Special
» 2020年11月20日 10時00分 公開

「昼飯はカンタンなモノでいいよ」は禁句だった…… 在宅勤務をきっかけに家で居場所を失った夫たちを描いた動画が切ない

家事がわからないだけでお父さんにも悪気はないんです……。

[PR/ねとらぼ]
PR

 在宅勤務が広まり家族で一緒にいられる時間が増えた人も多い昨今ですが、長く一緒にいることでうっかり家庭における「地雷ワード」を踏んでしまうお父さんも多いとか。そんな家庭内で居場所を失ってしまった夫を描いた動画「ROOMLESS PAPA」が切ないです。

動画が取得できませんでした

 「この春……俺の世界は、一変してしまった……」。そんな切ないナレーションとともに森のような場所を歩いている男性。ヨレヨレの部屋着とスリッパなど見た目にもすっかり荒んでしまっている様子。

ルームレスパパ idobataスタイル 部屋着で森の中をさまよう男性

 そこに声をかけてきたのはこちらもくたびれた白シャツ姿の中年男性。どちらも在宅勤務が始まってから家庭内で居場所を失った「ルームレス」であることがわかります。

ルームレスパパ idobataスタイル 「あなたも?」「ええ……『ルームレス』です」

 森の中で「ルームレス」になった理由を話し出す2人。白シャツ男性の場合は妻に毎日「昼飯はカンタンなモノでいいよ」と言っていたことが原因でした。男性なりの気遣いだったものの、料理を作る人に一番言っちゃいけないフレーズですよねそれ……。

ルームレスパパ idobataスタイル 優しさのつもりが負担をかけてしまう「昼飯はカンタンなモノでいいよ」

ルームレスパパ idobataスタイル カンタンなモノなんてないんですよね、と気付いたときにはもう遅かった……

 もう一方は逆に料理を作ろうとしたことでした。外食もできないのでおいしい料理を作ってあげよう……とここまではよかったのですが、「ビーフストロガノフ」を作ろうと8,000円の高級牛肉をポチってしまったのがいけませんでした。もちろん妻は喜ぶどころかドン引き。たまにしか料理しないお父さんって金銭感覚がおかしくなってたりするんですよね……。

ルームレスパパ idobataスタイル 「たまにはうまいメシでも作ってやろう」→突然の最高級牛肉購入

ルームレスパパ idobataスタイル このドン引きである

 2人とも悪気があったわけではないですが結果的に「ルームレス」になってしまうことに。謝りたいけどどうすればいいかわからない。するとそこに水の音が聞こえてきます。川のせせらぎのように聞こえたのはステキなキッチンのシンクから流れる水の音。気付くとそこは家族の待つ自宅リビングでした。なにこの急な展開!

ルームレスパパ idobataスタイル 水の音……?

ルームレスパパ idobataスタイル キッチン……?

ルームレスパパ idobataスタイル 家族……!

 妻から「一緒に作ろ。ビーフストロガノフ」を声をかけられようやく笑顔が戻った男性。対面式のキッチンで妻と娘と仲良く料理を作り、再び家族団らんの食卓が戻ってきたのでした。いや〜やっぱりLクラスキッチンIdobataスタイルはさすがだな!

ルームレスパパ idobataスタイル よかった……もうルームレスパパじゃないんだね……

ルームレスパパ idobataスタイル 白シャツのパパも妻から「お昼ご飯どうします?」と声がかかり……今度はなんと答えたんでしょうか?

 ということで実はこれ、11月22日の「いい夫婦の日」に向き合うことをテーマに作られた「Idobataスタイル」のPR動画でした。Idobataスタイルは奥行の設計を調整し、対面での作業がしやすくなったのが特長のキッチン。キッチンの真ん中にシンクを配置し、シンクの両側に作業スペースを設置することで、夫婦や家族でほどよい距離感をとりながらスムーズに調理や片付けを行うことができます。これなら料理に不慣れなパパも家族とコミュニケーションをとりながら、楽しくキッチン作業に参加できますね。

ルームレスパパ idobataスタイル 一緒に調理を楽しめる設計の「Idobataスタイル」

ルームレスパパ idobataスタイル 2つの作業スペースがあるので快適

ルームレスパパ idobataスタイル 向かい合っての作業もしやすく便利です

 自宅にいる時間が増えた現在、キッチンは大切な家族のコミュニケーションの場。家庭内で居場所を失ってしまったというルームレスなお父さんはぜひ導入を検討してみては。「Idobataスタイル」の導入でもう一度居場所と笑顔を取り戻せるかもしれませんよ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響

提供:パナソニック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2020年11月26日