メディア

「ゴスペラーズ」のシングル曲であなたが一番好きなのは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1994年にシングル「Promise」でメジャーデビューしたゴスペラーズ。メンバーの男性5人それぞれが豊かな歌唱力と表現力を持ち、その実力は折り紙つきです。日本の音楽シーンでアカペラという手法が浸透していなかった2000年代初頭にアカペラ作品をヒットさせ、その後もたくさんのアーティストに影響を与えつつ、アカペラの人気を定着させています。

 そこで今回は「ゴスペラーズのシングル曲」の人気投票アンケートを実施します。あなたが一番好きな曲に投票してください。まずは、シングル売り上げランキングでも上位に位置している3曲を見ていきましょう。

advertisement

約束の季節

出典「Amazon.co.jp
約束の季節"

約束の季節

250円(07/06 06:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「約束の季節」は、2001年に発売された17枚目のシングルの表題曲。夏の夕暮れ時と甘酸っぱい感情をイメージしたラブソングです。歌詞は切ない別れを前向き受け止めるという内容になっており、失恋した時や、新しく何かを始めようとしている場面にピッタリの楽曲です。

advertisement

ひとり

出典「Amazon.co.jp
ひとり"

ひとり

250円(07/06 06:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「ひとり」は、2001年に発売された16枚目のシングルの表題曲で、ゴスペラーズの代表作として認知されています。この曲で紅白歌合戦初出場も果たしました。2020年にはこの曲をもとに「手洗いソング」を発表するなど、現在に至るまで愛される楽曲となっています。

advertisement

永遠に

出典「Amazon.co.jp
永遠に"

永遠に

250円(07/06 06:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「永遠に」は、2000年に発売された14枚目のシングルの表題曲。マライアキャリーさんなど著名なアーティストの楽曲に携わってきたブライアン・マイケル・コックスさんが編曲を担当しました。この曲は44週にわたってチャートイン、ゴスペラーズのシングルの中で最長記録となりました。

advertisement

ゴスペラーズのシングル曲で好きなのは?

 投票の選択肢にはゴスペラーズの公式サイトに記載されているディスコグラフィーからシングルの表題曲、配信限定曲をリストアップしています。もしそれ以外の曲に投票したい場合は「その他」に投票の上、曲名をコメント欄にお願いします。その他、曲に関するコメントがありましたらぜひお送りください。皆さんの投票お待ちしています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.