ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気

何度やっても失敗しがち。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 東京オリンピックのためカナダから来日中のレポーター、アナスタシア・バクシスさんが7月27日、Twitterに動画を投稿。日本人にはなじみ深いコンビニおにぎりのパッケージと格闘する様子が話題となっています。

オリンピック 五輪 アナスタシア・バクシス おにぎり コンビニ 来日 海外 記者 レポーター
ツナマヨ推し(画像はアナスタシア・バクシス公式Instagramから)

 自身スピードスケート選手として2度の五輪出場歴を持つバクシスさんですが、オリンピアンをしても、おにぎりパッケージの開封はかなり難易度が高かったもよう。「このおにぎりがお気に入りなんだけど、私は全然ダメ」と真剣な表情でツナマヨおにぎりと向き合う動画を公開しています。

 「間違っていたら教えて」と懇願しながら、案内に従い中央から左右へ徐々にパッケージをむいていくバクシスさん。しかし両サイドを引き抜く過程で憐れのりがビリビリに……。「あぁ!」「お願い助けて」と嘆いています。あるある。

オリンピック 五輪 アナスタシア・バクシス おにぎり コンビニ 来日 海外 記者 レポーター
レポーターとして来日中(画像はアナスタシア・バクシス公式Instagramから)

 バクシスさんのもとへは日本のTwitterユーザーから次々とリプが寄せられ、中には「日本人でも失敗するから気に病むことないよ」「まずは落ち着いて深呼吸をすることだね」「諦めないことが一番大事」と、もはや技術よりメンタルの重要性を伝えるツイートも目立ちました。なおバクシスさんの場合は、最初に中央から引き下ろす段階で、裏面までしっかり引っ張らなかったことが原因ではと見る向きが強めです。

 なお日本の“コンビニ飯”に魅せられているのは、バクシスさんだけではありません。同じくカナダから来日中のデヴィン・ハーロウ記者は、いまやすっかりセブン-イレブンの虜に。連日同コンビニで購入した品の数々を画像付きで投稿し、「オリンピック食のチャンピオンはセブン-イレブン」「セブン-イレブン、おまえなしでどうしたらいいのか」「午前2時でもまだやっていて、棚はきちんと補充されている。なんて場所なんだ」とその感動をつづっています。お気に入りは枝豆みたい。

 またオーストラリア飛び込み代表のサミュエル・フリッカーは26日、TikTokに大量のお菓子をムシャムシャ食べる動画を公開するなど、日本のお手軽フードに魅せられる関係者は日々増加。米メディアUSA Todayも「日本のコンビニにはどんな味、食感のお菓子もそろっている」「ゆでだこにチーズムースのブルーベリーソースがけ、湯豆腐にひじきまである。足りないのはスラーピーだけ(※編集部注:海外では一般的なフローズンドリンク)」と競技そっちのけの特集記事が組まれています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る