Special
» 2019年12月23日 11時00分 公開

JRえきねっと、“みなさんから愛される”案内キャラクターを一般公募 自分のデザインがサイトの“顔”になるチャンス!

採用された人には賞金30万円。惜しくも採用に漏れた優秀作品の作者にも、今回しか手に入らない貴重なグッズが用意されています。

[沓澤真二,PR/ねとらぼ]
PR

 JRの公式サイト「えきねっと」が、「ご案内キャラクター」の一般公募キャンペーンを始めました。グランプリ受賞者(1人)には、賞金30万円がプレゼント。そして、採用されたデザインはサイトの“顔”となります。それってかなりすごくない?


えきねっと

 新幹線やJR特急列車の指定席きっぷの申込み、JR東日本国内ツアー商品などのサービスを提供しているえきねっとは、2020年で開業20周年。2019年2月には、利用者からの質問に答えるチャットボットを導入するなど、進歩を続けています。


えきねっと 現状はサイトの“顔役”がいないえきねっと。トップページ右下の「えきねっとへのご質問」からチャットボットに質問できるのですが……

 しかし、チャットの“顔役”となるキャラクターがおらず、現状はロゴマークが回答するシュールな状態。そんな事情もあり、20周年を機会にサイト内を案内するキャラクターを求めて立ち上げられたのが、このデザイン公募キャンペーンというわけです。


えきねっと 質問してみましたが本人はひたすら仕事熱心でした

 企画担当者の瀧澤さんいわく、えきねっとは老若男女問わず多くのお客様が訪れるサービス。だからこそ、「ご利用になるお客様に対してサイト内を明るく優しく案内してくれて、みなさんから愛されるキャラクター」を求めているそうです。

 募集期間は2019年12月23日から2020年3月27日まで(締切日必着)。応募資格に年齢制限等はなく、プロ・アマ問わず誰でも応募できます。形式は「A4横置き(横297ミリ×縦210ミリ)以下」のサイズだけ規定されていて、アナログ・デジタルも問われません(デザイン原物、もしくはデザインを出力した用紙で応募)。

 審査基準は瀧澤さんが語ったように、「多くの人に愛されるような親和性」。加えて、えきねっとのコンセプトに合った、「楽しい旅の計画のお手伝いをするような、安心感が伝わる」キャラクターが求められています。

 審査日程は2020年4月、結果発表は5月以降を予定。採用されたキャラクターは、まずチャットボットや案内ページのアイコンとして登場し、将来的にはキャンペーン用のオリジナルグッズでも活躍する予定です。

 惜しくも採用に漏れた優秀作品の作者にも、優秀賞としてトラベルポーチ・保冷缶ホルダー・折り畳み傘・今治フェイスタオルが同梱された新規キャラクターグッズ一式が用意されているので、ふるってご応募ください!


えきねっと 優秀賞のおでかけお役立ちグッズ4点詰め合わせ(※写真はイメージ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙

提供:株式会社JR東日本ネットステーション
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2019年12月29日