Special
» 2019年11月15日 15時00分 公開

自称芸能界一の「UCC BLACK無糖」愛飲家 カンニング竹山さんがガチ勢すぎた

あの人の「UCC BLACK無糖」愛が本物か審判してきました!

[PR/ねとらぼ]
PR

 現在絶賛上映中のジェームズ・キャメロン監督作品映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」。「ターミネーター2」の正当な続編としては数十年ぶりの待望の新作ということで大いに話題になっている同作と、“控えめなアイツ”が現在タイアップ中!

UCC BLACK無糖

 控えめなアイツとは、「UCC BLACK無糖」。シックで落ち着いたデザインに今年で発売25年という安定感。「いつもそこにある」、実家のような安心感がある缶コーヒーです。

 「UCC BLACK無糖」は確かに控えめな存在ですが、味に絶対な自信を持っているすごいヤツ。原料は水とコーヒー豆のみで香料は無添加。実際、飲んだ方による満足度は89.1%(※2019年 UCC上島珈琲 調べ)なのだそうです。すっごい! 

 しかし……。そんな「UCC BLACK無糖」にはある悩みがあるそうです。キャンペーンサイトをご覧ください。

UCC BLACK無糖 公式サイトからにじみでている「UCC BLACK無糖」さんの苦悩

 サイトには「まさかこんなオファーが来るとは・・・。20世紀フォックス映画さん、恐縮です」「無論、味に自信はあるのですが・・・。なにを隠そう、控えめな存在ゆえ、あまり注目を集めたことがないのです」などタイアップに喜びつつも、“品質には自信があるけど、果たして自分でいいのだろうか?”という「UCC BLACK無糖」さんの苦悩がにじみでています。「地味かもしれないけど頑張ってるよ!」って頭撫でてあげたい!

 このタイアップを成功させるために「UCC BLACK無糖」が選んだ行動は「体を張ること」。

UCC BLACK無糖 公式Twitterもタイアップ中は<審判の日>仕様に

 11月5日からターミネーターの<審判の日>にかけて、Twitterのハッシュタグ、「#IwillbeBLACK(飲みたい存在)」か、「#IwillnotbeBLACK(飲まなくていい存在)」かを投票してもらい世間に審判を問うUCC BLACK無糖<審判の日>キャンペーンが現在実施中です。こうやってあえて“飲まなくてもいい存在”の項目も用意するあたり、味と品質には絶対的な自信を持っているんだなあと思いますね。

UCC BLACK無糖UCC BLACK無糖 「UCCBLACK無糖」や映画プレミアムグッズが当たる!

 キャンペーンは上島珈琲公式Twitterアカウント@UCC_COFFEEをフォローし、指定ハッシュタグ「#BLACK無糖も審判の日」と、「#IwillbeBLACK」もしくは「#IwillnotbeBLACK」を付けて投票すると、抽選で10人に「UCC BLACK無糖」+「映画プレミアムグッズのミニフィギュア」を、90人に「UCC BLACK無糖」をプレゼントするという企画です。こちらのキャンペーンは11月18日の23時59分までで、結果発表は翌日11月19日に行われます。

 そしてこちらのキャンペーンのアンバサダーに就任したのがお笑い芸人のカンニング竹山さん。カンニング竹山さんは自称「芸能界一のUCC BLACK無糖」愛飲家です。

UCC BLACK無糖 『ターミネーター:ニュー・フェイト』公開記念キャンペーン「UCC BLACK無糖<審判の日>」アンバサダーに緊急就任したカンニング竹山さん

 竹山さんの「UCC BLACK無糖」愛は本物なのか? ねとらぼでも竹山さんの「UCC BLACK無糖」愛を審判すべく、映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」公開記念キャンペーン「UCC BLACK無糖<審判の日>」アンバサダー就任式で竹山さんに「UCC BLACK無糖」の魅力について聞いてきました!

カンニング竹山さんの「UCC BLACK無糖」愛を審判

UCC BLACK無糖 ねとらぼの取材に快く応じてくれるカンニング竹山さん

――「UCC BLACK無糖<審判の日>」アンバサダーへの就任おめでとうございます。実はUCC公式Twitterアカウントでは、カンニング竹山さん以外にも小梅太夫さんはじめ様々な著名人にTwitter上で公開オファーも実施していたようですが。

カンニング竹山:俺初めて聞いたけど(笑)。小梅だったら俺だろうよ。悪いけど芸能界で一番飲んでいるからね!? 本当に缶コーヒーはこれしか飲まない位に飲んでいます。

――それをUCCさんの方でも知っていたので、キャンペーンを盛り上げる最後の秘密兵器として竹山さんに今回のアンバサダー就任をお願いしたそうですね。

カンニング竹山:(アンバサダーの)話を聞いた時はびっくりしましたね。「本当に好きだからやります!」って。家見てもらったらわかるけど、何ケースも常備してるから。コーヒー買ってきてとマネージャーに頼んで、「UCC BLACK無糖」じゃないのを買ってきたら怒ったこともあります。新しいマネージャーがついたらまず、「コーヒー=UCC BLACK無糖」というとこから教えます。

――式典でも実際に飲んでらっしゃいましたが毎日どのくらい飲んでいるんですか。

UCC BLACK無糖 報道陣の前で実際に飲む竹山さん「いつもの落ち着く味です」。

カンニング竹山:今日はリアルに4本目でした(笑)。朝起きて一本開けて。このまま飲むか温めるかはその日によりますけど。出勤する時車に一本積んで。それで現場着いて楽屋でコーヒー飲んでって感じですね。

―― 一日の流れが「UCC BLACK無糖」とともにある。本当に「UCC BLACK無糖」愛がすごいですね!

カンニング竹山:香料が入ってなくて無添加で、こんなうまい缶コーヒーは世界探してもないのよ。ナンバーワンなんです。コーヒー自体がものすごく好きで、前までは好きなコーヒー豆を買ってきて自分で挽いて朝飲んだりしていたんですけど、もうここ3年くらいはそこまでしなくても「UCC BLACK無糖」で十分だなあと。味がやっぱうまいんですよね。キャンプ行く時もこれをカバンにぽんと詰めて。前はキャンプ用に飲むコーヒーとかも買っていたんですけど、朝泥だらけのとこで淹れるのめんどくさい。でもこれ温めると挽いて淹れたものよりうまかったりする。(熱弁する竹山さん)

UCC BLACK無糖 「UCC BLACK無糖」への強すぎる愛に圧されて思わずぶれてしまうカメラマン

――ありがとうございます。最後に「UCC BLACK無糖」の魅力を一言で語るなら。

カンニング竹山:「本物の缶コーヒー」ですね。圧倒的に抜けているからね! 別にCMが欲しくて言っているわけじゃないよ? ただこの缶コーヒーが本当に好きなのよ。ちゃんと書いておいてね。本当にうまいんだから。

審判・カンニング竹山さんの「UCC BLACK無糖」愛は本物!

 「UCC BLACK無糖」の品質が本物なのと同様、カンニング竹山さんの「UCC BLACK無糖」愛も本物でした。普段から家にケースを常備し、気分やシチュエーションによって温めたり焼酎で割ったりと好みの飲み方を試し、遊びに行くときには「UCC BLACK無糖」を後輩芸人にふるまうこともある竹山さん。就任前から自然に「UCC BLACK無糖」を広めるアンバサダー活動をしていました。

 そんなカンニング竹山さんの功績が称えられ、式典では発売25年にかけて「UCC BLACK無糖」2500本、ケース数にしてだいたい84ケース分が授与されました。多すぎでは????

UCC BLACK無糖 「ドッキリ?? 置くとこないよ??」と絶句する竹山さん。さすがの竹山さんでも多すぎた?

 いや、本物の「UCC BLACK無糖」愛を持つ竹山さんなら、2500本も無理のない数字なのかもしれません。これからも本物の「UCC BLACK無糖」愛を世間に示していってください! さすがにカンニング竹山さん以外の人類には2500本は多すぎかもしれませんが、みなさんも1ケース(30本)や映画グッズが当たるキャンペーンに挑戦してみてください。

映画『ターミネーター : ニュー・フェイト』公開記念キャンペーン UCC BLACK無糖<審判の日> 実施概要

応募期間:2019年11月5日(火)12時〜2019年11月18日(月) 23時59分

結果発表:2019年11月19日(火)

サイトURL:https://www.ucc.co.jp/black/judgmentday/

参加方法:UCC上島珈琲公式Twitterアカウント(@UCC_COFFEE)をフォローし、「#BLACK無糖も審判の日」とともに、「#IwillbeBLACK」か、「#IwillnotbeBLACK」のハッシュタグをつけて投稿

【賞品】

  • ターミネーターミニチュアフィギュア(60mm)とUCC BLACK無糖 1ケース(30本)10人
  • UCC BLACK無糖 1ケース(30本) 90人

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:UCC上島珈琲株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2019年11月21日