ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」(1/2 ページ)

Twitterでは関連ワードが多数トレンド入り。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 「V6」の6人が出演したバラエティー番組「学校へ行こう!」(TBS系)が10月26日に3時間のスペシャル番組として復活。タレントのパークマンサーさんをはじめ、同番組と深い関わりを持つ人物が出演し話題となっています。

V6 学校へ行こう! パークマンサー
「学校へ行こう!2021」に出演するV6の6人 (C)TBS

 「学校へ行こう!」は、途中リニューアルによる改題を挟みつつ1997年から約11年間放送。V6のメンバーが日本各地の学校へ足を運び、生徒たちとさまざまな企画を実施する内容で人気を博しました。V6は11月1日で解散することが発表されており、森田剛さんがジャニーズ事務所を退所するため、26日放送のスペシャル番組は“最後の「学校へ行こう!」”となります(関連記事)。

 同番組の企画「B-RAPハイスクール」で人気を博し、V6解散発表時には「最後に絶対V6と共演しなきゃ。学校へ行こう! やりましょうよ」と呼びかけていたパークさん。番組内では旅企画に登場してV6メンバーをイジり、放送と並行して更新したTwitterではおなじみのラップを歌う動画を添えて「V6のみんな〜ホントにホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」と、感謝のメッセージを送っています。アホだな〜。

V6との共演を果たしたパークさん

 番組放送中には、「パークマンサー」「未成年の主張」「軟式globe」など関連ワードが多数トレンド入り。ネット上では、「やっぱり学校へ行こう楽しい」「ありがとうV6!」などファンからさまざまな感想が寄せらています。

 また、「学校へ行こう!2021」にも出演したMUSIA(ムーシャ)さんはTwitterを更新。「本当に青春でした。毎回スタジオに行くのが楽しみでした」「本当の学校に行ってた気分でした」と当時を振り返っており、番組企画「ヴォイス系声優部」でデビューした声優の星野貴紀さんは、「今夜は少しセンチメンタルな気持ちですわぁ」と現在の心境をツイートしています。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る