Special
» 2021年10月20日 13時00分 公開

竪穴式住居から取引先へ、そしてデートへ! 洗濯機で洗える「らくティブスーツ」をワイルドにもフォーマルにも着こなす

野山でもオフィス街でも、全力で動き回れる。それが「ワイルドビジネスマン」。

[地主恵亮,PR/ねとらぼ]
PR
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ

 スーツというものがある。ビジネスシーンやフォーマルな場面で着るために、一着は持っているという人が多いだろう。仕事のためにシャツを着て、ネクタイを絞め、スーツのジャケットを羽織ると、身が引き締まるような思いがする。仕事をするんだ、というヤル気のようなものが湧いてくる。

 それと同時に、スーツを着ているときは、着ていないときと比べてどうしても体が窮屈なように感じる。一般的なスーツは、かっちりした作りになっている分、動きにくい。腕をぐるぐる動かしたり、全力で走ったりジャンプしたりするのは難しい。

 しかし我々人間は、もともとはワイルドな生物だった。自然の中で暮らし、野山を駆け回っていたはずだ。スーツを着て動きにくくなっているという状態は、人間本来のワイルドな姿からは遠ざかっているのではないのだろうか。我々は、ワイルドを忘れてしまってはいないだろうか。

ワイルドに憧れて

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ どうも、この記事を書いている地主です!

 私は、カッコいいビジネスマンに憧れていると同時に、ワイルドでありたいとも思っている。同時ということはつまり「平日はビジネスマンで、週末はワイルド」では不完全であり――「平日はワイルドビジネスマンで、週末もワイルドビジネスマン」であることを求めているのだ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 結局どっちでもなく家でゴロゴロ

 ワイルドビジネスマンになれるなら仕事するのにな、と思う。ワイルドビジネスマンになれないから、平日も週末も家でゴロゴロするという、一番ダメなタイプの生活を送っている。スーツって窮屈なんだもん、動きにくいんだもん、ワイルドの対極なんだもん。私が悪いのではない、スーツが悪いのだ。それが私を生み出したのだ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ はるやま商事の「らくティブスーツ」がスゴいらしい!

 スーツの窮屈さをゴロゴロしていることの言い訳にしていたところ、窮屈ではないスーツがあるという噂を耳にした。

 はるやま商事が販売する「らくティブスーツ」。ストレッチ性に優れており締め付けが少ない、シワが残りにくい、汚れたら自宅で洗濯できるという特長を持っているのだそうだ。「仕事でも遊びでも着られる」というキャッチコピーも新鮮だ。窮屈なスーツをわざわざ着て遊びたいと思ったことなんてなかった。

 スーツの概念を覆す商品がついに発売されてしまった。この「らくティブスーツ」があれば、人類の夢「ワイルドビジネスマン」が実現できるかもしれない。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 竪穴式住居から、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ おはようございます!
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ スーツだけど、この躍動感!
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ ワイルドビジネスマン!

窮屈さゼロだから、ワイルドにもなれる

 最近はテレワークの普及が進み、「ワーケーション」という言葉も生まれた。どこにいても仕事ができる、ビジネスができる時代になった。つまりその気になれば、ワイルドな空間に居ながら仕事をすることも不可能ではなくなった。そんな時代も追い風となって「ワイルドビジネスマン」を実現させることができた。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ いいでしょ!
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ ワイルド(自然)の中で、ビジネス(仕事)に生きる!

 「スーツを着てキャンプ場に来ただけでしょ」と思うかもしれないが、それは違う。この「らくティブスーツ」は、窮屈さがゼロで、もはや着ていないような感じすらする。私たちがイメージする“原始人”は、ほぼ裸のようなワイルドさがあるだろう。「らくティブスーツ」を着ているときの自由さ、ストレスフリーな着心地はそれに近い。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ もはや裸? そう思えるほどストレスフリーな着心地
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 「キャンプ場にいます!」と伝える

 キャンプをしながらオンライン会議。ビシッと見せたいビジネスシーンでは、しっかりスーツとしての役割を果たしている。しかし同時にワイルドでもある。現代でもワイルドに過ごしたいと願っていた私には、最高のスーツだった。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 山も、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 登れるし、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 昼寝だって、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 快適!

 ストレッチ性がとても高いので、全力で走ったりジャンプしたりできるし、眠くなったら着たまま眠れる。これほどワイルドに動き回っても突っ張る感じが皆無なので、普段のビジネスシーンで着てもストレスフリーなのは明らかだ。

 本当に感動したので、この取材をした帰り道、車の中で「らくティブスーツ」を買い足した。はるやま商事のオンラインストアですぐに買えた。今後はよっぽどのことがないと、スーツは「らくティブスーツ」以外着ないと思う。それくらいによかった。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 感動した!

においや汚れに強い! 水にも強い!

 キャンプをしながらパソコンで仕事をする、というワイルドビジネスマンの夢は叶えられたが、もっとワイルドの高みを目指してみたくなった。ランチだ。ワイルドに魚を捌いて、焼いて食べる。ジビエも食べる。それがワイルドビジネスマンのランチなのだ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ ヤマメを捌き、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 塩を振り、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 焼く

 この写真のように、スーツのまま豪快に魚を焼いたら、においがつきそうと思われるかもしれない。でも、この「らくティブスーツ」なら問題ない。自宅の洗濯機で洗濯できるからだ。乾くのも早いので、今日の夜洗濯すれば、明日の朝には乾いちゃう。ワイルドビジネスマンが現代で生きていくためには、このスーツしかないのではないかと思う。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 鹿肉と猪肉を、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 焼いて、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 食べる!!

 骨つき肉にかぶりつく感じ、これこそ私が求めるワイルドだ。しかも、ビジネスマンとしての正装、スーツを着たままでこのワイルドさである。まさにワイルドビジネスマンだ。スーツを帰って家で洗濯できるようになった今、怖いものはない。この一着で、オンライン会議で商談をすることも、野山を駆け回ることもできる。完璧だ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ ワイルドに顔を洗う!

 さらに感動したのは、撥水性能の高さだ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 川を歩いていたら、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 転んでしまったんですね!
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ でも濡れてないみたい!

 川を歩いていて、転んでしまったときの私の写真を見てほしい。私の髪だけが濡れていて、スーツのほうはまるで何事もなかったように濡れていない。厳密には、シャツとネクタイは濡れているのだけれど、「らくティブスーツ」は全然濡れていない。転ぶ前となんら変化がないのだ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ ヤケクソで、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 水をかけたら、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ この撥水性!

 川で転ぶというシチュエーションは稀すぎるけれど、突然の雨で濡れてしまうといった場面は日常生活でもあるだろう。ワイルドビジネスマンなら、他人に傘を差し出して自分は濡れて帰るかもしれない。でも、そんなときでもこの撥水性なら安心だ。

 ワイルドとは「らくティブスーツ」を指す言葉なのかもしれない。「らくティブスーツ」と書いてワイルドと読みたい。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 帰ったらネットに入れて、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 洗濯機で洗濯して、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 干せば、
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 次の日には乾いています!

ビジネスシーンでも、そのままデートにも

 自分がワイルドビジネスマンであったとしても、実際のビジネスはキャンプ場だけでは成り立たない。お客様に会うため、ワイルドなままオフィスに出向く必要もあるだろう。前日にはキャンプ場でワイルドに着ていた「らくティブスーツ」だが、夜に洗濯をしたので、においや汚れは気にならない。シワもない。もはや新品だ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 仕事に熱が入るよね!

 打ち合わせでも、大きく体を動かすことができる。全力の身振り手振りで、このプロジェクトがいかに素晴らしいのかを説明する。

 「らくティブスーツ」は生地のストレッチ性が高いだけではなく、ボトムの股下部にガゼットクロッチという縫製技術を使用していて、180度自然な開脚が可能だ。問題は私の足は180度も開かないので、オーバースペックとも言えることである。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 全力で腕を回しても、足を開いても、破けない! 突っ張らない!

 さっと羽織れるのでテレワークにピッタリで、キャンプだってできるほどストレスフリーで、ビジネスシーンでは迫力満点のプレゼンができる。そして洗ってすぐにまた着られる。「らくティブスーツ」に死角はない。しかも、定番セットアップなら「5280円」なんだぜ。驚きのお手頃価格だ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ ストレスなく、バリバリ仕事ができる!

 もっとも迫力あるプレゼンができたとて、仕事の能力が上がるかは別問題ではあるけれど、ワイルドであることがまず重要だ。オフィスで働くことも、野山で働くこともできる――ワイルドビジネスマンとしての選択肢が与えられていることが大きい。人間は本来、ワイルドに過ごしていた生物なのだから。

 ちなみにこの写真では、シャツとしてはるやま商事の「アイシャツ」を着ている。「アイシャツ」はストレッチ性があって着心地がよく、洗って干せば一晩で乾き、アイロンなしですぐ着られる。業界唯一の完全ノーアイロン・シャツなのだそうだ。私のようなズボラな人のためにあるようなシャツではないか。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 日が暮れたら……

 オフィスワークが終わればデートだ。私と一緒に食事をしたいという天使たちがいるのだ。カフェで天使と待ち合わせをする。天使は私にクッキーを「あーん」とする。ちなみに私にとって天使とは子猫ちゃんのことであり、子猫ちゃんとは女性のことだ。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ あーん!

 もちろんデートも「らくティブスーツ」だ。普通のスーツなら、一日着たまま過ごすと肩が疲れたり、長時間着ているのでシワが寄ってよれた感じが出てしまったりする。だが「らくティブスーツ」ならそんなことはないので、デートに直行できる。

 ワイルドでありながら、ビジネスもできる。シワのないスーツを着こなしている。天使はより私に惚れることだろう。スーツってカッコいいしね。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 天使なんていないんだけどね!
【PR】はるやま商事 らくティブスーツ 一人なんだけどね!

 いないのだ、私には天使も、子猫ちゃんも。一人なのだ。カフェにすら行ってない。さっきの写真は、オフィスの空いているスペースで撮った。

 でも今後は大丈夫だろう。「らくティブスーツ」でワイルドビジネスマンになったのだもの。私を好きになってくれる天使が現れるはずだ。だって「らくティブスーツ」自体もカッコいいじゃん。シュッとして見えるじゃん。だから私に連絡したいというエンジェルが現れてもいいと思うのだ。というか現れるだろう。だって死角がないのだもの。仕事ができる男に見えるし、ワイルドであり、カッコいいのだから。しかも、どんな場所でもアクティブに動ける。もし、子猫ちゃんがこのまま海に行きたい、と言ったとしてもすぐに連れていけるし、私は泳ぐことだってできる。「らくティブスーツ」だから。そして洗濯すれば、明日にはまた着ることができる。「らくティブスーツ」だから。「らくティブスーツ」と同じように、私には死角がない。仕事はあまりないけど、仕事熱心ですし、仕事はあまりないけど、ワイルドですし、魚も捌けますし、川や海でクロールもできます。つまりぜひご連絡ください、ということです。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ カッコいいと思うのです、このスーツ!

マジでいい、これ!

 「らくティブスーツ」に初めて腕を通してすぐ、「これはすごい」と感動した。スーツにありがちな突っ張る感じが全くなくて、着ていてストレスを感じなかった。

 私は薄着が好きなのだけれど、それは服を着ることに自体にストレスを感じるからだった。突っ張ったり、締め付けられたり……「らくティブスーツ」にはそれが全くない。袖をまくってから戻しても、ほとんどシワが残らない。撥水性も素晴らしい。自宅で洗って着られる。買わない理由がない。だから買い足した。マジでこれが、スーツのスタンダードになってほしいと思う。

【PR】はるやま商事 らくティブスーツ たぶん今後、「らくティブスーツ」以外のスーツは着ない!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」

提供:はるやま商事株式会社
アイティメディア営業企画/掲載内容有効期限:2021年11月7日