白ハゲ漫画でシャンプーのレビュー!? 圧倒的矛盾と不条理なあるあるを描いたエッセイがおもしろい

ポール・マッカートニーの香りは? ないよ!!

» 2019年08月20日 16時00分 公開
[PR/ねとらぼ]
PR

 「白ハゲ漫画」とはTwitterで多く見かける、主人公を極端に簡略化して描かれた漫画のこと。色も塗らず髪の毛すら生やさない白いハゲのような見た目から「白ハゲ漫画」と呼ばれるようになりました。

 そんな「白ハゲ漫画でシャンプーのレビューを描く」という花王からの無茶ぶりに漫画家の並庭マチコさんが挑戦。独特なタッチとセンスで無理難題を笑えるエッセイへ仕上げています。



夏の髪あるある

 夏の悩みといえば髪の毛がベタついて束になること。


あるあr……ねーよ!

 髪の毛がベタつくとレジの店員さんがバーコードと間違えて読み取っちゃうし、ひどいときには彼氏がフォークと間違えて握っちゃうことすら……。そんな髪の毛を直そうと手を加えますが、どんどんどんどん悪化して最終的にはウルトラマンに……! あと彼氏がおじさんと自分を間違えちゃうこともよくあるから頭皮の臭いも気になっちゃいますよね……。うんうん、分かる分かる。って全然分かりません!

 こんなことをされたら彼氏を問答無用で眼科に連れて行ってしまいそうになりますが、そんな悩みを持つ人(いるのか?)におすすめなシャンプーが「PYUAN(ピュアン)」。


ギャァーーッ! めっちゃ泡立つー!

 ここで登場した白ハゲこと並庭さんが早速PYUANを使ってみますが、まず驚くのはその泡立ちの良さ。思わずホラーな顔面になってしまっています。


※ハゲではないです

 さらに優しいうえに脂もサッパリ落とすPYUANの実力に驚かされ続ける並庭さん。勢いでPYUANに求婚してしまうほどに……。


ポールの香りはありません

 リニューアルしたPYUANの香りで白ハゲからなぜかパリの美女(髪アリ)になった並庭さんは「一日中デートしたくなるね」とつぶやきますが、よく考えるとそんな予定はないという現実に気付き……。せっかく生えた髪の毛を窓から投げ捨ててしまいました。なにこの漫画! 最後まで本当にどういうことだよ!?



気分に合わせて5種類の香りを選ぼう!

 えー……、上の漫画からではPYUANについてよく分からなかったという方が続出しそうなので、ねとらぼ編集部から改めてPYUANについて説明させていただきます。


 新しくなったピュアンは5つのジャンルで活躍するクリエーターとコラボレーション。アーティストのDream Amiさん、写真家の高橋ヨーコさんなどの豪華なメンバーが手掛けたおしゃれなデザインのボトルが特長です。

 香りは香水の調香も手掛けるパフューマ―が監修。「ACTION」「NATURAL」「CIRCLE」「DARING」「UNIQUE」の中から今の気分に合わせて選べます。


 ちなみに筆者もここ2週間ほどPYUANを使ってみましたが以前に比べて指通りが滑らかになったような気がします。仕事帰りで汗だくになった髪の毛もサッパリするのでかなり気に入ってしまいました。リピ決定です。

 髪のベタつきにお悩みの方や、いい香りのシャンプーをお探しの皆さん、1度試してみてはいかがですか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評

提供:花王株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2019年8月26日