子どもと一緒に料理するならハヤシライスがいいって本当!? パパと娘で「完熟トマトのハヤシライス」に挑戦してみた

アリかも? ハヤシ!

» 2021年09月17日 11時00分 公開
[高橋ホイコPR/ねとらぼ]
PR

 子どもに料理を教えるのは大変です。ケガしないか心配だし、時間はかかるし……。とはいえ、せっかくの「やりたい」という気持ちは大事にしてあげたい。どんなメニューに挑戦させたらいいのかお悩みでしたら、ハウス食品の「完熟トマトのハヤシライスソース」がオススメです。

 包丁で切る、火を使うなど、調理の基本技術を身につけることができますし、野菜は玉ねぎだけでもOK。刃物をそこまで使わなくていいんです。それに煮込み料理なので、肉が加熱不足になる心配も少ない。言われてみれば確かに……ですよね。初心者にぴったりの料理がハヤシライスとは盲点でしたわー。


完熟トマトのハヤシライスソースサイトキャプチャ フライパンひとつで煮込み時間15分以内で作れちゃいます

 さらに、ハウス食品は、初心者のための「レシピ語超解説辞典」を公開しているので、子どもからの“なぜなに攻撃”にも安心です。「とろみがつくって、どのくらい?」と聞かれても、このサイトを見れば答えられます。「しんなり」「少々」とか何かとあいまいなレシピ語ですが、細かいことは気にせず大体で大丈夫なんですって!

レシピ語超解説辞典サイトキャプチャ 「レシピ語超解説辞典」

 ならば、「娘と作ってみたい!」とねとらぼの営業担当・三ツ谷さんが手を挙げました。小学5年生の娘・スズちゃんといっしょに「完熟トマトのハヤシライス」にチャレンジします。さてさて、おいしいハヤシライスはできるのかな……!?

三ツ谷親子の写真 親子で完熟トマトのハヤシライスにチャレンジ!

 今回は、ハウス食品のサイトにある「完熟トマトのハヤシライス」のレシピを見ながら調理します。スズちゃんは最近では妹さんのお弁当をつくるなど、料理に興味が出てきたお年頃。けれども、レシピを見ながらハヤシライスを作るのは初めて。ちょっと緊張しているようです。

野菜を薄切りにします……「薄切り」って何ミリ?

 それではレッツクッキング。最初の工程は「牛肉は3〜4cm幅に切る。玉ねぎ、マッシュルームは薄切りにする」というものです。スズちゃんは、お肉に包丁を当てて「こんな感じでいいの?」と不安げに質問します。パパが「いいよ、いいよ」とサポートします。三ツ谷パパは料理が得意。最近は、スパイスから作るカレーにはまっているそうです。

肉を切るスズちゃんをパパがサポート スズ「こんな感じ?」父「いいよ〜」

 玉ねぎを薄切りにします。そこで「薄切りってどれくらい?」という話に。スズちゃんは「3ミリくらい?」と言いますが、パパは「1ミリじゃない?」と意見があいません。さっそく、2人でレシピ語超解説辞典を確認しました。

サイトを確認するスズちゃんとパパ 「レシピ語超解説辞典」を確認中

 レシピ語超解説辞典によると薄切りは2ミリが目安。けれども「自分の感覚で2ミリでよく、多少幅が出ても大丈夫」とのことです。適当でいいことに安心したスズちゃんは、サクサクと玉ねぎとマッシュルームを薄切りにしていました。

玉ねぎを切るスズちゃん 適当でいいと安心して、サクサク切り始めたスズちゃん

玉ねぎを炒めます……「しんなりするまで」ってどこまで?

 次の工程は「大きめのフライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを全体がすき通ってしんなりするまで中火でよく炒め、さらに牛肉とマッシュルームを加えて炒める」です。

 フライパンで玉ねぎを炒めはじめたスズちゃんに「中火ってどれくらい?」と聞くと、目盛りをさして「真ん中くらい」との答え。レシピ語超解説辞典を調べてみると、それで正解でした。ところが、炒め続けていたところちょっと焦げた臭いが……。コンロの火をのぞきこみ「見た感じ強いかな?」とパパに相談、火を少し弱めることにしました。現場での微調整も大事ですね。

コンロの火を弱めるスズちゃん 焦げてきたので、少し火を弱めます

 そして、玉ねぎをどこまで炒めるかが悩みどころです。レシピには「しんなりするまで」とあります。スズちゃんは「炒め足りなくても、水を入れて煮込めば大丈夫でしょ」と言っていましたが、心のどこかでは「しんなりってなんだろう?」と気になっている様子でした。

 レシピ語超解説辞典によれば「ハヤシライスの玉ねぎは、ちょっとしんなりでも、超しんなりでもおいしいので、あなたのお好みの『しんなり』具合を探してみてください」とのこと。解説のおかげで自信を持って次の工程に進むことができます。

玉ねぎを炒めるスズちゃんをのぞき込むパパ スズ「しんなりってこれくらいかな?」パパ「いいんじゃない?」

あくを取って煮込みます……どこまでが“あく”?

 次の工程は、「水を加え、沸騰したらあくを取り、具材が柔らかくなるまで弱火〜中火で約5分煮込む」です。

 スズちゃんは手慣れた手つきであくをすくいます。普段からやっているけれども、嫌いな作業だと言います。理由は「どこまでが“あく”かわからない」から。あるあるですよねー。

 実は、これもレシピ語超解説辞典が教えてくれます。「いつまでとればいいの? と思ったときがやめ時かもしれません。気になる『あく』がとれればそれでOKです。素材のうまみが出ていることもあるので、だいたいで大丈夫です。」との説明に、「あらー、それは朗報ですねー」とご機嫌に。

 パパものぞきこみ「もう取らなくていいんじゃない?」とアドバイス。香り立つ肉と玉ねぎの香りに「これはおいしくなるわー」とテンションがあがります。

あく取りをしているところ 「どこまでがあくだかわからないですよね」

 火を弱火にします。弱火とは、レシピ語超解説辞典には「鍋の底に火があたらない程度の火加減」とあります。大体あってる、ということで煮込みを開始します。

スズちゃんが弱火にしているところ 弱火にします

 レシピには「具材がやわらかくなるまで、約5分煮込む」とあります。スズちゃんは1分も経たないうちから「もう、すでにやわらかくない?」と疑問に思います。おいしそうな香りに、もう食べたくなってきているんでしょうか。「『約』だから、きっちり5分じゃなくてもいいんじゃない?」と徹底的に時短を提案してきます。

 確かに、鍋をのぞくと、この時点ですでにおいしそう。けれども親子で話し合い、5分待ってみることになりました。

煮込んでいるところ 「もう、すでにやわらかくない?」と思いつつも5分煮込むことに

ルウを入れてとろみをつける……とろみってどれ?

 最後の工程は「いったん火を止めてルウを割り入れて溶かし、再び弱火で時々かき混ぜながらとろみがつくまで約10分煮込む」です。

 レシピ語超解説辞典は、「だいたいで大丈夫」というゆるーい解説が特徴なのですが、スズちゃんにもその教育が身についてきたようです。「時々かき混ぜながら」も、「適当で大丈夫」と受け流すようになってきました。一応、調べると「ゆるい気持ちで『ずっとじゃなくて大丈夫』程度に思ってください」とあり、大正解でした。

スズちゃんがソースをかき混ぜているところ 時々、かきまぜます

 そして「とろみがつくまで約10分」。スズちゃんは数分経った時点で「とろみ、もうあるじゃん」と悩みます。レシピ語超解説辞典を見ると「お玉や木べらでかき混ぜて、『何か少しくっついてる』と感じたときが「とろみ」との出会いの瞬間です」とのお言葉。おたまですくい上げて「くっついてるよ」とスズちゃん。5分ほどでしたが、煮込みを終了することにしました。そう、好みのとろみで大丈夫なんです!

スズちゃんがとろみを確認しているところ とろみ、出てます

 完成したハヤシライスソースは、すごくおいしそう。スズちゃんも「わー、完璧!」とうれしそうです。盛り付けて、実食といきましょう。

完成したハヤシライスソース わー、完璧!

完成を喜ぶスズちゃん できました!

おいしすぎて、パパ、感動!

 さてさて、実食です。いただきまーす。娘さんが作ったハヤシライスですよー!

手を合わせていただきますする三ツ谷親子 いただきまーす

完熟トマトのハヤシライスソース おいしそうです……!

 食べてすぐに反応したのは、三ツ谷パパ。めちゃくちゃ感動しています。「子どもが家族に作ってくれるはじめての料理がこれだったら、絶対うれしい」とスプーンが進みます。スズちゃんは、実はマッシュルームがちょっと苦手なんだそうですが、自分で作ったものは一味違うのかおいしそうに食べていました。トマトたっぷりな味わいが、他のハヤシライスとは違っていて“天才的なうまさ”と2人とも大満足です。

完熟トマトのハヤシライスソースを食べる三ツ谷さん 「感動……!」

完熟トマトのハヤシライスソースを食べるスズちゃん 「おいしいです」

 新たな発見もありました。「こんなにちゃんと作ったことなかった。レシピどおりに作った方が断然うまいですね」と三ツ谷パパ。自分が作ったハヤシライスよりも、スズちゃんのほうがおいしくできているそうです。レシピどおりに作るって、大事ですね。

 そして、スズちゃんに作ってみてどうだったか聞くと「レシピ語の細かい意味がわからないのが不安だったけどあまり気にしなくていいことがわかって安心しました。簡単でおいしかったしカレーより楽かも……」とのこと。ジャガイモやニンジンの皮をむいたり、野菜が崩れないように煮込まなくてはいけないことを考えると、ハヤシライスのほうが作りやすいのかもしれません。今度は、お母さんや妹さんにも作ってあげたいですね。

ガッツポーズする三ツ谷親子 アリかも? ハヤシ!

ハウス食品は『レシピ語超解説辞典』を公開

レシピ語超解説辞典

 ハウス食品は、レシピ語に対する料理初心者の「あるある!」な気持ちに寄り添った『レシピ語超解説辞典』を公開しています。掲載ワードは30語。「さっと」「ふんわりラップをし」など、あいまいな表現をいい感じにゆるく解説してくれています。初心者にはわかりにくい言葉もきちんと理解しながら進めると、安心して料理ができますよ。

 誰でも簡単においしくできるハウス食品の「完熟トマトのハヤシライスソース」。料理が苦手な人もぜひ試してみて!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」

提供:ハウス食品株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2021年9月27日