Special
» 2021年10月08日 12時00分 公開

不時着したエイリアンをお世話→おばあちゃん「ずっといてもらってもいいのに……」 熊本県・阿蘇の観光PR動画がシュールだけど心温まる

だんだんかわいく見えてくるエイリアンと、やさしい住民たちの交流。

[PR/ねとらぼ]
PR

 熊本県は10月1日、同県・阿蘇エリアの新作観光PR動画をYouTubeで公開しました。そのタイトルは『阿蘇の不時着』――えっ、エイリアンが実写で映ってる⁉

『阿蘇の不時着』

 物語の始まりは、阿蘇山の火口付近にひとりのエイリアンが不時着してしまうところから始まります。宇宙船が故障してしまい途方に暮れていたエイリアンですが、“嘘”みたいにおいしい料理や美しい自然、そして住民たちのやさしさに触れていくうち、“阿蘇”という土地に魅了されていきます。しかし宇宙船の修理が完了すると、心温まる交流の日々も終わりを迎えることとなってしまい……。

 一見「どう見てもフィクションだろ!」とツッコみたくなるシュールなビジュアルですが、気がつけば見入ってしまい、観終わった後には切なさも感じるこちらの動画。Twitter上では、阿蘇の自然に思いを馳せた人々の「ゆっくり帰省したいなぁ」「阿蘇の緑と熊本弁が心に響く」といったツイートのほか、映像のクオリティに驚いた人の「これ映画化いけるで…!」といったツイートも見られました。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 まるでどこか違う惑星のようなオーラが漂う、阿蘇山の火口付近
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 ここはいったいどこなんだ……?

 宇宙船が不時着したのは、 阿蘇中岳火口近くに広がる「砂千里ヶ浜」。阿蘇山の火山灰とごつごつした岩肌があたり一面を覆っていて、まるで地球ではない惑星のような景色が広がっています。

 ここはどこの惑星なのか、生命体はいるのか……歩き回っていたエイリアンに話しかけてきたのは、馬を連れた地元のおじいちゃんでした!

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 おじいちゃん「そげんとこで、なんばしよっと!」
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 シュールな画だ……
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 ニュースになってしまっていました
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 目撃情報を証言する25歳男性
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 おじいちゃんのお家にお邪魔していたエイリアン

 宇宙船の修理が終わるまで、この星を離れることはできないと話すエイリアン。おじいちゃんは「そんならしばらく、うちさん居ると良か」と言ってくれるのでした。

 そしておばあちゃんが温かいお茶と一緒に出してくれたのは、熊本のさつまいもを使った郷土菓子「いきなり団子」。どこか懐かしさを感じる素朴な雰囲気と、おもてなしのやさしい心が沁みる……。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 おばあちゃんが出してくれたのは、熊本名物「いきなり団子」
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 楽しい日々が始まります

 こうして、阿蘇でのいそうろう生活を始めたエイリアン。畑仕事を手伝って採れたての野菜を食べたり、アドベンチャートラックで阿蘇の大草原を駆け巡ったり、鍋ヶ滝の神秘的な景色に癒されたりと阿蘇の名所・名物を満喫している様子が楽しそうです。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 近所の人からのおすそわけ
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 エイリアンでも声が出ちゃうほどスリル満点な「阿蘇アドベンチャートラック」
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 滝を裏側から見ることができる「鍋ヶ滝」の美しさ
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 おじいちゃん、おばあちゃんとも仲良しに

 美しい自然と人々の温かさに触れ、エイリアンはどんどん“ASO”のことを好きになっていきます。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 全国棚田100選にも選ばれている「扇棚田」
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 “ASO”の住民の幸せを祈るエイリアン

 さらにエイリアンは、熊本市内と阿蘇を結ぶ「新阿蘇大橋」にまつわるエピソードをおじいちゃんから教えてもらいます。新阿蘇大橋は、2016年に発生した熊本地震で崩落してしまった阿蘇大橋に代わって建設された新しい橋で、「阿蘇の人たちにとって、熊本地震からの復興のシンボル」とも言える大切な橋なのだというのです。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 阿蘇の玄関とも言われる「新阿蘇大橋」。全長525m、最大橋脚高97mの大きな橋
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 震災の被害を乗り越え、人々は前を向いて元気に生活している

 「今は大丈夫なのか?」とたずねるエイリアンに、おじいちゃんはうなずきます。「大丈夫、阿蘇には元気な人がいっぱい居るけん」「その元気な姿ば見て、わしも元気になる」――そんなおじいちゃんの言葉に阿蘇の人々の明るい姿を重ねて、エイリアンは“ASO”の住民の力強さを感じるのでした。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 そして……
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 宇宙船の修理が完了

 3か月後、故障していた宇宙船の修理がついに完了し、エイリアンの帰還準備が整います。それは同時に、阿蘇での生活が終わりを迎えるということでもあり……。

 別れを告げるため、おじいちゃんとおばあちゃんの住む家へ向かうエイリアン。玄関から入ろうとしたとき、二人の話す声がふと聞こえてきてしまいます。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 話し声が聞こえてくる
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 寂しそうなおばあちゃん
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 険しい顔のおじいちゃん

 「あん子さえよかったら、ずっとここさん居ってもろてよかばってんね」

 「なんば言いよっと。あん人にも故郷(ふるさと)があっとったい」「引き留めてもしょんなかろ」

 思いがけず聞いてしまった、おじいちゃんとおばあちゃんの本当の気持ち。エイリアンは家に入っていくことができず、その場を走り去ってしまうのでした。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 飛び出してきてしまいました

 離陸の準備が整い、ついに帰還のときを迎えたエイリアン。阿蘇での楽しい日々や、思い出の数々が頭の中をめぐります。本当に、別れを告げないまま去ってしまって良かったのでしょうか?

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 別れを言えなかった……
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 あたたかい思い出の数々
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 そして帰還へ

 一緒に過ごしてきたエイリアンが突然姿を消してしまい、おじいちゃんとおばあちゃんはとても落ち込んでいる様子です。そんなとき、テレビから緊急ニュースのお知らせが聞こえてきます。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 落ち込んでいたおじいちゃんとおばあちゃん
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 テレビから緊急速報が!

 「たった今入ったニュースです。阿蘇に謎のミステリーサークルが現れました」――ニュースの映像を見て、おじいちゃんとおばあちゃんはすぐに気づきます。別れの言葉を直接言うことができなかったエイリアンは、感謝の気持ちをミステリーサークルとして残していったのでした!

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 きっとあの子だ!
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 おじいちゃんとおばあちゃんに笑顔が戻ります
【PR】熊本県 阿蘇の不時着 ミステリーサークルには、阿蘇の美しい自然が描かれていました

 この動画は、阿蘇エリアの魅力と熊本地震からの復興をPRする「阿蘇観光プロモーション “I'm fine! ASO”」の一環として制作されたもの。 “I'm fine! ASO”というフレーズには「阿蘇はもう元気です。そんな阿蘇に遊びに来てください」というメッセージが込められています。動画内でエイリアンが最後に描いていたミステリーサークルは、この“I'm fine! ASO”プロモーション企画のロゴデザインとなっています。

 阿蘇郡西原村では、この動画公開に合わせて、同じデザインの巨大ミステリーサークルが期間限定で出現しています。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 阿蘇エリアの魅力を発信している“I'm fine! ASO”プロジェクト

 さらに動画を最後まで視聴すると、ちょっと意外なエイリアンの素顔も見ることができます! 不思議と応援したくなるユーモラスな姿を演じていたのは、熊本県出身でモデルの上妻美咲さんでした。

【PR】熊本県 阿蘇の不時着 いつかまた会えるといいね……!

 エイリアンをも魅了する「USO(嘘) みたいに楽しくて元気なASO(阿蘇)」をコンセプトに作られたというこの動画。UFOとエイリアンという一見突拍子なく思える題材を扱った理由の一つには、「エイリアソという裏テーマもあったのだそう……ってそこもダジャレかよ! 思わずずっこけそうになってしまいますが、それほど熱い“アソ愛”がこめられた動画だったんですね。

ダイナミックな火口跡から緑の大草原、動物たちと人間がのどかに暮らしている姿など、動画内では阿蘇の魅力的な風景がたくさん登場しました。そして何より、エイリアンすらも迎え入れてくれる住民たちのやさしさがじんわり沁みるストーリーが印象的です。

 物語のあとには「もちろん、この物語はフィクションです」「ですが、嘘みたいに綺麗な景色や、嘘みたいに明るい人々は、間違いなく本当です」というテロップが流れます。

 旅行や遠出が難しくなっている昨今の時勢ですが、いつかはこの“嘘みたいに”すてきな場所――阿蘇へ本当に行ってみたい! そんな気持ちにさせてくれる、シュールなのに心温まる観光PR動画に仕上がっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙

提供:公益社団法人熊本県観光連盟
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2021年10月14日