ニュース
» 2020年12月19日 19時00分 公開

「ちいかわ」はなぜ読者を狂わせるのか? 助けてください、僕らはふわふわの綿あめで首を絞められています (1/2)

かわいいだけだと思ってませんか?

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 寝ても覚めても「ちいかわ」のことばかり考えています。

 「ちいかわ(なんか小さくてかわいいやつ)」とは、ナガノさんによるキャラクター。不定期(だいたい深夜)に1ページの漫画がTwitterへと投稿され、かわいらしい絵柄とは裏腹に、みぞおちに抉り込むようなキッツイ展開が読者のHPと睡眠時間をゴリゴリ削っています。




 理性を残したまま化け物に変えられて苦しんだり親友と一緒に受けた資格試験に自分だけ落ちてしまったり……。そう。ちいかわは単に“小さくてかわいい”だけじゃありません。可哀想で、不条理で、現実的で……言語化されていない“なんか”の部分にこそ、本質的な魅力が隠れているように思えるのです。

 「ちいかわ」アカウントが始動した1月からまもなく1年。この機会に未読者へ向けて、ヤツらの魅力をあらためて振り返ります。なぜなら「ちいかわ」のスタンプだけで会話できる世界がきてほしいので……。

「小さくてかわいいやつになって暮らしたい」という人間の願望

 そもそも「ちいかわ」は、本能の赴くまま赤ちゃんのように暮らせたらいいのに、という人間の欲望を具現化させたキャラクター。すごい出自ですね。「【怠惰】のチィカワ」みたいな強キャラのそれ。

 このイラストの時点で、キャラクターとしては十分に完成しているように思います。疲れた社会人や学生が「こんな風になりたいな〜」と癒されるための甘〜いお菓子のような存在として、一定の人気が出たのではないでしょうか。



 しかし実際に始まった漫画は、そんな我々の願望の象徴である「ちいかわ」が理不尽にいじめられる内容だったわけです。なんで? ですが、それがこうして毎回数万リツイートされる超人気コンテンツになったわけですから、人間の業を感じずにはいられませんね。

 とはいえ漫画が始まってしばらくの間、「ちいかわ」にストーリーらしいストーリーは存在せず、現在ほどの人気もありませんでした。というのも、しゃべれるキャラクターがほとんどいなかったからです。人語を操る怪物や、人格を残し改造された哀しいキメラは登場するものの、それが物語に発展することはなく……。転機が訪れたのは5月、もう一人のメインキャラクター「ハチワレ」の登場です。




       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン