「櫻坂46」藤吉夏鈴が映画初主演 高校新聞部の新米記者演じる 「本当にありがたくワクワクした気持ち」

高校の新聞部が舞台の作品。藤吉さんは新米記者を演じます。

» 2024年03月06日 07時00分 公開
[三輪薫ねとらぼ]

 「櫻坂46」の藤吉夏鈴さんが主演を務める映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」の公開が決定。藤吉さんは同作が映画初出演、かつ映画初主演となります。

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

 高校の新聞部を舞台に、部員たちが社会のはしっこから大人たちの闇を暴く、“正義”や“善悪”を考えさせる社会派エンターテインメントと銘打たれた同作。日本大学藝術学部映画学科に在籍中だった宮川彰太郎さんが課題で執筆した映画の企画書がプロデューサーたちの心を動かし、製作まで至ったといいます。

 脚本は「辻占恋慕」「さよならエリュマントス」を手掛けた大野大輔さんが担当。「殺さない彼と死なない彼女」「恋は光」の監督でも知られる小林啓一さんがメガホンをとります。

 藤吉さんは6thシングル「Start over!」でセンターを務めるなどグループ活動で注目を集めるのみならず、「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)の「あざと連ドラ」(第5弾、第6弾)や、「アオハライド Season2」(WOWOW)、NHK夜ドラ「作りたい女と食べたい女」(NHK)に出演するなど、俳優としても注目を集めている存在。私立櫻葉学園高校新聞部の新米記者“トロッ子”こと所結衣を演じます。

 トロッ子を振り回す破天荒な新聞部部長・かさね役は第15回TAMA映画賞新進女優賞を受賞しドラマ・映画に引っ張りだこの俳優・高石あかり(高ははしごだか)さんが、文芸部部長の西園寺茉莉役は「おとななじみ」「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」など主演作が立て続けに公開されている俳優・久間田琳加さんが務めます。新聞部の副部長・恩田春菜に扮(ふん)するのは「ミス iD2019」でグランプリを獲得し、「少女は卒業しない」へ出演、「サーチライト-遊星散歩-」では主演を務めた俳優・中井友望さんです。

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

 キャストコメントも到着。藤吉さんは「お話をいただいた時、本当にありがたく同時にワクワクした気持ちでした。はじめましての方々と出会い、一つのものを作っていけるんだと思うと、嬉しく好奇心に溢れていました」「不安な気持ちもありましたが、寄り添ってご指導いただき、乗り越える事ができました。みなさまに感謝の気持ちです」と伝えています。

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

 映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」は8月9日公開です。

藤吉夏鈴さんコメント

お話をいただいた時、本当にありがたく同時にワクワクした気持ちでした。

はじめましての方々と出会い、一つのものを作っていけるんだと思うと、嬉しく好奇心に溢れていました。

初主演を務めさせていただけたこと嬉しく思っています。不安な気持ちもありましたが、寄り添ってご指導いただき、乗り越える事ができました。みなさまに感謝の気持ちです。

真実に目を向け、真っ直ぐに突き進む姿は頼もしく特有の輝きがあり、この気持ちを何歳になっても忘れてはいけないんだと、教えてくれました。

所結衣ちゃんに感謝の気持ちです。

愛される作品となりますように、祈っています。

高石あかり(高ははしごだか)さんコメント

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

出演が決まり小林啓一監督とキャストの皆さんのお名前を聞いた際は、素敵な作品になる予感にとてもワクワクしました。

私が演じさせていただいた杉原かさねという役は、赤い炎のような女の子です。

主人公を引っ張り振り回していく、情熱的で猪突猛進型、何にも囚われず探究心の為ならなんだってやるような女の子。

真っ直ぐすぎるゆえ敵も多いですが、そんなところも愛おしいと思えるキャラクターです。

大胆に、喜怒哀楽 100%で挑みました。

登場人物全員が魅力的で、一人一人を応援したくなる作品です。

是非劇場でご覧ください!

久間田琳加さんコメント

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

出演が決まったときは、同世代の皆さんとご一緒できる、学校が舞台の作品に出られるということで、クランクインが楽しみになりました。

私が演じた西園寺茉莉は、高飛車でボスのような女の子です。文芸部の部長として、いつも小説のコンクールで最優秀賞を受賞しています。でもそれには秘密があり、その秘密を巡って、物語の最後には大どんでん返しが...

「誰かにちゃんと認められたい」という気持ちが様々な形で描かれている作品です。そんな気持ちに共感して観ていただけると嬉しいです。

中井友望さんコメント

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

脚本をはじめて読んだ時、ただただ単純に「おもしろ!」と思ったのを覚えています。

文字で物語を追っているだけで、何かが動き出しそうなワクワク感を感じ、そこに自分も参加できることがすごく嬉しかったです。

私は、高石さん演じるかさねと同じ新聞部員の春菜を演じさせていただきました。

自由奔放に我が道を進むかさねの横での春菜の立ち回りにも注目していただけたらなと思います。

小林監督の隅々までこだわる面白い演出に、改めて映画作りとはこんなに楽しいんだと気付かせていただきました。

是非、公開を楽しみにしていてください!

小林啓一監督コメント

映画「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」

大野大輔さんの脚本を読ませていただいた時から、ワクワク感が止まりませんでした。考えもなしに「やらせてください!」と言ったものの、よくよく考えると、力ある脚本の功罪で「結構、難しいぞ」とかなり後悔しました。しかし、役者の皆様とスタッフのおかげで、想像以上に練りに練った作品が出来上がりました。特に主演の藤吉夏鈴さんは、リアルとフィクションの間、儚さと強さを併せ持つ、今までにないヒロインを作り上げてくれました。また高石あかりさん、久間田琳加さん、中井友望さんも非常にフレッシュで、映画の輪郭を太く濃くしてくれています。彼女達のエネルギーが世の中を明るくしてくれると思います。ここ最近、辛くて目を背けたくなる事ばかりですが、この映画で何か貢献できれば嬉しいです。

(C)2024「新米記者トロッ子 私がやらねば誰がやる!」製作委員会

読まれている記事

関連キーワード

映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
本記事は制作段階でChatGPT等の生成系AIサービスを利用していますが、文責は編集部に帰属します。

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」