初の連続ドラマ。移動中や隙間時間にも見やすい短編シリーズとなっており、LINEアプリ内から全話無料で視聴可能です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」

提供:LINE株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2018年10月25日