ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

YouTuber「ラファエル」、ガイドライン違反でアカウント停止に

登録者数200万人を超えるメインチャンネルが凍結に。【追記】

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 人気YouTuber「ラファエル」さんのYouTubeチャンネルが1月22日、YouTubeのコミュニティガイドライン違反によりアカウントを停止(BAN)されたことが分かりました。


ラファエル BAN 現在のラファエルさんのチャンネル

 今回BANされたのは、200万人以上がチャンネル登録していたメインチャンネルで、現在、アクセスしても全ての動画が見られない状態となっています。なお、メインチャンネルの他にも、サブチャンネル(38万人)ゲーム用チャンネル(11万人)なども運営していましたが、こちらについては今のところ影響はないようです。


ラファエル BAN サブチャンネルには今のところ影響なし

 ラファエルさんと言えば2017年、Webサービス「VALU」を巡る“売り逃げ騒動”で話題になったYouTuberの1人(関連記事)。また2018年12月には、埼玉県で行われている水耕栽培の現場を動画で紹介。その際、「利回り80%超え!?世界一儲かる投資」として視聴者をあおっていたことが問題になり、炎上に発展していました(今回のBANとの関連性は不明)。

 一方、テンポのよい編集や、豪快にお金を使った企画などで人気も高く、ネット上では「マジかよ…」「めっちゃショックやねんけど」とショックを受けたという声も。ラファエルさんのTwitterでは今のところ、アカウント停止についてのコメントはありません。




1月22日22時40分追記

 ラファエルさんがTwitterを更新。「アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪するとともに、サブチャンネルで動画を公開しました。今後は現在のサブチャンネルをメインとして運用していくとのこと。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る