メディア

結局どうなの?ラーメンって日本食?それとも中華料理?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本人が大好きなラーメン。特に寒い季節にラーメン屋さんは賑わいますね。コンビニには年中カップラーメンが並び、有名ラーメン店とコラボすれば話題になります。インスタントラーメンは家でも手軽に調理できますので独り暮らしの強い味方。昨今では独自の進化を遂げて、味噌、しょうゆ、塩、とんこつだけでなく、実にさまざまな味が楽しめるようになりました。塩レモンラーメンやトマトラーメンなんて夏に食べたくなるものから、パインラーメン、アイスクリームラーメンなど衝撃を受けるものもあります。

 こんなに色濃い文化を持つラーメンは海外でも知られ「Ramen」と呼ばれ、“日本食”として親しまれています。けれど「中華そば」や「中華麺」など名称によっては中国を感じますね。特にテイストもこってりしていて日本よりも中国寄りな気が……そこで、いったいラーメンは日本食なのか中華料理なのかを調べてみました。

advertisement

ラーメンとは中華麺とスープと具を合わせた麺料理

 なら中華料理じゃ……とも思いますが、中国では“日式拉麺”と呼ばれています。更に英語ではRamenともChinese noodlesとも言われています。

 ラーメンのルーツは明治時代、日本の中華街の麺料理から。1910年、浅草区に初めて日本人経営者の尾崎貫一が横浜中華街から中国人料理人12名を雇い、日本人向けの中華料理店「来々軒」を開店し、大人気となりました。その主力メニューが南京そば・支那そばなどと呼ばれたラーメンです。
つまり、日本の地で中国人の料理人によってラーメンが生まれたのですね。
それから日本に続々庶民的な中華料理店が生まれ、約100年の歴史の中でアジアの麺料理とは異なる日本独特の麺料理に発展していきました。

advertisement

肉じゃがは東郷平八郎が作らせた?

 そういえば、肉じゃがも東郷平八郎がイギリスで食べたビーフシチューが忘れられずに海軍につくらせたことがはじまり。今ではすっかり日本の食卓の味ですよね。いろいろな海外の文化を吸収して独自のものにしていく日本らしい食の歴史です。

 ちなみに中国の麺料理は、厨師が麺を切っていく刀削麺や北京のジャージャー麺などがあり、やっぱり日本のラーメンとは雰囲気が違います。

advertisement

アンケート

ラーメンって日本食?それとも中華料理?
合計:1467票
実施期間:2021/08/04〜2021/08/10
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.