Special
» 2023年08月18日 18時30分 公開

【推し活新時代】 誰かを推すのも、推されるのも楽しい!?――多様化する“推し活”マイスタイルについて、編集部で聞いてみた

あなたはどれに当てはまる?

[KikkaPR/ねとらぼ]
PR

 “推し”――それは“好き”よりもさらに強い気持ちで憧れの人を応援する気持ちを表す言葉。

 元々は「アイドルとファン」「アーティストとファン」のような構図でよく使われていた言葉ですが、近年はもっと身近な人をカジュアルに応援しているという意味で“推し”と言う場合もあり、言葉の意味・定義の幅が広がってきています。

 そこでこの記事では、さまざまなジャンル“推し”を持つねとらぼの編集部員に話を聞いて「新時代の推し活」「推し活の楽しい部分」について考えてみました。

アイドル・アーティストなどを、大勢のファンのうちの一人として「推す」

 仕事でもプライベートでも情報収集を欠かさず、自分の“推し”にも“推し活”のトレンドについても詳しい編集部員たち。それでも真っ先に上がったのは、アイドル・アーティストのライブに行ったり、曲の再生数に貢献したり、アクスタを持ち歩いたりしているというテッパンの“推し活”でした。

たくさんのファンで埋め尽くされた会場でアーティストを応援するイラスト / 【PR】 Pococha 推し活新時代 認知はされていなくても、キラキラしている推しの姿を見られるだけでうれしい(イラスト:逆襲

 公式(推し)から「個」のファンとして認知される機会はほとんどありませんが「SNSの投稿やライブ配信ではなるべく“いいね”を押すなどアクションを起こしたり、運営の検索に引っかかるように感想をツイートしたりしている」といいます。

 また、「友人にライブ映像を繰り返し見せられたグループは自然とメンバーを覚えやすく、自分も興味を持てる」として、友人と“推し”を教えあって新規開拓することもあるとのことでした。

 筆者自身も自分が好きなコンテンツを取材して紹介することがありますが、その記事がファンコミュニティーで議論されたり、“推し”本人から反応を貰ったりすることで“新たな推しの魅力”に気づくこともあります。また、“推し”の発信で知ったのをきっかけに、これまで知らなかったコンテンツや分野に興味を持てることもあり「“推し”がいると毎日が楽しい」と思う機会は多いです。

有名じゃなくても、ビビッと来る人や好みの人を見つけて「推し支える」

 続いては、YouTuberやVTuberなどの配信者を推しているという編集部員の話を紹介します。

 先ほどの例よりもファンとクリエイターの距離が近いからこそ「視聴者からのレスポンスが少ないと、配信者のモチベーションの低下に直結してしまう」といいます。だからこそ「走り始め、活動初期の配信者などは特に意識して“推す”ようにしている」のだとか。

書き込んだコメントに対して配信者からレスをもらい、応援し続けよう……と思っている人のイラスト / 【PR】 Pococha 推し活新時代 “推し”から毎日元気をもらい、自分の応援もまた“推し”の元気の源になっている――そんな距離感(イラスト:逆襲

 そんな編集部員にとって、これまでで最大に悶えたできごとは「自分が書いたコメントを推しVTuberが気に入って、オリジナルコンテンツの一部として採用してくれた」こと……!

 自分のコメントが形に残ることは「怖さ半分うれしさ半分」だったと話していましたが、自分の応援で相手が喜んでくれているとわかると、やはり推している側も“推し活”冥利に尽きますよね。

「推し」から「同志」、そして「人生の友」へ?

 SNSを中心に活動するアマチュアクリエイターを推しているという編集部員は「応援の気持ちで作品を拡散したり、感想を投稿していたりしたら、突然フォローが返ってきて驚いたことがある」とのこと。

推しクリエイターと意気投合し、その後友達になった人のイラスト / 【PR】 Pococha 推し活新時代 そのクリエイターのファンということは、好みやセンスが近いということ。推しでもあるけれど、同志として意気投合もしやすいかも(イラスト:逆襲

 推しクリエイターから「感想をいつも書いてもらえるのがモチベーションになっていました!」と連絡をもらったこともあり、「リアクションをもらえるかどうかって、その人の日々のモチベーションに直結するんだ」と改めて気づかされたといいます。

 そのほかにも、趣味をきっかけに「すごい人がいる!」とフォローをしたところ、SNSで相互フォローとなり、同じ趣味の同志として意気投合。その後はゆるくつながり続けて気づけば10年以上の付き合いになっていったというパターンも。

 趣味の話はもちろん、職場や学校の知人に話せない悩みでも、インターネットで繋がった友人だからこそ打ち明けられる話もあって……「最初は“推し”だったが、同じ趣味の“同志”として打ち解けて、今は“人生の友”になった」と話してくれました。

 また動画配信者として「リスナーに応援してもらった」「推してもらった」経験を持つ編集部員からも、「やはり応援の言葉はうれしいし、お互いの結婚式に行くほどの仲になる“人生の友”が見つかることもある。双方向性のあるコミュニケーションは活動者の側からしてもうれしい」という意見が上がりました。

“推し”と“推され”は多様化してきている

 今回幅広い年齢層を対象に“推し活”というテーマで話を聞いて、改めて“推し活”の多様性を感じました。なかでも特に実感したのが「芸能人から趣味の一般人まで、どんな知名度の人でも“推し”になる可能性がある」ということです。

「大勢のうちの一人として推す方法」と「小さなコミュニティで互いに応援しあうように推す方法」どちらもある図解のイラスト / 【PR】 Pococha 推し活新時代 “推し活“はますます多様に。どんなスタイルの“推し活“も、日々を楽しくしてくれるのは同じ(イラスト:逆襲

 これまで「●●のファン」といえば、著名なスターだったりアイドルだったりと、手の届かない存在を応援する……というイメージがスタンダードでしたし、現在もそういった「推し活」を楽しんでいる人は多くいます。しかしそれに加えて近年、SNSや配信プラットフォームの普及に伴い、知名度もコミュニティーもより小さく凝縮された新しい“推し活”にハマる人も増えてきました。どちらの“推し活”にも楽しさがあり、「“推し”の知名度が高ければ高いほどいい」わけではないようです。

 特に「新しい“推し活”」=「推す側と推される側の間に認知やコミュニケーションが双方にあるパターンは、推される側の知名度こそ低くても、推される側・推す側双方の満足度が高いという印象でした。

 推しの知名度・規模感・活動スタイルにかかわらず、人の数だけさまざまな楽しさがある“推し活”。ですが特に小規模な“推し”コミュニティでは、推す側と推される側、あるいは推す側同士の間で「仲間」「人生の友」のような濃密な関係性が生まれやすいのかもしれません。

“推し”が見つかるだけじゃなく、誰かの“推し”にもなれる場所「Pococha」

 そんな「身近な推し」を見つけられて、なおかつ、誰かの「身近な推し」にもなれるプラットフォームがライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」です。

Pocochaのキービジュアル / 【PR】 Pococha 推し活新時代 Pocochaなら“推し”が見つかるだけじゃなく、誰かの“推し”にだってなれる

 老若男女さまざまな層のライバーが配信を行っているPococha。若いリスナーの人生相談におばあちゃんライバーが親身になって回答したり、育休中にPocochaに出会ったママさんライバーが先輩ママさんリスナーとの交流を深めたりという配信もあります。

 またスモールコミュニティーで、リスナー同士の交流が盛んなコンテンツが多いのもPocochaならでは。

 例えば、楽器演奏配信を行っていて話せないライバーのためにリスナー同士がコメントで盛り上げるなんてことも……リスナー側も積極的にアクションを起こして、ライバーとリスナーみんなで楽しい場所を作り上げていくさまは、まさに「新しい“推し活”」スタイルを体感できる場所といえそうです。

 スマホ1台でリスナーにもライバーにもなることができるPococha「身近な“推し”がいる生活」「誰かに“推してもらう”体験」「推しや推し仲間との家族のようなつながり」に興味を持ったら、一度Pocochaをのぞいてみるのもオススメです。毎日が楽しくなる出会いがあるかもしれません!

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1605/20/news111.jpg 絶対にプラスチックのカップで「焼きプリン」を作るという執念 森永「焼きプリン」の製法特許がすごいと話題
  2. /nl/articles/2312/09/news033.jpg 13年外につながれボロボロのおばあちゃんワンコを保護 人間を信じ始める姿に涙「今まで苦労した分以上の幸せな余生を送れますように」
  3. /nl/articles/2312/10/news011.jpg 犬同伴OKのビュッフェに柴犬と行ったら…… 全く別の楽しみ方をしてしまう姿に「かわいいいいい」「気持ちよさそう」
  4. /nl/articles/2312/10/news019.jpg 入院で2週間不在だったママを待ち続けた猫、再会の瞬間…… 涙を誘う喜びあふれる“お返事”に「深い絆に涙が」「嬉しさがひしひしと」
  5. /nl/articles/2312/10/news018.jpg 同居猫のおしりを嗅いで「テメェ屁こいたなぁ!!!!!??(怒)」と理不尽ギレする猫の姿に抱腹絶倒「夜中に爆笑させないで」「名作」
  6. /nl/articles/2312/10/news061.jpg 遠藤憲一、保護犬を家族に迎える 「保護時には栄養失調と足に怪我を」悲しい過去も、ウキウキお散歩ショットにほっこり
  7. /nl/articles/2312/08/news013.jpg 愛猫が息を引き取る直前「ありがとう、楽しかったよ」と声を掛けたら…… 家族みんなが久々に集った夜の奇跡に涙
  8. /nl/articles/2312/09/news081.jpg 短編ホラーゲーム「8番出口」で“開発者も知らない異変”が発生し笑いと恐怖 「マジでホラー」「本物の『怪異』だ」
  9. /nl/articles/2312/10/news033.jpg 捨てられて真っ黒だった元野良猫が、家猫になった今では…… 真っ白で幸せいっぱいの暮らしに「ほんときれいな美猫さんに」「胸が熱くなる」
  10. /nl/articles/2312/08/news180.jpg ミス東大の水着グラビアデビューに「東大まで行って」と失望の声 本人&現役グラドルも加わるネット論争に
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」

提供:株式会社ディー・エヌ・エー
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2023年8月26日