メディア

【中間発表】「宝塚歌劇団」好きな組ランキング! 暫定1位は「星組」【2022年3月8日時点】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1914年に創設され、女性だけの華やかな舞台が人気となっている「宝塚歌劇団」。現在は、花組・月組・雪組・星組・宙(そら)組と5つの組が活動しており、それぞれが特色あるステージを作り上げています。そこで、今回ねとらぼ調査隊では、「好きな宝塚歌劇団の組は?」というアンケートを、2022年3月1日から実施しています。

 原稿を執筆している3月8日10時時点の投票数は、4112票となっています。今回は中間発表として、同時点でのランキングを紹介します。

advertisement

第2位:花組

 第2位は、3月8日時点で930票を集めた「花組」。イメージカラーはピンクで、1921年に月組とともに設立された最も古い歴史を持つ組の1つです。1975年に上演した「ベルサイユのばら-アンドレとオスカル-」では、当時ダブルトップを務めていた榛名由梨さんがアンドレ役、安奈淳さんがオスカル役を好演。前年に行われた月組の初演から続く「ベルばらブーム」をけん引しました。現在のトップスターは柚香光(ゆずか・れい)さん、トップ娘役は星風まどかさんです。コメント欄では「華やかさダンスのステキさ、全て大好きです」との声が挙がっていました。

advertisement

第1位:星組

  第1位は、3月8日時点で1152票を集めた「星組」でした。星組は東京宝塚劇場の開場をふまえ、1933年に創設された組。イメージカラーはブルーで、現在は礼真琴さんがトップスター、舞空瞳さんがトップ娘役を務めています。フランス革命の時代を描いた「スカーレット・ピンパーネル」を初演した組でもあり、その時代を感じられる美しいコスチュームをはじめとした華やかなステージが魅力のひとつ。コメント欄では「いまの星組すごすぎる。どこまで連れていってくれるんだろう」との声が挙がっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング