ニュース
» 2019年10月19日 22時00分 公開

新入り子ネコの登場で先住ネコが“鬼”に豹変!? 変化していく2匹の関係性を描いたマンガに共感の声が集まる(1/2 ページ)

猫は時に鬼になる……!?

[三日月影狼,ねとらぼ]

 Instagramで公開されている、先住猫と新入り猫2匹の関係性を描いた漫画「おにもとぽんず」。先住猫が鬼と化すその様子に、先住猫がいる状態で新入り猫を迎えた経験がある人たちから共感の声が集まっています。



 「おにもとぽんず」は先住猫“くろも”さんのところに、新入り猫”ぽんず”さんが来て1週間ほどたった頃の話からはじまります。

 ある日飼い主さんがリラックスタイムを過ごしていたところ、突然すさまじい奇声が聞こえました。慌てて猫たちのところに駆け付けると、そこにはぽんずさんに襲い掛かりながらなぜか自分が襲われているような奇声をあげるくろもさんの姿が。ぽんずさんは何が起きているのかわからないのか、完全に無の状態だったそうです。


おにもとぽんず1-2 くろもさんが“おにも”さんと化した瞬間です

 2匹の間に一体何があったのでしょうか……? この日を境に、くろもさんの行動はエスカレートしていきます。


おにもとぽんず2-2 何もしていないぽんずさんにも切れるように……

 くろもさんのぽんずさんへのスパルタな行動は続き、そのあまりの気迫に飼い主さんたちも恐れおののくほどになっていきます。しかしその行動はくろもさんなりに、ぽんずさんに猫社会のルールを教えているためだった様子。猫同士のやりとりに人が手を加えるのは良くないと判断した飼い主さんたちは、見守りに徹することに。



おにもとぽんず3-2 鬼教官くろもさん

 飼い主さんたちは2匹の様子を見守りつつも、新入りのぽんずさんが来たことで寂しい思いをしているかもしれないくろもさんに対してさまざまな工夫をはじめました。スキンシップもおやつも全てくろもさんを優先し、大切な存在であることを行動や言葉で伝えます。


おにもとぽんず6-2 大物になる予感がします

 くろもさんのケアをする一方、毎日怒られ続けるぽんずさんのことが心配になる飼い主さん。しかそんな飼い主さんの不安もなんのその、ぽんずさんはおもちゃのことで頭がいっぱいな様子。将来大物になりそうです。



 そんな状態のまま3週間ほどたった頃、ある日突然2匹の関係性が変化していきます。飼い主さんたちの工夫も実を結んだのでしょうか、それまでぽんずさんが何をしてもぶち切れていたはずのくろもさんが、ぽんずさんからちょっかいを出されてもされるがままになったのです。くろもさんの日々の教育(?)でしっかりと2匹の関係が定まったのか、今では添い寝をするくらい仲良くなったとか。

 先住猫がいる状態で新入り猫を迎えようとしている人は、このようなケンカが起きるかもしれないということを頭の片隅に置いておくとよさそうです。



 投稿者のIn.S_そーいさんはInstagram(@in.s_soi)に猫の漫画やイラスト、写真を投稿しています。もう“おにも”ではなくなったくろもさんと、ぽんずさんの日常をのぞいてみてください。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」