ニュース
» 2022年03月20日 20時00分 公開

山にいた野良猫を保護して1年、猫嫌いな夫が変わった…… 次第に心を開いてくれる猫の姿に感涙(1/2 ページ)

自然と涙があふれます。

[土屋真理菜,ねとらぼ]

 野生の猫として生き抜いてきた猫ちゃんを保護。その1年間を記録した動画がYouTubeチャンネル「コノポックル」に投稿され、「感動しました」「天使みたいな子」などのコメントが寄せられています。動画の再生数は39万回を超えています(3月17日時点)。

【122】シロさん保護1周年!未公開映像いっぱい 猫嫌い夫の変貌?

 投稿者さんの別荘にたびたび訪れていた、山に暮らす白猫「シロ」さん。シロさんはごはんをもらいにウッドデッキに来ても、人には決して近づかない野性的な野良猫でした。投稿者さんは、真冬には雪が降り積もる厳しい環境下で必死に生き抜き、両耳がガンの進行で黒ずんでいたシロさんのことがたまらなく心配になり、いとおしさを感じるようになったそうです。

 投稿者さんの夫は猫嫌いでシロさんの保護には当初反対していましたが、2021年2月20日、ボランティアさんの力を借りて保護に成功。その後治療のため両耳を切除しましたが、耳が聞こえなくなることはないとのことでした。

お顔アップ シロさんが心を開いてくれるまでの物語
野良時代にこちらを見てるシロさん 野良猫だったシロさん
外でお座りしてるシロさん よくごはんを食べに遊びにきてくれていました

 シロさんは厳しい環境下で妊娠出産を繰り返してきたため衰弱しており、猫エイズと診断されました。ストレスによる発症を防ぐために、シロさんは別荘の主となって療養生活することに。投稿者さんは片道2時間かけて、自宅と別荘を往復しながらお世話をするようになったのです。

 保護当初はみかん箱に閉じこもり、ケージを開けても出てこなかったシロさん。見守りカメラには、ケージによじ登り窓から外を眺めようとする姿や、不安そうに鳴く姿が映っていました。

 しかし4月には、投稿者さんがくると隠れるも、甘えた声で鳴いてくれるように。さらに、投稿者さんが帰ろうとするとときどきお見送りしてくれるようにもなりました。その姿がたまらなくいとおしく、帰るに帰れないときもあったんだとか。投稿者さんがシロさんのために作ったキャットタワーに登る姿は真っ白でとても美しく、まるで自然を見渡す山の守り神のようです。

捕獲機シロさん 保護して耳の治療を行いました
ケージの中のシロさん 最初はケージをあけてもでてきてくれませんでした

 保護後もしばらくは投稿者さんを警戒している様子でしたが、しばらくすると初めてさわらせてくれるように。また、6月にはシロさんに見守られながら、初めてのミルクボランティアで赤ちゃん猫4匹のお世話に挑戦。その後2度目のミルクボランティアの3匹の中で、夫のそばに寄って行った1匹の茶トラ「ホープ」ちゃんを家族に迎えることに決めました。

 ホープちゃんを別荘のシロさんの元へ連れて行くと、シロさんは甘えたり怒ったり大忙し。投稿者さんに甘えたい気持ちがあったのと、子猫に野良猫界の掟を教えようとしたのかもしれませんね。次第に猫を飼うことを許してくれるようになった夫を見て、投稿者さんはさらに保護猫の「ポポ」ちゃんも自宅に迎えることにしました。

キャットウォーク歩くシロさん 次第にキャットウォークを歩いたりのびのびと過ごすように
シロさんをなでる様子 さわらせてくれるようにもなりました

 9月には、シロさんと夫がついに初対面。さらに10月にはまた赤ちゃん猫を預かるなど、いつの間にか夫婦で猫に囲まれる生活を送るようになっていました。シロさんも爪とぎの上でくねくねしながら毛づくろいするなど、家猫のようにくつろぐ姿を披露。そんなシロさんを見て、投稿者さんは涙を浮かべたそうです。

 怯えていたシロさんがリラックスできるようになり、猫嫌いだった夫が猫を受け入れ……。投稿者さんの周りの環境が、ゆっくりと変わりはじめていました。

 12月、シロさんは苦手だったおもちゃにさわりはじめ、別荘で夜な夜な楽しくダッシュ! また、今までダンボールで寝ていましたがふわふわのベッドで眠れるようにもなりました。そして1月には、おやつを与えながらたくさんさわらせてくれるように。だんだん距離が近づいて、指をぺろぺろとなめてくれるようにも……!

甘えてるシロさん おしゃべりして甘えてくれます
香箱座りてんちゃんアップ 爪とぎにマタタビをまくとくねくね、かわいい……!
シロさん横から おやつがあると体にのってきてくれます

 現在、投稿者さんのご自宅には犬2匹と猫2匹が暮らしています。投稿者さんは、「その団らんにシロさんも混ざって欲しいけど、まだストレスだろうから焦らないようにしている」とのこと。猫嫌いだった夫の周りにはたくさんの猫ちゃんが集まっています。

 全てはシロさんとの出会いからはじまり、ボランティアさんとつながったお陰で夢だった「猫との暮らし」が実現。シロさんがたくさんの幸せを運んでくれたようです。投稿者さんは「夫の反対を押し切ってシロさんを保護できたのはYouTube視聴者様たちの後押しがあったおかげ」とも話しています。

 さまざまなめぐり合わせのきっかけとなった、美しいシロさんの日常や、猫に慣れていない夫が繰り広げるクスっと笑ってしまうような猫ちゃんとのたわむれは、YouTubeチャンネル「コノポックル」で見ることができます。また、Instagramアカウント(conopockle)でも猫たちの姿を公開中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響