ニュース
» 2019年08月30日 19時44分 公開

「一生許すことはできません」 ラブリ、愛犬が“大切な人”から虐待されていたことを告白

ラブリさんの不在中に自宅で起こった出来事でした。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 モデルのラブリさんが8月29日、愛犬のペンくんが自身の“大切な人”によって虐待を受けていたことをInstagramで報告。同じくペットを飼っている人に注意を呼びかけています。

白濱イズミ ラブリ ペン 愛犬 虐待 大切な人 現在は元気な愛犬のペンくん(画像はラブリInstagramから)

 フレンチブルドッグのペンくんとの日々をSNSで発信しており、2019年6月から7月までは動物雑誌『いぬのきもち』(ベネッセ)のWebマガジンでペンくんのコラムを連載するなど愛犬家として知られるラブリさん。

 ペンくんが虐待を受けていると分かったきっかけは、2018年にラブリさんが自宅を留守にしていた際にペンくんが負ったという左目のけが。多くは語っていませんが、少なくとも当時ラブリさんの自宅に自由に入れるくらいには懇意にしていた“大切な人”は当初、「椅子の角で眼球をぶつけた」と報告したもよう。しかし、これを不審に思ったラブリさんが監視カメラを設置したところ、同人物による20分間の虐待の様子をリアルタイムで目撃することになり、事態の発覚に至ったとのことです。

 当時を振り返り、「本当にその時間は心を潰され涙が止まらなかったです」と大切な人による虐待、愛犬がされるがままとなっている状態に苦悩したというラブリさん。以降、同人物との関係がどうなったのかは明記されていませんが、「一生許すことはできません」と強い憤りを感じているようで、現在は「全ての悲しみから離れ引っ越しをし」と住んでいた場所とは違う場所に移ったことを報告しています。

白濱イズミ ラブリ ペン 愛犬 虐待 大切な人 ペンくんとラブリさん(画像はラブリInstagramから)

 もともと、その人物に対してペンくんは、「近づくことはなく、私の足の後ろに隠れたり、抱かれると目をまん丸とさせ怖がっているようにも思えました」とペンくんからのサインともとれる反応があったことも回顧したラブリさん。なお、現在ペンくんは、左目は見えなくなってしまっているものの、元気に過ごしているとのことです。

白濱イズミ ラブリ ペン 愛犬 虐待 大切な人 ラブリさん(画像はラブリInstagramから)

 投稿を通して、動物虐待について強い不快感をつづったラブリさん。今回、虐待を報告するにいたったいきさつについては、「自分が体験したことを弱さのままではなく強さに変えて行きたい」「私ができることで今の社会の動物の環境を少しでも変えれたら」と説明しており、「動物虐待は遠い話ではなく身近に起きている」「怪しいと思ったらその人の愛犬を見る時の手つきや目を、態度、言動を見てください。そして不安に思ったら誰かに相談してください」と注意を呼びかけています。

 コメント欄では、「声に出したあなたを誇りに思うよ」「ラブリちゃん、辛いことをシェアしてくれてありがとう」「ペン君の穏やかな日々がこの先もずっと続きますように」といった温かい声が寄せられた他、「確認するためにしても20分は長すぎませんか? すぐ行ける場所じゃなかったにしても、連絡もできなかったんですか?」と20分間にわたる虐待をカメラ越しで見ていたラブリさんに疑問を投げかける声も寄せられています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.