ニュース
» 2022年03月13日 20時00分 公開

飼育放棄され、やせ細った老猫を保護→137日後…… 飼い主と同居猫にかこまれ幸せいっぱいな姿に涙(1/2 ページ)

幸せそうでよかった。

[土屋真理菜,ねとらぼ]

 飼育放棄された猫ちゃんが、家猫になり安心してくつろぐまでの記録がYouTubeに投稿され、61万回再生を突破しています(3月9日時点)。動画には「涙腺が弱くて涙が止まらない」「保護していただきほんとうにありがとうございます」などのコメントが寄せられています。

飼育放棄され異常に痩せた老猫を保護して完全家猫になるまでの137日間の記録【老猫保護】

 動画を投稿したのは、地域猫を見守りつつ、精力的に猫の保護活動をしているご夫婦。ある日、台風の接近前に顔見知りの地域猫さんの様子を見に行くと、ガリガリに痩せている長毛猫さんを発見しました。

 以前から地域猫として生活していた子で、ご近所では「しょう」ちゃんと呼ばれていました。しょうちゃんはもともと飼い猫でしたが飼育放棄されたらしく、年齢は約12歳。ご近所の善意と餌やりボランティアからのごはんで暮らしていたんだそうです。

サムネ 痩せてしまったしょうちゃんを保護
野良猫の頃のしょうちゃん とても人懐っこいです

 家猫だったことと、野良猫になってからも人の愛情を受けているからかフレンドリーで、ご夫婦が近づくとニャーニャーと甘えた声で鳴き、なでなでもさせてくれる人懐っこい性格です。ボランティアさんによると、しょうちゃんは食欲はありつつも最近痩せてきたそうで、足にも力が入らずなでるとよろめいてしまうとのこと。そんな姿を見たご夫婦は病気の可能性も心配し、「この子を保護してあげたい」という気持ちになったそうです。

 ご夫婦は保護後、すぐ動物病院へ行き、血液検査やワクチンなど一通りの検査を実施。異常は見つかりませんでしたが、年齢的なこともあり腎臓が悪く、ステージ1から2の間との診断結果が出ました。

 その後帰宅してしょうちゃんをケージに入れ、ごはんやちゅ〜るをあげましたが食べず、不安そうな声も鳴きやみません。外ではフレンドリーだったしょうちゃんも、不安を隠しきれず震えていたようです。

病院しょうちゃん 病院で検査
にらんでいるようなしょうちゃん お家にきた日はごはんを食べませんでした

 飼い主さんは「私たちにとっては保護ですが、しょうちゃんにとってはさらわれて閉じ込められた状態で不信感しかなかったと思います。この日もたくさん検査をされて急に捕まえられて怖かったと思います。そんな思いも今日で最後にしてあげたい」と語っていました。

 その後保護して3日目には、もりもりとお皿に入ったごはんを食べてくれるように。さらに、ケージに手を入れると頭でスリスリ。「おいで」と呼ぶと寄ってきてくれるようになりました。そして毛並みもよくなって少し肉がつき、猫じゃらしで元気に遊ぶように! 抱っこもさせてくれるようになったのです。

抱っこされるしょうちゃん だいぶ慣れてくれました
こあらくんと鼻チュー こあらくんと鼻チューでごあいさつ

 飼い主さんの自宅には、元保護猫のサバトラ「まめた」くん9歳、元地域猫「こあら」くん2歳の先住猫が暮らしています。そして、しょうちゃんより1日遅れでやってきた、元捨て猫の「ボルト」くん約10歳も家族になりました。

 最初は恐る恐るの初対面だったしょうちゃんとこあらくんですが、すぐに鼻チューでごあいさつ。ボルトくんもしょうちゃんのことが大好きになり、くっつこうとして激突してしまうこともあるそうです。そして1カ月後には、まめたくんとも仲良く寄り添う姿が。地域猫たちとはうまくいっていませんでしたが、同居猫ちゃんたちとはすぐに打ち解けることができました。

くつろぐしょうちゃん すっかり家猫さん
お返事するしょうちゃん 地域猫さんたちを見に行く飼い主さんをお見送り

 新しいお家に慣れてきたしょうちゃん、今では自らベッドにきてゴロンと甘えるようになり、もう何年もお家にいたかのようにくつろいでくれるんだとか。飼い主さんが話しかけるとお返事もしてくれて、現在は猫きょうだいの中で一番の甘えん坊なんだそうですよ。

 実はその後しょうちゃんの後ろ足の変化が気になった飼い主さんが動物病院に連れて行ったところ、“変形性脊椎症”と診断されたとのこと。これは老齢により腰が曲がる症状で痛みもあるため、しょうちゃんはサプリで症状を緩和しながら生活していくことになったそうです。

 獣医師には「平面的な生活を」と言われたものの、猫の習性上高い所に登りたがってしまうので、飼い主さんは爪とぎを使って簡易的なスロープを作成。しょうちゃんは楽しそうに登ってくれるそうで、今度は本格的なスロープを作成する予定だそうです。

ふみふみ横の姿 足に異常を感じました
イラスト 骨がトゲのようになって痛みがあるんだそうです
スロープをのぼるしょうちゃん スロープを作りました!

 今では家猫として、地域猫活動をする飼い主さん夫婦を見送ってくれるようになったしょうちゃん。飼い主さんは「鳴いて甘えてくるしょうちゃんを見ると、保護して本当に良かったと思います。しょうちゃんに出会えて本当に幸せです」と話しています。きっと、しょうちゃんも大きな安心感と幸せを感じているのではないでしょうか。

 飼い主さんのYouTubeチャンネル「すべての野良猫にちゅ〜るを (初老夫婦の猫支援)」では、猫きょうだいたちを保護したときの様子や、しょうちゃんの日常ものぞくことができます。また、猫の保護活動のためにすべちゅ〜メンバーシップも募集中です。地域猫たちに目を向けるきっかけになるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声