Special
» 2022年05月25日 17時00分 公開

勝負を決めたのはプレイヤーの知略! ゲーム「三國志 真戦」で本当にあった大逆転劇をドラマ化した動画がアツい

職業も年齢もバラバラのプレイヤーたちが起こした実際のスーパープレイを実写化。

[PR/ねとらぼ]
PR

 三国志の世界を舞台にした本格戦略シミュレーションゲーム「三國志 真戦」。リリース1周年を記念したスペシャルドラマ「知略を愛する者たちよ」が公開されました。プレイヤー同士の共闘と純粋な知略が勝負の鍵を握るこのゲームで、実際のプレイヤーが起こした“大逆転劇”をドラマ化した映像となっています。

 ドラマは職業も年齢もバラバラのある同盟「桃園之契」の実際の戦いを再現したもの。立場の違う5人のプレイヤーが盟主、指揮官、外交官などの役割を持ち、チャットを通じて知略を練り上げていく様子が臨場感たっぷりに描かれています。

三國志 真戦 盟主の表の顔は若手社長。仕事中もスキマ時間は「三國志 真戦」に夢中なのは内緒

 洛陽を目指していた「桃園之契」は道中にある武関が未占領であることに着目。いいルートを発見したと盛り上がったのもつかの間、実は同じく武関占領を目指す「東の連盟」が圧倒的な戦力で立ちはだかっていることに気が付きます。

三國志 真戦 武関ルートには強力な共同連盟が

三國志 真戦 強すぎる敵……一体どうする?

 敵との戦力差は歴然。そこで「桃園之契」は同じく西から武関攻略を目指していた西の同盟と共同連盟を張ることを思いつきます。すかさず外交官がチャットで交渉を持ちかけると見事に同盟が成立。臨機応変に戦略を変えていく展開がアツい!

三國志 真戦 必要なのは“知略”!

三國志 真戦 利害が一致すれば他の同盟とも手を組むことが可能

 ただし、それでも「東の連盟」の強大な戦力にはまだ及びません。そこで盟主が目を付けたのが“地形”。囮役を置くことで戦力を分散し、敵の増援の要衝である2つの埠頭をねらう奇襲作戦です。埠頭を抑えれば敵の増援を遅らせることができ、大幅に戦力を減らすことができるはず……。「桃園之契」最大の軍事作戦として各地で仕事を終えたプレイヤーたちが気合を入れてスマホに向き合います。

三國志 真戦 盟主が起死回生の奇襲作戦を立案

三國志 真戦 決戦開始!

 総力戦で臨む「桃園之契」でしたが敵の攻撃は激しく、増援も次々とやってきます。やはり戦力差は圧倒的で次第に防戦一方の展開に……。もうダメか、と思われたそのとき、戦況を一気にひっくり返す驚きの秘策が! 戦略ゲーム好きなら興奮してしまうこと間違いなしのラストはぜひ動画でご確認ください。

三國志 真戦 絶体絶命のピンチ……とそのとき衝撃の展開が

 まさに全員の知略で戦力差を覆す究極の戦略ゲームであることを象徴するような本当にあった世紀の大逆転劇。アプリゲームのプロモーションというと1〜2分程度の動画になることが多いですが、今回は10分以上の大作ドラマになっているところに「戦略が全てを左右する『三國志 真戦』の面白さを伝えたい!」という公式のアツい思いを感じます。プレイヤーたちの生き生きとしたやりとりや大河ドラマのような本格的な演出には、「ゲームをやったことがないのに思わず興奮してしまった」という人も多いのでは?

三國志 真戦 仲間との絆が深まるのもこのゲームの魅力

 「三國志 真戦」はQookka Entertainment Limitedが開発し、コーエーテクモゲームス監修で同社の「三國志13」をベースに開発されたスマートフォン向けゲームアプリ。200人対200人の大規模バトルも可能な大型共闘システムと、究極の戦略性と公平性を持った革新的な作品です。

三國志 真戦

 資源や兵力への課金要素はなく武将の能力値だけでは相手に勝てないため、どんなプレイヤーでも公平な戦いが可能。山や川などのリアルな地形を生かし、敵の進軍を遅らせたり逆に相手の要衝を攻めたりとプレイヤーの知識と戦略が戦況を大きく左右します。当然相手も同じように知略を巡らせてくるため、臨機応変に立ち回る頭脳が何よりも重要。同盟を組んだ仲間と作戦を練り、絆を深めていけるのも醍醐味です。

三國志 真戦

 定期的に新シーズンに切り替わるシーズン制シミュレーションゲームとなっており、シーズンごとに違った楽しみ方ができる点も特長。今後も続々と新しいコンテンツが公開される予定なので、ぜひ1周年を迎えたこのタイミングで「三國志 真戦」のアツい戦いに参戦してみてください!

©Qookka Entertainment Limited. All Rights Reserved.
©Shanghai TCI Network Technology Co., Ltd. All Rights Reserved.
©KOEI TECMO GAMES CO., LTD. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」

提供:Qookka Entertainment Limited
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2022年6月3日