Special
» 2020年07月07日 17時00分 公開

「無観客やけど、無歓声にはせぇへんで」 再開したJリーグ「大阪ダービー」を大阪弁で応援するキャンペーンが胸熱だった

大阪が、ふたつに分かれてひとつになる日。

[PR/ねとらぼ]
PR

 7月4日にいよいよ再開されたサッカーJ1リーグ。パナソニックスタジアム吹田の「大阪ダービー」では、「#大阪が、ふたつに分かれてひとつになる日。」をキーワードにしたTOYO TIRESパートナーデイが開催され、サッカーファンの胸を熱くさせる一戦が繰り広げられました。

TOYO TIRESパートナーデイ

 大阪ダービーは同じ大阪を本拠地とするガンバ大阪とセレッソ大阪がぶつかり合う伝統の一戦。毎回両サポーターが地元のプライドをかけて大声援を送るのが恒例なのですが、今節はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で無観客での開催となりました。そんな一戦を盛り上げるためにひと肌脱いだのが、ガンバ大阪のプラチナパートナーであるTOYO TIRE株式会社です。

TOYO TIRESパートナーデイ

 中断期間中もJリーグ公認オンラインサッカーゲーム「Jリーグ eSports ONLINE」の特別協賛をするなど選手とサッカーファンにエールを送り続けてきたTOYO TIRE株式会社。今回の大阪ダービーを「大阪の元気を届ける」重要な一戦として、試合前から大阪一円の主要駅構内を中心に大阪弁を使ったユニークな応援メッセージを掲出していました。

TOYO TIRESパートナーデイ

 メッセージは「無観客やけど、無歓声にはせぇへんで」「ソーシャルディスタンスもライバルディスタンスも、ええ距離でいこや」など新しい形での大阪ダービーをポジティブに盛り上げようとするもの。現地には行けないもののずっとこの一戦を待ち望んでいた両サポーターの思いを代弁する内容になっています。

TOYO TIRESパートナーデイ サッカーファンも同じ気持ち

TOYO TIRESパートナーデイ 再開初戦から大阪ダービーは熱い展開です

TOYO TIRESパートナーデイ 絶対負けたくないけど相手にも強くあってほしい、そんな気持ちがダービーにはあります

 また、試合当日はガンバ大阪のチャント(応援歌)でもある「WE ARE WITH YOU」のビッグフラッグをメインスタンドに掲出。この日は遠藤保仁選手がJ1最多出場記録を更新する632試合目のメモリアルマッチということもあり、ガンバ大阪の選手たちによる記念撮影も行われました。

TOYO TIRESパートナーデイ メインスタンドに掲出された「WE ARE WITH YOU」のビッグフラッグ。キックオフ前には選手、スタッフから医療従事者の皆さんへ感謝の拍手が送られました【🄫GAMBA OSAKA】

 試合前には吉村洋文大阪府知事、後藤圭二吹田市長がビデオメッセージでセレモニーに参加。吉村府知事が映像を使った「バーチャルキックイン」で選手たちにボールを届ける演出も行われました。

TOYO TIRESパートナーデイ Jリーグの再開を喜ぶ後藤吹田市長【🄫GAMBA OSAKA】

TOYO TIRESパートナーデイ 大阪のために尽力してきた吉村府知事からもメッセージ【🄫GAMBA OSAKA】

TOYO TIRESパートナーデイ リモートマッチならではの「バーチャルキックイン」【🄫GAMBA OSAKA】

 観客席にはブルーバルーンやサポーターからのメッセージボードを設置。「本当の意味で無観客にしない」ためのさまざまな取り組みで、サポーターの思いを選手たちに伝えていました。

TOYO TIRESパートナーデイ 「TOYO TIRES」の巨大ブルーバルーン【🄫GAMBA OSAKA】

TOYO TIRESパートナーデイ サポーターから寄せられたメッセージを観客席に【🄫GAMBA OSAKA】

 試合は先にチャンスをものにしたセレッソ大阪が2点をリードする展開に。画面の向こうのサポーターの声援に応えるようにガンバ大阪も死力を尽くして追い上げをみせますが、最後は終盤の猛攻に耐え抜いたセレッソ大阪が1-2で勝利となりました。

TOYO TIRESパートナーデイ 悔しいホームでの敗戦ながら最後まで気持ちを見せて戦ったガンバ大阪【🄫GAMBA OSAKA】

 史上初のリモートマッチでの開催となった大阪ダービー。まさに「大阪が、ふたつに分かれてひとつになる日」という合言葉にふさわしい熱戦となりました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:TOYO TIRE株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2020年7月13日