Special
» 2022年03月07日 12時00分 公開

「ちょっと盛ったやろ?」「……盛った」 関西電気保安協会の新Web動画は、関西の「こんな感じ」の日常を描いた“ゆるっと”動画が6連発

ふしぎと続けて観たくなる。

[PR/ねとらぼ]
PR
【PR】 関西電気保安協会 / Web動画 「彼と、彼女と、関西電気保安協会」

 関西に住んだことがある多くの人にとってはお馴染みのメロディ、「かんさい、でんきほ〜あんきょうかい♪」で知られる関西電気保安協会。ちょっとクセのあるテレビCMのイメージが強い同協会ですが、近年ではWeb動画でもそのセンスをいかんなく発揮しています。

 そんな関西電気保安協会の今年のWeb動画は、約30秒のショートムービーが6本。「関西は今日もこんな感じ」をテーマにした、ゆるっと日常系の動画……ですがやっぱり、会話の着眼点やツッコミのキレに “関西人”らしさが光っています。テンションこそ抑えめですが、ふしぎな心地よさでついもう1本見たくなる「スルメ系」動画を以下6連発でお楽しみください。

「私と、幼馴染と、関西電気保安協会」

 「オチのない話してええ?」「あかん」「♪関西電気保〜安協会、の車がな……」。結局話し始めるんかい。最後はちゃんとオチをつけてくれる幼馴染がナイスです。

「友と、私と、関西電気保安協会」

 「♪関西電気保〜安協会」を聞かせながら育てたレモン(?)の話をする女子高生。そのレモンには隠された秘密があって……。 

「私と、親友と、関西電気保安協会」

 「リーク(漏電)はあかんな」、これは一本取られた……! 読者の皆さんもタコ足配線にはお気をつけください。 

「女と、男と、関西電気保安協会」

 「♪関西電気保〜安協会」のメロディ、実はちゃんと商標登録されているんだそうです。勝手に使われたら困るから、その通りです。

「同期と、私と、関西電気保安協会」

 「悪いくせや」とあきれた表情を浮かべる同期、ふたりの表情の差がじわじわ来ます。ついちょっと話を盛っちゃうの、悪気はないんですよね。

「彼と、彼女と、関西電気保安協会」

 「昨日、家に、♪関西電気保〜安協会、の人が点検に来たわ」。でも実際の点検業務では「関西電気保安協会」と言っているんですね。文字にするとわかりにくいかもしれませんが……。

出演を打診された協会職員さんの気持ちは……? 連動した新聞広告にも注目

 また、関西電気保安協会のテレビCM・Web動画で実はお約束となっているのが「協会職員が登場するシーンでは、役者ではなく本物の協会職員も出演している」こと。今回のWeb動画6本でも、最後のシーンでは実際に働いている協会職員の皆さんが出演しています。

【PR】 関西電気保安協会 / Web動画 「彼と、彼女と、関西電気保安協会」 関西電気保安協会で実際に働いている皆さんも出演しています

 そして今年は新しい試みとして、動画だけでなく「動画出演を打診された協会職員」の困惑を描いたアナザーストーリー風の新聞広告も登場するとのこと! 読売新聞朝刊(大阪本社版)にて、3月6日から11日までの6日間で全6話のストーリーが公開される予定で、本日までに2話が公開されています。「※本文は、ほぼフィクションです」と書かれてはいますが、思わず協会職員さんの顔を想像してしまうお話に仕上がっています。

【PR】 関西電気保安協会 / Web動画 「彼と、彼女と、関西電気保安協会」 広報部らしく、もっと職員の仕事を盛り込んだCMにしたほうがいいのでは、と問いかけますが……
【PR】 関西電気保安協会 / Web動画 「彼と、彼女と、関西電気保安協会」 「私が高校の制服を着てレモンの話をするのでは駄目なのか」、CM出演への覚悟がすごい

 「動画の出演を打診された協会職員の気持ち」という、これまであまり想像したことがなかった新しい視点を見せてくれるこちらの企画。3月11日までに残り4話が掲載される予定で、掲載済みのお話は関西電気保安協会ホームページの特設サイトからも読むことができます。

 「最高の技術とサービスで、安全の質を高め、最大の安心を生み出す。」という経営理念のもと、関西エリアでビル・工場・ご家庭などで使用する電気設備の点検や保安管理業務を行っている関西電気保安協会。“関西人”のセンスが光るWeb動画と、出演することになった協会職員の皆さんの困惑を描いた新聞広告、どちらも関西電気保安協会ならではのユーモアを感じる企画になっています。

【PR】 関西電気保安協会 / Web動画 「彼と、彼女と、関西電気保安協会」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声

提供:一般財団法人関西電気保安協会
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2022年3月13日